シャープ ドコモSH-01J その6 モバイルルーターとはBluetoothテザリングで

前回のインプレッションでWi-Fiの利用が長時間に及ぶと電池の持ちが心配だと書きましたが、SH-01Jにはテザリングの方法としてはもう一つ「Bluetooth」を使ったテザリングが使えるようになっています。これはiPhoneでもできますし、いわゆるSIMフリーのスマホでもテザリングの親機となってBluetoothテザリングをSH-01Jとの間で利用することができます。

ただ今回はあえてNECのモバイルルーターを使ってBluetoothテザリングを行なうことを前提に紹介します。というのも、必要な時だけテザリングを利用し、必要ない時にはSH-01Jの方から専用アプリを使ってモバイルルーターをリモート・コントロールして休止状態にしたり、逆に遠隔操作でモバイルルーターのスイッチを入れることも可能になるからです。

まずは、本体にNECのモバイルルーター専用のアプリ「Aterm Mobile Tool」をインストールしましょう。このアプリは端末上からモバイルルーターの様子(電波状態や電池残量など)を確認することができるだけでなく、リモートコントロールで休止中のルーターの電源を入れたり、逆に休止状態にすることができます。

まずはwebからモバイルルーターの登録を行ない、ログインパスワードの設定をしてからアプリを使用しょう。モバイルルーターの電源が入っている状態でBluetoothのペアリングを行ない、さらに接続の作業をすることでモバイルルーターを経由したネット接続ができるようになります。どんな感じになるかということの参考として、SH-01Jに入れたアプリを動かし、NECのモバイルルーターMR04LNを起動させた写真を以下に紹介します。

このアプリを使いこなすことができると、バッグの中にモバイルルーターを入れたままでもSH-01J側からの操作だけで外出時に利用できるので大変便利です。ちなみに、現状でモバイルルーターにはPanasonicのWonderLinkの低速制限度でも700kbps出るとされているデータ専用SIMを入れています。現状でSH-01Jに入っているnuroMobileの0simは500MBを超えると追加料金が発生するので、動画を見たりカーナビとして使ったり、音楽を聞いたりする場合にはあえてテザリングをして使うような形でトータルの通信費をリーズナブルに利用していきたいと思っています。

※ドコモのガラホ「SH-01J」について書かせていただいた記事をまとめさせていただきました。興味がある方はどうぞリンク先の記事もご参照下さい。

その1 通話専用でも安く本体を買うには?
その2 オンラインショップで購入後開通手続き
その3 F-05Gとの二台持ちにしたわけ
その4 どのSIMを入れて使うか
その5 まずは「ベル打ち」の設定を行なう
その6 モバイルルーターとはBluetoothテザリングで
その7 基本的な使い勝手
その8 入れておくと便利なアプリ
その9 一通り使ってみての感想
その10 本体にnanacoをセットする
その11 あえて通話専用SIMを入れる使い方
その12 ソフトウェア更新でテザリング可?
その13 アップデート試用結果も上々
その14 単体使用およびテザリングの使い勝手
その15 定期的なアプリのバージョンチェックを


スポンサーリンク

コメントを残す