カテゴリー別アーカイブ: ボトルに関する話

具体的なボトルについての紹介ではなく、その時々に出てくるぼとるに関する話題について紹介します。

スーパーの「水」はボトルも水の種類も様々

先日起こった大阪での地震により水道が濁ったり止まったりした地域がかなりあったと思いますが、こうしたライフラインのうち水が手に入らない時間が続くというのはかなり大変なものです。特に喉が乾いて脱水症状にもなりかねない季節に向かっていくわけですから、常に自分ないし家族が飲む分の水くらいは確保しておきたいところです。

私自身はすでに地域にあるスーパーの買い物のついでに水をボトルに給水してくれるサービスを利用させていただいていて、一個4リットルのボトルを2本常備し、少なくとも満タンの4リットルの水を用意し、主にご飯を炊くお水やお茶用に使っています。

今回は、それだけだと純粋に水を飲みたくなる時にちょっと水の量が足りなくなる可能性があるということで、新たなお店を開拓し水用のボトルを購入してきました。私が購入したスーパーはイオン系列のスーパーなので、持っているイオンカードがあれば給水は量の制限はあるものの一定量までは無料で汲めるので買い物ついでには最適です。

ボトルのサイズについては恐らく静岡県内のイオンスーパー、系列のマックスバリュー・ビックで共通に使えると思うのですが、4リットルと2リットルのボトルが有りました。そのうち2リットルのボトルは一般的なペットボトルのお茶で使われていそうな形をしているのですが、今回はこのボトルを税込300円で購入しました。

私の行ったスーパーで入れられるのは弱・中・強が選べるアルカリイオン水でしたが、飲みすぎて体に悪くならない程度に(一般的にアルカリイオン水は1日に体重の5%くらいまでを推奨されると書いてあったネット情報を信じて書いています(^^;))を家族で飲むくらいだったら、このくらいの量で十分だと思ったからです。ちなみに、他に汲みに行っている水は中性の純水なので、飲み足りなかったら純水の方を飲めばいいと思い、この夏の水分補給に利用しようと思っています。

改めてこのサイズのボトルを購入して良かったと思ったことは、このまま冷蔵庫に入るのでボトル入れ替えの手間が省けるということと、さらに大きめのクーラーボックスを持って出掛けるならそのままこのボトルを入れて持ち運ぶことも可能でしょう。さらに静岡県内限定になってしまうかも知れませんが、イオンスーパー及び県内で提携しているスーパーに飛び込めば同じボトルで水は給水できるので、ボトルが空の状態で出発して現地付近で新鮮な水を給水して持ち運べるということもあります。今のところ私のところでは2リットルボトルが一本でも十分だと思っていますが、今回のボトル導入で買い物のお店を使う比重が変わるようなことがあったら追加でボトルを買うかも知れません。

今回の内容は、全国共通で役に立つことはないかも知れませんが、もし近くにスーパーの提供するお水のサーピスがあるような場合は、その用途別にお店や容器の大きさを分けるという事も考えながら選ぶことも大切かなと思いました。水道が使えるのが当り前だと考えがちではありますが、先日の地震だけでなく他の災害でも水道管が破裂したり水が濁ったりして、水道が使えなくなることはどうしても出てきてしまいます。そんな時にいざという時に給水車が来るまで家族が飲む水について、あえてペットボトルで購入しなくても日々飲みながら備蓄できる方法があるということをまずは理解し、自分がよく訪れるスーパーのお水給水のサービス内容や、ボトルの種類・お水の内容(純水かアルカリイオン水かなど)を調べ、さらに家でお茶を茶葉から煎れて飲むかにもよりますが、毎日どのくらいの飲料水を使うかによって日々どのくらいの水を汲みに行けるかということもわかってきます。

特にこれからは汗により失われてしまう水分も多く、水分補給の重要性は十分に理解できると思いますが、具体的に汲みに行った水はおいしい水である反面、消毒のためのカルキを除去していることから、長く保管するには適さないということもあります。ただその点を十分理解し、汲んできた水を長く置いておかないで早めに汲んだ分は飲み切るようにすることで、喉がかわいていない時でも効果的に必要な量の給水ができ、熱中症予防にも役立つことになるのではないかとこの夏は期待しています。


うるしの常三郎 片口小鉢はお茶にもコーヒーにも良し

先日京都に行った知り合いからおみやげをいただきました。多くの場合は食べたらなくなるものがほとんどなのですが、今回はこのブログで紹介したいくらい日常にも旅先でも便利に使えそうな道具をいただいたのですぐ書きたくなってしまいました。

これは古代朱の片口小鉢というもので、つや消しの赤というおももちです。特徴的なのは液体を入れると注ぐことができる口が付いていることで、これが様々な用途に使えると思った理由です。

まず最初に考えたのは抹茶でも煎茶でも新茶やおいしいお茶をいただきたい時に、小鉢の中に熱湯を注いでからそのまま置くことで冷まし、だいたいこの小鉢一杯で一人前くらいの量が入るので以下のリンクで紹介したお茶セットと一緒に持ち出して、煎茶をミルで挽いた粉末茶でいただいてもいいし、紙パックに入れた煎茶をカップに入れそこに適温のお湯を注ぐために使ってもいいかなと思ったのです。

https://syachu.net/coffee-tea-set-0000

また、このお茶セットの中での用途を考えた場合、実はお茶だけでなく一人分のコーヒーを淹れる場合にも便利な事に気付きました。基本コーヒーをいただく時には二人分のコーヒーをまとめて淹れることを考えていたのですが、一人旅でコーヒーをいただく場合、一人で二杯分まとめて飲むのもいいですが、時間を置いて楽しみたかったり、熱湯の形で真空断熱ボトルに入れたものを使うため、半分はコーヒーにして半分はお茶でもいいわけです。しかし、ボトルに入った二人分のお湯を半分に分けるというのはなかなか難しいことです。しかしこの片口小鉢に移せば、何なく一人分ごとに分けることができます。

そして何より、口の部分からコーヒーを抽出するのに細く切った状態でお湯を注げるというのはこの形のものであればこそなので、ボトルから直接湯を落とすのに比べると実にスマートで、さらに味も美味しくできるような感じになります。

そういう事になると、いただいたものは家に置いて使うものの、旅行用に追加で欲しくなったので、本来はあまり聞くべきではないと思ったのですがお土産としていただいた方にどのくらいするものか聞いてみたところ、何と一つ千円くらいのものだと聞いて、これは旅用に持っておくべきだと本気で思いました。

また夏にでも京都に行く機会があるので、出掛けて購入してこようと思っていますが、ネット通販を使っても60サイズの宅配便で届けてくれるようなので、それほど負担にならないかと思います。気になる方は公式ホームページのアドレスを書いておきますので、参考になさってみて下さい。

http://www1.enekoshop.jp/shop/urushi-kyoto/


日東紅茶 フルーツ薫るサングリア スティック

外出先でいつでもお茶が楽しめるように作ったセットの中にいれている、スティックタイプの水やお湯で溶かして飲む飲料「塩とライチ」は夏の水分補給には随分役に立っていて、まだまだいただく機会があると思い、追加の分を購入してきました。その際、スーパーの陳列棚にならんで併売されていたのが同じ日東紅茶が販売する「フルーツ薫るサングリア」です。

普通サングリアと言うと、赤ワインに新鮮なフルーツを合わせるカクテルです。飲み残したワインとお好きなフルーツで自分で作って頂いている方もいるかと思いますが(ネットにはさまざまなレシピが紹介されているようです)、基本的にアルコールの入る飲料は車を運転する場合にはご法度なので、今回紹介するようなノンアルコールの粉末というのは、飲料を割る液体によってアルコール飲料もノンアルコール飲料も自在に作ることができるので(本製品に赤ワインを入れて飲みやすくするのもアリです)、なかなか貴重ではないかと思います。

普通に飲む場合は水やお湯で割ることになるのですが、この種の飲み物の場合、沸騰したてのお湯ではなく、ちょっと熱めのお湯でも十分に楽しめるので、コーヒーを淹れるにはちょっと冷めてしまった真空断熱ボトルに入ったお湯を活用するのにもおすすめになります。もちろん出先で購入した冷えたミネラルウォーターや、純粋な炭酸水で割っても美味しくいただけます。常温の水でも個人的には飲めるとは思うのですが、より美味しくいただくためには様々な状態の水やお湯で試してみるのもいいかもしれません。

このサングリアの特徴としては、袋裏の記載によると「おいしく鉄分補給」「ビタミンCたっぷり」ということだそうです。おいしいからといって飲みすぎると糖分の取りすぎになってしまいそうですが、私の場合はコーヒーやお茶を飲み飽きた場合の気分転換だったり、熱々のお湯の入手が難しい場合に冷水や炭酸水で割っても美味しい飲み物として、夏の塩分補給に有効なおなじ日東紅茶の「塩とライチ」とともに常備し、出かける際にも持って行くことになるでしょう。

また、同じように日東紅茶が出しているスティックタイプの飲料として、山梨産の桃の果汁が入っているという、「厳選果汁のとろける白桃」や「南国果実とココナッツ」というスティックタイプの飲料も販売されています。ぶどうの味が苦手な方や小さなお子様にも飲ませたいなら、これらのものも購入候補にするのもいいかもしれません。個人的には今あるものを飲み切った後に試してみたいと思いますが、毎日飲むようなものではないので、ここでは商品名だけの紹介に留めさせて頂きたいと思います。

個人的にはこうした粉末タイプの清涼飲料の素というのは年中安定して購入でき、さらにもっとバリエーションがあってもいいと思っています。今まではホットレモンとかショウガ飲料のようなものがスーパーの店頭で目立っていましたが、水かお湯があれば用意する粉末を変えるだけで様々な飲み物がいただけるなら、ボトルには冷水かお湯を入れていくだけで良くなるので、旅先でボトルを洗う心配をしなくても済みます。

ジュースをそのままボトルに入れて持ち運ぶ場合、入れるものによっては破裂したり中身が傷んだりする可能性もあるので、あまりジュースをボトルに入れて長時間持ち運びたくはありません。お茶やコーヒーを直接ボトルに入れて持ち運ぶ場合も、匂いがパッキンに染み付いたりするので個人的には元々好まなかったのですが、コーヒーやお茶をはじめ、このような清涼飲料系の飲み物も水やお湯に溶かして飲めるようにして持ち運べるということになると、ボトル自体の維持費もかからなくなるでしょう。

というわけで、シーズンごとに新しいものが出てきたらそれらも試しつつ、コーヒーが基本のお茶セットに合う究極の飲み物を探すことは続けていきたいと思っています。


真空断熱ボトルとUCCカップコーヒーの相性

日常生活の中だけでなく、旅先でも今やいつでも本格的なコーヒーが楽しめるということで、コンビニ各社がドリップコーヒーの提供を始めた事はまさに革命的な出来事だったように思います。

それまではインスタントコーヒーにしろ、ドリップする本格的なコーヒーを野外で楽しむためにはお湯の他にコーヒー関連の荷物を持って行く必要がありましたが、出掛ける途中にコンビニがあれば、その中味を紙コップに入れてすぐに飲むも良し、中味が酸化しないくらいの時間に飲み干せるなら、直接真空断熱ボトルに入れ替えて持って行けば、見晴らしのいい場所に移動してコーヒーを楽しむことができます。ただ、その際に困るのは飲み切った場合にすぐに洗えない場合、ボトルの中が完全にコーヒーの匂いがするようになってしまうことです。

この点については、「コーヒー専用」「日本茶専用」「白湯のみ」という感じで容器を分けてもいいのですが、旅先ではさすがに複数のボトルを持ち歩くわけにはいかないので、ボトル内部やパッキンの部分の汚れが気になる場合や、すぐにコーヒーが飲めない場合には、直接コーヒーを入れずに熱湯をボトルに入れて持って行き、別にコーヒーなり日本茶なりを持って行くという方法が有効です。そうすれば、汚れるのはボトルの中味でなくカップのみで済みます。

コーヒーをそのまま入れるにしても、白湯だけにするにしても旅先で2人でお茶やコーヒーを湯沸かし作業なしでいただくための真空断熱ボトルとしてお勧めなのは、容量的には500ml以上のもので、さらに保温性能の良い中ブタがあるタイプのボトルです。想定するのは朝出掛ける時に沸騰したお湯を入れていき、お昼になっても湯気が出るほど熱々をキープできるものです。価格と性能のバランスを考えると、以前このフログで紹介したことのあるサーモスのコップ付き中ぶた有タイプの「FFM-500」が個人的にはおすすめです。その詳細についてはリンク先をご覧いただければと思います。

http://syachu.net/ffm-500-sbk

一人でコーヒー用に使う場合には、このボトルにインスタントコーヒーを別ボトルに詰め替えて、付属のカップでいただいてもいいのですが、日本茶なら単純にカップと茶葉とお茶パックがあれば十分ですが、他人とコーヒーを一緒に楽しむ場合には人によって「ブラック」「ミルク」「砂糖」を使うかどうかその嗜好によって違いが出ます。簡単にカップを用意することを含めて全て用意するのにおすすめなのが、コンビニでもスーパーでも入手が容易なUCCのカップコーヒーです。

写真のものは2つの紙コップの中に「インスタントコーヒー」「ミルク」「砂糖」「使い切りマドラー」が2セット入っています。このセットが5セットのものもありますが、500mlのボトル一回用としては2セットのもので十分でしょう。自宅ではちょっとした時にコーヒーを飲むために常にストックしていますが、このセットはとにかく安いですし、カップを含む全てがパッケージにセットされているという点と、普段私はほとんどブラックで飲むのですが、旅先で外歩きをした時や災害時にや疲れが溜まった場合に甘くて温かい飲み物が欲しくなった時にはミルクや砂糖を入れて飲めるという安心感があります。

コーヒーが日々の生活の中で欠かせないという方にとっては、常備しておけば役に立つものです。深夜の高速道路サーヒスエリアでお湯がいただけるならこの種のものはすぐに飲むことができますので、フリーズドライのお味噌汁セットとともに、お好みで自宅に置いておきながら車での旅にはお湯といっしょに持っていくというのはいかがでしょうか。


「キュキュットCLEAR泡スプレー」を外でのボトル洗浄用に試す

キャンプとは少々違う車中泊の旅というのは、自分達がいかに快適に過ごすかということと同時に、周りにいる人との間でできるだけトラブルを発生しないように気を付けて、特に公共の物を使わせてもらう場合には気をつかう方がいいのではないかと思います。

道の駅や高速道路のパーキングエリアなどで、食事をする事自体はいいのですが、自炊をするような場合はどうしても周りの目が気になりますし、後片付けをする場合にも専用の炊事場などはないため、まとめて洗い物をするようなことは目立ってしまいます。個人的にはどうしようもない非常時以外には自粛してレストランやお弁当など、現場調達をした方が他のユーザーに違和感を感じさせずに済むと思うのですが、そんな場合にも唯一問題になるのが、旅行時には便利なはずのボトルの旅行中の管理です。

最近では高速道路のサービスエリアにもスターバックスなどマイボトルに飲み物を入れてもらうことによって割引料金で提供してくれるコーヒーショップが設置されることが増えてきました。旅行時のマイボトルの利用というのは単にゴミを出さないというだけでなく、熱いものは熱いまま、冷たいものは冷たいままをボトルの種類によってはキープしたまま移動し、絶景の場所などで改めて楽しめるという利点もあります。

ただ、問題なのが飲んでから後に洗う場所がないということです。細かい部品の多いボトルを洗うには今までは専用のスポンジと洗剤を用意しないと匂いや汚れがボトルに残ってしまいがちになります。そこで、テレビコマーシャルでスポンジを使わなくても洗えるという洗剤「キュキュットCLEAR泡スプレー」を試してみることにしました。

スプレーからは洗剤が泡で出てきて、細かい汚れのところにスプレーして一分待ってから流せばいいということでしたが、とにかく水道がある場所でならボトルの中味を飲み終えてからスプレーし、簡単にすすぐことでそれほど目立つことなく一通りのボトル洗浄を終わらせることはできそうです。

すぐにすすぐことができる場所がない時には、先にスプレーしたボトルの中に別に用意した水を入れて振りながら水道の使えそうな所に移動し、そこですぐにすすぐようにすれば旅先でも清潔なボトルの状態を保つことができるのではないかと思います。

なお、スプレーの蓋を閉めておけばそれがロックになって中味が出ないようにはなっていますが、車の中でひっくり返ってしまったりすると漏れる危険性は0とは言えないので、立てた状態で固定して持ち運べるように車の中でのセットをちゃんとしておくとともに、すぐに取り出せる場所に置いておくのも忘れないようにしてください。ずっと車に入れておくのではなく、普段は家で利用しているものを、旅行に出る時に持って行くような感じでおくのがいいのではないかと思います。

ただ、ひどい汚れについてはさすがに飲み終えたボトルにそのままスプレーするよりも、少量でもいいので水を入れて一振りした状態でスプレーする方がいいでしょう。そういう意味では、車で移動する際には普通の水をペットボトルでも自宅の水道水を入れて持って行くタイプの水容器とともに車中泊の旅のお伴にするのもいいでしょう。車中泊の旅でマイボトルを活用したいと思っている方は、全国のスーパーでも売っていると思いますので、ボトル洗浄の必要性を感じたら、その場で買って使うという手もあります。


給水をいただく時のボトルのサイズについて

災害に遭うことを想定しながら防災グッズを用意しても、着の身着のままで家から出てしまうと、折角用意した数々の品物が無駄になってしまう事も想定しておかなければならないでしょう。

特に水というのは、用意しておくべき量が多いですが簡単に担いで運ぶわけにはいきません。個人的にも水をどうして用意しようかいろいろ考えているのですが、今のところいざとなれば重い水を運ぶのは諦めて、給水用の空のボトルを用意しておいた方がいいかなとも思ったりするのです。

ホームセンターへ行くと水用の大きなボトルが置いてありますが:目に付くのは18リットルとか20リットルいうような大きいもので、これをいっぱいにできるくらいの給水を受けることができればかなりの安心感がありそうなものです。

しかし、現実の災害の現場というのは思ったようにいかないことも確かです。熊本の地震により給水が行なわれた一つのケースでは、いくら大きなボトルを持って給水に並んでも、一人に給水される量は6リットルに制限されたのだそうです。

同じ状況が実際に私たちが罹災した時に起こるかはわかりませんが、家族で給水をいただきに並ぶなら、大きな20リットルのボトル一つよりも10リットルのボトルを2人で2個持って並ぶ方が多くの水を給水できる場合もあるということです。家族が多い中ボトルが1つしかなければ、いかに大きなボトルがあっても少ない量しか給水できません。

また、水の重さは20リットルなら20キロあるので、一気に満水まで給水してもらったとしても、持ち帰るのに大変になってしまうことも考えられます。10リットルでも10キロなので、持ち帰る時のことも考えたボトル選びというのも必要になってくるのではないでしょうか。

そういう意味でも、よくスーパーで行なわれているアルカリイオン水のサービス用のボトルに給水して使うというライフスタイルを作る事はいざという時のためになると思います。一回の給水量はスーパーによってまちまちですが、周辺に同じようなサービスを行なうスーパーがあれば、一番一回の給水が多くできるところを選べばそのボトルを災害時にも使うことができます。

給水を受け水を持って帰るのに、慣れないまましっかり口の閉まらないボトルを使ったりすると、帰る途中で貴重な水をこぼしてしまうなど、残念な結果を生んでしまうかも知れません。こうした一連の行動をシミュレートするという意味でも、個人的には普段から給水する用のボトルをそのまま利用するというプランをおすすめしたいです。


真冬の水分補給を常温でするためには

少し前の話になりますが、大阪の梅田で起こってしまった運転者が突然の体調不良で意識を失なったまま歩行者の列に突っ込んでしまった事故というのは、車を運転する者としては大変深刻に受け取めるべき事例でした。

事故を起こした方が体調不良が急に起きた原因について、大動脈解離だという話が出ています。運転されていた方は奈良県で講演後、自分の運転する車で大阪まで帰ってきていたという話があり、いったんは車を道の端に停めて休んでいたのではという事も報道されてはいましたが、あくまで車の中で休み、再びスタートした際に意識を失ってしまったのではないかということは、目撃者の証言で報道はされています。

さらに、運転車ご本人のネットによる発信を解析して、かなりの塩分の濃い食事を頻繁に取っていたことがわかってきました。体のトレーニングをしてマラソン大会にも出ていらしたようですが、かなりの高血圧・高コレステロールがたまっていたことが予想されます。ただ、その事自体がこの事故につながったのかどうかまでは断定できません。

このブログでは何度も書いた話ではありますが、普通の健康な人であっても、長時間の運転を休憩無しで続けることによって、同じ姿勢のままずっと過ごすことによる体調悪化の可能性についてその危険性が指摘されています。いわゆる「エコノミークラス症候群」と呼ばれるもので、体内で血栓が起こるという点から、単に休憩するだけでなく外に出て体を伸ばしたり、水分補給をしっかりとすることをおすすめしています。ただ、紹介した事故と血栓の関係があるのかどうかはっきりしないので、この対策をしたから車を運転しながら意識を失なうことがなくなるかというと、そこまで自信を持っては言えないのですが、それでも適度な休憩をして体を動かすことと水分補給は大切ですので、今回はそうした観点から安全な長距離ドライブについて考えてみたいと思います。

特に乾燥する冬は、車内が乾燥して水分が足りない状況が容易に起こり得るわけですから、大きな体調の変化がなくても一定時間ごとに車を停めて外に出て体を伸ばすことと、のどが渇いていなくても水分を定期的に補給することは大事です。そうした対策の中で、風が冷たく気温も上がらないとなると別の問題が出てきます。

というのも、ペットボトルの水で水分補給を行なう場合、外気にさらしたり簡単に車内温度が下がってしまう車中にペットボトルを放置するだけで水温がかなり下がってしまうため、体を急激に冷やしてしまうという別の問題が出てくるのです。

これが夏だったらショップの冷蔵庫に入っていない方の飲み物を買ってきて車内に置いておけば自然とぬるくなるので体を冷やす事はないのですが、冬のしかも特別にすごい寒波がやってきてしまったら、スーパーの店頭で常温で売られているものでもあっという間に冷え冷えになってしまいます。

そういう意味では、常温をキープするには真空断熱のマグボトルなどに、ぬるいというよりある程度温かい白湯を移し替えて飲むような一手間が自分の体を守ることにもなるでしょう。この用途においては、断熱性能が高いものを必ずしも選ぶ必要はありません。夏用の飲み口があるボトルに入れておけばすぐに飲めますし、熱々のお湯を入れたとしてもしっかり閉まった冬用のボトルよりも冷めやすくなります。もしドライブの日程が決まっているのでしたら、前日の夜に熱湯を入れ、翌朝そのまま熱湯の入っているマグボトルを水分補給用に使えば、朝にはちょっとあたたかいくらいまで温度は下がっていますので、安心して常温がキープされた水を補給できます。

一つ注意したいのは、旅先で飲物を買って移し替える場合、冷たいままマグボトルに入れると冷たいままキープになってしまいますので、箱に積まれている常温のものを購入するようにすることが大切です。常温のものでもどうしても冷たいという場合は、高速道路のサービスエリアにある給茶器を利用させてもらいましょう。サービスエリアの給茶器にはお茶ではなく冷水やお湯も出せますので、専用のカップにお湯を注いだらマグボトルに入っている水をいただいたお湯でうすめることで適温となります。多少熱くなったとしても、時間の経過により飲みやすい温度にまで下がっていきます。

給茶器がドライブコースにない場合については、食事の際にもしいただけるようならお茶でなく白湯を出してもらえるようにお店の方にお願いしてみましょう。あと、大切なことですが、白湯ではなくお茶やコーヒーで水分補給をすると、それらの飲物には利尿作用があることが知られている通り、すぐに体外に水分を出してしまうことになります。夏はお水で、冬は少しぬるめの白湯で水分補給するのがいいと思います。


SIGG トラベラー1.0リットルを湯たんぽにする試み

ここで、さまざまなボトルを紹介してきましたが、あえて触れなかったものに、今回紹介する保温機能のない様々な登山用ボトルがあります。荷物の重量を増やさないために、軽いアルミやプラスチックを使ったボトルがありますが、高い山に登らない限りにおいて、水を運搬するだけならペットボトルの再利用や、たたむとぺしゃんこになるプラティパスのようなものの方がより便利に使えるように思います。今回紹介するSIGGのトラベラーは0.6リットルでも定価で2~3千円くらいしますし、保温するためのカバーも専用品は結構な値段がします。カバーとあわせて購入することを考えれば、安価で高性能な真空断熱ボトルの方が便利だと考える人が多くても不思議ではありません。

となると、こうしたボトルは全く利用価値がないかと言うと、そういうわけでもありません。特にアルミ素材のボトルについては、熱を伝えやすいという特徴があり、それをうまく使うことで水筒以外の用途にも転用が可能です。夏に飲み物を冷やしたい場合、ペットボトルのまま冷蔵庫に入れるより、アルミボトルに移してからの方が早く冷やせます。冷蔵庫のない車中泊の旅の最中でも、必要な分だけアルミボトルに移してからクーラーボックスで冷やせば同様の効果が得られます。そして、今回紹介する湯たんぽとしての使い方ができるというのも、真空断熱ボトルにはできない芸当です。現在は車中泊にも便利な小さいサイズの湯たんぽも多く売られていますが、単一の用途にしか使えない専用品よりも、スペースの限られた車の中にできるだけ多くのものを積み込みたいと思われている方は、検討の余地があるのではないかと思います。

今回、湯たんぽとして使うボトルを選定するにあたって、その容量にも注目しました。0.6リットルのものでも十分かとは思いますが、効果を長持ちさせるにはもう少し大きい方がいいだろうということで1.0リットルのSIGGボトル、トラベラーを用意しました。たまたまお店に落とした跡のあるボトルが割引価格で出ていたので購入したのですが、アルミボトルならSIGGよりも口の広いLAKENの各種アルミボトルもあります。ただ、簡単に栓から水が漏るようなものでは困るので、その点にはご注意を。

湯たんぽとして使うためには、ボトルの他にもいろいろ用意する必要があります。最初の写真のようにいろいろ集めてみましたが、ボトルの他は全て100円ショップで揃えたものです。まず、ボトルに熱湯を注いだ場合、うかつに触ると火傷する危険がありますので、ボトル全体を手で持てる程度に何かでくるみます。これは普通にタオルを巻くだけでもいいとは思いますが、たまたま100円ショップにフリースの靴下があり、サイズがボトルにびったりだと思い買ってきました。写真のようにボトルに入れると、すっぽりと入ります。このように何らかのカバーをかけないと、お湯を入れた後で相当熱くなりますので必ずカバーを巻いてください。

次にお湯を用意します。高速道路なら給湯器がSAにあるところがありますので、そこから入手すれば簡単ですが、そうでない場合は自分でお湯を確保する必要があります。私の場合はアルポットを使ってお湯を作ります。そうして用意したお湯を注ぐのに、SIGGボトルの飲み口は小さいため、そのままでお湯を注ぐのは大変です。写真のように漏斗を使ってお湯を入れます。漏斗には金属製のものもありますが、お湯を入れると熱くなるので耐熱温度でお湯を入れても大丈夫なプラスチック製品にしています。靴下のカバーではちょっと安定して立たなくなるので、必要に応じてその場に固定してからお湯を注ぎます。容量の1リットルをそのまま入れるのではなく、少なめに入れればいいでしょう。私が野外での湯沸しに使っているアルポットの最大容量が800mlですので、このボトルには丁度いいのではないでしょうか。熱湯のまま入れようとするとお湯がはねて火傷の危険がありますので、ちょっと冷ましてからゆっくり入れて、しっかりと栓をします。

カバーを付けた後、さらに収納袋に入れます。これも大きめのタオルで巻くことで十分ですが、蹴飛ばして熱くなったボトルを直接触ったら大変なので、私は専用のフリース袋に入れています。袋がない場合は、着古したフリースジャケットの袖の部分に入れてから全体を巻きつけるなどの工夫で対応可能でしょう。

このようにして夜セッティングをし、布団の中に入れたところ、収納袋の上から触ってもかなりの熱さを保っています。長い時間足をのせていると低温火傷になってしまいかねない高温なので、あえてボトル本体には触らないようにして寝ましたが、朝まで十分に暖かさを保ってくれました。

いつもは2リットルの容量がある湯たんぽを冬には使っているのですが、あくまで個人的な感覚としてSIGGボトルの湯たんぽも、一般的な湯たんぽと遜色ないような感じがしました。夜の11時あたりにセットして、翌朝の8時にボトル内部の温度を測ったところ、写真のように39℃の温度を保っています。これなら、普通の湯たんぽとして十分使えるレベルではないでしょうか。

最初にも書きましたが、SIGGボトルを湯たんぽとして使うメリットは、湯たんぽとして使わない時にもいろいろ使えることがあります。冬にしか湯たんぽを使わないという方も多いと思いますが、梅雨の時など大した寝具の用意がない時に雨に打たれ、体が冷え切ってしまった場合でも、お湯さえ沸かすことができれば簡単に暖を取ることができます。さすがに一年中湯たんぽを車に積み込んでおく方はいないと思いますので、流用がきくグッズを用意しておけば効率よく一年中使えるので便利です。

今回は1リットルのタイプを紹介しましたが、一晩中使うのではなく、カイロ代わりに使う場合はむしろ容量の少ないボトルを使うという手段もあります。ずっと外に出ていれば長時間持続するカイロが必要でしょうが、そのほとんどを車の中で過ごし、外に出た時だけ暖を取れればいいという場合は、お湯の確保ができるようなら、アルミのボトルを使った簡易カイロを作るという手段もあるということを覚えておいて損はありません。


茶こし付ティーポットボトル

水やお湯を真空断熱ステンレスボトルに入れておき、飲むのはボトルから直接でなくカップからというスタイルは少々面倒に思われる方もいるかも知れません。しかし、旅先でその都度豆を挽いたコーヒーを楽しんでいらっしゃる方は大勢いらっしゃいます。私の場合、住んでいるのが静岡という土地柄もありますが、日々煎茶を飲むのが当たり前になっていて、ずっとインスタントやペットボトルの飲み物が続くのもどうかと思うので、旅先でもちゃんとしたお茶を飲めるように急須と水筒が一緒になったアイデア商品を用意しています。紹介する「茶こし付ティーポットボトル」は静岡以外では売っていないのですが、インターネット通販では手に入るようです。そうはいっても、使うのになかなかクセのある商品でありますので、使い方などを紹介していこうと思います。

このボトルを使う上での大きな問題は、その耐熱性にあります。カタログ値では耐熱温度が80℃となっているのです。つまり、沸騰したお湯であるとか、給湯器から直接あるいは間接的にでもすぐボトルの中に入れてしまうと壊れてしまうだけでなく危険な目に遭う可能性もあるということです。さらに、このボトルはプラスチックということで保温性もありません。購入される場合はまずはこの点をちゃんと認識する必要があります。

なぜこのような仕組みになっているかといえば、ボトル自体の企画を静岡茶商工業協同組合という業界団体が監修しているため、美味しいお茶を美味しい煎れ方でという方向性を追求しすぎているからではないかと個人的には思います。一般的に煎茶を煎れる際には、沸騰したお湯をある程度まで冷ましてから急須に入れないと香りが飛んでしまい、おいしくなりません。その温度はせめて80℃くらいまでと言われていますが、玉露になるともう少し低く60℃くらいまで冷まさないとその美味しさは出てこないと言れています。

というわけで、熱湯しか用意できなかった場合、ボトルに入れる前に冷ます必要があります。私の場合は前回紹介したsnow peakチタンシングルマグにお湯を入れてしばらく放置してからボトルに入れるようにしています。写真のようにボトルは先端が取り外しできるので、茶こしの部分に茶葉を入れてフタをし、ひっくり返してしばらく待ちます。写真には砂時計がありますが、これは一分計で、好みの濃さに応じて何回もひっくりかえします。できあがればボトルからそのまま飲んでもよし、カップに移し変えてもいいでしょう。茶葉から煎れるということで、だいたい3煎目くらいまでは楽しめるというのもインスタントの飲料やコーヒーとは違う点だと思います。

こうしたことがめんどくさいと思う場合は、水から煎れることもできます。この時はだいたい10分くらい抽出に時間がかかりますが、時間だけ気にするだけでいいので、夏には冷たい水を使って作ってみれば、ペットボトルのお茶と比べて実に格安でおいしいお茶をいつでも楽しめます。さらに、お湯で煎れる場合の温度問題を解消する手として、真空断熱ステンレスボトルにお湯を入れておいたものを一晩そのままにしておくという方法があります。この場合、カタログ値で保温性能が高くないもの(いわゆる安物の保温ボトル(^^;))をあえて使うという手段も使えます。つまり、お茶をおいしく飲める温度が60℃~70℃だとすると、沸騰したお湯であっても長い時間の経過とともに徐々に冷めていくわけですから、前日の夕方に給湯器から補充した熱々のお湯が、翌日の朝にはお茶としての適温まで自然に下がっていることを利用するわけです。地元の煎茶専門の喫茶店では、前日に用意しておいた魔法瓶のお湯を使って適温を作り出していましたので、やり方としては全く同じです。専用の急須を持ち運ぶのもいいかと思いますが、ボトル兼用として使えるというのはやはり便利です。一回煎れたお茶は時間経過とともに酸化し、風味や色にまで違いが出てきてしまいますので、美味しいお茶にこだわりたい場合はなるべく飲む時に煎れるようにし、その都度飲みきるのがいいと思います。旅先ではペットボトルのお茶専門という方、ぜひ一度、葉から煎れるお茶を試されてみてはいかがでしょうか。