カテゴリー別アーカイブ: ボトルに関する話

具体的なボトルについての紹介ではなく、その時々に出てくるぼとるに関する話題について紹介します。

日東紅茶 フルーツ薫るサングリア スティック

外出先でいつでもお茶が楽しめるように作ったセットの中にいれている、スティックタイプの水やお湯で溶かして飲む飲料「塩とライチ」は夏の水分補給には随分役に立っていて、まだまだいただく機会があると思い、追加の分を購入してきました。その際、スーパーの陳列棚にならんで併売されていたのが同じ日東紅茶が販売する「フルーツ薫るサングリア」です。

普通サングリアと言うと、赤ワインに新鮮なフルーツを合わせるカクテルです。飲み残したワインとお好きなフルーツで自分で作って頂いている方もいるかと思いますが(ネットにはさまざまなレシピが紹介されているようです)、基本的にアルコールの入る飲料は車を運転する場合にはご法度なので、今回紹介するようなノンアルコールの粉末というのは、飲料を割る液体によってアルコール飲料もノンアルコール飲料も自在に作ることができるので(本製品に赤ワインを入れて飲みやすくするのもアリです)、なかなか貴重ではないかと思います。

普通に飲む場合は水やお湯で割ることになるのですが、この種の飲み物の場合、沸騰したてのお湯ではなく、ちょっと熱めのお湯でも十分に楽しめるので、コーヒーを淹れるにはちょっと冷めてしまった真空断熱ボトルに入ったお湯を活用するのにもおすすめになります。もちろん出先で購入した冷えたミネラルウォーターや、純粋な炭酸水で割っても美味しくいただけます。常温の水でも個人的には飲めるとは思うのですが、より美味しくいただくためには様々な状態の水やお湯で試してみるのもいいかもしれません。

このサングリアの特徴としては、袋裏の記載によると「おいしく鉄分補給」「ビタミンCたっぷり」ということだそうです。おいしいからといって飲みすぎると糖分の取りすぎになってしまいそうですが、私の場合はコーヒーやお茶を飲み飽きた場合の気分転換だったり、熱々のお湯の入手が難しい場合に冷水や炭酸水で割っても美味しい飲み物として、夏の塩分補給に有効なおなじ日東紅茶の「塩とライチ」とともに常備し、出かける際にも持って行くことになるでしょう。

また、同じように日東紅茶が出しているスティックタイプの飲料として、山梨産の桃の果汁が入っているという、「厳選果汁のとろける白桃」や「南国果実とココナッツ」というスティックタイプの飲料も販売されています。ぶどうの味が苦手な方や小さなお子様にも飲ませたいなら、これらのものも購入候補にするのもいいかもしれません。個人的には今あるものを飲み切った後に試してみたいと思いますが、毎日飲むようなものではないので、ここでは商品名だけの紹介に留めさせて頂きたいと思います。

個人的にはこうした粉末タイプの清涼飲料の素というのは年中安定して購入でき、さらにもっとバリエーションがあってもいいと思っています。今まではホットレモンとかショウガ飲料のようなものがスーパーの店頭で目立っていましたが、水かお湯があれば用意する粉末を変えるだけで様々な飲み物がいただけるなら、ボトルには冷水かお湯を入れていくだけで良くなるので、旅先でボトルを洗う心配をしなくても済みます。

ジュースをそのままボトルに入れて持ち運ぶ場合、入れるものによっては破裂したり中身が傷んだりする可能性もあるので、あまりジュースをボトルに入れて長時間持ち運びたくはありません。お茶やコーヒーを直接ボトルに入れて持ち運ぶ場合も、匂いがパッキンに染み付いたりするので個人的には元々好まなかったのですが、コーヒーやお茶をはじめ、このような清涼飲料系の飲み物も水やお湯に溶かして飲めるようにして持ち運べるということになると、ボトル自体の維持費もかからなくなるでしょう。

というわけで、シーズンごとに新しいものが出てきたらそれらも試しつつ、コーヒーが基本のお茶セットに合う究極の飲み物を探すことは続けていきたいと思っています。


真空断熱ボトルとUCCカップコーヒーの相性

日常生活の中だけでなく、旅先でも今やいつでも本格的なコーヒーが楽しめるということで、コンビニ各社がドリップコーヒーの提供を始めた事はまさに革命的な出来事だったように思います。

それまではインスタントコーヒーにしろ、ドリップする本格的なコーヒーを野外で楽しむためにはお湯の他にコーヒー関連の荷物を持って行く必要がありましたが、出掛ける途中にコンビニがあれば、その中味を紙コップに入れてすぐに飲むも良し、中味が酸化しないくらいの時間に飲み干せるなら、直接真空断熱ボトルに入れ替えて持って行けば、見晴らしのいい場所に移動してコーヒーを楽しむことができます。ただ、その際に困るのは飲み切った場合にすぐに洗えない場合、ボトルの中が完全にコーヒーの匂いがするようになってしまうことです。

この点については、「コーヒー専用」「日本茶専用」「白湯のみ」という感じで容器を分けてもいいのですが、旅先ではさすがに複数のボトルを持ち歩くわけにはいかないので、ボトル内部やパッキンの部分の汚れが気になる場合や、すぐにコーヒーが飲めない場合には、直接コーヒーを入れずに熱湯をボトルに入れて持って行き、別にコーヒーなり日本茶なりを持って行くという方法が有効です。そうすれば、汚れるのはボトルの中味でなくカップのみで済みます。

コーヒーをそのまま入れるにしても、白湯だけにするにしても旅先で2人でお茶やコーヒーを湯沸かし作業なしでいただくための真空断熱ボトルとしてお勧めなのは、容量的には500ml以上のもので、さらに保温性能の良い中ブタがあるタイプのボトルです。想定するのは朝出掛ける時に沸騰したお湯を入れていき、お昼になっても湯気が出るほど熱々をキープできるものです。価格と性能のバランスを考えると、以前このフログで紹介したことのあるサーモスのコップ付き中ぶた有タイプの「FFM-500」が個人的にはおすすめです。その詳細についてはリンク先をご覧いただければと思います。

http://syachu.net/ffm-500-sbk

一人でコーヒー用に使う場合には、このボトルにインスタントコーヒーを別ボトルに詰め替えて、付属のカップでいただいてもいいのですが、日本茶なら単純にカップと茶葉とお茶パックがあれば十分ですが、他人とコーヒーを一緒に楽しむ場合には人によって「ブラック」「ミルク」「砂糖」を使うかどうかその嗜好によって違いが出ます。簡単にカップを用意することを含めて全て用意するのにおすすめなのが、コンビニでもスーパーでも入手が容易なUCCのカップコーヒーです。

写真のものは2つの紙コップの中に「インスタントコーヒー」「ミルク」「砂糖」「使い切りマドラー」が2セット入っています。このセットが5セットのものもありますが、500mlのボトル一回用としては2セットのもので十分でしょう。自宅ではちょっとした時にコーヒーを飲むために常にストックしていますが、このセットはとにかく安いですし、カップを含む全てがパッケージにセットされているという点と、普段私はほとんどブラックで飲むのですが、旅先で外歩きをした時や災害時にや疲れが溜まった場合に甘くて温かい飲み物が欲しくなった時にはミルクや砂糖を入れて飲めるという安心感があります。

コーヒーが日々の生活の中で欠かせないという方にとっては、常備しておけば役に立つものです。深夜の高速道路サーヒスエリアでお湯がいただけるならこの種のものはすぐに飲むことができますので、フリーズドライのお味噌汁セットとともに、お好みで自宅に置いておきながら車での旅にはお湯といっしょに持っていくというのはいかがでしょうか。


「キュキュットCLEAR泡スプレー」を外でのボトル洗浄用に試す

キャンプとは少々違う車中泊の旅というのは、自分達がいかに快適に過ごすかということと同時に、周りにいる人との間でできるだけトラブルを発生しないように気を付けて、特に公共の物を使わせてもらう場合には気をつかう方がいいのではないかと思います。

道の駅や高速道路のパーキングエリアなどで、食事をする事自体はいいのですが、自炊をするような場合はどうしても周りの目が気になりますし、後片付けをする場合にも専用の炊事場などはないため、まとめて洗い物をするようなことは目立ってしまいます。個人的にはどうしようもない非常時以外には自粛してレストランやお弁当など、現場調達をした方が他のユーザーに違和感を感じさせずに済むと思うのですが、そんな場合にも唯一問題になるのが、旅行時には便利なはずのボトルの旅行中の管理です。

最近では高速道路のサービスエリアにもスターバックスなどマイボトルに飲み物を入れてもらうことによって割引料金で提供してくれるコーヒーショップが設置されることが増えてきました。旅行時のマイボトルの利用というのは単にゴミを出さないというだけでなく、熱いものは熱いまま、冷たいものは冷たいままをボトルの種類によってはキープしたまま移動し、絶景の場所などで改めて楽しめるという利点もあります。

ただ、問題なのが飲んでから後に洗う場所がないということです。細かい部品の多いボトルを洗うには今までは専用のスポンジと洗剤を用意しないと匂いや汚れがボトルに残ってしまいがちになります。そこで、テレビコマーシャルでスポンジを使わなくても洗えるという洗剤「キュキュットCLEAR泡スプレー」を試してみることにしました。

スプレーからは洗剤が泡で出てきて、細かい汚れのところにスプレーして一分待ってから流せばいいということでしたが、とにかく水道がある場所でならボトルの中味を飲み終えてからスプレーし、簡単にすすぐことでそれほど目立つことなく一通りのボトル洗浄を終わらせることはできそうです。

すぐにすすぐことができる場所がない時には、先にスプレーしたボトルの中に別に用意した水を入れて振りながら水道の使えそうな所に移動し、そこですぐにすすぐようにすれば旅先でも清潔なボトルの状態を保つことができるのではないかと思います。

なお、スプレーの蓋を閉めておけばそれがロックになって中味が出ないようにはなっていますが、車の中でひっくり返ってしまったりすると漏れる危険性は0とは言えないので、立てた状態で固定して持ち運べるように車の中でのセットをちゃんとしておくとともに、すぐに取り出せる場所に置いておくのも忘れないようにしてください。ずっと車に入れておくのではなく、普段は家で利用しているものを、旅行に出る時に持って行くような感じでおくのがいいのではないかと思います。

ただ、ひどい汚れについてはさすがに飲み終えたボトルにそのままスプレーするよりも、少量でもいいので水を入れて一振りした状態でスプレーする方がいいでしょう。そういう意味では、車で移動する際には普通の水をペットボトルでも自宅の水道水を入れて持って行くタイプの水容器とともに車中泊の旅のお伴にするのもいいでしょう。車中泊の旅でマイボトルを活用したいと思っている方は、全国のスーパーでも売っていると思いますので、ボトル洗浄の必要性を感じたら、その場で買って使うという手もあります。


給水をいただく時のボトルのサイズについて

災害に遭うことを想定しながら防災グッズを用意しても、着の身着のままで家から出てしまうと、折角用意した数々の品物が無駄になってしまう事も想定しておかなければならないでしょう。

特に水というのは、用意しておくべき量が多いですが簡単に担いで運ぶわけにはいきません。個人的にも水をどうして用意しようかいろいろ考えているのですが、今のところいざとなれば重い水を運ぶのは諦めて、給水用の空のボトルを用意しておいた方がいいかなとも思ったりするのです。

ホームセンターへ行くと水用の大きなボトルが置いてありますが:目に付くのは18リットルとか20リットルいうような大きいもので、これをいっぱいにできるくらいの給水を受けることができればかなりの安心感がありそうなものです。

しかし、現実の災害の現場というのは思ったようにいかないことも確かです。熊本の地震により給水が行なわれた一つのケースでは、いくら大きなボトルを持って給水に並んでも、一人に給水される量は6リットルに制限されたのだそうです。

同じ状況が実際に私たちが罹災した時に起こるかはわかりませんが、家族で給水をいただきに並ぶなら、大きな20リットルのボトル一つよりも10リットルのボトルを2人で2個持って並ぶ方が多くの水を給水できる場合もあるということです。家族が多い中ボトルが1つしかなければ、いかに大きなボトルがあっても少ない量しか給水できません。

また、水の重さは20リットルなら20キロあるので、一気に満水まで給水してもらったとしても、持ち帰るのに大変になってしまうことも考えられます。10リットルでも10キロなので、持ち帰る時のことも考えたボトル選びというのも必要になってくるのではないでしょうか。

そういう意味でも、よくスーパーで行なわれているアルカリイオン水のサービス用のボトルに給水して使うというライフスタイルを作る事はいざという時のためになると思います。一回の給水量はスーパーによってまちまちですが、周辺に同じようなサービスを行なうスーパーがあれば、一番一回の給水が多くできるところを選べばそのボトルを災害時にも使うことができます。

給水を受け水を持って帰るのに、慣れないまましっかり口の閉まらないボトルを使ったりすると、帰る途中で貴重な水をこぼしてしまうなど、残念な結果を生んでしまうかも知れません。こうした一連の行動をシミュレートするという意味でも、個人的には普段から給水する用のボトルをそのまま利用するというプランをおすすめしたいです。