モバイル活用ガイド」カテゴリーアーカイブ

管理人が導入したサービスの使い勝手を報告したり、新たにモバイル通信を利用して日常や旅の中で役立てたりする活用術について報告します。

モバイル回線運用でのTVer視聴はフジテレビの番組に注意しよう

過去の書いたものの中に、最大500kbpsという決して早くはないものの、You Tubeの標準画質だったらとりあえず止まらずに見られるmineoのオプション「パケット放題」を利用しても民放各社が放送された直後の番組をしばらくの間無料で見逃し配信する、TVerの番組を見られてしまうことを紹介しました。
この事は色々な番組を見ているうちに一つの例外があることを知り、その例外が「フジテレビの見逃し配信」であることがわかりました。なぜこんな事が起こるかというと、フジテレビだけはTVerの仕組みを使っての見逃し配信を行なってなく、フジテレビが独自に提供するアプリ「FOD」へのlinkを貼る形であたかもTVerアプリから動画を見ているかのように見せていることに原因があります。

TVerアプリの動画は回線のスピードに応じて自動的に画質が変わり、500kbpsでも何とか止まらずに見られるのですが、フジテレビの番組の場合はTVerの設定ではなく、「FOD」の設定を変えなくてはいけないということになります。

これは「FOD」アプリの動画視聴設定画面ですが、ここで「自動選択で再生」ではなく、「軽量版で再生」を選ぶと、番組再生のデータ量が1時間で最大150MBに抑えられます(自動にしておくと最大400MBに繋ごうとした時に頻繁に画面が止まってしまい、ほぼ実用には耐えません)。ただ、この方法だとテレビ放送時にコマーシャルに切り替えられるタイミングで入る、フジテレビの番組や商品のお知らせが流れる際、最大速度で通信しようとして低速から中速で見ようとすると、頻繁に画面が止まり500kbpsではかなりのストレスになりますが、それを我慢してテレビ番組に戻れば止まることなく見ることはできます。

これは、Rakuten UN-LIMITの低速である最大1Mbpsにしていても同じで、最大500kbpsよりはましですが(少し待ては割と早く動画が動き出します)、番組のお知らせ時にはスムーズな動画視聴をするのは難しいということは理解しておいた方がいいでしょう。

個人的には、こういう仕様でTVerに参加しているフジテレビについては、せめて「FOD」の動画視聴環境をTVerに合わせてくれないと、ほとんどの番組がTVerに参加しているものの見られないNHKとともに、モバイル運用時の自分の視聴番組から外す流れになるかも知れません。今回のRakuten UN-LIMITの新プランの影響で、UQモバイルやYモバイルでも制限時の最大速度が1Mbpsのプランが追随する中、逆に最大1Mbpsでそれなりに利用できるサービスの方に自分は流れていくと思うので、どうしてもモバイル環境でフジテレビの見逃し配信を見たい場合には、TVerを使っていたとしても「FOD」の動画視聴設定を事前にいじっておきましょう。


現状でRakuten UN-LIMITは固定回線の代替になるか

今後のネット状況を考える中、私が現在使っているADSLはまさに終焉に向かっている技術であり、早いうちに代替の通信手段を考えなければいけないと考えるようになっています。そんなおり、たまたま一年間無料で使えるRakuten UN-LIMITが登場し、楽天のエリアが地域にやってくるまではauのバンド18のエリアを使え、高速の5GBを使い切っても最大1Mbpsでネットが使えるようになったということで、地方での契約開始時から申し込んで使っているのですが、果たしてこの回線と、他の回線を使い分けることで固定回線をやめてしまって大丈夫なのかということも考えるようになりました。

というのも、自宅の固定電話の回線はほとんど使っておらず、宅配便の連絡先も携帯電話にしておいた方が留守の時に電話をもらってもすぐにその後どうするか話すことができるので、最近のネット通販の注文時には固定電話の番号を書かなくなりました。

今のところ、楽天のエリアに自宅が入った場合、その利用について本気で考えてみようと、現在のところ楽天エリアではない自宅でauの最大最大1Mbpsだけでどのくらいのネット環境が整うのかを今回試してみました。

まずは、パソコンでの使い勝手ですが、バックグラウンドでシステムの更新が行われるようなケースでなくても、ADSLよりWEBの閲覧はワンテンポ遅くなるような感じにはなります。ただ、パソコン画面上では動画も見られますし、クラウドの利用についても問題ありません。基本的には速度制限のある最大1Mbpsで利用しつつ、大きなファイルのアップロードやシステム更新を早く行ないたい時に備えて高速通信を使うようにすれば、一人でのネット利用であれば何とか使えるかなという感じはします。ちなみに、接続については楽天SIMを入れたスマホをUSBケーブルで接続し、USBテザリングを使用しましたが、スピードテストの値はほぼ1Mbps上下というスピードで自宅は安定しています。

スマホやモバイルルーターでのテザリングを使うというのは、他にネットをやる人がいない場合にはそれなりに使い分けられて便利です。というのも、パソコンを使っている場合にはUSBテザリングでパソコンでネットを使いながらパソコン自体でもアクセスポイントにして他の機器をネットに繋げることが可能になります。パソコンを使っていない時にはスマホ・モバイルルーター単体でWi-FiやBluetoothテザリングすればいいので、必要に応じて使い分けることができます。

また、最大1Mbpsというスピードでできるのか? と思ったのが、Amazon Fire Stickを使ってテレビ画面で各種ネットでの動画を快適に見られるのか? ということです。様々なネット動画の中でもそれなりの速度が求められそうなTVerでの番組視聴について試してみたのですが、やはり画面が大きくなることによってADSL以下の画質にはなったものの、ぶちぶち止まるようなこともなく、多少ブロックノイズが入るような状況もあるものの、普通にテレビ画面で動画を見ることに関しては個人的には問題を感じませんでした。

ただこれはあくまで私が感じたところなので、あまりの画質の劣化が我慢できないという人も当然いるとは思います。気になる方はぜひ速度制限をした状態でテレビでの動画視聴を試してみていただきたいと思います。さらに、この結果はネットをテレビ視聴のみに集中させた場合であり、多くの端末を使って同時に多くの事をしながら見れば違った結果になるかも知れませんので、その点についても考慮しましょう。例えばテレビサーバーとして外から自宅で見られるテレビ放送をモニターすることはこれだけでは難しいと思います。

ただ今後、auのパートナーエリアではなく楽天のエリアでの通信ができるようになれば、楽天SIMをモバイルルーターに入れてさらに家庭内用のルーターを接続すれば、楽天の電波が自宅内でどのくらい安定するかという問題はありますが、楽天SIMを完全に自宅内回線にするようなことも普通になるかも知れません。

今回色々試してみて、少なくとも車中泊での旅に出ても、楽天のバンド18を受信する場所であれば、Rakuten UN-LIMITだけでもまず問題なくネットを安定して使えるだろうと思えます。ただ、外で安定して使うことを考えると、あえて楽天SIMは自宅用に使い(移動中に楽天エリアだけだとまだ当分安定して使えないのではと思うので)、今回試したのと同じauでも、バンド18以外も利用でき、さらにUQモバイルの「スマホプランR」を外で使うようにすれば、月額料金と通信制限時の最大速度が1Mbpsであるのは同じで、月の高速クーポンが翌月繰り越し有りの10GB(つまり高速クーポンを日頃使わなければ、常に毎月20GBの高速クーポンを用意できる)使える回線を持つことができるようになります。

今、自宅でも外でも使える回線が欲しいと思う場合は、UQモバイルの「スマホプランR」に、必要に応じて通話オプションを付けるのがベストでしょう。私の場合は固定電話とともにADSLを止めてしまうなら、一年経過後もRakuten UN-LIMITの契約を月額2,980円で続けてもいいと思っているのですが、そうするとUQモバイルのSIMを入れたスマホにRakuten Linkアプリを入れることで、電話を受けるのはUQモバイルの番号、掛けるのはRakuten UN-LIMITの番号という風にすれば、UQの通話オプションを付けるにしても最低限の60分間定額の月額500円を付けておけば十分なような気がします。

さらにauのエリア圏外に出た場合の事を考え、今使っているドコモ回線のOCNモバイルONEのデータ専用最安の回線を残したとしても、3回線合計で月額8千円弱でそれなりに使える自宅とモバイルのネット環境が整います。

今後もし楽天が厳しい競争を勝ち抜き、通信衛星を使った全国のカバー率を100%にしてしまったら、もはやUQもドコモ回線も必要とせず、Rakuten UN-LIMITだけでもネットを使えるようになります。家族で複数持ちの場合も、自分が持っている回線を使って自宅でネットを使えばいいので、状況によっては固定回線という概念が無くなってしまう可能性すらあったりします。個人的にはそこまで行って欲しいですが、現状でもそこそこは使えるようになっていることの報告でした。


Rakuten UN-LIMITのauローミングの実力は?

昨日、今回の新型コロナウィルス騒動以来初めて車でドライブしてきました。ただ、まだ完全に感染症の危機を脱したわけではないので、利用者が少ないことを確認しつつ静岡市から静岡県内ぎりぎりの位置にある東名高速足柄サービスエリアまでという、基本はドライブのみというパターンでした。

それでも、サービスエリアの建物の端にある地下200mから引いている「足柄の水」をゲットし(相変わらず水くみ場には全く人はいませんでした)、サービスエリア内にあった崎陽軒でシウマイ弁当を買ってきました(^^;)。ただ、今回のドライブはそれが目的ではなく、4月から開通したものの自宅周辺でしか試せなかったRakuten UN-LIMITのauローミングはどんな感じなのかを確かめるというのが主目的でした。

先日書いた通り、楽天はオリジナルの端末であるRakuten Miniにおいて、ドコモやauが主に使っているBand1を受信しない仕様のロットを出してきました。ということはつまり、auローミングサービスが使える地域においても、auのBand1は使えない仕様になっているということなのです。

では、auローミングではどのバンドを提供されているのかというと、いわゆるプラチナバンド(800MHz帯)のBand 18(Band 26)のみの提供ということになります。それでもプラチナバンドなので、山の中でもそれなりに使えるだろうと思って車の中で動画を再生しながら走ったのですが、主に幹線道路のみだったこともあって、民家が途切れる山道になると若干スピードは遅くなるものの、見る動画がそこまでのスピードを要求しないものであれば、低速(最大1Mbps)でも何とか利用可能ではあります。本当はもっと山の中まで入りたかったのですが、何しろ県をまたいでの移動は自粛せざるを得ず、それでも車で移動しながらでもauのローミングのみでも何とか使えることがわかっただけでも成果があったと思います。

しかし、今後楽天の電波が全く来る可能性がないような地域にお住まいの方なら、UQモバイルの同じ2,980円/月(通話定額はオプション)で10GBまで高速が使え、翌月の繰り越しも可能なプランの方がauの使える場所ならau本家と同じくらいの速度で利用できることが考えられるので、UQモバイルを選んだ方が無難です。全国のあらゆる地域を移動して、その移動先で安定してモバイルインターネットを利用したい方も同じです。

ただ、今回試した楽天のプランは、何しろ来年の3月まで月額0円で使えているものですから(^^;)、今後のポイントは自宅がいつ楽天のサービスエリアになるかというところになってくると思います。もし楽天のエリアが自宅に入った場合、これは本格的に今のADSLを解約して自宅用の固定回線の代替としてRakuten UN-LIMITのSIMが使えます。その際は楽天SIMをモバイルルーターに入れて家から動かしませんが、楽天linkアプリはスマホに入れていけば、楽天SIMに割り振られた電話番号は外に持ち出してスマホに入っているSIMのエリア内であれば、料金を気にせず電話することができるようになるので、あとはモバイル用に使えるSIMを別に用意すれば、工事不用でいつでも移動できる無線インターネット環境ができます(^^)。

ただこれは、楽天が自分の住む地域でいかに通信設備を整備してくれるかにかかっています。もちろん、他社がもっと魅力的なプランを出してくれてもいいのですが。あとは今回のように楽天モバイルに対しての使い勝手について、もっと範囲を広げていろんな事が調べられるように、毎月0円で使えているうちに普通に多くの人が移動できるようになって欲しいですね。


紙の時刻表よりデジタル時刻表という時代に

無人島へ何か一冊本を持って行けるとしたら? という問いの一つの答えとして「時刻表」というパターンがかつて(今も?)ありました。なぜ時刻表かというと、無人島に鉄道は走っていなくても、時刻表を開くと旅の予定を立てることができ、「架空旅行」を楽しめるので、そうした架空旅行のパターンは無限に作るこのができるからという事なのです。まさに、今のご時世では県外には出掛けることはなかなかできないので、自宅で旅行に行ったつもりで日程を立てることができる時刻表は、旅行に行けない今のような時でも有効なステイホームのためのアイテムであるわけです。

ただ、現状でこの時刻表について大きな問題が起こっていることをニュースサイトの記事で知りました。一部の紙の時刻表が発売を休止することが発表されたのです。具体的には交通新聞社が発行する「小型全国時刻表」6月号、「コンパス時刻表」6月号が体刊になりました。

時刻表は鉄道・バス・航空会社のダイヤを表示しているのですが、今回の新型コロナウィルス騒動により運行を休止するケースが増え、また緊急事態宣言が解除されたりする中、交通機関運行の状況が月またぎではなく週や日レベルで変わる可能性がある中、時刻表に載っている情報が正しくなくなってしまう可能性が限りなく高くなっているということがこの休刊の背景にはあります。

こうした実際の運行と時刻表上の運行予定がずれることがほぼ決定している場合、きめ細やかにデータの修正を行なうことができるのがパソコン・タブレット・スマホで見ることができるデジタルの時刻表の有利さが際立ってきます。
こうしたデジタルの時刻表の場合、無料で使うことのできる「乗換案内アプリ」のようなものを想像される方が多く、実際に電車で移動しているような場合、すぐに使え便利であることは確かなのですが、個人的には月々の料金を払ってでも、スマホアプリの「デジタル時刻表lite」です。この時刻表は「JR時刻表」(交通新聞社)のデジタル版ですが、タブレット用の「デジタル時刻表Pro」が全てのデータをダウンロードしてオフラインでも利用できるのに対し、「デジタル時刻表lite」はオンライン状態でないと使えないものの、常に最新のデータを利用できるという強みを持っています。そして、単に出発駅と到着駅を入れて経路を出すだけの使い方以外に、紙の時刻表ではおなじみの、列車そのもののタイムテーブルを時刻とともに追っていくことができ、紙の時刻表と同じような使い方ができるようになっています。

ですから、こうした使い方ができることで、無人島へ紙の時刻表を持っていきたいと思う人の使い方である「架空旅行」を計画するためのキラーアプリにデジタル時刻表はなるのです。残念ながらこの文章を書いている現在、実際に電車に乗る場合、できる限り県境をまたいでの移動は今でも自粛しなければなりませんが、架空旅行ならその辺のことに遠慮することはありません。私がよくやるのは、「明日から一ケ月連続の休みが取れ、その時期がJR普通列車乗り放題の「青春18切符」が使えたら」という前提で、休みがなかなか取れない人にとってはとっても贅沢な普通列車による日本一周の旅(の計画ですが)を実行なんてことも、どこにいてもできるわけです。

さらに、インターネット回線があれば、電車を降りた先で何を食べようとか、宿泊はどこにしようということまで「架空」の予定を立てることが可能になります。これも私の場合ですが、電車だけでなくフェリーや高速バスなども組み入れながら、乗用車でする「車中泊」ではない公共交通機関に乗りながらの「車中泊」で宿代を浮かすなんて裏技も入れながら、できるだけ安く遠くに行って色々楽しい旅をするための予定を立てるのも面白いですよ。

もちろん、スマホの狭い画面で効率よく調べるためには慣れが必要ですが、こうした操作に慣れておくと、実際に出掛けられるようになった時、簡単に最良の経路を自分で調べることができるようになります。ちなみに、30日間の利用料は360円で何もしないと自動継続されてしまいますが、購入時に自動継続を解除すれば、30日間だけの利用も可能です。私の場合は常に使うのではなく、使いたくなった時から30日間使い倒すという利用方法なので、7日間のお試し利用で120円出すよりも、30日間のお試し利用の方が色々なことができるので、個人的なおすすめとしてはとりあえず一ヶ月様々な架空旅行の計画を立ててみるのをおすすめします。感染を気にせず旅行に出掛けられるようになったら、その計画の中のいくつかが実行できるような行程を考えてみてはいかがでしょうか。


楽天link利用時の固定電話の着信及び通知問題を考える

Rakuten UN-LIMITを利用し始めてようやく2ヶ月ということで、まだ全体的な評価をするには早いのですが、現状における楽天linkアプリを使った通話の問題点について、書き忘れていたことがあったので今回はその点についてまとめ、今後の利用判定の資料として使おうということで紹介します。

まず、楽天linkアプリを使った通話については、私の使い方としてアプリだけ入れたスマホにドコモエリアをカバーするMVNOのデータSIMを入れているので、電波エリアによる影響とは無縁なのですが、楽天linkが採用したRCS(Rich Communication Services)のシステムによるデータ通信による通話とSMSの使い放題は十分に満足できるもので、現在はドコモケータイプラン(4G)で使っているメインの電話番号をRakuten UN-LIMITに移し、楽天linkアプリでの利用を考えているのですが、詳しく携帯回線との差を調べてみると、ノリでMNPしてしまうと後悔するかもと思われる点があります。

というのも、今までの常識ではSIMカードに割当てられた電話番号はそのSIMカードをガラケーやスマホに入れて使わないと使えないものだったのですが、Rakuten UN-LIMITでは通話用に用意したスマホに楽天のSIMを入れていなくても、別のスマホでSMSの受信が可能なら楽天linkアプリで最初にログインする際に、楽天SIMの入ったスマホに送られてくるアクセス用の数字を入力すると、楽天SIMが入っていないスマホで電話とSMSが使えるようになり、これが大きなメリットになっています。私の場合、先に説明したように楽天linkアプリを入れたスマホにはドコモエリアをカバーするSIMを入れているので、電話の安定性は恐らく本家Rakuten UN-LIMITのSIMを入れて使っている場合よりも現状では安定しているのではないかと期待しているのですが、発信はともかく着信するケースで一つの不安要素があることがわかったのです。

楽天linkアプリをドコモSIMで運用しているスマホでは、携帯電話からの着信は問題なくするのですが、固定電話(ソフトバンクの「おうちのでんわ」も公衆電話も)から電話がかかってきた場合、楽天linkアプリの同時着信はできず、楽天SIMの入っているスマホの方に着信するようになります。ほとんど携帯電話とのやり取りをしている場合は関係ないと思うのですが、仕事などでオフィスの固定電話から電話がかかってくる場合や、公衆電話から非常時に電話が入ってくるようなことを想定すると、ちょっと不安になってしまいます。

ただ、同時に着信はできないものの、着信があったことを楽天linkアプリの方で通知はしてくれるので、事前にこの状況を先方に伝えておいてすぐにコールバックすることで対応したり(アプリの方にもきちんと電話番号は通知されるので)、またアプリの設定で留守番電話をONにしておいて、固定電話の人にはメッセージを入れてもらうようにして同じくコールバックするようなやり方で良ければ、何とか使えるのではないかと思います。

まだ楽天linkアプリ自体が開発途上であることも確かなので、今後のアプリのバージョンアップによって固定電話からも直接着信できるようになるかも知れません。ただ、気になって昨日公衆電話からの発信を試したのですが、この電話は楽天SIMの入ったスマホに着信するのですが、通知内容が「通知不可能」になってしまっており(ファーウェイP30 Liteでの利用)、楽天linkアプリでの通知も「非通知着信」となってしまい、公衆電話からの着信かどうかの確認ばできません。

こうした通知や「非通知設定」の細かな設定により非通知や公衆電話、登録していない番号からの電話にメッセージを流して電話を鳴らさないような事はまだ楽天linkアプリではできません。こちらからの電話を「通知・非通知」の切り替えにはできるので、逆に非通知の電話を受けない設定にしている相手への電話を掛ける場合には問題ありませんが、携帯に限らず固定・公衆電話の電話を受けることがあり、さらに細かな通信拒否設定を今のガラケーやスマホで行なっている方は、最低限通話に特化した形でのSIMを残すということも必要なのではないかと思います。

ちなみに、現在契約内容変更をしたドコモのケータイプランは5分定額のかけ放題のみ(データ通信なし)で税抜1,200円/月でキープできているので、着信および5分以内の発信についてはガラホで行ない、それより長くなりそうな電話や、企業への問い合わせ電話については楽天linkで行ない、コールバックの番号は楽天linkでないメイン番号を相手に伝えるようにしてもいいのですけどね。

この方法だとメイン番号を知らせたくない人にはいつでも解約・変更が可能なRakuten UN-LIMITでという感じで2台持ちにはなりますがサブ回線としてRakuten UN-LIMITを使ったまま、楽天SIMの入ったモバイルルーターを自宅に置いて家のネット環境を整備することもできるので、今後の楽天エリアが我が地元に0円運用ができているうちに来てくれれば、メイン番号をRakuten UN-LIMITに移してしまうのか、今回紹介したようにメイン通話用(ガラケー)、サブ通話用(スマホ)、データ通信用(スマホorモバイルルーター)に分けるのかの判断がさらに変わる可能性もあります。とりあえずの現状はこんなところなので、今のメイン回線をRakuten UN-LIMITに移行したいと考えている方の参考になれば幸いです。


普通のスマホにも入れておくと便利な「緊急通報用アプリ」

現在メインで使っているスマホにはデータ専用のSIMを入れているのですが、楽天回線を持っていると使える「楽天link」アプリから通常の電話番号に紐付けての着信も発信もできるようになっています。ただ、基本的にはインターネット回線を使っての電話なので、データ通信専用のSIMを入れていると、110番や119番といういわゆる緊急通報が発信できないという問題が発生します。

楽天から送られてきたSIMカードをスマホに入れていれば、「楽天link」からの発信ではなく、デフォルトの電話アプリから緊急通報ができるのですが、今後楽天SIMをモバイルルーターに入れて通信専用としてしまうと、今後メインの電話番号を楽天に移行した場合に、別回線を用意しないと緊急通報が利用できなくなってしまう可能性があります。

それとは違う考え方で、いざという時に警察と消防に連絡する方法ということを考えてみると、あるアプリにたどり着きます。現状で「楽天link」アプリが使えるのはAndroidですので、同じAndroidで使える「緊急通報ナビ」(警察)と「火事・救急通報ナビ」(消防)という2つのアプリです。

このアプリを起動し、マップを表示すると、取得した現在地の周辺にある警察署(緊急通報ナビ)・消防署(火事・救急通報ナビ)が表示されるのでその場所をタップすると、新たに画面が開きます。

メニューを見ると直接ダイヤルする以外にも電話番号をコピーする機能もありますので、楽天linkで電話を掛けるためにはいったん番号をコピーした上で楽天linkを開き、直接警察署や消防署に連絡を入れるということです。110番や119番の場合、緊急性がないのに掛ける人が多いことが社会問題になっていますが、この方法は緊急性がある場合であっても緊急通報しないという形になってしまいます。ですから、電話をする際には正直に自分のスマホからは緊急通報ができないので直接最寄りの拠点に連絡しているということを話した方がいいでしょう。

この種のアプリは、例えば仮眠で車中泊をしていたところ、直接車を壊されたり身体に危害は加えられていなくても、どうみても怪しい人達が何かやっているのではないかと思えるような事があったりした場合は、警察などに「相談」という名目で電話しやすいという面もあります。110番・119番するか迷う場合にはこのアプリを利用した方がいい場合もあります。さらに、「緊急通報ナビ」にはGoogle Mapを開いて最寄りの警察署までナビゲーションしてくれる機能もあるので、緊急的に直接警察署へ逃げ込む場合にはこのアプリを起動して操作するのが一番スムーズに行くのではないかと思います。

ただ、やはりいざという時の事を考えるとやはり緊急通報できる電話は持っておきたいものです。現状では楽天SIMは別のスマホに入れているので、いざという時には楽天SIMから発信すれば通報可能です。楽天SIMをモバイルルーターに入れてしまっている場合には、今回紹介したアプリで何とかするか、データ専用SIMでなく音声対応のSIMを入れて使うことも考えておいた方がいいのかも知れません。


minenoパケット放題の低速(500kbps)でTVerが利用できる?

現在、外で利用するモバイル回線はRakuten UN-LIMITを使うことが多いのですが、最近になってスマホだけでなく小さめのタブレットまでセットできるスタンドを購入して車にセットし直したので、車の中にはmineoのSIMを入れたAndroidの7インチタブレットをセットしてどこまで使えるかで、mineoのSIMを車中専用で使ってしまおうかと考えているのです。

ただ、ここで一つお断りしておきますが、私の場合はmineoの他にRakuten UN-LIMITのデータ通信が使えるので、速度の維持が厳しいかも知れない平日お昼の12時から1時まではあえてデータ通信を使わず、「ゆずるね。」宣言することで夜11時~翌朝7時までの夜間フリーを獲得する事を優先しています。ですから人によっては肝心な平日お昼の12時から1時までの通信スピードについては検証していないことを前提にしてお読み下さい。

これまで、画質との兼ね合いはありますが、何とか7インチタブレットでも見られるくらいの画質であっても、You TubeやAbema TV、Amazonプライムビデオでは問題なく低速の最大500kbpsで利用できていたのですが、プチプチ止まるので使えないなあと思っていた地上波テレビの見逃し配信をアプリで行なう「TVer」について、先日改めて低速モードの最大500kbpsでの視聴を試したところ、私が見た番組では設定が「低速」でない「自動」になったままでも止まらずに見られるようになっていたのでした。

気になってネットで色々調べてみたのですが、公式サイトや口コミではほとんど言及されていませんでした。もちろん、電波状況によってはエラーになってしまうこともたまにはあったのですが、一度つながってしまえは何とかつながる番組もあります。ただ、番組によっては相変わらず途中で止まってしまう番組もあるのですが、我慢して待っていると多少待っても続けて再生されるようになることはなります。何かアプリが変わったのかmineoの通信品質が良くなったのかはわかりませんが(一応低速でもバースト転送機能はあります)、利用されている方はチャレンジしてみてもいいのではないかと思います。

印象としては、試してみて頻繁に止まるようだったらmineoでの視聴は諦めるか、時間をずらして再度チャレンジしてみればいいと思います(私の環境が全国で同じように再現できるとは限らないので)。ただ、私の地元の環境で今までは同じTVerの番組を見ようとしても頻繁に止まってまともに見られなかったので、何かが変わったのではないかと個人的には思っています。

今後mineoの契約者が殺到し、安定して500kbps前後のスピードが出なくなってしまったらTVerが見られなくなってしまう可能性もありますが、そうなったらそうなったで代替回線を探すという手もあります。個人的には外でも月額1,000円そこそこの(基本プランは500MB/月の最安プランにパケット放題をセットで税別1,050円です)プランで、ここまで動画が使えるなら、この回線を外使いのメイン回線にして、Rakuten UN-LIMITのSIMをモバイルルーターに入れて家のネット回線に回すという将来への希望が見えてきました(^^)。ただその場合は自宅に楽天エリアが入り、安定して高速データ通信ができるようになる必要がありますが。

一つ問題があるとしたら、スマホに入れた一部のアプリでは最大500kbpsの低速だとまともに動かない場合があるということです。その場合はもう少し毎月の高速クーポンの多いプランに加入すれば(3GBの場合900円+350円で1,250円で利用できます)、Rakuten UN-LIMITが通常運転になっても、家のインターネットとスマホの通信+電話の費用を合計しても(消費税含めても)、だいたい5千円弱で速度の違いはありながら、全ての通信の通話が無制限で使えるというのは、凄いコストパフォーマンスだと思えます。

mineoの場合、スマホ使用が深夜から早朝になれば、「ゆずるね。」で夜間フリーを獲得できれば(平日12時から1時までデータ通信を我慢することを宣言して10日分実行したら権利獲得)、スマホ利用にはほぼ問題ない回線速度が出ると思いますので、そちらの方のメリットも出てきます。

今回指摘しておきたいポイントは、今まで低速での無制限利用が可能だったOCNモバイルONEの旧プランも含め、中速から低速の無制限を行なっていたMVNOにヘビーユーザーが集結し、大量のデータダウンロードを行なうことによってサービスの質が低下したり、サービス自体が終了してしまうケースが多かったのですが、恐らく現在はRakuten UN-LIMITの方にヘビーユーザーが集結している可能性があるので(^^;)、ここはおとなしくmineoを使いながら、このクオリティが継続することを祈りつつ使い続けるのがいいのかも知れません。

逆に気になるのが、ヘビーユーザーが楽天エリアの現状のスピードを変えるほど使いまくってしまい、現状の楽天モバイルの通信規制が改悪されるくらいまで使われた時、今さら最大500kbpsに戻れるのか? ということもあるでしょう。私自身は高速・中速・低速に合わせたスマホの使い分けは慣れているので、この状態が続くことを願いつつ、紹介させていただきました。


イオンモバイル「タイプ2」とRakuten UN-LIMITとの相性

先日紹介した、Rakuten UN-LIMITの通話定額を幅広いエリアで利用するための裏技である、「ドコモ回線のデータ通信SIMを別スマホに入れて楽天linkアプリから利用」するためのベストSIMについていろいろ考えています。

前回はできるだけ安く、しかも使えるSIMということでLinksMate(1GBのデータ通信が月額380円)についてその安さという観点から紹介したものの、SIMの解約の際に手数料が3,000円かかるということを書いていなかったので、その内容を過去のエントリーで補足した上で、その際LinksMateとの比較対象として紹介したドコモ回線の1GB利用のデータSIMが月額480円で利用でき、解約料のかからないイオンモバイルについて、改めてその内容について説明させていただきたいと思います。利用する期間によっては、イオンモバイルの方がLinksMateより安く使えるケースも有り、さらにイオンモバイルでは選ぶSIMタイプによっては使い勝手が悪くなってしまうケースもありますので、今回はその点にも触れながら紹介します。

まず、イオンモバイルのSIMにはドコモ回線の他にau回線もありますが、ドコモ回線については「プラン1」と「プラン2」があります。ぱっと見、何が違うのかわからない方も少なくないと思うのですが、イオンモバイルのホームページを見ると結構細かなところが違っています。その違いは以下の通りです。

・SIMサイズ
「プラン1」マルチSIM 「プラン2」標準・micro・nanoから選択
・対応プラン
「プラン1」音声・データ・シェア 「プラン2」データプランのみ
・低速時通信制限
「プラン1」3日間366MBで規制 「プラン2」なし
・初月データ通信容量
「プラン1」日割りあり 「プラン2」日割りなし

それぞれ良い事悪い事ありますが、用途を楽天linkアプリを使った音声通話を安定的に利用したいというところに置くと、問題になるのが「低速時通信制限」の部分です。それほどイオンモバイルを入れたスマホをデータ通信で使わないならいいのですが、高速クーポンを使い切った後、radikoや音楽ストリーミングサービスで低速で使い過ぎてしまった場合、下手をすると100kbps以下に制限される可能性があります。さらに楽天linkはインターネットを使った電話サービスなので、通話時間が長くなるとその分だけデータを使うということにもなってしまいます。

ちなみに、当初楽天linkを使っての通話については、パートナーエリアで高速クーポンを使い切った場合のいわゆる低速制限が128kbpsとアナウンスされていましたが、そのスピードでも通話には影響がないとされていました。ですから、MVNO利用での低速利用でも最大200kbps出ていれば通話には問題がないと言えます。これは実際に昨日自分が電話を掛ける時に、あえてWi-Fiを切った上で高速クーポンをオフにして約200kbpsで使った際にその通話品質を確かめたので、できれば低速制限されてさらに制限されるような「プラン1」のSIMよりも、基本的にアプリを使って低速専用にしておけば、その中では電話もradikoも音楽も使い放題になる「プラン2」のSIMの方がRakuten UN-LIMITとの相性は良いと言えるわけです。

スマホの2台持ち(あるいはモバイルルーターとの併用)にして、一台は通話専用のイオンモバイルSIMを入れ、もう一台には楽天SIMを入れて動画や重たい作業に使う端末を分けたり、楽天SIMを入れたスマホやモバイルルーターからテザリングして通話用スマホの方に入れたアプリを使うという方法を取れば、通話用スマホに入れるSIMの高速クーポンは最少限でいいと思えます。

もし、このような2台持ちを容認できるのならば、あとおよそ1年は月額480円プラス税だけでも単体で低速回線をうまく利用しながら通信を分けられますし、一年後から料金がかかってきても2回線分合計で3,460円プラス税で、安定した無制限通話と高速無制限通信を楽しめます。唯一不安なのが、先日もあったという楽天モバイルの障害が起こった時に一切電話もデータ通信も使えなくなってしまうようなケースですが、その場合もドコモ回線のSIMが役に立つ可能性があります。

メールでの連絡は楽天・ドコモ関係なくできますし、楽天linkアプリを入れているドコモ回線のSIMが入ったスマホにLINEアプリを入れておけば登録している友人・知人との音声通話・ビデオ通話による連絡はできます。基本的にはドコモ回線の高速クーポンはできるだけ使わずに、月初には高速クーポンが2GB近くある状況にしておけば(1GBプランの場合)、どうしても発信したい場合にパソコンをテザリングで使うことも視野に入ってきます。ただし、データ通信専用SIMの入ったスマホからは110番や119番などの緊急通報の番号に掛けることができませんので、その際は楽天SIMの入ったスマホの電話アプリから緊急通報に掛けることになりますので、そこまで考えるとモバイルルーターより個人的にはスマホの2台持ちにしておくことがより安心できるでしょう。

Rakuten UN-LIMITはパートナーエリアだけが活動範囲の方でも十分使えるクオリティがあるので、わざわざ通話用通信用、さらに緊急通報のために2台持ちをしなくても安定した通話と通信はできると思います。ただ、現在楽天が計画している通信衛星を使って日本国内のエリアが国土の100%で使えるようになるまでは、人口カバー率の最も大きいドコモの回線を個人的には抑えておきたいということで、このようなめんどくさいこともついやってしまいます(^^;)。今回紹介したプランよりももっとよさそうなSIMが出てきたら、改めてまた紹介させていただきます。


Rakuten UN-LIMIT併用ドコモ回線のDATA通信SIMを比較する

Rakuten UN-LIMITを使った「通話専用スマホ」と「モバイルルーター」の用途分け利用に興味を持たれた方は、もしRakuten UN-LIMITのSIMが入ったモバイルルーターを自宅に置いていくような場合、通話用スマホの中にどのSIMを入れるべきなのかということを考えてみたいと思います。

ちなみに、私が現在入れているOCNモバイルONEのSIMは旧プランで、現在契約できないのでそれ以外のパターンで考えるのですが、基本的に通話用SIMとしては「ドコモ回線」で考えることにします。というのも、Rakuten UN-LIMITのパートナーエリアがau回線を使っているので、大手キャリアの中で大規模障害が起こった場合のバックアップという意味で言うとドコモかソフトバンクということになるのですが、基地局の規模で比較すればやはりドコモだろうということで、いくつかピックアップしてみたいと思います。

その1 中速でよく様々なミッションを達成できるなら mineo Dプラン

以前からブログには書いていて、もし今使っているOCNが契約できなかったら個人的に使っていたと思うのがmineoのDプランです。料金は高速クーポン500MBという最安のデータ通信SIMが月額700円(税別)で利用できます。ただこれではすぐに高速クーポンを使い切ってしまい、低速では様々なアプリやウェブも十分に見られないのではないか? という不安を持たれる方も少なくないでしよう。その場合は低速制限時の上限スピードを200kbpsから500kbpsに上げるパケット放題オプションが月額350円で追加できるので、およそ月額千円ちょっとで利用できます。500kbpsなら低画質にすればYou TubeやAbemaTV、プライムビデオやNHKプラスなど(TVerは少々厳しい?)動画サービスは十分に実用になります。

mineoの場合は、それ以外にも様々な利用可能が特典があることが特徴になっていて、自分のパケットが余れば「フリータンク」に預け入れて他の会員に使ってもらったり、逆にどうしても高速通信を使いたい場合には出して利用することもできます。会員同士のコミュニティが密なのも特徴で、そうした交流を求めている方にも選択肢の一つになるでしょう。

さらに、専用アプリでログインするごとにポイントがたまって月に20日ログインすると100MBのクーポンがもらえたり、「ゆずるね。」という午後0時から1時までの一時間にデータを使わないことを事前にアプリから宣言してそれが達成されると、平日の宣言が月10回達成された場合に、夜間(23時から翌7時まで)の高速利用について高速クーポンが減らない「夜間フリー」の恩恵を受けられます。その際には動画でもInstagramでも何でも利用できると思いますので、夜に主にネットをするような方にもおすすめでしょう。

ただ、これらのメリットはこまめにアプリを開いていちいち操作する必要があるものなので、そうした事を毎日やるのはめんどくさいという人には向きません。そして最大500kbpsではそれでも遅すぎて我慢できないという方は他のところを検討した方がいいかも知れません。

その2 とにかく安いMVNOならLinksMateでも

基本的には電話とSMSに使うだけだったら、低速の200kbpsで十分使えると思うので(当初まだパートナーエリアでの高速クーポン利用後の制限速度を最大200kbpsとしていたRakuten UN-LIMITではそれでも通話品質を保証するようなウェブページの説明だったので)基本的にはどのMVNOでも大丈夫だとは思うのですが、そうなると多少は使えそうな高速クーポンを使える上で安いドコモ回線のMVNOはどこかということになります。

私が過去に加入していた1GB480円のイオンモバイルより安いのが、LinksMateというMVNOの回線になります。ここの料金プランはデータ通信専用SIMの場合、高速クーポン100MBから利用でき、その料金は月額250円になります。ただ、高速クーポン100MBだとすぐに使い切ってしまうと思うので(マイページから高速と低速の切り替えおよび高速クーポンの翌月繰り越しは可能ですが)、毎月の高速クーポンを1GBに設定しても月額380円で利用できます。

普段はメールチェックとちょっとしたウェブ閲覧ぐらいしかしないなら、通常は低速モードで利用し、低速では動かないアプリやサービスがあったら高速にその都度切り替えて使うなら、月々の負担は少ない上でRakuten UN-LIMIT番号の通話用のSIMとして利用できるのではないかと思います。

2020.5.10追記

LinksMateについて、改めて色々調べている中で、契約する前の注意点とおぼしき点がありましたので、ここで追加させていただきます。最安でドコモ回線SIMが使えるという事は間違いないのですが、SIM契約を解約する際の解除料が3,000円かかるので、使う期間によっては上の文章の中で紹介しているイオンモバイルの1GBプランと支払料金が逆転する可能性が出てきますので、検討する際には頭に入れておいて下さい。

その3 カウントフリーオプションのあるMVNOを選ぶ

通話以外のデータ通信でスマホを使う場合、どのアプリやサービスを使うかによってそのサービスに対応した「カウントフリーオプション」を使ってスマホを使うという手もあります。価格が安くカウントフリーオプションを行なっているMVNOとしてはLinksMateもあるのですが(このMVNOは主にゲームについてのカウントフリーオプションが充実しています)、100パーセントオプション料金(月額500円)では使えず、「9割カウントフリー」としているところから、「その2」で紹介したようなミニマム料金での利用という点では厳しくなるので(使えば使うほど少しずつ高速クーポンが減り、結局は追加の高速クーポン購入が必要)、ここはあくまでゲームではなくエンタメ系のカウントフリーオプションを展開しているところについて紹介するようにしましょう。

音楽ストリーミングだけでも自由に楽しみたい場合、現在契約できるOCNモバイルONEの最安プランでも申し込むことで高速クーポンを減らさないでストリーミング再生ができます。OCNモバイルONEの料金は月3GBの契約でもデータ通信専用SIMなら月額880円(税別)とLinksMateの月額900円よりも安いので、OCNモバイルONE旧プランのような低速無制限はなくなっても十分利用する価値はあるのではないかと思いますね。

ちなみに、動画関連のエンタメフリーオプションを持つビッグローブについては、データ専用SIMと組み合わせた場合のオプション料金だけで980円となり、利用できる動画サービスもYouTube・AbemaTV・U-NEXTと限定されているので、低速でも他の動画やインターネットラジオ、音楽ストリーミングがストレス無く利用できるスペックのmineoと比べると少々高額かなと思います。ちなみに3GBのプランは900円/月(税別)になるので、月2千円くらいまで出せるなら別の選択肢も出てくるような気もするのですが、こうしたプランを選ぶ場合はオプションで利用できるサービスの内容にも気を配りましょう。

このように、月額千円くらいの価格で使えるSIMカードを見てきましたが、ここの中で一番安い月250円のLinksMateのSIMであっても、楽天SIMを入れたモバイルルーターを一緒に持ち歩くことが前提なら、モバイルルーターからテザリングすれば問題なくデータ通信の利用ができます。ですからあえて高速クーポンが多く使える価格の高いSIMを入れなくても、ここで紹介した月額千円前後に収まるくらいのSIMをスマホでの通話用として使えれば、それだけで基本的には十分ではあります。ここでは、あえてRakuten UN-LIMITのデータ通信を使わなくともスマホ単体で通話用以外でも使える可能性も考えて、MVNOのプランをその範囲の中でピックアップしてみました。皆様のお役に立てれば幸いです。


データ専用SIMでも着発信できる楽天モバイル「通話用スマホ」づくりのすすめ

前回紹介したように、夜間に大手キャリアのエリアで速度制限なしのインターネット通信が楽しめるmineoの状況を把握したこともあり、今後の自分の回線契約について色々考えることが出てきました。

というのも、私がメインで通話に使っているのはドコモのガラホによるケータイプランのかけ放題で、VoLTEによるクリアな音質と専用アプリを利用しなくても定額を利用できる大手キャリアならではのサービスは安心できるものの、2年更新の更新月が今年の年末に来るので、このまま契約を続けるのか、それとも同じドコモで解約手数料がかからない現行プランに切り替えるか、それとも他社にMNPするかというのは新たな状況の変化があれば変わる可能性を模索しています。

そんな中で今回、楽天モバイルの利用を「データ通信」と「通話・SMS」に分けるという裏技的なSIMの使い分けを行なってみました。新たな楽天モバイルは、楽天のエリアではデータ通信無制限で、さらに通話・SMSも楽天linkアプリからの利用であれは無制限で利用できるという、シンプルで魅力的なスペックになっています。しかし、今まで通話とデータ通信をガラホとスマホで分けてきた経験から言うと、データ通信を使いまくっている中でどうしても電池の消耗が気になってしまいますし、私があえてガラホをドコモ契約にしているのは楽天にauのエリアが加わったとしても、ドコモのエリアの方に信頼感があるので、今まではメイン番号を楽天モバイルにすることは考えられなかったのですが、今回紹介する方法が今後も利用できるなら、月2,980円かかってもドコモから楽天に乗り換えて番号を継続するパターンもありかも知れません。

というのも、楽天モバイルで通話無制限を実現するために採用されているのは、インターネット回線を使って通話を行なう「楽天link」アプリです。この楽天linkはインターネットがつながっていれば利用でき、Wi-Fi経由でも通話が可能です。具体的には、楽天モバイルのSIMを通話で使おうとするスマホ(現在はiPhoneでの通話はできないので対応のAndroidスマホになります)にあえて楽天SIMを入れず、SMS受信可能な別のスマホ(このスマホでは通話しないのでiPhoneでも可)に入れておきます。そして通話用スマホに楽天linkアプリをインストールした上でアプリを起動すると、ログインするための画面になります。

ここで、何か他のSIMが入っているとそこにはそのSIMの番号が出てしまうのですが、そうではなくて楽天SIMの電話番号を入れて画面を進めると、もう一つのスマホの方にSMS経由でログインコードが送られてきます。そのコードを入力することで楽天SIMが入っていないスマホであっても楽天SIMの電話番号が紐付けられ、楽天linkからの発着信ができるようになります。

楽天link自体はSIMカードを入れていないスマホでも使えるのですが、その場合は発信の際に相手に自分の番号が通知されません。そして、Wi-Fiでつながっていないと使えないという、携帯電話としては相当使い勝手が悪い状態になってしまうので、何か別のMVNOのSIMを入れて使うのがセオリーです。楽天SIMと関係なくネットに繋がっていれば電話として使えるということは、ドコモの基地局を使ったMVNOのSIMを入れると、楽天の番号でありながら、エリアはドコモで使えてしまうというのです。

そこで、今までSIM2枚差しで使っていたOPPO RanoAにドコモ系のOCNモバイルONEのデータ専用SIMの一枚だけ使うようにし、楽天のSIMはP30 Liteに入れることにしました(mineoのSIMは7インチタブレットに入れ直しました)。一通り設定とログインが完了したところで、通話のテストを行なってみたところ、問題なく発着信が番号通知をともなってできました。さらに、SMSについても受信メールについても楽天SIMの入ったP30 Liteの方には行かず、全てOPPO RanoAの中で完結してしまいます。

私の契約しているOCNモバイルONEのデータ通信は現在契約できない一日110MBの高速クーポン利用可(1日繰り越し可能)というパターンの契約なので、スマホ内で使うだけなら十分に使え、さらに低速(通信制限時および手動での切替可)でも200kbps以上のスピードで無制限に利用可能なSIMになっているので、通話でデータ容量を使い切ってしまったとしても問題なく翌日利用でき、低速でも十分通話品質を保つクオリティを持っているので、ここに楽天の番号でありながらドコモのエリアで利用できる通話・SMS用のスマホが完成したわけです。

ただ、エリアはドコモが使えるにしても、もし楽天モバイル回線の障害が起こった場合には楽天linkアプリ経由の通話ができなくなってしまうので、純粋なドコモ回線による通話SIMとは信頼性は違うものの、今ではLINE電話もありますし、メールでの連絡に切り替えて連絡をすることもできます。さらに、ここで紹介したような楽天SIMを入れないで楽天linkアプリを使うような使い方が今後もできるかという問題ですが、楽天linkでは海外から日本への通話が無制限で利用できるようになっていて、こうした電話利用が想定されていると思うので、今のところ、この仕組みを使って今のメイン番号を楽天モバイルにしてドコモエリアで使うのもありかなと思っているところです。さらにこうして「データ通信」と「通話」を2台で分けることには他のメリットもあります。

今後、楽天モバイルのSIMの入った端末を自宅でのインターネットのメイン回線として使おうと考えている方もいるかと思いますが、いったんスマホでログインコードが記載されたSMSを受信し、非楽天モバイルのスマホで電話としての利用ができるようになったら、楽天モバイルのSIMをモバイルルーターに入れ替えて自宅に置き、電話番号だけ持ち出して使うというパターンも可能になります。トータルの出費についても、例えば今使うならそこそこ使えそうなmineoのDプラン(ドコモ回線)にパケット放題を付けた最安値がだいたい月1,000円くらいなので、楽天モバイルの月額2,980円と合わせてもトータル4,000円くらいで自宅と出先でのネット環境が整うということになります。本格的にスマホを使いたいということなら、FUJI Wi-Fi(こちらはソフトバンク回線)の50GB/月プランでもキャンペーンを利用すれば月々2,000円くらいで使えますので、移動範囲でドコモエリアでなくても良ければ、格安料金で家でも外でも速度制限を気にせず使えます(自宅が楽天モバイルエリアの場合)。

そう考えると一回線契約でも「データ通信」と「電話・SMS」を分けて使える楽天モバイルは相当ポテンシャルの高い内容に仕上がってきていると思います。今後の活動自粛解除がいつになるかわかりませんが、その時には格安通信料で色々楽しめるように今から準備してみてはいかがでしょうか。