モバイル活用ガイド」カテゴリーアーカイブ

管理人が導入したサービスの使い勝手を報告したり、新たにモバイル通信を利用して日常や旅の中で役立てたりする活用術について報告します。

データ専用SIMでSMSを利用するメリット

本日は東日本大震災から8年目の日です。実際に被災された方の中には決して思い出したくない事もある悲しい過去の出来事ではありますが、決してその日の事を忘れず、さらにその中で出てきた多くの問題を解決するように考えることも、メモリアルデーには必要なところもあるように思います。

大きな災害が起こると物理的に引かれた水道管、電線や電話線が切断されることで、多くのライフラインが利用できなくなることが予想されます。ただ、過去の大きな地震において携帯電話については音声通話回線こそ制限されてつながりにくくなるものの、メールやメッセージアプリを利用するデータ回線についてはそこまで制限されることはないので、災害そのもので基地局そのものが被害を受けていなければスマホによる通信は使えますし、大手携帯キャリアが臨時の基地局を災害地域に設置することによって、利用者側が自らスマホの電源回りだけを用意すれば、何とか情報を得たり連絡を取り合うことはできるようになります。

普通なら、そうした事がわかっていれば、SMSやLINE、Twitterや各種メッセージアプリを使っての家族や友人との連絡は可能なのですが、最近になってわかってきたことに、たとえ知り合いであってもLINEの連絡先しか交換していない場合に、LINE自体が何らかのトラブルを起こしてしまったり、LINEそのものが他のサービスに置き換わった場合にどのようにして連絡を取り合うのかという問題があります。

確かに今のスマホでのコミュニケーションにおいてはLINEの存在は大きいもので、郵便局の年賀状のサービスの一つとして、相手の住所も本名もわからなくてもLINEでやり取りをしていたら、自分の名前も名乗らずに郵便会社を通して紙の年賀状が送れるサービスなどもあり、まだまだLINEの日本でのコミュニケーションアプリとしての存在感は揺るがないように思えます。しかし、その前にはやったミクシィの凋落の事を考え、さらにミクシィだけでつながっていた人と果たして今も連絡が取り合えるのかということを考えると、LINEも安泰ではないでしょう。LINEが衰退してしまった後にもし東日本大震災級の大きな災害が起きた後の事を考えると、今使っているメッセージアプリを通じて別の連絡方法を教えておくことが大切な場合も今後出てくるでしょう。

その際「メールアドレス」「電話番号」くらいのやり取りは必要になってくる気がします。しかし、状況によっては電話番号を教えたくないと思う方もいるでしょう。私も顔も見た事もないようなネットだけでつながっている人に自分の電話番号を教えてしまうのには抵抗があることも事実です。

そこでおすすめしたいのが、もしメインで使っている回線が使えなくなってしまった時の事を考え、安く維持できるMVNOのSIMを揃える中で、SMSの利用な回線を持つということです。現在の状況ではドコモとソフトバンクの格安SIMを選ぶ際にSMSでの連絡を行なうためには「SMSオプション」の付いたデータ専用回線を契約する必要がありますが(auの場合はオプションを付けなくてもSMSの利用が可)、そうしてSMSの使える回線をメイン回線とは別に確保することにより、LINEだけの知り合いから送られてくるSMSと家族や身近な友人との連絡先を分けることができます。SMSオプションの付いたSIMの電話番号に電話を掛けてもつながらないので直接話すことも起こりませんし、SMSだけ使え、さらに状況によっては新規で契約し直すことで、もし頻繁に連絡を受けたくない相手からSMSが来て困ったような場合の対応策にもなります。

さらに、災害時だけでなく携帯キャリアが急に使えなくなるような状況に備え、ドコモ・ソフトバンクの回線をメインに使っている人がサブ回線を選ぶ場合、あえてau回線を提供しているMVNOからサブ回線の会社を選ぶような、3つの事業者の中から2種類の回線を使い分けるということも、やっておけばメイン回線が使えないような状況でも十分実用になります。というのも、SIMフリーのスマホにサブ回線のSIMを入れておくと、多くのSIMフリーのスマホからテザリングをすることでメインで使っているスマホをサブ回線を使ってデータのやり取りができるからです。

サブの回線の方は一番安いプランで構いませんし、メイン回線ではなかなか難しい、実際は低速回線でも十分使えるカーナビとしての利用や移動時の音楽ストリーミングやインターネットラジオの利用をすることで、メイン回線の高速クーポンの利用量を抑える効果もあります。

また、二台持ちにすることによって、災害時の電池持ちも倍になるわけで、普段は2台持ちをしたくないと思っている方でも、あえて日常的には持ち出さないで、いざという時の連絡手段にや通信用に使うつもりで使うのもいいような気もします。

例えば、標準的な月間千円くらいのプランであってもSMSオプション(ドコモ・ソフトバンク回線)を付けても1,200円/月で月間3GBの高速クーポンが使える上に速度の切り替えや余った高速クーポンの翌月利用も可能になるので、いつも月末にスピードが制限されて何とかしたいと思っている人にとってはそれほど大きな負担にならない可能性もあります。逆にメイン回線で設定してあるギガデータ容量の見直しを行なうことで、新たに増やすMVNOの利用料をカバーできれば月々の通信料も一部削減できるかも知れません。こういったことは、できる時にやっておくことが大事だと思いますので、興味のある方はぜひ試してみて下さい。


GooglePayと関連付けたモバイルSuicaはLINE Payカードでチャージ

今まで使ってもらっていた親のスマホの調子が悪くなり、何よりも電波のつかみが良くなくなったという感じで、「発信できない」「着信しない」という状況になってしまいました。そこで、自分がスマホを換えた際にメインの座を交代したものの、現在はほとんど使っていなかったシャープのスマホにSIMを入れ替えて使ってもらうことにしました。

そのスマホはワンセグは付いていないものの、SIMフリーのスマホでは珍しいおサイフケータイ機能が付いています。今まではスマホでは電話と簡単なネット、さらに写真撮影くらいにしか使っていなかったのですが、今回スマホを代えたのを機に、できれば電子マネーを使って欲しかったので、「GooglePay」アプリから「モバイルSuica」を使えるように設定しました。

私の住んでいる場所はJR東日本のエリアではないのですが、一応モバイルSuicaでは地方の路線バスや電車の利用(JR東日本のエリアをまたがない事が条件)もカバーしているので、現金や地方のバス専用の電子マネーを忘れてしまった時でもスマホでタッチすれば自宅までの交通費があり、何とか帰ってこられるので、その事を理解して使ってもらうようになるとスマホ利用の幅が広がって個人的にも嬉しいところです。

ちなみに、モバイルSuicaを使うには現金をチャージしなければ使えませんが、アプリをスマホに導入しただけでも、コンビニのレジ経由や、一部コンビニのATMから直接現金チャージが可能なので、クレジットカードを用意しなくてもモバイルSuicaの利用および、残高が足りなくなった時の追加チャージも簡単に行なえます。

また、GooglePayアプリからモバイルSuicaを登録した場合、何らかのクレジットカードを登録すれば、オートチャージはしないもののその都度スマホから金額を選んでチャージをすることで、クレジットカードから引き落としになり普通に乗車券や買い物に使えるので、普通の人ならそれで十分とも言えます。

ただ、今回の場合は利用する親の都合で自分のクレジットカードは作らない・持たない、さらにわざわざコンビニまで行って現金でチャージもしないという感じなわけです。こうしたことは私と同じく今まであまりスマホを使っていないクレジットカード否定派の人に急にスマホを使わせたりした場合や、子供にスマホを使わせるような場合に同じような問題が出てくるのではないかと思います。まあ、いざという時にはスマホごと借りて自分が現金を持ってコンビニにチャージに行けば済む話かも知れませんが、そんな風に出向かなくても何とかなるような方法について考えたことを実行してみました。

その前に、一つ準備することがあります。クレジットカードを持たない(持てない)場合にその代わりになるカードというものが存在していて、それが「LINE Payカード」というLINEが扱う電子マネーのカードです。このカードはLINEのアプリを入れた時にスタンプ購入やポイントの当たるくじの換金用にと思い、自分のものだけでなく親の分も以前に作っていたのですが、このカードをGooglePayの決済用カードに指定します。LINE Payカードは、単なる電子マネーカードではありません。もちろんクレジットカードでもありませんが、JCBのマークの付いたクレジットカードのようにLINE Payの残高の範囲内で使うことができるのです。ネットショッピングでもクレジットカード代わりに普通に使えます。LINE Payカードの詳細については以下のリンクを参照して下さい。

https://line.me/ja/pay/card

ですから、事前にLINE Payカードを使ってチャージをして、その残高の範囲内でモバイルSuicaに必要な分だけチャージすることができるようになります。今まではLINE Payカードはほとんど使っていなかったのですが、それは現金を持っていちいちチャージに行くのがめんどくさかったということもあります。ただし今回のようにモバイルSuicaのチャージがLINE Payカードでできるということになると、状況は変わってきます。

どういう事かというと、私自身は銀行からでもクレジットカードからでも、さらに現金を直接使っても自分のLINE Payにチャージすることができますので、親が必要とするモバイルSuicaにチャージさせたい分の金額をLINE Payに余分にチャージしたら、改めて.LINEアプリから親のIDに直接送金をすることで、一瞬にして親のLINE Pay(つまりLINE Payカード)に問接的にチャージが可能になるわけです。

そうなれば送金したLINE Payの残額の範囲内で「LINE Payカード」はクレジットカードのように使えるので、1,000円送金したら1,000円分をモバイルSuicaに親のスマホのGooglePayアプリからチャージしてあげればそれでモバイルSuicaへの入金が完了となります。いくら親と子との間にもスマホの中にはプライベートな部分もありますので、スマホを借りてチャージをコンビニまで行ってするより、楽で早く、しかも手間もかかりません。

この方法を使えば、小さいスマホを持つお子さんに対しても、直接お子さんに現金を渡さずに、ほぼ親の方のスマホの作業だけで定期的な交通費の支給が可能になります。人によってはちょっと面倒くさい感じる方もいるかも知れませんが、家族の中でどうしてもクレジットカードを使うことに抵抗があったり、そもそもクレジットカードを持てない人がいる場合に試してみてはいかがでしょうか。

なお、最後になりますがGooglePayに導入したモバイルSuicaでは、普通列車のグリーン券購入などを利用する場合は、来年2月終わりに全ての機能が無料になるまでは年会費が必要になります。逆に言うともう一年待てばそうした機能も費用を掛けずに使えるようになるわけなので、親にもモバイルSuicaの使い方に一年で慣れてもらって、いろんな場面で使えるようになって欲しいものです。


スマホを車内で活用するためのスタンド考

車で出掛ける際のお供と言えば、最近ではやはりスマホの車内利用が当り前に行なわれるようになったのではないかと思います。特に、専用のカーナビ搭載が当り前だった頃には、十数万円を掛けて新品を購入し、そのうちに最初に入っていた地図が古くなって、日常的な役には立つかも知れませんが旅行先に新しい高速を含む道路ができていたりすると、満足なナビゲーションができないという事になっていたことを考えると、ネット常時接続の威力はすごいものです。

私が現在カーナビ用に使っているのは、格安SIM中の格安SIMと言える「ロケットモバイル」の神プラン298円/月(税抜価格です(^^;))ですが、ドコモの3G・LTEエリアで利用が可能で、スピードは最大200kbpsという低速専用ながら、普通にカーナビに使ったり、radikoや音声ストリーミングを車内で楽しむには全く問題なく使えます。逆に言うと、他の格安SIMの契約SIMの中で、「高速→低速」への切り替え機能がある業者であれば、車にセットする時にあえて「低速」に切り替えた上で利用することで、ほとんどのところでは最大200kbpsに制限されることになるので、高速クーポンを消費することなくカーナビをずっと利用し続けることができるわけです。こうした高速から低速への切り替えというのは大手キャリアでは対応していないので、車内で思う存分カーナビや音楽を聴くために利用したいと思われる場合は、格安SIMの会社に引っ越す意味はあるのではないかとすら思えます。

ただ今回の話は格安SIMの選び方ではなく、そうして用意したスマホをどうやって車内に設置して使うかということです。現状で、私はかなり前に安くなっていた時に購入した吸盤で車のダッシュボードにくっつける方式のホルダーを購入し、今も使っています。

しかし、このホルダーには熱に弱いスマホを車内で使い続ける場合に致命的な弱点があります。それは、今の季節ではそう考えなくていいのですが、車内温度が上がる夏の時期にスマホの温度が上がり過ぎて暴走を起こす危険があるということです。私が夏に出掛ける時には直接日光が当たらないようにタオルで影を作るようにしたり、購入したコンビニのアイスコー氷でヒーを飲み終えた後に残った氷で冷やしたりして温度の上がりを抑えていたのですが、年々地球の温度が上がっているという話もあるので、根本的にスマホを車内で使う場合の対策というものを考えたいと思っていました。

今、考えているのは車のエアコンの吹き出し口にセットするタイプのスマホホルダーを新たに購入し、状況に応じてダッシュボード用のスタンドと使い分けるというものです。カーナビとして利用する場合にはスマホを車内のどこかに固定すればいいので、うまく今使っているスマホがエアコン吹き出し口に差すタイプのスマホホルダーが使えるかどうか検討して春のお出掛けまでには環境を整えたいと思っています。

今回のメインはスマホを熱暴走させないためのホルダーという観点から書いてきましたが、今までダッシュボードに設置したスマホホルダーが全く使えないかというとそういう事ではありません。初めから車載用として考えられたスマホはなかなかないと思いますが、ある程度の熱に強いスマホであれば、そのスマホをダッシュボードに設置し、カーナビとして使う他にスマホをドライブレコーダーとして使う場合の設置場所としては十分で、エアコン吹き出し口に設置するスマホでは前方の記録は難しいため、2台のスマホを使ってカーナビとドライブレコーダーをセットする方法についても今後は考えていきたいと思っています。


トランシーバーの旅行でのメリット

過去にはトランシーバーと言えば、特定小電力の手軽なものか、免許が必要なアマチュア無線のものかという感じでしたが、最近では新たなジャンルとして「IPトランシーバー」という製品も出てきています。

携帯電話で定額利用が一般化したり、skypeやLINE電話など、それこそインターネットのデータ通信網を利用しての無料通話が当り前になっている今、なぜ新たなトランシーバーが出てきたか疑問に思う方もいるかも知れませんが、電話形式での通信というのは一対一での同時通話による制約があるという見方もあります。

よく大きな量販店やイベント会場で店員の方々が付けているイヤホンマイクの先には、常にお互いの連絡を取り合うために「同時通話」のできるトランシーバーがつながっています。もちろん、一対一での話にも使えるのですが、その内容をトランシーバーをスタンバイ状態にしておけばイヤホンを付けているだけで全員モニターすることができたり、その会話の中に割って入ることができることで、従業員の同士の連絡を密に取ることができ、伝達のミスを防ぐことができるというメリットがあります。

その際使われるのは安価で免許もいらない特定小電力トランシーバーが使われることが多いのですが、到達距離がかなり短いということと外で使う場合は同じようなグループがいた場合、公共の電波の決まったチャンネルを使うために混信する可能性があります。私が以前、2台の車で移動しながらトランシーバーを使っていた時、とある道の駅で連絡用に使われていたトランシーバーと混信し、びっくりしたことがありますが、もし特定のチャンネルを聞かれてしまっていれば、仲間うちの通話が丸聞こえになってしまうため、利用するシチュエーションを考える必要があるので、その点が残念です。

ただ、現在一部の企業などで使われているIPトランシーバーは、何とドコモやau・Softbank電波を使い、ネット回線を使ったIP通信を同時通話で行なえることが大きな特徴になっています。同じメーカーの無線機を揃える事が必要になりますが、携帯電話の電波が届くところなら、日本全国で家電量販店やイベント会場にいるような形で通信が可能になるということです。さらにIPアドレスを指定することからきちんと設定すれば他人の盗聴は難しく、仲間うちだけで安心してやり取りができます。

ただし山間部などで携帯電話のエリア外においては、通話ができないというディメリットはあるものの、現在の携帯電話のエリアは相当の範囲がありますので、今後個人でもこのIPトランシーバーが普通に利用できるようになれば、全国の仲間うちで車を使って集まるような形の旅行の場合は、集合前から打ち合わせなどの話ができて、便利に使えるようになると思います。ただ現在は法人での契約が必要になるそうですので、今後もっとこの形の通信が一般的になってくれば、最近問題になっている「アポ電」のような電話が入ってくることもないので、遠く離れた家族や親戚との連絡用にも使えるなど、新たな可能性も出てくるのではないかという気がします。

ちなみに、現在スマホを使って専用のトランシーバーと同じような通話を実現しやすいものとしていろいろ調べていく中で、やはり多くの人が使っているLINEは外せないでしょう。グループLINEでは参加者同士での音声通話が最大200人までできる仕様になっています。スマホでLINEを普通に使いこなせる方同士なら(スマホが使いこなせないような人との交信にはやはり専用端末の方がいいと思いますが)、こういったメッセージアプリを使ってのトランシーバー的使い方の方がすぐ利用できますし、費用もかかりませんのでおすすめです。

http://official-blog.line.me/ja/archives/57098769.html

こちらのサイトで具体的なやり方について説明されていますが、専用機のように常に待ち受けスタンバイというわけにもいかないでしょうし、通話に招待されたことを画面で確認し、参加した人同士でしか通話できないのでグループでの通話を開始する前に直接連絡を取り合うなどの手間はかかります。またずっと通話しているとスマホの電池も心配になりますので、車のシガーソケットから電源供給したり、モバイルバッテリーに接続して行なうなどの手間はかかることは覚悟しましょう。でも旅仲間のグループラインさえ作っておけば、この機能でいつでもトランシーバーのような使い方ができますので、集合前や集合後の連絡時には、あえてグループ内からの通話を選択するようにすると、途中ではぐれたり2台以上の車に分かれて移動する際の連絡に役立つので、そのやり方を覚えておくといいと思います。


LINEモバイル ソフトバンク回線の低速回線状況

先日ふと気付いたら、今月から利用を開始したLINEモバイルのソフトバンク回線に付いてきた1GBの高速クーポンを使い切ってしまっていました(^^;)。恐らくWi-Fiにつないでいるつもりで色々やってしまった結果だと思うのですが、ほとんど意識して高速通信を行なってこなかったので、たまたま昨日外でアプリをダウンロードしようとしてそのあまりの遅さに、これは高速クーポンを使い切ってしまったかも知れないと思ったのでした。

ただ、そうした状況というのもあったらあったで必要な情報を取れるもので、今回気になったのはLINEモバイルのソフトバンク回線で、低速になってしまった場合、正直どのくらいのスピードが出ているのかということです。

基本的には、MVNOの低速というのは最大でも200kbpsくらいになると言われていますが、会社によってはかなりの違いがあります。ドコモ回線では低速でも200kbpsをオーバーするスピードが出ると言われるところにOCNモバイルONEがあり、auではUQモバイルの一部のプランでは低速回線の設定自体が300kbps以上になっていたり、大手キャリアと関係のあるMVNOでは速度に優遇があるのではないかという話があります。

その点で言うと、LINEモバイルはソフトバンクモバイルと提携しており、ソフトバンク回線で高速クーポンを使い切った場合にどのくらいのスピードが出るのか? という興味は常々持っていたのですが、はからずも高速クーポンを使い切ってしまったことから、今回実際にスピードを測ることができました。

実際にアプリの「SpeedTest」を利用して測定したダウンロード速度はだいたい140kbps~190kbpsというところでおせじにも早くはありませんでした(^^;)。ただ、外でダウンロードしたアプリについては遅いながらも途中で止まることなくきちんと最後までアプリをダウンロードしてインストールまでできました。また、YouTubeの動画については最低画質で見るならぎりぎり見られるくらいのレベルになっているので、中の上といった感じでしょうか(^^;)。

このくらい使えるなら、早めに高速クーポンを使い切ったとしても、音楽やネットラジオ聴取用に十分使えるレベルになっています。そうは言っても過信は禁物で、サクサクはネットを見られないくらいのスピードであることは言えると思いますので、利用には注意が必要になるでしょう。

ちなみに、LINEモバイルの仕組みというのは先述のOCNモバイルONEやUQモバイルと違って、特定のアプリを使う分には高速クーポンが減らないことがあり、用途を限定することで少ない高速クーポンでも残しながら使うことができる半面、低速回線への自由な切り替えはできないため、今回のように高速クーポンをまるまる使い切ってしまわない限りは低速回線のスピードを測ることはできないという不自由さも合わせ持っています。どちらの方式がいいのかというのは議論があるかと思いますが、高速クーポンを使い切っても私の契約しているLINEモバイルのデータプランの場合、LINEについては高速通信で利用ができるので、コミュニケーションを主目的に使い、他の利用は低速で我慢できるなら十分使えるSIMであるということは言えると思います。


ラジオ録音はパソコンに移行しているが

本日の朝、NHKラジオ第一の10時台「すっぴん!」では、ジャンルの垣根を超えて活躍しているマルチリード奏者の梅津和時さんが出演されるとの話を聞きました。昨年のブログで書かせていただいたジャズピアニストの佐山雅弘さんがお亡くなりになってから、その翌日に訃報が飛び込んできた、梅津さんとともにバンド活動やロックバンドのRCサクセションのサポートメンバーとしても活躍された片山広明さんが急逝されたとの報道があり、本日の放送はその追悼の意味も込めて行なうということです。

もともと、私の車中泊趣味というのは東京の中央線沿い西荻窪にあるライブハウス「アケタの店」のマスターでご自身もジャズピアニストである明田川荘之さんが全国をライブツアーで回るのに、お金がない事からご自身の車で車中泊をしつつ、全国の温泉に入りながら回ったという話を聞いて自分も全国いろんな所を回ってみたいと思って始めたというところもあります。その当時には「アケタの店」には梅津さんと片山さんの所属する「どくとる梅津Band」(のちにDUBと改名)もよくお出になっていて、間近に素晴らしい演奏が生で聞けることに感動し、地方から何回も通ったものでした。

片山さんは実に茶目っ気のある方で音も自由奔放で、さらに大きなガタイをしているのでRCサクセションのステージでもかなり目立ち、ファンの方なら良く知っていると思います。ただ、無類の酒飲みで私が聞いた話ではとある友人のお見舞いに病院に行ったら、顔色がおかしいと見とがめられ、自分が即入院になってしまうような事があったそうです。ミュージシャンとお酒というのは切っても切れないものだとは思うのですが、体調を崩した原因がお酒にあったとしたらと思うと大変残念です。

そうした個人的にも思い入れのあるミュージシャンのセッションというのは、やはり聞いておきたいところなのですが、平日の朝ということですとなかなかラジオを聞くということはできません。できればビデオのように予約して録音しておくことができればいいのですが、最近ではあまりラジオをタイマー録音するなんて話題はなく、確か少し前に内蔵のメモリにタイマー録音できるラジオやICレコーダーがそれなりに売れていたということはありました。

しかし、最近にいたってはそうした高性能の録音機能付ラジオというものを電気店で見掛けることも少なくなりました。私の持っているラジオは高性能とは言っても災害用などに特化したものが多く、シンプルで壊れにくい反面、多機能ではありません。逆に多機能だと一つの機能が使えなくなってしまうと製品としての魅力も無くなってしまうというところもあります。

そこで、改めて色々調べてみたところ、やはりというかWindowsのフリーソフトでradikoやらじる★らじるの仕組みを利用してインターネットラジオをタイマー録音できるものがあることがわかりました。それが「radikool」というソフトです。

https://www.radikool.com/

昔はAndroidスマホやタブレットでタイマー録音できるアプリもあったのですが、このソフトでも番組表をクリックするだけで録音予約が完了し、録音ファイルをOneDriveやDropboxの指定したファイルに置いておくことができるので、スマホでもクラウドアプリを入れておけば、内容をダウンロードしてすぐにスマホで録音した番組を聞くことができるようになります。

私の現在のパソコンの中には、Windowsが搭載されたタブレットもあるので、そのタブレットの方で予約を行ない、今後はラジオ録音を主にそのタブレットでして、必要に応じて聞こうかなとも考えていますが、アプリやソフトもフリーで手に入り、安いWindowsタブレットだったら1万円以下でも入手可能な状況を考えると、なかなか高性能であっても録音機能付ラジオは売れなくなってしまうのかなと感じます。何しろ、インターネットが安定して使える場所なら、ラジオではモノラルの放送でも、きれいなステレオ音質で聞けますし、月額料金を払って全国の民放が楽しめるradikoプレミアムに入れば、全国の放送を録音し放題になります。昔は高い高性能ラジオに大きなアンテナを繋いで、遠くの放送局を雑音混じりに受信し、さらにその番組をカセットテープで録音していたことを考えると、「インターネットが高性能ラジオを殺した」という状況がすでに生まれています。

もっとも、高性能ラジオが全て無駄だとは個人的には思っていません。もし停電したらインターネットも使えなくなりますので、情報はラジオが主になりますが、ひどい災害で首都圏のラジオ局が電波を出せないような状況になったとしたら、頼りになるのは昼間でも遠方の高出力の放送局を受信可能な高性能ラジオであると言えます。個人的にはICF-EX5MK2がおすすめだと思うのですが、最近はネットを見てもかなりプレミアが付いてしまっています。基本的に1万円台で買えなければ、他のホームラジオで十分だと思いますが、つくづく災害用ラジオとしてのICF-B100をソニーが製造中止にしたことが残念です。

過去に書いたICF-B100のエントリーについて、一応リンクを貼っておきます。もしフリーマーケットや中古品を扱うお店のジャンク品の中にこのラジオを見付けたら、ぜひ手に取ってみて下いね(^^)。

http://syachu.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/sony-icf-b100-e.html


エレコム バッグインバッグ BMA-GP06YL に入れたくなるもの

今回紹介するエレコムの小物入れBMA-GP06YLは2015年の製品なのだそうで、3年以上も売れ残っていたものが在庫処分になっていて、その大きさがあることに使えそうだと思って購入しました。

製品は、こんな感じの小型ポーチで本来の使い方は雨や汚れにも強い、小物入れとして使うべきものなのですが、手持ちのハードのうちどうにも中途半端で何かいいケースがないかと思っていた「キングジム ポータブック」が入るのではと思って購入したのです。

ポータブックと今回購入したバッグの大きさの比較ですが、これだけ見ても期待できます。実際に入れてみるとすんなり入るものの、最後のファスナーを締めるために本体をバッグの中に押しこむのがちょっと大変で、このまま使っていてはファスナーが壊れてしまうのではと思われる感じがするのですが、何とかポータブックを入れることができました。サイズにもう少し余裕があれば最高だったと言えるかも知れませんが、これはこれで、ポータブックを持ち運ぶケースとしては最小とも言えるわけで、お店で見付けた時に衝動的に買ったのは今回は成功でした(^^;)。

最近の自分の買い物を考えてみると、どうしてもネットからの注文というものが増え、なかなかこのような思い掛けない買い物というものができない傾向にあります。それは、お店自体の数が減り、あっても在庫処分とかセールとかでびっくりして財布の紐が緩むようなものをなかなか見付けられないというところもあるのですが、やはり買い物の楽しさは自分でも思いがけないところで今までの生活の不満を解消させるような品と出会い、その対価として失敗するかもしれないと思いつつ(^^;)、お金を出せる機会があるかというところではないかと思います。

ちなみに、このバッグは財布とタブレット、モバイルバッテリーを入れてもポータブックを入れた時ほどパンパンにはならないため、バッグの生地が雨や汚れに強いこともあるので雨の日に余分なものを持って行きたくない場合のセカンドバックとして使えそうで、旅行の際にポータブックを持って行かなくてもこのバッグだけ持って行って小物の整理をこの中でするという使い方もありでしょう。

最近はこうしたデジタル小物用のバッグをわざわざ購入することはなかったのですが、ポータブック用ということで購入したことで、今年の旅行では活躍してくれるようになるのではないかと期待しています。


Googleのパスワードを変えるもう一つのメリット

各種サービスをインターネットから使うにあたり、推奨されているのがこまめなパスワードの変更ではないかと思います。このパスワード変更については専用のアプリを使うやり方やノートにパスワードをメモしておくという方法など色々ありますが、その方法についてはご自身で使いやすくいざという時に家族に知らせやすい方法ということでは、ノートにメモしておくのが将来的にはいいかな? と現在は思っていますが、今回は特にGoogle IDで設定しているパスワードを変更してみました。

基本的にはパソコンで使っているChromeのログインおよび、Gメールのアカウントになるので、結構大切なパスワードなのですが、やはり定期的に変えた方がいいようです。今回は、単なるセキュリティ目的ということもあるのですが、先月くらいにスマホを新しくしたことで、常用する端末を変えたということがあったので、使う端末を絞り込み、今まで使っていたどの端末でもアクセスできないようにという側面もあります。

どういうことかというと、現在自宅にあって使っていない端末においても過去のIDが入っている端末があった場合、普通に自分のIDによるGoogleのサービスが使えてしまうので、家族にメールが見られてしまったり、クラウドの中味を覗かれたりする危険性があります。さらにそうした端末を盗まれてしまう場合や、オークション・中古端末として売った場合、中に情報が残したままで出してしまった(家族が自分に了解を取らないで勝手に出されるケースもあるかも)場合、そこからアカウント情報が漏れる可能性も否定できません。今回パスワードを変えたことで、自らパスワードの変更作業を行ない改めてログインしない限り、Googleのサービスは手持ちの端末でしか使えないようになりました。

特に私のようにスマホを替えた場合で、今まで使っていた端末を使わないことがわかっている場合は本体からGoogleへのログアウトを行なうか、新しい端末でパスワードを変更するかで、勝手に自分の情報を見られないように端末をコントロールできます。

どうしても過去の端末でもログインして使いたい場合には、改めて新パスワードでログインすればいいわけなので、今回のように何かの拍子に変えてしまうことで外からの悪意ある侵入者に対抗することはできるでしょう。

そして、できれば面倒だと思わずに2段階認証を導入し、不幸にもパスワードを突破されたとしても相手に簡単にアクセスできないように守りを固めることも考えておいた方がいいでしょう。通話兼用のSIMカードで利用していればその番号にショートメール(SMS)を送る設定にすればいいですが、通話専用のSIMとデータ専用SIMを持つ私の場合は、通話専用のSIMの電話番号にメールが来るようになっています。通話に使う気がなくてデータ専用のSIMを契約する場合、できれば2段階認証のできるショートメールの使えるSIMを契約することをおすすめするのは、こうしたセキュリティ上の事を考えてのことです。

ちなみに、大手3大携帯キャリアのうち、auだけはデータ通信専用回線でもショートメールが使えますが、ドコモとソフトバンクの場合「SMSオプション」の付いたデータ通信カードを導入する必要があります。もちろん、すでに電話番号での通話のできるSIMを契約している場合は私のようにメールを別の端末に送ってもらうことで対応可能ですので、あえてSMSオプションを付ける必要はないのですが、代替回線のない方で通話はいらない方でも「SMSオプション」は付けておいた方が安心であることを覚えておくといいでしょう。

さらにこれは稀な例ですが、今私の使っているHuaweiのタブレットはauのデータ専用SIMを入れてもショートメールの受信ができない仕様になっているようです(^^;)。最初その話を聞いた時には何か損をした気分になったのですが、余分な費用もかかっていないので、それはそれとして現在はショートメールは諦めて別の端末から利用するようにしています。このように、色々と奥の深いこともありますが、新年から自分のパスワードが勝手に他人に使われてしまわないように、新たに端末を購入した場合の以前の端末の管理には十分にご注意下さい。


日本ではまだ「おサイフケータイ」対応スマホが便利なわけ

私が常に持ち歩くスマートフォンを選ぶ場合、まずこだわるのはCPUの性能やメモリの多さというよりも、「おサイフケータイ」対応かどうかというところがあります。すでに電子マネーの「モバイルSuica」を実装しているので、例えば地元から東京・名古屋・大阪までの新幹線のチケットを先に購入していた場合、着いた先での移動時にはいちいち現金を使って切符を買わなくてもスマホ自体をタッチして改札の入退場が簡単にできるモバイルSuicaの威力というものを身にしみて感じているので、そんなに頻繁に使わなくても、そのメリットを常に利用し続けたいと思っています。

というわけで、今後クレジットカードや電子マネーを新たに導入したいと考える方の中で電車やバスに乗る際の手間を軽減したいと思っている方は、モバイルSuicaを年会費を掛けずにフルに利用する方法の現時点での一つである、ビューカードの「ビックカメラSuicaカード」をまず作ることをおすすめしておきます。ちなみに、ビックカメラSuicaカードのブランドは「JCB」となりますが、たまにJCBは使えないと言われることも無いことはありません。

国内で使う分にはそこまで影響はないかと思いますが、海外でも利用したいと思う場合にカードが使えないと事のないように、私は「JCB」「VISA」「MasterCard」の三種類のカードを作って持ってしまったのですが(^^;)、取扱い店の範囲で一番使えるお店が多いのが「VISA」です。VISAを扱う年会費無料のカードは多くありますので、毎日使っているスーパー系のカード勧誘があったらVISA提携のカードで申し込んでみるのもいいでしょう。発行されれば毎日のお買い物をクレジットカードでしなくてもカードを見せるだけで現金で支払いをしてもポイントがたまるようないわゆる「クレジット機能や電子マネー機能の付いたポイントカード」として使えるカードになり得ます。これは利用する方のライフスタイルによってイオンカードがいいのか、楽天カードがいいのか、オリコカードがいいのか、あるいはもっと他のカードがいいのかはその人のライフスタイルによっても変わってくるでしょう。

と、ここまではクレジットカードと紐づけする電子マネーの話でしたが、世の中にはどうしてもクレジットカードは持ちたくないという方もいることでしょう。電子マネーは持っても、チャージを後払いにすることで、自分の支払い限度よりも高い金額をクレジットカードからチャージしてしまい、後のクレジットカード会社からの請求に苦労するような事も考えると、全ての人にクレジットカードをおすすめすることは無理があります。

そこで今回、たまたまサービスが始まった「Google Pay」での「QUICPay」連携によるAndroid5,0以上のおサイフケータイ対応端末で、対応するお店でスマホをかざすだけで使えるようになったプリペイド式電子マネー「LINE Pay」についてちょっと紹介させていただこうかと思います。

私がLINE Payを使っているのは、格安SIMの一枚としてMVNOの一つ「LINEモバイル」を利用しているからで、毎月500円(税抜価格)のデータ専用SIMの利用料をLINE Payで決済するために主に使っています。LINE Payを使うにあたって、コンビニのローソンで売っていた「LINE Payカード(1,000円分の電子マネーが入ったもの)」を購入し、それを登録してさらにLINEモバイルの料金支払の方法としてアプリ内で連係したことにより、カード単体でも、スマホの画面にQRコードを表示する形でもLINE PayがLINEモバイル料金の支払いに使えるようになりました。

ちなみに、LINE Payのチャージについてはクレジットカードではなく、手持ちの銀行口座からのオートチャージを選択しました。毎月540円(消費税8%の場合)がLINE Payの残高から引き落としになりますが、LINE Payの残高が1,000円を割った時には登録した銀行から1,000円が自動的に引き落とされてチャージされるように自分で設定したので(オートチャージの金額と条件は設定で変えられます)、銀行口座の中味が枯渇しない限りはLINEモバイルの利用料が滞ることなく支払いすることができるようにしています。私の場合は毎月決まった金額が引き落とされるのでオートチャージを利用していますが、そうした定期的な利用がない場合はあえてオートチャージを設定せず、必要な時に自分でチャージしても十分だと思います。

LINE Payにチャージする方法については様々あるのですが、銀行口座を登録しておいて、必要な時に即時決済という形で口座から引き落としてチャージする方法だとスマホ内の操作だけで口座の残高の範囲内でチャージできます。そうでなく直接現金をカードにチャージするには、ちょっと不思議なのですがまだ「LINE Payカード」が売られていないコンビニのセブンイレブンに設置されているセブン銀行のATMにLINE Payカードを入れると、千円単位でLINE Payへの現金チャージができるようになっています。私はもっぱらこの手段でLINE Payの残高を見ながら、残高が1,000円を割りそうになった時にコンビニへ行って1,000円分をチャージすることにしています。他のコンビニでのチャージは、LINE Payカードを購入したローソンの場合、レジにお金とLINE Payカードを一緒に出すと、その分の現金をLINE Payにチャージしてくれます。ファミリーマートの場合は店内にあるFamiポートから登録し、レジで入金の手続きを行なう方法があります。どの方法も、現金を直接チャージする方法なので、入金した分以上は使えないということが安心材料です。

LINEモバイルの利用料は自動的にLINE Payから引き落とされるので、あまり今までは電子マネーとして意識することはなく、QRコード決済も全く使っていなかったのですが、今回アプリのGoogle Payを端末にインストールしQUICPayの決済をLINE Payカードに紐付けると、2018年までなら1ポイント1円でLINE Payにチャージ可能なポイントを1,000ポイント支給してくれるとのことだったので、すぐに登録を行ないました。

これで、毎月かかるLINEモバイルのおよそ2か月分の利用料がチャラになるということは素直にラッキーと思えましたし、LINE Payにチャージした電子マネーがいちいちスマホの画面を操作してQRコードを出さなくても決済できるようになったことは、かなり今後の私の電子マネー利用の状況に変化が出てきそうです。

Google Payによって紐づけたLINE Payは、おサイフケータイによる決済の中の「QUICPay」で行なわれます。お店がQUICPayでの決済に対応していれば、「QUICPayで決済します」とお店の人に言った後にお店にある読み取り機にかざすだけですので簡単です。もちろん、LINE Pay残高以上の買い物をしようと思ってもできませんので、これなら使い過ぎる心配もないですし、クレジットカードで無駄遣いすることが心配な方でも安心でしょう。ちなみに、QUICPayの使えるお店というのは、以下のリンクで確認していただきたいと思います。

https://www.quicpay.jp/shoplist/

少なくともこれで、単体の「LINE Payカード」を店で出したりネットショッピングでも番号入力して使うだけでなく、スマホをお財布代わりにして、お金が入っていなければ使わず、使いたい時には使う分だけチャージしてカードなしでもスマホに導入した「QUICPay」「QRコード」のどちらかで利用できる状況が整いました。現在は海外の安くて性能のいいSIMフリースマホでは使えないという制限はあるものの、国内メーカーのスマホならSIMフリーでもおサイフケータイ対応のスマホは出ていますので、今でなく将来的にもスマホによる決済を行ないたいと思っている方は、「おサイフケータイ機能付き」のスマホを物色してみるのもいいのではないでしょうか。


長時間の渋滞が有難くなる? NHKFM「○○三昧」を聞き続けるテクニック

昨日のニュースによると、宇宙ステーションから実験サンプルの入った「究極の魔法瓶」を入れて送った回収カプセルが無事に回収されたそうです(^^)。保冷剤を入れて4℃に保たれているはずの、実験試料の中味がどうなっているかというのは続報を待ちたいですが、とにかく初めてアメリカやロシアの力を使わずに物資の回収ができたというのは素晴らしいことだと思います。

さて、秋の行楽シーズンになって車中泊には良い季節になってきたこともあり、計画を立てて出掛ける方も少なくないかと思いますが、こちらの方はまだ紅葉には早いため、テレビを見ているうちに週末が終わってしまったという印象です(;_;)。

ただ、前日の11日に久し振りに逃さずに聞きたいラジオ番組がありまして、あえて失敗しないようにパソコンとタブレットのラジオ録音アプリを使って長時間の録音を行ないました。この番組は、NHKFMで不定期に放送される「今日はまるごと○○三昧」(○○にはその日のテーマが入る)という番組で、お昼くらいから夜七時のニュース前後が中断されるものの、夜の10時まで正味9時間くらい同じテーマで音楽を流します。さすがにこうした企画ができるのはラジオのみで、最初の企画はゴールデンウィークに「アニソン三昧」ということで放送されたものをそれこそ旅行中に聞いたことから、車で出掛ける際は一応NHKFMに合わせてみて、何か面白そうな「○○三昧」はやっていないだろうかと確かめることにしています。

こうした通しで聞ける番組というのは、何か急なニュースが入ってもラジオ放送なので災害の場合は速報してくれますし、途中休憩や食事で聞けなくても、同じテーマで番組は続いているので、流れに乗りやすくドライブ中に流すのに適しているように思います。

しかし、ここでここまでの前提である長い距離を車で走り抜けるということを考えてみると、カーラジオでNHKFMを聞き続けるというのはなかなか大変です。まずは、山間部を走っているとFMどころかAMラジオすら電波が入らなくなってしまう場合があるだけでなく、トンネル内でラジオを聞く場合、FMラジオの再配信が行なわれていないトンネルがあるとそこで全く聞けなくなってストレスになることもあるかも知れません。また、FMの受信エリアは狭いので、長距離を走っているうちに次のエリアの地方局を探すのも大変になります。

ただそういう場合を考えて、一度設定した内容を変えずにNHKFMの内容を聞き続ける方法があります。それは、インターネット配信を活用することです。NHKが提供するラジオをストリーミングで聞くことができるスマホ用のアプリに「らじる★らじる」というものがあるのですが、このアプリでは東京だけでなく全国のNHKの放送する主要局を選べるようになっています。中には地方の局でしか放送しない番組もあったりしますので、普段は地方独自の番組を聞きたい時に便利ですが、旅での選び方は現在走っている場所か旅の目的地に一番近い局をスマホアプリの「らじる★らじる」から選ぶのがいいでしょう。何故かと言うと、この場合のストリーミングは選んだ地方局のラジオ放送の同時配信になるので、何か交通や災害に関する大きなニュースが入れば番組は中断されて、旅先での情報収集に役立つニュースに変わると思われるからです。

ちなみに、同じことを民放を聞くためにアプリ「radiko」でやろうとした場合、有料の「ラジコプレミアム」に加入していないと、スマホの地域判定から外れた放送局を聞くことができなくなりますので、特に高速道路で数県をまたぐようなドライブをしている場合はまだラジオの自動選局で地元局を選び直す方が楽です。夜間に東京に向かって走っているような場合は、最初は無理をしてでも東京のローカル局に合わせながら進んでいくと、長い時間選局を変えずに進むことができるのに対して、radikoでは改めてアプリを終了してから地域判定を再度行なうことも考えなければなりませんので、少々手間になります。お気に入りの局や地元の民放局を全国どこへ行っても聞き続けたい場合には、ラジコプレミアムへの加入が唯一の手段になります。

最近の高速道路のトンネルではネットが通じるケースも多いですし、山間部でも比較的エリアが広いドコモの回線を使うロケットモバイル神プラン(税抜月額298円)のSIMでも十分ラジオだったら聞き続けられます。神プランは低速通信ではあるもののデータ量は無制限なので、ドライブ中ずっとラジオを付け続けていても問題なく、音質もそこそこ良い感じで聞けますので、そんな用意もしておくといいでしょう。私の車は古くて車のオーディオをBluetoothで飛ばすことができないので(;_;)、小型のBluetoothスピーカーをドリンクホルダーに付けて、主にスマホから流れてくるインターネット経由のラジオをスピーカーから聞いています。これはこれで、車内のオーディオとして十分機能しています。

スマホを使ってラジオや音楽を聞くなどということはちょっと前の車での旅では考えられませんでしたが、今後の車での旅では山の中でAMの電彼状態が悪く、FMも入らずにラジオからの情報収集ができなくなってしまった場合に覚えておくと便利かも知れません。