旅行」カテゴリーアーカイブ

車中泊前乗りで行く鹿児島弾丸ツアー(2)鹿児島空港内を少しブラブラする

今回往復の鹿児島の旅に利用した飛行機はスカイマークでした。大手とLCCの中間という位置付けで、荷物を預ける場合20kgまで無料、座席もそれなりに広く、さらに機内サービスとして「温かいお茶」「コーヒー」「冷たいアップルジュース」がサービスされ、ちょっと得した気分になります。中部国際空港から鹿児島空港までは1時間半なので、そういったサービスを受けている間にもう到着という感じでした。初めて降り立った鹿児島空港は、九州で2番目の大きさということで、色々なものが揃っています。到着したのが午前8時過ぎだったので、レストランはまだ開いていないところもありましたが、おみやげコーナーは軒並み開いていたので、レンタカーを借りる時間まで、空港内を散策することにしました。

まず、訪れたのは航空関連の展示をしている「SORA STAGE(航空展示室)」でした。古い飛行機の客室周りやタイヤ、エンジンなど飛行機に関するものが展示されていて、外の展望デッキに出るところには、エンジンの丸い枠があって、そこを通って外に出られるようになっていました。色々な資料を見て、飛行機に関する興味が湧いてくる人も多いでしょう。

展望デッキにはよくある大きな双眼鏡があるのですが、ここでは利用するための料金は当分の間無料になっているそうです。ただし、見たい人が多い時期には2分くらいで交代してくださいという表記がありました。無料だからずっと一人じめしたいという心情もわからないわけではありませんが、お互い譲り合いの心で、今の無料開放が今後も続くように利用者側からも良いマナーで使いたいものです。

展望デッキと同じ階にあるレストランは朝早い時間は全滅でしたが、2階の一部のレストランと、お土産店はすでに開いています。今回、車で出た後に11時くらいからランチを予定していたので、空港のレストランは使わず、売店で売られている鹿児島名物「さつま揚げ」をテイクアウトしていただくことにしました。時間が早いので作り置きのものを食べましたが、それでも美味しくて、お土産用というよりも家に持って帰ってじっくり食べようという気にさせてくれました。

空港のお土産品は本当に豊富で、その後色々と観光はしましたが、観光しながらお土産を買うよりも、先に品定めだけしておいて、帰りに売店で一気に買うのを基本にして、下見した空港で見なかったものや、魅力的だと思ったものを現地で買うようにした方が良いのではないか? と思うほど充実した品揃えでした。今回はあらかじめ行くところを決めていたこともあり、一部を除いてはほとんど空港でお土産をゲットしましたが、それには最初の段階でじっくり売店の品揃えを見たということも大きかったと思います。

一通り売店まで見終わったところでレンタカー店に連絡をし、空港まで迎えに来てもらいました。いよいよレンタカーで回る鹿児島観光スタートになります。(2)おわり。


車中泊前乗りで行く鹿児島弾丸ツアー(1)空港までのアクセスについて

ついに計画していた旅に出発することになりました。たまたま第三の航空会社であるスカイマークのセールを利用して安く鹿児島まで行けることがわかったので、まずは二人分の航空券を確保しました。

ルートは成田でも羽田でもなく中部国際空港(セントレア)~鹿児島空港です。片道およそ5千円で料金設定されていたので、予算的にはかなり最初から余裕がありました。今回は同行者の都合で一日しか休みが取れないということで、最初から朝一番の便で出発し、最終便で帰るというものでしたが、セントレア発鹿児島行きの始発は午前7時出発なので、公共交通機関では間に合いません。そこで、今回は静岡の自宅から車を使ってセントレアの駐車場に停め、帰りも車というスケジュールを立てました。その場合、自宅でぎりぎりまで寝て出発というパターンもあるのですが、当日何が起こるかわからないということもあります。そんなわけで、前日の夜に出発し、セントレアの駐車場に日付が変わるぐらいの時間で着くようなスケジュールで出発し、駐車場内で仮眠(車中泊)をすることにしました。

今回出発したのは平日であるため、まさか駐車場が満車になることはないと思ってはいたものの、セントレアの駐車場は千円の予約金を払うと事前予約ができるので、航空券が取れた時点で駐車場を押さえました。車のナンバープレートを登録すると自動的に入口のカメラがその番号を捉え、予約の内容と照合して出発ロビーから近い予約専用の駐車スペースへの入庫ができるようになります。

ちなみに、到着までの時間予測はスマホのカーナビアプリを使って行ないました。静岡から中部国際空港へ行く場合、静岡県内および愛知県の蒲郡手前まではバイパスに乗って行けるので、時間調整をしながら向かう場合には必ずしも高速道路を使わなくてもそこまでストレスはかかりません。

今回は自宅を夜の8時半くらいに出て、駐車場に入ったのはちょうど日付が変わったくらいの時間でした。約3時間半ですが、一般道の場合、道の駅の売店は営業を終了していますし、空いているのは大手コンビニくらいのものでした。ファミリーレストランの類は今回通った道沿いにはほとんどなく、蒲郡を過ぎてから発見したデニーズも、営業しているのか確かめようとした途端に看板の電気が消えてしまったりと、以前のように24時間営業が当り前というような時代ではなくなっているので、まだコンビニが開いているのが救いだと考えるしかないかなと思ったりしました。

ちなみに、私と同じようにセントレアの駐車場で車中泊をしているような人は予約スペースに駐車している周りの車ではないようでした。こちらも車中泊といっても二名分足を伸ばしてゆったり寝るというようなスペースは作れないので、持参した羽毛布団を掛けて、シートを倒して仮眠するというくらいの今回は車中泊でした。なお、羽毛布団を車内に持ち込む際、よくスーパーのカゴのサイズにピッタリ合う買い物袋があると思うのですが、この袋は紐を締めることできっちりと絞るように閉じられるので、羽毛布団を入れて閉めるようにすると、まるで専用の袋に入れたようで、結構持ち歩きし易いことを発見しました。私の持って行ったものは、内がアルミになっていて、普通に使う場合には氷を一緒に入れれば、多少は冷たさをキープできるようになっているので、今回は買い物袋以外の使い方でしたが、車中泊の旅用としては車内にキープしておくと色々便利に使えそうではあります。

今回の旅の出発は5月半ばでしたが、車内で寝る場合、ちょっと閉め切っているので暑さを感じていました。これだと夏に同じ方法で出るのは難しいかも知れません。きちんと睡眠を取るためには本来は家で事前に寝た状態で夜中に走る方が良いのかも知れませんが、今回の旅はまず行きの飛行機に乗れないと全ての計画がおかしくなってしまうので、今回のスケジュールに不満はありません。というわけで、無事に保安検査をくぐり抜け、さらにLCCと違って20kgまでの手荷物の預け料金は無料というスカイマークのメリットを享受し、ほぼ空でお土産用にと持ってきたスーツケースを預けて、いよいよ鹿児島に向けて出発することになりました。

(1)おわり。


一年に一度オーバーツーリズムに悩む地域の気持ちがわかる週末イベント「静岡ホビーショー」

私の住む地域は、例えば京都のように日常の足として使っている「市バス」に乗れないほどの国内・国外からの観光客が来るというような事はないのですが、一年に一度、それに似た状況が起こるイベントが行なわれます。それが「静岡ホビーショー」です。

静岡市は昔から模型の街で、現在のプラモデル以前から木製の模型飛行機を作っていた(現在の青島文化教材社)ところが始まりと言われています。その後、多くのプラモデルを製造販売するメーカーができ、主に県内メーカーのプラモデルを展示し、海外を含むバイヤーとの商談を行なうイベントとしてホビーショーが行なわれています。その一般公開日が週末の土曜日曜になるので、この二日間は全国から多くの人たちが訪れるわけです。

最近のホビーショーの人気は凄まじく、少し前までは開場に入るための予約などは必要なかったのです。熊本地震の直後に行なわれたホビーショーの時には、主に木製の城を中心にした模型の製品を出しているメーカーが、熊本地震支援のため、熊本城の鯱(しゃちほこ)の模型を販売し、その売上を災害援助に使うということをニュースで見たので、思い立って会場を訪れ、心ばかりの寄付をしてミニ鯱をその記念としたことを思い出します。

ただ、現在は事前に入場予約をしないと会場に入ることができないくらい人が来るので、いくら地元にいても、全く何もしないでいきなり行っても入場できないようになっています(すでに一般公開日の入場予約は定員に達したため終了していて、早めの予約が必要です)。

ちなみに、一般公開日の前日の金曜日には、小・中・高生限定で入場可能ということになっているようです。ただ、その場合にも団体・個人を問わず事前申し込みが必要だということです。それでも、地元にいるのであれば、小・中・高生であればそこまで混み合うことなく展示内容を見ることができているので、地場産業の後継者になってもらうためにも良い取り組みだと思っています。

昨日と今日は、自宅から一番近いバス停を走っているバスがホビーショーの会場を通っているということもあり、もしホビーショー方面に気付かず乗ってしまった場合、帰りのバス(静岡駅行き)に乗れない可能性はかなり高いです。全国から来ているらしい人たちの中には、シャトルバスに乗ることを諦めて、会場から駅までたくさんの紙袋を持って歩いていく人たちの姿を見ることも多いです。

幸いなことに、静岡市内の交通事情は自転車で移動する人が多いので、自分で自転車を持っている方であれば、買い物やお出掛けなど問題ないと思いますが、現在静岡市内ではシェアサイクルの提供を行なっているのですが、普段から結構使われているのですが、この二日間はホビーショーとは関係なく観光に来た方や、普段の足替わりにシェアサイクルを使っている地元の方は注意しないと、いつも置かれているはずのシェアサイクルが全くないというような状況が起きやすいのではないかと思います。

というわけで、特に観光で静岡市内を訪れる方は、「静岡ホビーショー」の一般公開日は避けた方が無難でしょう。ここ数年、静岡市では「プラモデルの街」ということを内外に訴えるため、プラモデルを模したオブジェを静岡市の何箇所かに設置しています。ホビーショー参加者にとってもそうしたオブジェは格好の撮影場所となるため、繁華街にも足を伸ばしてウロウロされる方も増えると思います。そのため、どうしても街中が混雑することになります。お祭りとは違ってホビーショーの日程をノーマークにして来てしまう方もいるかも知れませんが、ホビーショーを主目的に来るのでなければ、日程を変える方が無難ではないかと地元民としては思います。


かつての「道路時刻表」も今は昔でGoogleマップ利用でドライブルート作り

その昔、「道路時刻表」というものがあったのをご存知の方はいるでしょうか。一般道や高速道路を使って車で移動する場合、目的地までの距離と所要時間を掲載している本で、図書館に置いてあったのを見て調べ、ドライブ計画を立てたりしたことがありました。

以前はその内容がウェブ化されていて、わざわざ図書館に行かなくても自宅でインターネットから調べれば、渋滞の事は加味されませんが事前に計画を立てるには便利でした。今やそうした距離からおおよその時間を割り出すだけの「道路時刻表」へのニーズはなくなりました。その背景にはカーナビの普及というのがあるわけで、例えば友人の家に車で出掛ける場合、カーナビに友人宅の位置をセットすると、そのルートで到着する時間が当日の渋滞状況を計算した上で出てくるので、「大体このくらいに着く」なんて曖昧な事は言わなくても、カーナビが計算した時間から少し余裕を持った時間を伝えておけば、まず事故でも起こさない限りは時間通りに到着できます。

ただ、車に備え付けのカーナビの場合、車に乗っていないとそうした情報がわからないので、スマホやパソコンを使ってドライブ計画を立てるのが便利です。今回の鹿児島旅行では、空港からレンタカーを借りて車を使って観光する予定にしているので、レンタカーを借りて返すまでの時間、無理なくどのくらいの場所を回ることができるのかを調べるという意味でも事前に色々なルートを試してみるのも意味があるでしょう。

今回はオーソドックスにGoogleマップを使ってドライブ計画を立てたのですが、行きたい観光地をリストアップしてつなげていくと、ルートをたどる所要時間がすぐに出てきます。観光地に関する情報を見ると、一般的に回る場合の観光時間についての記載があるので、その時間を参考にルートマップの時間と合わせると、だいたいどのくらいの場所を回ることができるのかがわかってきます。

Googleマップでは、そうして作ったルートをスマホに向けて送ったり、Gmailにルートマップのリンクを送ってくれる機能もあります。スマホ自体をカーナビとして使っても良いですし、レンタカーに搭載されているカーナビを操作する場合でも、スマホから行きたい場所を表示して打ち込めば、同じように移動は可能だろうと思います。昔は紙に打ち出したり書き出したルート情報を持っていくような事をしていましたが、今ではメールから直リンクをたどるだけで済むので、本当に便利になったものです。
ドライブルートについては、当日の状況によって変わることも十分ありえます。野外で観光する場合、天候の影響によって十分楽しめない場合もあるので、その場合には野外の場所を避けるようなルートを別に作っておくことも十分あります。そうした臨機応変な対応についても、スマホから一発で再ルート検索ができてしまうので、今回は様々な保存したルートマップを作りながら、準備を進めていこうと思っています。

ちなみに、Googleマップでのルート検索には様々な手段での移動についての時間を出すことができるのですが、全てを徒歩で回った場合にはまるまる2日かかるようです。こうした内容は現実的ではありませんが、旅というのは今回だけでなく、また同じ方面への旅に出ることもあると思うので、簡単に計画が立てられていつでもリンクで辿れるというのは、出掛ける前から次の旅への期待というものも出てきますし、今後も活用していきたいと思っています。


ふと出掛けたくなったことで起きた初動の遅れは高速道路利用でカバー

いよいよゴールデンウィークが始まりました。当初、全くどこにも行く気はなかったのですが、昨日はゆっくりと自宅で昼食をしながらテレビのニュースを見たら、現在浜松市の二会場で行なわれている「浜松花博2024」の会場のひとつ、浜松フラワーパークで藤の花が見頃になっていると知りました。

浜松フラワーパークの園長さんは、かつて難しいと言われた大きな藤の木の移転を成功させ、あしかがフラワーパークの名物となっている藤棚を作った方です。その方が監修した藤の花はどんなものだろうかと興味が湧き、行こうと思ったのは午後12時を回っていたのですが、下道だと浜松まで2時間以上かかるだけでなく、国道バイパスの渋滞も当然あるので、下手をしたら現地到着まで3時間かかる可能性があります。ただ、自宅近くのインターチェンジから会場最寄りの舘山寺ICまでの所要時間が1時間だったので、これは出掛けようと家族に声を掛け、出掛けてきました。

浜松フラワーパークの駐車場は一回200円ですが、残念ながら行った時には満車で停められませんでした。ただ、イベント開催とゴールデンウィークが重なって、会場から約800mのところに無料で駐車できる駐車場が用意されていたので、そちらに停めました。雨の中で歩くのは大変でしたが、会場には多くの人が詰めかけていたものの、連休初日ということでそこまでごった返しているまでは行かず、1時間くらいで藤棚を中心とした園内散策を楽しめました。

帰りもすぐ東名高速に乗れたので、夕食を弁当にして買い物だけして自宅に着いたのは午後6時前でした。普通、ちょっとしたお出掛けでも帰ってきたらぐったりしてしまうのが常なのですが、今回は往復で高速道路を利用したことで、時間だけでなく体力も明日以降に温存できました。今回は途中に寄り道をせず、藤の花に目的を絞ったことで、高速道路を使った効果が最大限に発揮された気がします。

来月の鹿児島旅行では、限られた時間をレンタカーで回る予定なのですが、特に未知の道で時間が読めないような場合には、お金を出してでも余裕ある行程で移動するというのが大切だということが今回痛いほどわかりました。それと、自宅からこうしたイベントに時間を掛けずに行ける環境に感謝です。


空港から観光のためのレンタカーを申し込むにあたって色々と考えたこと

旅の準備というのは必要か必要でないかという話はありますが、気ままに出発し、余裕ある日程で出掛けたりいつ帰るかわからないような旅で、さらには自分の運転で全ての行程を決められるような旅なら、人気の食事や宿泊をスムーズにするためには事前の予約も必要なところはありますが、基本的には当日に行きあたりばったりの形にしてもそれはそれで楽しいだろうと思います。

ただ、今回私が企画した旅は、現地滞在が13時間という弾丸ツアーなので、最低限の事前準備は無いよりはあった方が良いと考えます。鉄道は空港に乗り入れていないので、空港から観光地に行くためには、バス・タクシーかレンタカーになりますが、やはりレンタカーの方が気軽です。レンタカーでの移動なら、時間は限られていてもちょっとした予定の変更も可能になるということで、到着する鹿児島空港から借りることのできるレンタカー会社の中から予算に応じたプランを選ぶことにしました。ただ、レンタカー会社にも色々あって、なかなか決められないところも出てきます。そこで、今回は私なりに考えて決めたレンタカー会社とプランや補償について、思うところを書いていきたいと思います。

基本的に、大手のレンタカーは新車を使っています。そうした傾向に反して、あえて中古車(当然中古車でもそれなりの基準はあります)を提供することで安い価格を出しているのが「ニコニコレンタカー」です。ニコニコレンタカーは鹿児島空港にも支店があって、基本料金はかなり安く設定されています。

今回の旅は合計2名での利用なので、軽自動車やコンパクトカー(0.99L)でも十分だと思っていて、数多くの車種の中でも一番安いクラスで調べてみたのですが、こちらの予定した日では(GW後の平日)無料で会員登録をすると軽自動車でもコンパクトカーでも12時間までは2,860円(非会員価格は3,300円)で借りられます。ただし、この基本料金だけだと、もし運転中に何かあったら追加の料金を払わなければなりません。ニコニコレンタカーの場合は、基本料金だけで借りて事故を起こした場合、最大15万円の支払いが生じる恐れがあります。

こうした支払いを抑えたり、全て保険で済ませるためには追加の補償に入る必要があります。事故と一口に言っても色々な種類があり、相手のある事故か自損事故か、さらにはタイヤのパンクや飛び石による窓ガラス破損のような事なのかによって自己負担の金額が変わってきます。ここからは私の考えになりますが、車を運転する以上何が起こるかわからないので、悪い事は言いませんので、補償だけはどんな事故でも自己負担金が発生しない、最大の補償に入ることをおすすめします。

ニコニコレンタカーの場合はそれが「パーフェクト補償」というもので、24時間以内なら2,200円を追加すれば、あらゆる事故に対しての自己負担が0円になるので、安心してハンドルを握れます。その場合の合計額は会員価格だと5,060円(非会員価格は5,500円)となります。車は一応カーナビ付きで禁煙車を選べてこの価格です。ただし具体的な車種は全く選べません。

と、ここまで書いてきましたが、実際はニコニコレンタカーは予約しませんでした。改めて鹿児島空港のホームページを見たら、空港内の総合案内所で予約したレンタカー会社との取次を行なってくれるレンタカー会社は限られているようで、ニコニコレンタカーはその中に入っていませんでした。自ら電話をすれば良いのですが、空港カウンターでそこまで頼めるなら、まずはその中から優先して調べてみようかと思ってしまいました。そこで、上記金額に近くて良さげなレンタカー会社があったので、バックモニター付きの軽自動車をニコニコレンタカーと同じくらいの金額で予約できました。今回はニコニコレンタカーは使いませんでしたが、比較対象になったレンタカー会社と比較して価格の開きがあった場合には恐らくニコニコレンタカーを選んでいたと思います。

レンタカーについても当日になってからお願いすればと思っていると、用意できる台数は限られているため、希望の車種がないなどの状況も考えられますし、事前に予算を組んで出掛ける場合にはきちんと予約をしてから出掛けるのがおすすめです。今回の旅行は、元々変更不可のセールで購入した航空券を利用するので、予約変更を行なう選択肢がないため、早めに他の予約もできたという事ではありますが、改めて考えてみると、バスを使ってちょこまか動いていると、レンタカー代にガソリン代を足しても、バスの方が費用がかかってしまうような感じになったので、今回の事は結果オーライかなと思っています。


地方の交通機関が思わぬ理由で使えなくなっている現状とその対策について

先日、中部国際空港発の航空券を入手した話を書きましたが、今回の目的地は鹿児島空港になります。地方空港の場合、そこから動くための交通手段が必要になるのですが、当初鹿児島ではなく福岡空港へ行きたかった理由というのは、福岡空港は街中にあるので、すぐに公共交通機関が使え、どこへ行くにも便利だということだったのです。

現在、改めて鹿児島周辺の観光地についてリストアップしているのですが、空港から公共交通機関へのアクセスはバスかタクシーになります。当初はバスを使っての観光ができないかなと思っていたのですが、一旦鹿児島中央駅までリムジンバスで行き、市内のバス・市電・フェリー(桜島フェリー)が乗り放題の切符があるので、その場所だけなら問題なく移動して楽しめるのですが、ちょっと郊外の観光スポットや温泉に足を伸ばそうとするととたんに困ることになります。

観光定期路線のようなものがないかと思って探したら出てきたバスは、現在その多くが運休してしまっています。もう新型コロナの影響は無くなったのにどうして運休なのかと思ったら、バス会社のホームページを見ると、これは仕方がないと自分でも思える理由が書かれていました。

それは、人手不足でバスはあっても運転手がいないのでバスを運行できないというものです。まさか、そんな事が観光で多くの人を呼び寄せたいはずの場所で起こっているとは思いませんでした。
そうなってくると、自然と現地での移動について考え直さなければならなくなります。私の場合は、今回は家族と行くので、複数人でトータルでかかるバスの料金と、バスを待つことの時間的ロスを考えると、単純に空港からレンタカーを借りてしまうのが一番楽です。ただこれは、自分もしくは同行者が日頃から車の運転をしており、現地でも安全に運転ができるということが大前提になります。

そういうわけで、私の旅行の場合にはレンタカーをすぐに使うことで、かなり行動の範囲を広げることができ、弾丸日帰りツアーでもそれなりに色々な所には行けるのではと思っています。バスだけでは不可能だと思っていた指宿・開聞岳・枕崎方面への観光も何とか現地滞在13時間ならできそうですし、レンタカーの最低利用の時間も12時間にしているところが多いため、本当に最安の価格で目一杯使えることから、当日にふと思い付いたような場所にも行ける可能性があります。

鹿児島への旅は、以前に指宿の砂蒸し風呂に入ったりするのに、静岡県から高速道路を乗り継ぎながら車中泊をして向かったことがあるのですが、一応土地感もあるので、そちらとは違う方面へと向かっても良いですし、色々と楽しみが増えました。これから様々なレンタカー会社をリストアップしながら、安くて快適にドライブができるプランを選ぼうかと思っています。

しかし、免許を持っていなかったり、持っていてもほとんど運転していない人の場合は大変だろうと思います。最近は車を所有せず運転免許も必要ないからと取得しない人もいるので、たとえ安く地方空港へと行けたとしても、そこからの移動手段および観光するための交通手段に困るような事がこれから起こってしまうだろうと思うと、今後も観光客を呼び寄せたいと思っている地域の方は、この問題を何とかしないと大変だと思います。

具体的には、無人運転のバスのような公共交通機関を地方でこそ動かすことで、いわゆる標準の観光コースを巡りたいと思っている人にとっては助けになるでしょう。タクシーとの競合についても、コースを工夫することで共存はできるのではないかと思います。バスが無いままライドシェアを導入しても、多くの観光客を運ぶことはできないと思いますので、観光地を循環する無人バスの整備について今から考えていくことは大切なことだと思った次第です。


静岡県に住んでいても富士山静岡空港を使わずに周辺の空港利用になってしまうわけ

今年は新型コロナで全く出掛けられなかった反動で、どこかへ行こうと色々計画を立てていたのですが、旅行に連れていきたい家族と休みが合わず、年明けからもう4ヶ月経ってしまっています。そんな中、注目したのは極端な話、1日の休みが合えば行って帰ってこられる飛行機を使った「弾丸ツアー」の存在です。

LCCではそうした「日帰り料金」でセールをやっているところもあるのですが、地理的条件が悪くてなかなか思い切れなかった中、ふと頭に浮かんだのは、地方の富士山静岡空港発の福岡空港日帰りツアーの存在でした。

残念ながらジェットスターやピーチといった格安で飛行機に乗ることのできるLCCは静岡には乗り入れていません。国内便については、FDA(富士ドリームエアライン)が定期便を飛ばしているのですが、平日限定でその日のうちに帰ってくる行程を取ることを条件に、往復2万円強で福岡で最大滞在時間が10時間を確保できるということで、何とかゴールデンウィーク明けの1日を調整して何とか旅に出掛けられるようにしたので、弾丸ツアーの予約にチャレンジしてみました。富士山静岡空港は、空港利用の駐車代がかからないメリットがあるので、こうした機会に利用してみたいとも思ったのでした。

この弾丸ツアーは航空会社ではなく航空会社関連の旅行代理店が出している旅行商品のようで、旅行代理店のホームページからオンラインで申し込めるようになっています。ただ、利用するための座席が限られているので、明らかに空席がない場合にはいったん申し込んだ内容(行き帰りの航空便)を送り、その後メールにて席が取れるのかの確認が取れた段階で通知してもらうという形の予約になります。

私がホームページで利用便を見た時には、すでに静岡発一番便での福岡行きの航空便については「問合せ」となっていました。帰りの便については問題なく予約できそうだったのですが、もし一番便が取れない場合、二番便に振り替えになったとすると、現地滞在時間は6時間くらいに短くなってしまい、同じお金を払うのでもお得感はかなり落ちてしまいます。

仮申込をした回答は、やはり一番便の確保は当日も前後の日でも埋まってしまっているということで残念ですが本申込はしませんでした。そのまま、旅行自体が流れるかと思っていたのですが、別の航空会社(LCCではなくMCCのスカイマーク)のセールで面白い条件を見付け、航空会社の公式ページから往復の航空券を取ることで、「弾丸ツアー」を自分で作ることができてしまいました。ただ、スカイマークは静岡空港に乗り入れてはいないので、乗る場所を中部国際空港(セントレア)に変更しました。

私は静岡住まいですが、LCCが多く乗り入れている成田は少々遠く、羽田にはLCCは乗り入れていません。スカイマークは羽田にも乗り入れているので、北へ向かう旅の場合には、羽田空港を使うという技も使えますが、その場合はチケット争奪戦は厳しいものになるかも知れません。空席確認を見て中部国際空港は、関東に比べると使える路線が少ないというところもあるのですが、同じ日程で九州往復でも、富士山静岡空港から弾丸ツアーを使うよりもさらに半額になるセールを問題なく利用可能だったので、まずは航空券をゲットして無事に最初に決めた日程で同じ九州に行けることになりました。

改めて中部国際空港の事を調べてみると、今回は早朝便になるので公共交通機関を使ったら前日入りが必要になってしまうので、車で行くことにすると、問題になるのが駐車場が確実に取れるかどうかです。過去に中部国際空港を利用した際は、同じように車で行ったのですが、前の日に空港まで行き、空港からすぐの東横INNに宿泊しました。ここに泊まった場合、ホテルの駐車場に停めることができれば、240時間駐車料金無料のメリットが2024年7月まであります。ただ、今回の日程ではホテル自体が満室になっています。駐車場も先着順となっているので、もし駐車場が空いていなかった場合に困ります。

ただ、中部国際空港は構内の駐車場がネット予約できるようになっています。予約の場合は駐車料金に加えて千円余分にかかってしまいますが、何しろ空港構内のため、大雨でも外に出ることなく到着してからすぐに出発することができます。

今回の日程では問題なく駐車場も予約できたので、今回は静岡からではなく名古屋(正確には常滑)からの出発になったという次第です。少々酷かも知れませんが、いくら近くて駐車場が安かったとしても、肝心の発着便が選べないというのでは話になりません。今後に向けては、弾丸ツアーでなく、同じようにセールにうまくハマれば、かなり安い価格で旅行ができるようになりますので、今後も飛行機を自宅から使う場合には関東から出発ではなく中部からの出発をまずは確認することになってくるのではないかと思っています。

スカイマークはLCCが国内で飛ぶ前から利用していますが、座席の広さや荷物関連の条件のゆるさや無料で荷物預け可能だったり、そこまでの違和感を家族に感じさせずに使ってもらえる利点があるように思います。今回はたまたまLCC並の料金で予約できたので、今後も安く利用するならすぐにLCCということではなくて、まずはスカイマークでのセールの有無を確認してみるのも有りかなという気がします。


無印良品「たためる撥水ショルダーバッグ」は旅行用のセカンドバッグにぴったり

最近はバッグ類の購入報告が多いですが、今までが新型コロナの影響を長く引きずり、家の回りしかウロウロしていないような状況になってしまっていたのですが、今後はフットワークを軽くして、せめて青春18切符のシーズンには単なる鉄道旅行ではなく、別の交通機関を駆使して色んなところに足を伸ばそうと思っているので、まずは快適な旅ができるような収納を考えて色んなバッグを物色しています。

雑誌付録のショルダーバッグ(MonoMax2024年5月号付録のNangaのもの)はやはり便利で、今までのミニショルダーでは入らなかった折りたたみ傘まで入るので、単体で持ち出しても何とかなるという気がします。ただ、日常的には良いにしても、旅先で使うとなるとまた状況は変わってきます。

旅先での外出はどうしても買い物がセットになります。今のショルダーバッグにもエコバッグや風呂敷は忍ばせてはいるものの、バッグの中はほぼいっぱいなので、何かを買った場合(お土産だけでなくホテルで飲食するものもあるので)、エコバッグを使うと片手が塞がってしまいます。買ったものが入るようなもう少し大きく余裕があり、さらに使わない時には小さくまとまるような少し大き目のショルダーバッグはないかと思って発見したのが、無印良品の「たためる撥水ショルダーバッグ」です。

畳んだ状態ではこのくらいでも、広げると縦27✕横38あって、マチも12cmあります。容量は16Lあるので、お財布など貴重品や雨具などを入れても十分すぎるくらいの余裕があります。飛行機に乗る場合、メインのバッグの他に身の回りの品を分けてもう一つのバッグを機内では膝の上に乗せて持ち込めますので、それ用にこのバッグを活用することで、かなり旅での利便性は増すのではないかと思っています。

広げると結構な大きさになるので、座席の上に入れる大物のバッグから必要なものを取り出してこのショルダーバッグに入れ、機内で出し入れもできますし、中にセカンドバッグとして貴重品をまとめてバッグインバッグとして使えば、必要な時にはセカンドバッグだけを取り出せば良く、ホテルやコインロッカーに荷物を預けて街歩きをする場合には盗難防止にもなり(体の前に抱えるようにして貴重品を含む荷物を持ちながら両手を自由にして歩ける)、旅行用としてはかなり良いのではないかと思います。

製品の名前の通り、表面は撥水加工してありますので、中味が雨でずぶ濡れになることはないでしょう。気になるなら、先日紹介したポリエステル製の風呂敷で巻いておけば、外側も雨から守ることができます。

価格は税込で2,490円とそこまで安くなく、私の住んでいる静岡県中部のお店では取扱いがなかったので、ネットショップから購入しましたが、実際に到着するまではその大きさとか畳んだ時のサイズとかがどうなのか不安ではありましたが、実際に手にしてみると大人の男性でも十分なサイズではないかと思います。

これで、今後は細々としたものは買うにしても、最後に残ったのがメインの旅行用バッグということになりました。基本的には余裕を持って制限7kgのLCCで利用することを目論んでいるので、重いキャリーバッグよりも背負うバックパックタイプのものを物色していくことになると思います。今回は、バックパックを背負った状態でもさらに両手を自由に移動できるものをということで、大きめのショルダーバッグということで「たためる撥水ショルダーバッグ」をチョイスしてみました。旅行用のスタイルを模索されている方の参考になれば幸いです。


旅行に出ることを意識した日頃持ち歩く手荷物に雑誌の付録のショルダーバッグを

☆昨日、ネットを開いたらよくある付録付きの雑誌の中で、MonoMax(モノマックス)の付録にNangaの小さめのショルダーバッグが付いて1,280円ということで、近くの本屋さんに雑誌を探しに行ったら、まだ材庫があったのでゲットしてきました。ショルダーバッグの本体については、私ではなく他の人がブログや動画で紹介してくれているので、そちらを参照してみて下さい。ちょっと小さくはありますが、日々使うものを両手を自由にして持ち運ぶためには便利そうなものでした。一応大きさの参考のため、スマホと並べて物を入れた状態での写真をアップします。

問題はそれなりに中を満たして毎日持ち歩く場合の耐久性にあると思いますが、今まで使っていたショルダーバッグはポケットがほぼないので取り出すのに苦労していたこともあり、旅行の時に限らずノートパソコンとは別に外付けキーボードおよびマウスを入れておき、必要に応じて持ち運ぶ用にすることにしました。

ちょっとした外出の折に持っていると助かるものを持ち運びたいということは、日々の生活だけでなく旅行の際にも役立つということにもなるので、新たなバッグ購入に合わせて、日々最低限持ち運ぶものの種類を変えてみました。
今回のショルダーバッグには防水性能は無さそうだったので、前々回紹介したばかりのポリエステル製の風呂敷を入れておき、雨が降ってきたらバッグに巻きつけるようにして本体および本体内の収納物を水の侵入から守るようにします。と同時に入れたかったのは折り畳み傘で、何とかぎりぎり入ったのはラッキーでした。

モバイル関連では持っている中では小さめのモバイルバッテリーに、最低限充電を行なうためのケーブルを一本、さらにスマホでネットが使えない場合にスマホ本体に内蔵されたFMラジオを使えるようにするための有線イヤホン、あとは財布に予備のマスク、風呂敷とは別に小さく畳めるエコバッグなどが入っています。あとはスマホ2台持ちなので、データ通信用のスマホとモバイルルーターを入れるとほぼパンパンで、ずっしりと重みを感じるようになってしまいましたが、逆に言うとこれだけ持っていれば、スマホ関連を使うだけならこれで十分で、雨が降っても急に何か買い物や貰い物をして荷物が増えても何とかなるので、旅行中に荷物を預けて持ち歩くものとしても使えると感じます。

今までセットで持ち出していたものは別の入れ物(バックインバックとして利用を考えています)に入れ、旅行で使いそうなノートパソコン関連のモバイル関連物を入れることで、いちきち旅行に行くからとモバイル関連物を用意しなくても良いような形に仕上げていきたいと思っています。

これがうまく行けば、あとはノートパソコン一式に衛生関連ものが入ったポーチと着替えを旅行用のバッグに入れるくらいですぐに旅立てるので、全てのものの重さがLCCの重量制限のサイズに収まる7kg以内になれば、かなりフットワーク軽くどこへでも行けるようになりそうです。

今回のNangaのポーチは、私は入れていませんがハイエンドのデジカメもちゃんと入るので、動画などの撮影機材をコンパクトにまとめて持って行くにも良さそうな感じがします。すでにAmazonでは新品は売り切れてしまっていますが、書店ではまだ置いてある可能性もありますので、そんなに大きくはないものの機能性のある普段持ちのショルダーバッグを探している方にはおすすめかも知れません。