カテゴリー別アーカイブ: 水筒・マグボトル

「伊藤園 さらさら健康ミネラルむぎ茶」を活用する

私自身、マイボトルを持っていく場合中にはお茶やスポーツドリンクを直接入れず、キンキンに冷やした水をそのまま飲むか、お湯を入れていってお茶やコーヒーを作るかという感じです。ただ、夏の暑さの中で水分補給をする場合、単なる水ではミネラル分が摂れないですし、かといって粉末タイプのスポーツドリンクを持って行っても、飲みすぎると糖分の摂り過ぎになってしまわないか心配になります。

先日健康診断を受けた時に、お医者さんから水分補給に麦茶を勧められました。水出しの麦茶は安く売っていますし、1リットルのナルゲンボトルに紙パックを入れて冷蔵庫で冷やせば、簡単に麦茶を作ることができますが、マイボトルにそうして作った麦茶を入れると匂いがボトルに付いたり洗わずそのままにしていると悲惨なことになります。

それでも、日常使いなら麦茶専用のボトルを使えばいいと思いますが、旅先でなかなか普段通りに行かない場合もあるので、旅行用にと購入したのが今回紹介するパウダータイプの麦茶「さらさら健康ミネラル麦茶」です。

麦茶なので当然カフェインは入ってなくて、誰でも安心してミネラルを補給できます。パウダーはかなり細かくて、キンキンに冷やした水にも簡単に溶けるので、かなり使いやすい印象です。また、アイスだけでなくホットでもおいしいので、車や列車で冷房が効いている中で熱い飲み物が飲みたい場合、マイボトルにお湯を入れてくるのが前提になりますが、どちらのタイプでもいただけます。

分量の目安はティースプーンに軽く一杯という0.8gで100ccの水かお湯で溶いていただくぐらいがちょうどいいようです。私が購入したのは40グラムのパッケージですが100ccを一杯とすると約50杯いただけます。価格はこれで400円ちょっとと単価的には紙パックの麦茶と比べると高いですが、ペットボトルの麦茶と比べると自分の飲みたい分だけ飲め、残りはボトルに水として置いておけるので何かと便利です。

というのも、水というのは飲み物として役立つだけでなく手を洗ったり転んでしまってキズができた場合にも体についた汚れを洗い流すことができます。さらに、あまりの暑さに水を顔に掛けたりもできるので、旅先のスーパーで大きめの水ぼとるの形で手に入れ、1リットルのマイボトルあたりに移して使えば、いつでもおいしい麦茶がいただけます。

マイボトルにお湯が入っている時は、コップの付いているマイボトルで熱々の麦茶をいただくのもいいと思いますが、冷たい麦茶をいただきたい時には、ちょっと手の込んだやり方を私はします。

写真のボトルはタイガーの「無重力シリーズ」の200mlの小さいボトルですが、タイガーのボトルはフッ素加工していないので割とラフに洗うことができることから、旅先には空の状態で持って行って、コンビニのコーヒーを移し替えて飲んだりすることが多いのですが、このボトルの中に麦茶のパウダーをティースプーン2杯入れていっぱいまで冷水を入れ、蓋をしてから振ると本当に普通の冷たい麦茶が完成します。飲む直前に作った方がいいと思いますが、一気に飲まないで喉が渇く前に少しずつ水分補給するにはなかなか便利だと思います。

アイスとホットで何度もいただき、実際に旅行に持っていく場合に気を付けたいことは、この麦茶は冷たい水でも簡単に溶けるようなかなり細かいパウダーになっているので、乾いたティースプーンですくっても細かいパウダーがティースプーンの表面に付いてしまうことが起こります。乾拭きの場合はなかなか取れないので、そのままスプーンでかき混ぜてティシュなどで拭き取るようにした方がスマートに使えると思います。

さらにこの製品はどのスーパーでも売っているものではないので、現地でも買えるだろうと思わず、地元のスーパーを回ったり通販を利用したりして入手してから出掛けるのが無難だと思います。


象印ステンレスボトル SJ-JS10

前回の内容で予告通り、ネットで注目して翌日には自宅にやってきたのが1.03Lというちょっと中途半端な容量の象印のステンレスボトル「SJ-JS10-BA(ブラック)」です。

実際のところ、今使っている象印の旧モデル「SD10-XA」と比べると取っ手やストラップホールもないためかなり軽いものの、本体の太さは少し細いくらいで手の小さい人が片手で持つには苦労するサイズであることは確かだろうと思います。にも関わらず全長は旧モデルよりさらに長いのが特徴です。性能は保温6時間後82℃以上ということで、サーモスの山専ボトルやモンベルのステンレスサーモボトルのカタログ値よりも高い性能を持ってきながら実売の最安値で2,500円前後という価格ということで、個人的に注目していたのです。もしここまでの話で興味を持った方は実際にお店でその大きさを確認した方がいいと思います。

ともあれ、本体だけを裸で持ち歩くのは辛そうなので、ボトルを入れるカバーを探しに行ってきました。一番都合が良さそうだったのが、昔から100円ショップの定番商品だと思われる、1.5Lペットボトル用のソフトケースでした。このケースは今でもコンパクトキーボードの入れ物としても利用しているのですが、なかなか具合はいいです。

このように本体がすっぽりと入り、わずかではあると思うのですが保温保冷機能を向上させることにも期待が出てきます。もちろん、カバーを付けたまま中味を注ぐことができますので、安いものですがとりあえずこのカバーを使ってみることにしました。

私がこのボトルを持ち出すことを想定しているのは、バックパックのサイドポケットにカバーに入れた状態で入るかということでした。もちろん、使っているバックパックによってその機能には違いはあるものの、写真のように十分サイドポケットに入れて落とさずに運べることがわかりました。過酷な登山に向くかどうかはわかりませんが、ちょっとした山登りで中に熱々のお湯を入れていけば、カップヌードルなら最大3人分くらいは行けそうですし、2人ならカップヌードルにコーヒーをいただいてもこれ一本で十分になるでしょう。

あと、本体を手にして確認したいと思ったのですが付属カップの容量です。写真のようにねじ込むための線の手前まで入れると約150mlということで、いわゆるインスタントコーヒーをいただくには十分な容量です。ただ、ギリギリまで水を入れようとしても約180mlくらいまでしか入りませんので、200ml以上の容量を飲みたい場合は素直に別のカップを持って行くのがいいと思います。
今回はこれで、気軽に使える1リットルのボトルが2つ揃うことになりましたが、旧製品でも冷たい飲料や氷入りの飲料は十分に冷たさが持続しますので、旅先で水を切らしたらスーパーやコンビニで安い2リットルの冷やされた水を購入して移し換えれば、氷いらずで冷たさを持続させることができますので、ドライブ中の水分補給には十分です。

また、旅の出発時にあらかじめ中味を温めておいたこのボトルに熱湯を入れておけば早朝出発の時でもお昼には十分な熱さのお湯がいただけます。車中泊の旅を道の駅や高速道路のサービスエリアで行なうのが主という方にとって、現場でお湯を沸かさなくとも必要十分な熱さと量のお湯が火を使わないで手に入るためのグッズとしてはもっと注目されてもいい製品ではないかと思うのですが。

最後になりますが、この製品はスポーツドリンクのような酸のきつい飲料を入れ続けても中のフッ素コーティングがだめにならないように従来品の2倍のコーティングをしていることもあり、麦茶やお茶、コーヒーを直に入れて使われる方も少なくないと思いますが、水とお湯だけを入れて旧製品を使っている身からすると、旅先でも手入れはカップだけで良く、そのカップも抗菌加工が施されているということで、水やお湯をカップに移してお茶でもコーヒーでもジュースでもスープやみそ汁でも作る方が物として長持ちさせることができるということで、私は今後もこの使い方を崩すつもりはありません。車の旅では思わぬところで安全に飲めるおいしい水が汲める場所に行き付くこともあるので、汲んだ時と近い冷たさを大量にキープできる大きめのステンレスボトルを狙っている方にはなかなかいい製品ではないかと思います。色違いで赤もありますので、水とお湯でボトルを替えるというのも面白いのではないかと思います。


大は小を兼ねるという観点から選ぶ真空断熱ボトル

先日東京へ行った時、多くの外国人観光客の方々がいらっしゃいましたが、一人で4本も5本もペットボトルを買い込み、無造作にバッグに入れているような方をお見かけしました。今後の梅雨明けの状況からするとかなり日本国中が暑くなりそうなので、特に旅行先での十分な水分補給の必要性ということからするとその場その場でペットボトル飲料を買いたくなる気持ちもわかります。

しかし、ペットボトルは買った当初は冷えていますがだんだんと生ぬるくなり、長時間飲み掛けにしていると口から雑菌が増えてしまう可能性があります。これは、スポーツタイプのボトルの多くで採用している直接口を付けて飲むタイプのボトルも同じで、スポーツの試合中など短時間のうちに飲み切るような使い方であればいいのですが、旅行中の水分補給に使うには長時間になればなるほど雑菌を体に取り込んでしまって健康に悪い影響を与える可能性も無いとは言えません。

私自身のボトルの使い方は中に直接味の付いた飲み物を入れるのではなく、水やお湯を入れてカップに移して飲むためカップ付きのボトルを旅行には極力持って行くようにしています。今までは500mlと350mlというように用途に応じてボトルを複数持っていくという考え方だったのですが、これだと中味を飲みきった場合に空のボトル何本も持って行き、状況に応じてその組合せをどうするかというのが問題になっていました。今回東京駅の売店を見ていると、中心に揃っているのは500mlの商品であることは当り前ですが、そんな中にひっそりと1リットルの水も置かれているのを見て、今後はあえて1リットルサイズの真空断熱ボトルを一本持って行くのもいいのではないかと思い、このエントリーを立ち上げました。

実は、すでに私は過去にカップ付きの1リットルサイズの真空断熱ボトルを持っています。象印の「SD10-XA」というタイプのもので、取っ手が付いていて持ち運びやすく、重さやスリムさは最新モデルよりも劣りますが、外に持っていくには便利な一品です。ただ肝心の保温性能について1リットルの容量がある割には若干あのモンベルの「アルパインサーモボトル0.9リットル」に劣るというのが残念でありました。95℃の熱湯と、4℃の冷水を保温する能力はこんな風になっています。

・アルパインサーモボトル0.9L 保温6時間後81℃以上 保温24時間61℃以上

・象印 SD10-XA 1リットル  保温6時間後79℃以上 保温24時間54℃以上

ちなみに、現行の象印のカップ付きの真空断熱ボトル「SJ-TG10-AA」(取ってはないものの紐付きで軽くなっています)でもSD10-XAと同じカタログ値で、天下の象印が何をやっているんだと思ってしまう結果になっています。モンベルのアルパインサーモボトルは、モンベルのホームページを見るとどうやら在庫限りの売り止めになっているようで、新しいボトルが出るのか出ないのかわからないのが不安ですが、できれば0.9リットルでなく1リットルで保温能力が高くて安いボトルがないかと思ってネット上を探したところ、何と象印が昨年に出したカップ付きの別のボトルがありました。

それが「SJ-JS10」という持ち手もストラップホールもないスリム型(とは言ってもかなり太めのボトルです)の1.03リットルというちょっと1リットルより多い真空断熱ボトルで、スポーツドリンクを入れても大丈夫なように中のフッ素加工が2倍になっているせいなのか、保温・保冷性能がモンベルのアルパインサーモボトルより高いことがわかりました。保温6時間後82℃以上でアルパインサーモボトルをしのぎ、保冷機能は同等です。

ハードな使い方には向かないかも知れませんが、旅に持って行く場合には100円ショップなどでぴったりのケースやシリコン関連グッズでも探して、自分なりに仕上げればデイパックのサイドにも収まり、自宅から用意して行った水を飲み干しても出先で1リットルの水を買って補充すれば一人だけでなく家族での水分補給にも対応できるでしょう。ボトルの色は黒と赤の2種類あるので、家族で2本持って行って片方に冷水、もう一本に熱湯を入れて行き、出先でコーヒーやお茶、または外でフリーズドライのお味噌汁やカップ麺をいただくにも十分な保温能力と容量を誇ります。また、2本1リットルの真空断熱ボトルがあれば、車での旅などで荷物にならずにボトルを複数持って行けるなら、現在のペットボトルに入った水のコストは恐らく2リットルタイプのものが一番安いと思うので、キンキンに冷えた水をスーパーなどで購入すれば長いことその温度を維持することができます。

また、公共交通機関等を使っての旅でも1リットルタイプのものを家族で2本持って行けるようであれば、中味を全て飲み切ってもコンビニで2リットルのボトルを2本の真空断熱ボトルに移せば旅の途中の熱中症対策としても役立ちます。個人的にはボトルの中にスポーツドリンクを入れるよりも、水と塩飴やクエン酸が配合されたタブレットを併用した方がボトルの洗浄もカップのみで済みますし、スポーツドリンクにおける糖分のとりすぎもせーぶすることができるように思います。そんなわけで、手持ちの1リットル用の真空断熱ボトルを2本にすべく、つい「SJ-JS10」を新たに注文してしまいました(^^;)。実際に到着しましたら、ハード的な部分のレポートをしてみようと思っていますので、これから夏に向けて新しい真空断熱ボトルの購入を検討されている方がいましたらぜひこの続きをお読みいただければと思っています。


スーパーの「水」はボトルも水の種類も様々

先日起こった大阪での地震により水道が濁ったり止まったりした地域がかなりあったと思いますが、こうしたライフラインのうち水が手に入らない時間が続くというのはかなり大変なものです。特に喉が乾いて脱水症状にもなりかねない季節に向かっていくわけですから、常に自分ないし家族が飲む分の水くらいは確保しておきたいところです。

私自身はすでに地域にあるスーパーの買い物のついでに水をボトルに給水してくれるサービスを利用させていただいていて、一個4リットルのボトルを2本常備し、少なくとも満タンの4リットルの水を用意し、主にご飯を炊くお水やお茶用に使っています。

今回は、それだけだと純粋に水を飲みたくなる時にちょっと水の量が足りなくなる可能性があるということで、新たなお店を開拓し水用のボトルを購入してきました。私が購入したスーパーはイオン系列のスーパーなので、持っているイオンカードがあれば給水は量の制限はあるものの一定量までは無料で汲めるので買い物ついでには最適です。

ボトルのサイズについては恐らく静岡県内のイオンスーパー、系列のマックスバリュー・ビックで共通に使えると思うのですが、4リットルと2リットルのボトルが有りました。そのうち2リットルのボトルは一般的なペットボトルのお茶で使われていそうな形をしているのですが、今回はこのボトルを税込300円で購入しました。

私の行ったスーパーで入れられるのは弱・中・強が選べるアルカリイオン水でしたが、飲みすぎて体に悪くならない程度に(一般的にアルカリイオン水は1日に体重の5%くらいまでを推奨されると書いてあったネット情報を信じて書いています(^^;))を家族で飲むくらいだったら、このくらいの量で十分だと思ったからです。ちなみに、他に汲みに行っている水は中性の純水なので、飲み足りなかったら純水の方を飲めばいいと思い、この夏の水分補給に利用しようと思っています。

改めてこのサイズのボトルを購入して良かったと思ったことは、このまま冷蔵庫に入るのでボトル入れ替えの手間が省けるということと、さらに大きめのクーラーボックスを持って出掛けるならそのままこのボトルを入れて持ち運ぶことも可能でしょう。さらに静岡県内限定になってしまうかも知れませんが、イオンスーパー及び県内で提携しているスーパーに飛び込めば同じボトルで水は給水できるので、ボトルが空の状態で出発して現地付近で新鮮な水を給水して持ち運べるということもあります。今のところ私のところでは2リットルボトルが一本でも十分だと思っていますが、今回のボトル導入で買い物のお店を使う比重が変わるようなことがあったら追加でボトルを買うかも知れません。

今回の内容は、全国共通で役に立つことはないかも知れませんが、もし近くにスーパーの提供するお水のサーピスがあるような場合は、その用途別にお店や容器の大きさを分けるという事も考えながら選ぶことも大切かなと思いました。水道が使えるのが当り前だと考えがちではありますが、先日の地震だけでなく他の災害でも水道管が破裂したり水が濁ったりして、水道が使えなくなることはどうしても出てきてしまいます。そんな時にいざという時に給水車が来るまで家族が飲む水について、あえてペットボトルで購入しなくても日々飲みながら備蓄できる方法があるということをまずは理解し、自分がよく訪れるスーパーのお水給水のサービス内容や、ボトルの種類・お水の内容(純水かアルカリイオン水かなど)を調べ、さらに家でお茶を茶葉から煎れて飲むかにもよりますが、毎日どのくらいの飲料水を使うかによって日々どのくらいの水を汲みに行けるかということもわかってきます。

特にこれからは汗により失われてしまう水分も多く、水分補給の重要性は十分に理解できると思いますが、具体的に汲みに行った水はおいしい水である反面、消毒のためのカルキを除去していることから、長く保管するには適さないということもあります。ただその点を十分理解し、汲んできた水を長く置いておかないで早めに汲んだ分は飲み切るようにすることで、喉がかわいていない時でも効果的に必要な量の給水ができ、熱中症予防にも役立つことになるのではないかとこの夏は期待しています。


うるしの常三郎 片口小鉢はお茶にもコーヒーにも良し

先日京都に行った知り合いからおみやげをいただきました。多くの場合は食べたらなくなるものがほとんどなのですが、今回はこのブログで紹介したいくらい日常にも旅先でも便利に使えそうな道具をいただいたのですぐ書きたくなってしまいました。

これは古代朱の片口小鉢というもので、つや消しの赤というおももちです。特徴的なのは液体を入れると注ぐことができる口が付いていることで、これが様々な用途に使えると思った理由です。

まず最初に考えたのは抹茶でも煎茶でも新茶やおいしいお茶をいただきたい時に、小鉢の中に熱湯を注いでからそのまま置くことで冷まし、だいたいこの小鉢一杯で一人前くらいの量が入るので以下のリンクで紹介したお茶セットと一緒に持ち出して、煎茶をミルで挽いた粉末茶でいただいてもいいし、紙パックに入れた煎茶をカップに入れそこに適温のお湯を注ぐために使ってもいいかなと思ったのです。

https://syachu.net/coffee-tea-set-0000

また、このお茶セットの中での用途を考えた場合、実はお茶だけでなく一人分のコーヒーを淹れる場合にも便利な事に気付きました。基本コーヒーをいただく時には二人分のコーヒーをまとめて淹れることを考えていたのですが、一人旅でコーヒーをいただく場合、一人で二杯分まとめて飲むのもいいですが、時間を置いて楽しみたかったり、熱湯の形で真空断熱ボトルに入れたものを使うため、半分はコーヒーにして半分はお茶でもいいわけです。しかし、ボトルに入った二人分のお湯を半分に分けるというのはなかなか難しいことです。しかしこの片口小鉢に移せば、何なく一人分ごとに分けることができます。

そして何より、口の部分からコーヒーを抽出するのに細く切った状態でお湯を注げるというのはこの形のものであればこそなので、ボトルから直接湯を落とすのに比べると実にスマートで、さらに味も美味しくできるような感じになります。

そういう事になると、いただいたものは家に置いて使うものの、旅行用に追加で欲しくなったので、本来はあまり聞くべきではないと思ったのですがお土産としていただいた方にどのくらいするものか聞いてみたところ、何と一つ千円くらいのものだと聞いて、これは旅用に持っておくべきだと本気で思いました。

また夏にでも京都に行く機会があるので、出掛けて購入してこようと思っていますが、ネット通販を使っても60サイズの宅配便で届けてくれるようなので、それほど負担にならないかと思います。気になる方は公式ホームページのアドレスを書いておきますので、参考になさってみて下さい。

http://www1.enekoshop.jp/shop/urushi-kyoto/


日東紅茶 フルーツ薫るサングリア スティック

外出先でいつでもお茶が楽しめるように作ったセットの中にいれている、スティックタイプの水やお湯で溶かして飲む飲料「塩とライチ」は夏の水分補給には随分役に立っていて、まだまだいただく機会があると思い、追加の分を購入してきました。その際、スーパーの陳列棚にならんで併売されていたのが同じ日東紅茶が販売する「フルーツ薫るサングリア」です。

普通サングリアと言うと、赤ワインに新鮮なフルーツを合わせるカクテルです。飲み残したワインとお好きなフルーツで自分で作って頂いている方もいるかと思いますが(ネットにはさまざまなレシピが紹介されているようです)、基本的にアルコールの入る飲料は車を運転する場合にはご法度なので、今回紹介するようなノンアルコールの粉末というのは、飲料を割る液体によってアルコール飲料もノンアルコール飲料も自在に作ることができるので(本製品に赤ワインを入れて飲みやすくするのもアリです)、なかなか貴重ではないかと思います。

普通に飲む場合は水やお湯で割ることになるのですが、この種の飲み物の場合、沸騰したてのお湯ではなく、ちょっと熱めのお湯でも十分に楽しめるので、コーヒーを淹れるにはちょっと冷めてしまった真空断熱ボトルに入ったお湯を活用するのにもおすすめになります。もちろん出先で購入した冷えたミネラルウォーターや、純粋な炭酸水で割っても美味しくいただけます。常温の水でも個人的には飲めるとは思うのですが、より美味しくいただくためには様々な状態の水やお湯で試してみるのもいいかもしれません。

このサングリアの特徴としては、袋裏の記載によると「おいしく鉄分補給」「ビタミンCたっぷり」ということだそうです。おいしいからといって飲みすぎると糖分の取りすぎになってしまいそうですが、私の場合はコーヒーやお茶を飲み飽きた場合の気分転換だったり、熱々のお湯の入手が難しい場合に冷水や炭酸水で割っても美味しい飲み物として、夏の塩分補給に有効なおなじ日東紅茶の「塩とライチ」とともに常備し、出かける際にも持って行くことになるでしょう。

また、同じように日東紅茶が出しているスティックタイプの飲料として、山梨産の桃の果汁が入っているという、「厳選果汁のとろける白桃」や「南国果実とココナッツ」というスティックタイプの飲料も販売されています。ぶどうの味が苦手な方や小さなお子様にも飲ませたいなら、これらのものも購入候補にするのもいいかもしれません。個人的には今あるものを飲み切った後に試してみたいと思いますが、毎日飲むようなものではないので、ここでは商品名だけの紹介に留めさせて頂きたいと思います。

個人的にはこうした粉末タイプの清涼飲料の素というのは年中安定して購入でき、さらにもっとバリエーションがあってもいいと思っています。今まではホットレモンとかショウガ飲料のようなものがスーパーの店頭で目立っていましたが、水かお湯があれば用意する粉末を変えるだけで様々な飲み物がいただけるなら、ボトルには冷水かお湯を入れていくだけで良くなるので、旅先でボトルを洗う心配をしなくても済みます。

ジュースをそのままボトルに入れて持ち運ぶ場合、入れるものによっては破裂したり中身が傷んだりする可能性もあるので、あまりジュースをボトルに入れて長時間持ち運びたくはありません。お茶やコーヒーを直接ボトルに入れて持ち運ぶ場合も、匂いがパッキンに染み付いたりするので個人的には元々好まなかったのですが、コーヒーやお茶をはじめ、このような清涼飲料系の飲み物も水やお湯に溶かして飲めるようにして持ち運べるということになると、ボトル自体の維持費もかからなくなるでしょう。

というわけで、シーズンごとに新しいものが出てきたらそれらも試しつつ、コーヒーが基本のお茶セットに合う究極の飲み物を探すことは続けていきたいと思っています。


真空断熱ボトルとUCCカップコーヒーの相性

日常生活の中だけでなく、旅先でも今やいつでも本格的なコーヒーが楽しめるということで、コンビニ各社がドリップコーヒーの提供を始めた事はまさに革命的な出来事だったように思います。

それまではインスタントコーヒーにしろ、ドリップする本格的なコーヒーを野外で楽しむためにはお湯の他にコーヒー関連の荷物を持って行く必要がありましたが、出掛ける途中にコンビニがあれば、その中味を紙コップに入れてすぐに飲むも良し、中味が酸化しないくらいの時間に飲み干せるなら、直接真空断熱ボトルに入れ替えて持って行けば、見晴らしのいい場所に移動してコーヒーを楽しむことができます。ただ、その際に困るのは飲み切った場合にすぐに洗えない場合、ボトルの中が完全にコーヒーの匂いがするようになってしまうことです。

この点については、「コーヒー専用」「日本茶専用」「白湯のみ」という感じで容器を分けてもいいのですが、旅先ではさすがに複数のボトルを持ち歩くわけにはいかないので、ボトル内部やパッキンの部分の汚れが気になる場合や、すぐにコーヒーが飲めない場合には、直接コーヒーを入れずに熱湯をボトルに入れて持って行き、別にコーヒーなり日本茶なりを持って行くという方法が有効です。そうすれば、汚れるのはボトルの中味でなくカップのみで済みます。

コーヒーをそのまま入れるにしても、白湯だけにするにしても旅先で2人でお茶やコーヒーを湯沸かし作業なしでいただくための真空断熱ボトルとしてお勧めなのは、容量的には500ml以上のもので、さらに保温性能の良い中ブタがあるタイプのボトルです。想定するのは朝出掛ける時に沸騰したお湯を入れていき、お昼になっても湯気が出るほど熱々をキープできるものです。価格と性能のバランスを考えると、以前このフログで紹介したことのあるサーモスのコップ付き中ぶた有タイプの「FFM-500」が個人的にはおすすめです。その詳細についてはリンク先をご覧いただければと思います。

http://syachu.net/ffm-500-sbk

一人でコーヒー用に使う場合には、このボトルにインスタントコーヒーを別ボトルに詰め替えて、付属のカップでいただいてもいいのですが、日本茶なら単純にカップと茶葉とお茶パックがあれば十分ですが、他人とコーヒーを一緒に楽しむ場合には人によって「ブラック」「ミルク」「砂糖」を使うかどうかその嗜好によって違いが出ます。簡単にカップを用意することを含めて全て用意するのにおすすめなのが、コンビニでもスーパーでも入手が容易なUCCのカップコーヒーです。

写真のものは2つの紙コップの中に「インスタントコーヒー」「ミルク」「砂糖」「使い切りマドラー」が2セット入っています。このセットが5セットのものもありますが、500mlのボトル一回用としては2セットのもので十分でしょう。自宅ではちょっとした時にコーヒーを飲むために常にストックしていますが、このセットはとにかく安いですし、カップを含む全てがパッケージにセットされているという点と、普段私はほとんどブラックで飲むのですが、旅先で外歩きをした時や災害時にや疲れが溜まった場合に甘くて温かい飲み物が欲しくなった時にはミルクや砂糖を入れて飲めるという安心感があります。

コーヒーが日々の生活の中で欠かせないという方にとっては、常備しておけば役に立つものです。深夜の高速道路サーヒスエリアでお湯がいただけるならこの種のものはすぐに飲むことができますので、フリーズドライのお味噌汁セットとともに、お好みで自宅に置いておきながら車での旅にはお湯といっしょに持っていくというのはいかがでしょうか。


「キュキュットCLEAR泡スプレー」を外でのボトル洗浄用に試す

キャンプとは少々違う車中泊の旅というのは、自分達がいかに快適に過ごすかということと同時に、周りにいる人との間でできるだけトラブルを発生しないように気を付けて、特に公共の物を使わせてもらう場合には気をつかう方がいいのではないかと思います。

道の駅や高速道路のパーキングエリアなどで、食事をする事自体はいいのですが、自炊をするような場合はどうしても周りの目が気になりますし、後片付けをする場合にも専用の炊事場などはないため、まとめて洗い物をするようなことは目立ってしまいます。個人的にはどうしようもない非常時以外には自粛してレストランやお弁当など、現場調達をした方が他のユーザーに違和感を感じさせずに済むと思うのですが、そんな場合にも唯一問題になるのが、旅行時には便利なはずのボトルの旅行中の管理です。

最近では高速道路のサービスエリアにもスターバックスなどマイボトルに飲み物を入れてもらうことによって割引料金で提供してくれるコーヒーショップが設置されることが増えてきました。旅行時のマイボトルの利用というのは単にゴミを出さないというだけでなく、熱いものは熱いまま、冷たいものは冷たいままをボトルの種類によってはキープしたまま移動し、絶景の場所などで改めて楽しめるという利点もあります。

ただ、問題なのが飲んでから後に洗う場所がないということです。細かい部品の多いボトルを洗うには今までは専用のスポンジと洗剤を用意しないと匂いや汚れがボトルに残ってしまいがちになります。そこで、テレビコマーシャルでスポンジを使わなくても洗えるという洗剤「キュキュットCLEAR泡スプレー」を試してみることにしました。

スプレーからは洗剤が泡で出てきて、細かい汚れのところにスプレーして一分待ってから流せばいいということでしたが、とにかく水道がある場所でならボトルの中味を飲み終えてからスプレーし、簡単にすすぐことでそれほど目立つことなく一通りのボトル洗浄を終わらせることはできそうです。

すぐにすすぐことができる場所がない時には、先にスプレーしたボトルの中に別に用意した水を入れて振りながら水道の使えそうな所に移動し、そこですぐにすすぐようにすれば旅先でも清潔なボトルの状態を保つことができるのではないかと思います。

なお、スプレーの蓋を閉めておけばそれがロックになって中味が出ないようにはなっていますが、車の中でひっくり返ってしまったりすると漏れる危険性は0とは言えないので、立てた状態で固定して持ち運べるように車の中でのセットをちゃんとしておくとともに、すぐに取り出せる場所に置いておくのも忘れないようにしてください。ずっと車に入れておくのではなく、普段は家で利用しているものを、旅行に出る時に持って行くような感じでおくのがいいのではないかと思います。

ただ、ひどい汚れについてはさすがに飲み終えたボトルにそのままスプレーするよりも、少量でもいいので水を入れて一振りした状態でスプレーする方がいいでしょう。そういう意味では、車で移動する際には普通の水をペットボトルでも自宅の水道水を入れて持って行くタイプの水容器とともに車中泊の旅のお伴にするのもいいでしょう。車中泊の旅でマイボトルを活用したいと思っている方は、全国のスーパーでも売っていると思いますので、ボトル洗浄の必要性を感じたら、その場で買って使うという手もあります。


サーモス テーブルスープジャー KJC-1000

2016年は暑い日が10月まで続き、11月になって急に寒くなってきました。そうなると恋しくなるのが温かい食べ物ということは日本全国どこでも変わらないのではないでしょうか。そんな中で真空断熱ボトルを出しているサーモスから新たな製品「テーブルスープジャー」が販売され、小売店でも目立つ所に置かれるようになりました。

この製品はきちんとネジ式のフタで密封され、アウトドアにも持ち出し可能な「スープジャー」シリーズとは違い、フタは保温保冷性はあるものの上からかぶせるだけのものなのでお弁当と一緒に持って行くには向きません。しかしその分料理のお供として使えるよう容量が1リットルとスープジャーに比べると多く入るようになっています。

下ごしらえをした具材に熱湯を注いでしばらく待てば、美味しいスープを作ることができますし、煮込み料理は本体の性能の関係から2時間以内の利用に限るとされていますが、これは熱湯を入れて2時間は74℃をキープするという性能なので、保温調理に使う場合は中味の温度低下には気を付けましょう。

個人的にはカップヌードルリフィルやチキンラーメンをお湯を注いで3分待って作るくらいしかしなそうではありますが(^^;)、ナベで作ったお味噌汁やスープを保温して食事の際にお代わりをしても熱々のままいただけるという感じでも使うことができるでしょう。

ここまでは保温用に使うことを想定していましたが、氷を入れてフタをすれば、水割り用の氷をまとめて置いていても長く持たすことができたり、冷やしておいたフルーツやサラダをそのままの状態でいつでも食卓でいただくこともできます。

ただ、ここは車中泊のブログなのでフタが取れやすく家の中で使うことを想定したテーブルスープジャーをあえて車で持ち歩いて使うことを考えてみます。キャンプで使う場合は先に汁物を作ってもこのテーブルスープジャーに入れておけばできたての熱さをそのままいただけ、後で温め直しする必要もありません。保温調理をすれば、それほどキャンプで用意できるとは思えない火器をその時必要なものを調理するのに回せます。

さらに、出来合いのお惣菜を利用する際も、家族4人分くらいまでだったら汁物(おそばなども持ち運べるかも)はこのスープジャーに入れてもらえば、運ぶのに多少時間がかかっても冷めずにいただくことができます。なお、車で買い出しに行くなど、移動の際の転倒対策には、ハードタイプのクーラーボックスを保温用に使い、それほど大きくないクーラーボックスの中にスープジャーが入るくらいのスペースを作って持ち運びできるようにしておき、隙間をタオルで埋めるようにすれば、二重三重の保温(保冷)効果が生まれるでしょう。

これからの社会を考える時、鍋スープすらも一人用の製品が出る世の中ですから、あえて大きなものを購入せず、一人ないし二人で食べ切れるくらいの量を作ったり持ち帰ったりするくらいなら、このスープジャーでも大きいくらいかも知れません。今後同じような製品が各社から出てくることが予想されますが、もっと色んなサイズのものや、ひっくり返してもこぼれない容器などの登場も期待されます。


紙コップの飲み物を車内でこぼさずに運ぶ試みは……

このブログと旧ブログではコンビニで売っている100円のコーヒーを小型の真空断熱ボトルに移し替えて時間が経過してもそのままの熱さや冷たさで飲めるように、移し替えにちょうどいいボトルを探しているのですが、今回は別の観点から真空断熱ボトルを使うことを考えました。

というのも、現在の私の車のドリンクホルダーにはタイガー魔法瓶のスープカップが差さって置かれています。型番はMCC-B038という380mlの容量があるものですが、本体にスプーンが付いていたり、寸胴ではなく角度のあるカップの型になっていて、この形だからこそドリンクホルダーに差しても安定するということもあり気に入っています。

で、今回は何をしたかというと、近所のパン屋さんで買い物をする人限定で180mlのカップにコーヒーを一杯いただけるのですが、車で行って自宅まで持って帰るのに車の中でこぼさないようにして持ち帰れないだろうかと思ってのことです。

カップをボタンを押すとコーヒーが出てくるコーヒーメーカーにセットすると、だいたい180mlが満杯のカップの7分目くらいまでコーヒーが入ります。そのくらいの容量なら気を付けで帰れば何とかなるかも知れませんが、自宅に入る時にはちょっと大き目の段差になっているので、常に小容量の真空断熱ボトルを用意して入れ替えるしかないのかなと今までは思っていたのですが、今回はカップにコーヒーが入ったままタイガーのスープカップに入れて運んでみることにしました。

タイガー魔法瓶MCC-B038

実際どんな感じになるかというと、まるであつらえたようにすっぽりとカップがはまり、もしひっくり返ったとしても、スープカップの内はひどいことになったとしても車内が汚れることはないでしょう。これはいいことに気が付いたと思って改めてコーヒーを飲もうとしたところ、大きな問題に気付きました(^^;)。

勘の鋭い方にはもうおわかりかも知れませんが、入れる時にはすんなり入れることができるものの、すっぽり入ったカップを取り出す場合に、片手ではちょっと取り出すことはできません。左右の両指でカップの内側をつかむようにして引き上げることで何とかこぼさずにカップを出すことができたのですが、事前に手を洗っておかないと引き出したカップにそのまま口を付けて飲むことがはばかられるかも知れません。

このまま何とかしようと思った場合、ぴったりと閉まるフタを100円ショップなどを回って別に用意してそのフタに紐かリボンでも付けておけば、カップに手を付けずに出し入れが簡単にできそうですが、そこまでするよりもコーヒーの中味ごと小容量のボトルに入れ替えてしまった方が楽なので、このアイデアも微妙かも知れません(^^;)。

まあ、全てのアイデアがうまくいくとは限らないということですが、飲み物では無理でもジェラート、シャーベットやプリン、ゼリーが今回紹介したサイズくらいのカップに入っているものだったら中に入れてフタをして運び、冷えたままの状態のものを後でゆっくり食べることも可能になるでしょう。当初はスープ類の他、スーパーなどで売っている冷えたカットフルーツなどを入れて持ち運ぼうと思っていたのですが、これも直接フルーツを入れて後で洗い物を増やすよりも、まずカップを入れておいて、そのカップの中にカットフルーツを入れ直して改めて入れれば食べた後の片付けが楽になるなど、今後の展開へのヒントにはなりました。今後はせっかく車の中に入れて持ち運んでいるということもあるので、このスープカップの様々な利用方法について改めて考えていければと思っています。