モバイルルーター」カテゴリーアーカイブ

Softbank AirとWimax2との速度制限の違い その2 Wimax2ギガ放題

前回はSoftBankの「SoftBank Air」についてその速度制限の内容について調べてみましたが、今回は同じく無線ルーターを使ったインターネットを提供する、auと同グループのUQモバイルの「UQ Flatツープラス ギガ放題(3年/2年)」について調べてみました。今回の内容については以下のサイトから得た情報を参照しています。

https://www.uqwimax.jp/wimax/plan/gigahodai/

この「UQ Flatツープラス ギガ放題」のスピードも「月間データ量 上限なし」としてあり、最大スピードは440Mbpsと、「SoftBank Air」とほとんど変わりません。ただ、無線を使ったインターネットであるため、場所によっては遅くなることもあるというのは当然考えられることです。

ただ、規制については前回紹介した裁判の事もあったのか赤字で大きく書いてあるのが2点あり、まずは実際に利用を考える場合には「LTEオプション」を極力利用しないようにする事が現状では大切になるでしょう。UQモバイルはau回線のLTEを提供してWimax2+の電波が届かないところでも使える「LTEオプション」を用意し、3年縛りプランにはその「LTEオプション」のオプション料1,005円/月を無料になるので、つい外出先などでWimaxの電波が届かない場所で使いたくなってしまうのですが、赤字で書いてある事の一つに以下のような文章があります。

(引用ここから)

・ハイスピードプラスエリアモードで通信速度制限(月間7GB超)が適用された後は、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信もその制限対象となります。

(引用ここまで)

「LTEオプション」で使える高速通信(LTE)は月間7GBまでなのですが、もしうっかりこの制限を超えてしまったら制限されるスピードが何とauの携帯電話・スマホと同じ128kbpsなのです(^^;)。しかも、「LTEオプション」でネットを利用する時だけでなく「WiMAX 2+」での通信も128kbpsに規制されます。これは、私の契約している最大200kbpsの「ロケットモバイル」の神プラン(月額298円(税抜))にも劣るスピードです。規制は月末まで適用されるので、モバイルルーターの設定を間違えて「WiMAX 2+」のつもりでLTE通信を行なってしまったら、月初からすぐにルーターを使った全ての通信が128kbpsに規制され、それが月末にまで及んでしまう危険性があるのです。このトラップはある意味「SoftBank Air」よりひどいかも知れないので(^^;)、本当に注意していただきたいと思います。

ですから、もし「WiMAX 2+」だけでモバイルインターネットの環境に不安がある場合は、オプション契約には追加料金がかかる2年契約を選んだ上で、別にMVNOの安いLTEデータ通信を契約した方がいいと個人的には申し上げておきます。

そのようにしてモバイルルータで「WiMAX 2+」のみの利用に絞っても、赤字で書いてあるもう一つの規制内容があります。それが「3日間10GBの規制」です。ただ、こちらの規制はかなり具体的にどの程度規制されるかという内容が赤字のリンク先には明記されていますので、その内容について引用してみます。

(ここから引用)

・速度制限がかかるご利用データ量 直近3日間で10GB以上(「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」のデータ量の合計)

・制限時間 3日間で10GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯(2017年2月時点で18時頃~翌2時頃まで)

・制限後の最大通信速度 概ね1Mbps(YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度)

(引用ここまで)

ここで注意したいのは規制された1Mbpsというのはあくまで最大速度で実際には1Mbpsを割る可能性もあるということと、自動ダウンロードなどで2時前から継続してネットを利用している場合には、2時以降も最大で6時頃まで速度制限が継続することがあるということだけです。ただその場合、一旦ルーターを切って再度接続すれば午前2時以降の規制は解除されるようです。

この内容について逆に考えると、ネットのピークタイムに生活のリズムを持って行かず、深夜より早朝にネット利用のピーク時間を持って行くことができれば、ほぼ規制されないネット環境でモバイルインターネットを楽しめるということになります。

深夜起きて活動することは色々ありますが、つい深夜テレビを見ていて夜ふかししてしまうなら、深夜テレビは録画と「TVer」を使って出勤・通学前に前の日の分を見てしまうような生活にすることで、体だけでなくネットも朝型にすれば、ほとんど規制されていることを意識しないで使えるという事になるでしょう。規制がかかる日の18時から寝るまでの時間だけは仕方がないと諦めなければなりませんが、それでも1Mbps近辺のスピードが出るなら、パソコンやスマホ単体でのネットにはそう影響は出ないような気もします。

そうしたライフスタイルの変更という事も考えれば、同じ無線インターネットの2つの業者でどちらを選んだ方がいいかという問いに対しては「UQ Flatツープラス ギガ放題」の方に軍配を上げるということになるでしょう。恐らく朝型の生活にすれば「Softbank Air」でもそうそう規制されることはないでしょうが、実際に規制の内容を詳しく書いてあるのと書いてないのとでは、当然書いてある方を信頼するのが正しいユーザーの姿勢になるでしょう。私自身もADSL後の自宅でのネット環境を考えるにあたり、新しく出てくるであろう無線インターネットサービスがあった場合には、現状ではWimax2+との比較になると思います。皆さんのご参考になれば幸いです。


Softbank AirとWimax2+との速度制限の違い その1 Softbank Air

先日、友人のお宅におじゃましたところ、今までYahoo!BBのADSLだったのが、それに代わってモバイルルーター形式の「Softbank Air」が置かれていました。私は現在もYahoo!BBのADSLを契約しているのでわかるのですが、何やらキャンペーンらしきお知らせが来て、安く「Softbank Air」を使えるという誘い文句に乗ってしまったようです。

契約するのは個人の自由であり、その友人に対してはあえて何も言いませんでしたが、少なくともsoftbankの「Softbank Air」の説明ページを読むと、本当に大丈夫なのかという気がしてならないのです。

https://www.softbank.jp/ybb/air/

上のリンクにあるページに「Softbank Air」の内容説明と申込ができるページが有るのですが、その中でこのような記載があります。

・データ容量無制限!※1
・下り最大481Mbps※1,2

この記載に「※1」「※1,2」の記載がなければ良かったのですが、問題になるのが同じページの隅にある「※1」「※2」の内容です。このうち、「※2」の記載内容については無線での通信となるため、サービスが使えないエリアがあったり、下り最大481Mbpsが出ない地域があるということで、これについてはリンクをクリックして自分の家のある住所を見るとそもそもこのサービスが申し込めるかということと、だいたいの最大速度がわかるので、この点は良心的だと思います。ただ気になるのが「※1」の部分です。では改めてその内容について紹介してみましょう。

(※1の内容 引用ここから)

ベストエフォート形式のため、お客さまの通信環境により実際の通信速度は変化します。ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。動画やファイル交換ソフトなどをご利用の場合は速度が低下する場合があります。

(引用ここまで)

あくまでハイスピードというのは最大値であり、状況によって速度制限が行なわれるということが書かれています。ここで重要なのは、具体的にどのくらいまで速度が下がるのか一切書かれていないことです。これだけではわかりずらいので、実は「※1」の説明の後に別ページへのリンクが有り、より具体的な速度制限の条件について書かれていますので、それも紹介します。

(以下「SoftBank Air(ソフトバンクエアー) の速度制限などについて」から引用)

・ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

・以下のコンテンツ・サービスなどをご利用の際、通信速度の制限を行う場合があります。なお、通信の切断は行いません。
音声通話やテレビ電話などをパケット信号に変換し、データ通信にて実現するサービス
MPEG、AVI、MOV 形式などの動画ファイル
BMP、JPEG、GIF 形式などの画像ファイル
動画閲覧、高画質画像閲覧、P2P ファイル交換、ソフトウェアダウンロードなどを伴うサイト、アプリケーションなど

・特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合、該当エリアのお客さまについては、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

・特定エリアおよび特定時間帯におけるネットワークの高負荷が一部のお客さまの利用によるものと考えられる場合であって、過去3ヵ月の利用状況からその再現性が非常に高いと判断されたときのみ、サービス安定提供のため、該当のお客さまに対する速度制限を行う場合があります。

(引用ここまで)

もっともらしい事が書いてありますが、「テレビ電話を含むIP電話」「You Tubeなどの動画」「画像の掲載されたサイト閲覧」「アプリ・ソフトのダウンロード利用」を理由にして速度規制を受ける可能性があり、さらに自分に原因がなくても同じエリアで高負荷な利用をするユーザーがいた場合でも規制されるかも知れません。というか、ここまでネット通信の利用を網羅されても、もはやスマホでLINE電話を使っただけでも規制される可能性もあると考えなければならないでしょう。

しかも、このページにも具体的にどのくらいの期間、時間にしていつからいつまで、さらにどのくらいのスピードまで規制されるかということは一切書いていませんので、もしLTEの低速回線よりスピードが出なかったとしても、この文言を理解して加入してしまった場合には文句も言えず、通常36ヶ月の契約を続けなければならないのです。

私自身はその友人に実際に速度規制はされたことがあるのか聞かなかったので、何の速度規制もなく光回線並みのスピードでインターネットを楽しめるサービスなのかも知れませんが、上記のような内容を読むと、やはり規制の内容に不明なところがあるので、そのままでは契約しないでしょう。

ただ、同じようなケースで店頭で勧誘された際にこうした「データ使い放題」というセールストークの録音を取り、後で速度規制された事に対して裁判を起こした事例がSoftbankではなくUQモバイルの「wimax2+」・ギガ放題の契約に際して起こっていたのです。裁判は最高裁まで行ったのですが、そこで「通信速度が高速であり通信料を自主規制する必要もないと誤解させる内容の広告表示を行った」などとして会社側の責任を認め(上告が棄却)、2万1239円の支払いを命じた東京高裁の判決が確定したというニュースがありました。

そこまでUQモバイルの「データ使い放題」の内容がひどいのかという風に思われるかも知れませんが、もちろん規制があるのに「一切の規制がない」と言ったであろうお店側の説明に問題があったわけで、何か問題があって困るのはユーザーなのですから、「wimax2+」・ギガ放題の内容については、改めて比較してみたいと思います。(つづく)


Yahoo! ADSLモデムのACアダプタ交換とネットの未来

先日、無線インターネットによる動画視聴の事について書かせていただきましたが、いわゆる自宅のインターネットにおいても大量のデータをやり取りするユーザーが問題になり、利用できるデータ量に限度を設けてはという話も出ています。

私などは自宅のインターネットはまだ電話のメタル回線を残して利用する「ADSL」を使っています。回線スピードを測ってみたところ、ダウンロードの下りでもだいたい6Mbpsくらいと決して早くはないのですが、今まで不都合を感じたことはありません。普通にインターネットはできますし、自宅では複数のモバイン端末をWi-Fiで接続して使っています。さらにテレビに繋いで、インターネット放送やビデオオンデマンドサービス(せいぜい画質はハイビジョン程度)を利用するくらいなら10Mbpsに届かなくても十分使えるということがわかって、ADSLより月々の利用料が高くなる光インターネットにはとうとう変えずにここまで来てしまいました。

そして、昨日唐突に届いたのが今使っているADSLモデムのACアダプターで、このアダプターは「今後もモデムをお使いいただくためには交換が必要」と書いてありました。説明書とACアダプタ本体の他にクッション入りの封筒が入っていまして、古い方のアダプターを着払いで(送料が相手負担たので、こちらの負担は0円)送ることが求められていました。

これは、長期間インフラを提供する企業としてはきちんと行なわなければならないことのようで、特に私の加入しているYahoo!では街頭でモデムを無料配布していたこともありましたので、このようにしてインターネットを広めた後には、きちんとその後始末をするのが社会の掟なのかとそんなところで社会の厳しさというものを知った思いがします。

話が全然変わりますが、かつて日本では文章を書いて印刷するためだけの「日本語ワードプロセッサー」という今のパソコンより大きなハードが一世を風靡しました。それこそ昔は学校や会社で使う資料を作るにも全て手書きになってしまうことで、読めない字が出てきたり印刷もガリ版刷りでやるのでさらに見にくくなるなど大変だったのですが、ワープロはそれ自体で文章作成と印刷までやってしまうため、使い方に慣れてくる人が増えるにしたがってほとんどの資料が活字になったという、社会の仕組みを変える発明だったように思います。

ただ、単機能しかないワープロは、何かの不具合が出たとしたらその内部の構造やプログラムは企業しか知りえないものであるので、そのワープロを使っている人がいる限りは丁寧なアフターサービスが必要でした。現在ワープロ専用機というものがないのは、その後に起きた急激なパソコン普及により専用機にとって代わったというところは当然あるのですが、メーカー自体もハード的な故障の他にソフト的なバグまで延々とサポートしなければならない専用機よりも、ハードの故障だけのアフターサービスで済むパソコンへと主力商品をシフトしていったところがあるのだと思います。

ただADSLモデムというのはワープロと違って今現在でも使え、さらにモバイルインターネットと比較するとまだそれを凌駕する性能があるということで、Yahoo!がサービスを始めてから17年経った今でもアフターサービスが必要になってくるということがあり、物理的にメタル回線が全滅するまではユーザーは残るような気がします。

もし私がADSLを止めることになるとしたら、スピードは10Mbps程度で十分なので、安定して無制限に使える無線インターネットが現在のADSLより安く提供された時が来た時になると思います。WiMAX2はそういう意味では完全なADSL互換にはなりませんし、同じソフトバンクが必死になって売ろうとしている無線インターネット用のシステムも結構高額なので多くのユーザーは現状維持でもいいやと思っているのではないでしょうか。

今の日本の社会は、ある意味最高の性能を追いかける派と、普通に使えればそこそこの性能でもいいと割り切る派が分かれてきているように感じます。今後、モバイルインターネットの5Gを整備するにあたり、今までのように常に「最高速」という言葉だけで展開するのではなく、帯域を抑えて自宅でも外でも使えるモバイルルーターとして提供してくれる製品が出てくれば、国内で長期旅行をする人にとっては理想のインターネット環境になるでしょう。今まで苦労して動画を見なくても、大きめの画面でみんなで動画やテレビ放送をネットで楽しめるようになってくれれば、車の中での楽しみというのもかなり変わってくるでしょう。果たして私はいつADSLサービスと別れることになっていくのか、今後の展開を期待しつつ今は待つことになりそうです。


NEC Aterm MR05LN 前機種との違いを確認する

モバイルルーターといえばNECと言えるほど、国内メーカーの製品として評価を受けるシリーズの最新版として出てきたのがMR05LNです。まずは現行機のMR04LNとはどこが違うのかを調べてみました。

・スロットは2つで変わらないが、SIMサイズがnanoSIMに対応
・電池容量が2300mAhから2500mAh 連続通信時間14時間(Bluetooth30時間)
・スロットの切り替え時間が40秒から10秒に短縮・条件設定で自動切替も可能
・3つの周波数(2GHz+1.5GHz+800MHz帯)を束ねて高速化す3CAに対応

SIMカードのサイズがnanoSIMになり、いよいよここまで来たかという気持ちになりました。現在でも標準SIMこそドコモやソフトバンクの3G対応ガラケーにしか使われていないイメージがありますが、micoSIMは前機種のMR04LNに採用されており、まだ多くのスマホやタブレットで使われています。

ただ、最新のスマホを見て行くと、nanoSIMを採用するケースが多くあり、そうしたスマホと入れ替えて使うような場合を考えると、前機種にSIMアダプターを付けて使うよりも、同じサイズのSIMが使えるようにした方が余分な神経も使わずアダプターもいらずということで、この辺は他に利用する機器のSIMカードのサイズが何かによって変わってくる可能性はあります。

さらに、今後のMVNOのサービス内容を見ていくと、積極的にドコモ回線だけでなくau回線を提供する傾向があるので、一つのルーターにドコモとauのSIMカードを入れて使い分けたり、高速クーポンの一日ごとでリセットされるプランと、月ごとに利用可能な高速クーポンが決まっているプランのSIMを入れておいて、利用状況で入れ替えたりできます。

また、MVNOの中には一定の時間だけ高速利用が可能な「スマモバ」のようなサービスもあるので、高速で使える時間と使えない時間を自動的に切り替えて別のデータプランとの共存を図るといった利用方法も考えられます。

スピードの高速化ということで「3CA」に対応しているというのも変更点ですが、「受信最大375Mbps」という数値は実測で出ないとしても、今までのモバイルルータよりも高速通信ができるということで、歓迎する向きはあるものの、まだそのポテンシャルを使いこなせないサービスで使う場合が多いと思いますので、将来を見据えた技術の投入なのかなという気はします。

なお、別売のクレードルを利用すれば有線での接続やホテルの有線LANを無線に変換することもできるようになります。なお、このクレードルは前機種と同じようにMR05LNの専用品となりますので、前の機種のクレードルを使い回すことはできないようです。まあ、本体サイズが違うためということなのでしょうが、前からのユーザーにとってはモバイルルーターを買い替えるたびにクレードルが増えていくというのは何とかならないものかと思ったりもするのですが(^^;)。

今後、MR05LNが出たことでMR04LNの価格が下がっていく場合、どちらのモバイルルーターを選ぶのか悩むかも知れません。ただこれは、単純に今使っているスマホに入っているSIMの大きさで考えてしまえばいいような気もします。SIMを入れ替える場合「小は大を兼ねる」ことがあります。とりあえずMVNOを契約する場合にSIMカードの大きさも考え、これから新しいスマホに採用されるSIMカードの殆どがnanoSIMになると言うのなら、あえてmicroSIMを採用しているMR04LNを使うには動作が必ずしも保証されていないSIMアダプターを使わざるを得なくなり、それが原因でSIMカード自体を壊してしまうことがあると問題です。

まだまだ身の回りにmicroSIMを採用するスマホやタブレットが多くある場合は、それらのモバイル端末とSIMを入れ替えながら使うためには、MR04LNの方がいい場合もあります。つまり、今後新しいスマホとともに使うならMR05LNを。中古のスマホやタブレットと利用していくのなら、安くなったり中古市場に出てきたMR04LNという選択も有りということになるでしょうか。もちろん新しいものの方が機能的にはいいわけですが、前機種でもau回線で使えたり2つスロットがあることは変わりませんので、自分にはどちらが合うのか考えながら決めるのがいいのではないかと思います。