電車・バス」カテゴリーアーカイブ

「ぷらっとこだまエコノミープラン」のドリンククーポンを下戸でもお得感を増すためには

性懲りもなく、前日から引き続いてエア新幹線旅行を妄想し、時間と手間はかかるながらも安く新幹線を使えるJR東海ツアーズの取扱う旅行商品(乗車券とは違いますのでお間違えないよう)「ぷらっとこだまエコノミープラン」について、そのさらなる活用法を考えてみました。

というのも、先日とあるスーパーでペットボトル飲料の安売りが行なわれており、通常スーパーに売っているペットボトル飲料は80円から90円ぐらいの値付けが行なわれているのだろうと思いますが(それでも自販機で購入するとその倍近くなるもの)、先日は更に安い一本50円台で売られているのを発見したのです。

ただ、安いだけでは食い付くわけではなく、最近コカ・コーラ社の自販機と連動してスタンプをためると一本無料で購入できるドリンクチケットをゲットできる「Coke ON」アプリを使っているのですが、そのアプリ内で、自販機で購入しなくても、アプリ起動の上で製品に付いているバーコードを読み取ればスタンプが1個たまり(15個でドリンクチケットとして利用可)、さらに別のプレゼントキャンペーンでも一回抽選ができる状況に現在なっています。

さすがに一日一回というバーコード読み取りの制限があるので、キャンペーン期間および商品そのものの賞味期限(安いものは賞味期限が少ないものが多い)、個人の嗜好などを考えながら安い製品を購入するのがいいと思いますが、そこでふと考えたのが、「ぷらっとこだまエコノミープラン」一回利用につき一枚付いているドリンククーポンの存在でした。

ネットでこのドリンククーポンの利用法について書かれたページを見ると、基本的には日本酒以外の酎ハイやビール、ハイボールなどのアルコール製品と交換するのが金銭的にお得で、180円の追い金をすれば、JRで扱っているワインのミニボトルにも換わるということが書かれていて、私自身もその事を紹介しつつ車内でワインをいただいたことがありますが、時代の流れとともに状況というのは変わってきたという印象です。

すでに、Coke ONアプリを使っている方は簡単かと思いますが、まだ導入されていない方でも、毎日歩く歩数によって毎週の目標を達成するとスタンプが1個ゲットできるので、自販機で飲み物を購入する習慣がない方でもアプリを導入し、スーパーでコカ・コーラ社の自販機にある飲み物が安くなっていたら、アプリのキャンペーンを確認して(スキャンしてスタンプゲットは常にやっているわけではないので)購入してみるのとともに、もしそのキャンペーン期間の中で旅をする可能性があれば、あえてソフトドリンクならコカ・コーラ社のものを選ぶことで、少しだけドリンクチケットに近づくことができます。

改めて考えてみれば、本当にたわいもない事ではあるのですが、私自身アプリは使っていてもそこまでスタンプを貯められるようには使っていないので、ドリンクチケットまであとわずかという時にはそれなりに頼りになる仕組みであることは確かではないでしょうか。

今回私は安く購入したペットボトル飲料のバーコードを読んでスタンプの他、オリジナルグッズの抽選に参加しましたが(結果はハズレでした)、もしそうした抽選に当たれば、元手がかからずに思わぬ幸運が舞い込むわけで、前日の比較で、新幹線日帰り旅を考えていた時に「ぷらっとこだまエコノミープラン」か「日帰りずらし旅」かで迷った場合には、こうしたドリンクチケットの有効活用という点においても、ドリンクチケットの活用ができないか考えてみてはどうかなと思います。皆様のご参考になれば幸いです。


「ぷらっとこだまエコノミープラン」で日帰り往復と「日帰りずらし旅」の違い

ここのところの急激な新型コロナ新規陽性患者の増加にともなって、旅行に本格的に行けないということになると、せめてネットで色々調べながら「エア旅」を試みたくなってしまいます。そうすることでストレスを溜めるのではなく、今後また旅に出られるような状況になってきた時に、細かな知識を得られるというメリットが自宅にいながら様々な旅のプランを調べるエア旅のメリットではないかと思います。

そうは言っても、電車を使う移動であると18きっぷのシーズン以外には普通列車で往復というのはちょっと感染する可能性があるので、できるだけ満員にならないような車両での移動をしたいと思うのですが、今回は私の住む所からの最寄り駅静岡から東京への移動旅について調べてみたので、後々の参考になればと思います。

通常期に静岡と東京をJRの普通列車で往復する場合、片道3,410円で往復6,820円となるのですが、首都圏エリアで不特定多数の人と接触しないため、沼津か熱海から普通列車のグリーン車を利用すると、事前購入で片道1,000円(平日料金)、800円(ホリデー料金)が追加されます。となると普通列車で週末に出掛けても8,260円かかるので、それならなおさら、普通列車でなく新幹線を安く使う方が移動中に満員電車に乗る可能性もなくなるので、時期によってはあえて新幹線を念頭に置いた旅を考えるのもいいと思います。

ここではあえて日帰りの旅というものについて考えたいのですが、実は調べているうちに妙な事に気付きました。JR東海ツアーズの旅行商品できっぷではない「ぷらっとこだまエコノミープラン」は新幹線の全ての駅に止まる「こだま号」指定席が利用でき、さらにJR東海ツアーズ指定の売店でビール・酎ハイ・ソフトドリンクなどに交換できるクーポンチケットがセットになっている商品です。普通にひかりにも乗れる乗車券と自由席特急券のセットでは片道5,940円、指定席6,270円ですが、ぷらっとこだまエコノミープランの静岡~東京では通常時でこだまの指定席を利用して4,800円と、かなり安く使えるだけでなく、普通列車にグリーン車を一部利用して東京往復をする場合でも千円ちょっとしか違わないため、感染症対策という点でも「ぷらっとこだまエコノミープラン」を選ぶメリットは高いと思います。

ただし、この商品は利用する列車を決める必要があったり、JR東海ツアーズで購入する場合でも前日までに申し込む必要があったり、行き先は指定された駅の指定された有人改札を通る必要があるので、東京から上手線内の駅まで行きたい場合には、改めて東京駅からきっぷを購入する必要があるなど、旅行商品としての制約も少なくありません。ただそれでも、東京駅から地下鉄を使って移動するような場合には、事前にタイムテーブルを立てる必要はありますが、安く新幹線を使えるので便利です。

ただ、今回日帰り旅行をするという前提で考えると、静岡~東京間において「ぷらっとこだまエコノミープラン」と同額で色々と面白い嗜好のある旅行商品を見付けました。それが「日帰りずらし旅」というものです。この商品は往復の新幹線の往復とプラスアルファのサービス込みで9,600円と、「ぷらっとこだまエコノミープラン」で往復する料金と変わりません。ただしこのずらし旅ではドリンクチケットがない代わりに、複数の中から一つの特典が選べるようになっています。静岡発東京行きの場合、このような中から選べるようになっています。

「東京タワーメインデッキ(150m入場券)+お土産付」
「ドコモ・バイクシェア」一日券

この場合の注意点は、こうした特典を使う場合には「ぷらっとこだまエコノミープラン」のように紙のクーポンチケットが発券されるわけではなく、ご自身のスマホにQRコードを表示させて使用する際に手続きを自分でする必要があるということです。そういう意味ではスマホが使えなければ「ぷらっとこだまエコノミープラン」、スマホを自在に使えるようなら「日帰りずらし旅」という風に申し込みを分けることもできますね。

あと、この「日帰りずらし旅」がすごいのは、往復の新幹線の本数が決まっているのは同じなのですが、こだまだけでなく「ひかり号」の設定もあるということです。こだまとひかりを比べると、静岡~東京間で約30分の違いがありますので、JR東海ツアーズが設定する列車のスケジュールと旅の日程が合うなら、ひかりの使える「日帰りずらし旅」を選ぶのもいいかも知れません。

改めて考えてみると、東京駅着ということで駅ナカおよび駅周辺の施設、銀座界隈の全国アンテナショップめぐりをするだけでも一日十分に遊べると思いますし、電動自転車を一日使って電車でなく外の景色を見ながら東京名所を散策する旅というものも、ぜひ新型コロナの新規患者数が少なくなり、多くの人が旅に出られるようになったら行ってみたいと思います。それまで、この「ずらし旅」という商品が無くなってしまわない事を今は祈るしかできないのが返す返す残念です。


電車旅に持って行きたい荷物は電子機器中心ではあるものの最低限持って行きたいもの

今後の新型コロナの状況によっては気軽に出掛けられなくなる可能性はあるものの、今季は青春18きっぷを購入しました。12月10日から翌年の1月10日まで使え、現状でまだ使い道の決まっていない分があるので、現在色々と安全な旅というものを模索しているところです。

現状で考えると、宿泊を伴う旅ではなく一日分を有効に使った日帰り旅というものを考えているので、その中で何をどうするかという事を考える時、電車内で時間を使う旅の中で何を持って行くべきか? ということを改めて考えてしまうのです。

昔は、かなりかさばることはあるものの、JTBか交通新聞社の大型時刻表をデイパックの中に入れた上で、雨具(傘およびレインコート)、衣類などを詰めたものですが、まだスマホもない頃というのは、まともに通信できる携帯端末というとシャープのザウルス(電子手帳)ぐらいしかなかったのですが、それだけでは足らずに大き目のノートパソコンを持って行き、通信は今のように無線ではなく、グレーの公衆電話を探してモジュラージャックからパソコンに接続し、旅先からもメールやその他の情報を入手していたのですが、そうなるとどんどん荷物は大きく重くなり、旅先で体調を崩すこともあったりしました。

そういう意味では、スマホとモバイルバッテリーを持っていけば、当時行なっていた以上の事がスマホ上でできてしまい、カメラも必要ありません。さらに時刻表もスマホの中に入れて持って行ける(交通新聞社の時刻表Liteはほぼ大型時刻表に掲載されている内容を網羅しています)ので、かなり楽になります。

それだけでなく、タブレットを持って行く併用すれば時刻表自体を大きく表示できますし、電子書籍アプリを起動して読書したり、動画や映画の配信を電車内で楽しんだりすることもできるので、個人的には安価なAmazonの8インチFireタブレットをスマホでテザリングさせるだけでも十分な暇つぶしになります。車内で動画を見るにはイヤホンも必要になりますが、ワイヤレスにすればかさばることもなく、スマートに使いこなすことができるでしょう。

私の場合はこの他に10インチの2in1Windowsノートパソコンを持って行くことになると思います。現在、Windows11で使っているので、今後一部のAndroidアプリが使えるようになれば、前述の「時刻表Lite」を導入したり、GPSやSIMカードも使えるので、街歩き時のナビとしても使えるようになる可能性もあり、タブレットをあえて持って行かなくても良くなることを期待しています。キーボードの付いたノートパソコンの場合には、帰りの道中で旅であった時の事をまとめたり、ブログ作成の作業が移動中にできてしまうので、時間の節約にもなり、お出掛けの際にノートパソコンを持って行くというのは、グレーの公衆電話にモジュラージャックをつなげて通信していた時代から私の場合には変わりませんね(^^;)。

今回の青春18きっぷの旅では、できれば普通車のグリーン車が連結する車両を使うことも考えているのですが、グリーン車の席というのは一般席と比べると広くてゆったりしていて、前の座席にある折りたたみ式のテーブルも使えるので、車内での飲食も可能になります。隣に人が乗ってこない時間を見計らって、駅弁やテイクアウトしてきた食事をいただくのも電車旅の楽しみではあるのですが、これから寒い時期になると冷たい飲み物はいいのですが、温かい飲み物については買える時に買っても、保温をどうするかというのが問題になります。

そんな時に役立つのが、ペットボトルがすっぽり入る真空断熱のカバーです。以前にも紹介したことがありましたが、だいたいの商品が500mlから600mlくらいのペットボトルを保冷するためのサイズで作られているので、保温専用のペットボトルも入れることができます。購入してすぐに飲まない場合でも、ボトルカバーに入れて少し空いた部分にタオルでも詰め込んでおけば、電車に乗っている間くらいならある程度の温かさをキープさせることもできます。もし持ち物に余裕があれば、コンビニで専用マシンから抽出したコーヒーをボトルに入れて持ち運びたいので、ペットボトルカバーとは別に小さめのコーヒー用の真空断熱ボトルを持っていけば、ゴミを出さずに車内で温かい飲み物をいただけます。

また、スーパーなどで売っている紙のカップとインスタントコーヒー、ミルク、マドラーがセットになったものを事前に購入しておき、比較的大容量で保温性能の高い真空断熱ボトルに朝お湯を入れて出掛ければ、夕方くらいまでは飲み頃のコーヒーを外に出ることなく飲むことができるようになるので、あれば便利ですね。こうした商品は旅先でもコンビニて入手可能なので、事前に持って来るのを忘れてもそれはそれで何とかなります。

あと、車内での飲食ということになると、食べた後に手がべとつくとかの問題もありますので、いざという時にはボトルの縁やカップを清潔に保つために、ウェットシートの用意もあった方がいいように思います。最近、ダイソーではキャンプ用の後片付けを意識したようなウェットシートが売られていますので、それなら紙コップのインスタントコーヒーセットではなく、スティックタイプのコーヒーを持って行ってカップ付きのボトルや金属性のマグカップで飲むだけにした方が荷物が減らせるということもあります。

あと、細かい事ですが、食事でテイクアウトした場合でも、お店の人がお箸の類を入れ忘れられるという事があり得ますので、私の場合は常に旅行用のバックパックの中にはお店でもらった個包装の割り箸を数個入れておきます。あとはタオルや交換用のマスク、雨具に衣類を必要に応じて持って行けば日帰りの電車旅で退屈することはないように思います。


たとえ日帰りの旅であっても現地で利用可能な特典をチェックする方が良い

前日書きました旅行計画は、まだ机上のみで実際に行けるかどうかはわからないものの、それなりに具体的なイメージは掴めています。今回は車でなく電車での旅ですので、目的地が決まったら考えるべきところは色々あります。

まず、現地までの交通手段について、単に経路検索アプリを使って調べるのもいいのですが、私の場合は時刻表を利用します。紙の時刻表でもいいのですが、同じ情報を利用できるスマホ用のアプリ「時刻表Lite」を期間利用すると、一ヶ月だと360円、7日間だと120円でネット接続のできる環境で紙の時刻表のデータが利用できます。私の場合は、まず現状での普通列車のグリーン券の料金をJR営業案内のページからチェックし、平日と休日の事前購入での51キロ以上の価格が平日だと1,000円、休日なら800円(休日の方が安いのは、通勤に利用される方が利用する人数が多いため)で利用できることを把握しました。これで、18切符の運賃に往復のグリーン券代を足した基本的な交通費を出すことができます。

さらに、静岡から沼津方面に往復する場合に、できればゆったり座って行きたいので、毎日運行している「ホームライナー号」に乗るための「乗車整理券」がいくらになっているかも時刻表のJR営業案内で確認できます。私の利用したいJR東海の乗車整理券は一回330円になっていて、もしうまく接続して往復使えると先ほど出した18切符にグリーン券を加えた金額にこの分を加えれば、現地までの交通費が出ます。ちなみに、現在の5回(一人で使うと5日分)の価格は12,050円で一人(一回)あたりに換算すると2,410円になります。出発日を平日にして往復ともホームライナーを利用できたとして(条件的に一番高額な場合)、一人あたりに用意すべき目的地までの交通費は合計5,070円になりますが、逆に言うとこの交通費がかなり割安になるような場所まで日帰りで行けるような目的地を設定すれば、それなりに満足度が高くなるということになります。

また、目的地に着いてからのことも考えておかないといけないでしょう。駅前から歩いて行ける観光地・食事処だけであれば問題ないのですが、都市によっては駅前と繁華街が離れていたり、観光スポットが分散しているケースもあります。ということで、ここで目的地が決まれば、その駅からのバス・地下鉄などの便はどうか、観光用の一日乗り放題の切符はあるか、さらに駅前でレンタサイクルが利用できるかということと、その料金について調べておくと、トータルの費用を計算しやすくなります。

ちなみに静岡駅前には過去のブログでも紹介したスマホアプリから利用が可能なレンタサイクル(電動)が完備されています。晴れている状況で静岡駅から周辺の観光地を回るなら、自転車の利用がおすすめですが、バスや電車のフリー乗車券もあるので、現地で何をするかを考える中でどの交通手段を決めるようになっていくでしょう。

さらに、地域によっては一部公的な補助金を使っていると思われる、県外・地域外からの観光客でも使える食事券やクーポンなどを販売・配布しているところもあります。果たして、税金でこうした補助を受けるのはどうなのかと考えてしまう方もいるかも知れませんが、豪華な旅行のできる予算はないけど出掛けたいし、例の18才未満一人あたり10万円の恩恵を受けられない方であれば、公的な補助を使って優遇の受けられる観光キャンペーンを実施している所を中心に目的地を探すというのもいいのではないでしょうか。

とりあえず、自分の中ではだいたいの目的地が決まっているのですが、特に現地まで行く体力(電車に乗っているだけでも体力は使うのです)が自分と他の人とずれていないかというのを確認しながら詰めていくつもりです。そうなると、最初に書きました時刻表アプリを使って、具体的に乗る電車の選定に入ります。できれば、静岡発着の「ホームライナー号」に乗っていきたいので、そのための列車を選んだり、どこで乗り換えるのが一番効率が良いのかということを、紙の時刻表のようにそれぞれの列車の停車時刻を流れの中から一覧しつつ、決めていければと思います。

ただ、こうした行為というのはかなり自分の頭の中で旅行に行った気になってしまうので、同行者は楽しめても、計画をする人にとってはそこまで新鮮な感じがしないというのがちょっと不満な点ではあるのですが、頭の中の計算通りに行かないこともありますし、もう少し緻密に計算をねってみるつもりです。


空想ではない実際の旅行計画は相当の余裕を持ったものにした方が良い?

今後の状況によってどうなるかまだわかりませんが、私と同じように長いことどこにも出掛けられなかった友人から、ぜひ日帰りの旅を企画して欲しいと頼まれました。お茶をしながらどこへ行きたいか、何を目的に行きたいかという希望をすり合わせていったのですが、様々な思惑がある中で話をすると、どうしても大風呂敷を広げたような計画をしてしまいそうになります。

今回は車での旅ではなく、お手軽に青春18切符のシーズンに往復一回分を使って行く、リーズナブルな旅なのですが、それでも一日まるまる使えるということになると、色々なプランが出てきます。私の最寄り駅である静岡駅からでも始発に乗って行けば普通列車だけでもかなり遠くまで行け、例えば栃木県日光観光を日帰りで行なうことや、その日のうちに群馬県の草津温泉に入って帰ってくることも可能です。

ただ、そうなると行き帰りだけでもかなり電車移動になり、現地での時間を十分に取れなかったりするのですね。私の場合はそういった一部苦行的な旅でもそれなりに面白がることはできるのですが、今回相談を受けた友人の中にはほとんど電車に長時間乗って行くような旅に出掛けたことがない(^^;)人もいるので、さすがにそうした苦行を最初から経験させるのはどうなのか? と思ったので、もう少し条件をゆるくして、旅自体に悪い思い出が残らないような計画を改めて考えているところです。

考えてみれば、当り前に毎年のように自動車・電車・バスを使って旅に出る時にはいかに遠くへ行くかという方を追求しすぎたところがあったのですが、今回は長らくどこにも出掛けていなかったので、自分自身も長旅への耐久性が無くなっている可能性もあるので(^^;)、リハビリを兼ねつつ、今回旅行に出られるとしたら、それほど無理をしないで計画を立てていこうと思います。

こうした考え方をするのは実はもう一つの側面があります。複数回出掛けられるように今回は青春18切符を利用して日帰り旅をする予定なのですが、一回分ではその日のうちに最寄り駅までたどり着けないと、次の日からは別料金になってしまいます。ですから、ぎりぎりに詰め込んだ行程で予定を組むと、人身事故やちょっとした地震で電車が止まったらもう終わりです。

ということで、帰りの行程を組む場合は、その日の最終電車より前に着くような形である程度の余裕を持った計画を立てるようにしないと、私一人だけで出掛けるならそれでも何とかしますが、同行者がいるとなると、たとえ自分のせいで電車が動かなくなったわけではなくても、やはり気まずいものなので、少なくとも地方都市で駅からの路線バスが動いているうちに戻る計画を立てることが大事ではないかと思い、いわゆる「時刻表の逆読み」(到着地・時間から逆に時刻表を見ていき出発時間を決める)を行ないつつ、計画がうまくいきそうな場所をこれから選定していこうと思っています。感染症の状況によってはまた出掛けられないかも知れませんが、こうした制約がある中で同行者に楽しんでもらえるような計画を立てたいですね。ちなみに、どこへ行くにしても基本の交通費は青春18切符一回分しかかかりませんので、うまい接続のできる電車を割当れば、なかなか普段行けないところにも十分行けると思います。皆さんも、旅行の計画を立てる場合には、ある程度の余裕を持って計画を立てることをおすすめします。


二酸化炭素排出を抑える交通手段としての鉄道の気になる整備状況

世界のニュースでは新車販売の中で電気自動車など二酸化炭素を排出しない車以外の販売をしないようにして、車社会での二酸化炭素を排出しない車の割合を高めようとする取り組みが紹介されています。ただ、全ての車が電気自動車や水素自動車に置き換わるには相当な時間がかかると思われます。ここでのポイントは、日本で普及しているガソリンエンジンと電気のハイブリッド車も新車販売ができないような事になっているということですね。

現状で電気自動車の場合、家に置く場合、充電するためには特別な設備が必要で、いわゆる青空駐車場のような所では充電は不可能です。集合住宅ではさらに大変で、充電設備のある駐車場ができたとしても、マンションの管理費が増えたり、駐車場を月極で借りる場合にコストが増大します(ガソリン代との関連もあるのでトータルのコストは安くなるかも知れませんが)。さらに旅行の際など充電スタンドをすぐに探せるのかということと、ほとんど残量がバッテリーにない時に満充電までどのくらい時間がかかるのかということを考えると、なかなかハイブリッド車やガソリン発電機を積んだ電気自動車止まりなのではないかという感じもしなくはありません。

今のガソリンスタンドの代替施設という風に考えると、電気自動車よりも水素ステーションで今と同じように燃料を入れられる水素自動車の方が私は可能性があるのではないかと思うのですが、全国津々浦々に水素ステーションを作ることが今の日本の国力で本当にできるのか? ということも最近は思っています。水素自動車も結構高額ですし、いくら安全と言われても気体の中でも爆発的に燃えてしまう水素を充填した車は、大きな事故や車両火災でも本当に大丈夫なのか? など、まだまだガソリン車に置き換わるまでの課題は多いのではないかと思います。

そんな中、自動車ではなく鉄道の世界ではローカル線の車両をあえて電化せず、気動車に変えていくという取り組みに興味を持ちました。新幹線や首都圏の鉄道は架線から電力を供給する電車で今後も問題ないと思うのですが、それは電話線と同じで地方へ行けば行くほど、一駅一駅にまで有線でネットワークを張り巡らせるよりも、車両そのものに推進力を持たせ、架線のメンテナンスをする必要を無くす方が今後の社会を考えた時には良いと思えます。

ただ、今までは非電化区間ではディーゼルエンジンの気動車を使用していて、二酸化炭素排出の問題があったのですが、今度JR東日本が磐越西線で導入する気動車は、軽油でディーゼル発電機を回し、そこで作った電気で走らせるいわゆる日産の電気自動車式の車両なのだそうです。ですから、排出する二酸化炭素の量も普通の気動車と比べれば少なくなりますし、今後に向けては水素を燃料にした燃料電池を使って走らせる車両も計画されているそうです。

個人的には、まずは鉄道の世界から最終的には水素を燃料にした車両を今のディーゼル機関車に置き換え、架線管理が大変な地方のローカル線についてもこうした車両を導入することで、JR貨物についても完全に二酸化炭素を発生させないエネルギーで物を運ぶような仕組みを完成させることができてくれれば、状況も変わっていくのではないかと思いますね。

また、タンカーやフェリーのような大型船の燃料を水素に置き換えることはできないのかということもありますね。この件についても、すでに川崎重工、ヤンマー、ジャパンエンジンコーポレーション(J-ENG)の3社が2021年5月に船舶用の水素エンジン開発を担う新会社を設立することを発表しています。そうなれば、同じガソリンエンジンの車を使って旅行へ行く場合でも、長距離を運転せずにフェリーで運び、また観光地を周遊するのに車に積める電動アシスト自転車や電気スクーターを併用しながら観光を楽しむことで、私たち自身も車の買い換えコストよりも安く二酸化炭素排出削減に協力できるのではないかと思います。つまり「パークアンドライド」のような仕組みを作り、移動手段の燃料を水素にすることで、かなり社会は変わるのではないかと期待するところです。

逆に、あまりに今の古いガソリン車の税金を上げるなどして性急に電気自動車に置き換えるようなやり方をされると、私自身運転はできても車の所有を諦めざるを得ない状況になってしまうかも知れません。そうなると、必要な時に車を借りるような形でしか車を運転できなくなるのですが、一見コストがかからずに良さそうな感じではあっても、何かがあって利用が集中してしまったら自分の好きなタイミングで車を使う事を諦めざるを得ないことにもなってしまいますので、その点は慎重に行なって欲しいと切に思います。


夜行列車の利用が飛行機より難しい現実

今頃になって、月末の忘年会の日程が決まったのですが、横浜で平日の夕方からという静岡在住の自分にとってはかなりしんどい日程になってしまいました(^^;)。翌日が休みなら先日紹介したようにどこかに宿を取るか個室のネットカフェで夜を明かし、翌日の始発で帰ってもいいのですが、今回は自分の希望は後回しにして日程を決めてもらったので、決まった事になかなか文句も言えません。

そんな中で、ある程度の時間を現地滞在して帰るためには、様々な交通機関の利用を考えたのですが、かつては青春18きっぷを2日分使えば往復で、多少はしんどいものの東京からなら大垣まで毎日利用できる夜行列車の通称「大垣夜行」が使えました。電車はバスとは違って一度に多くの人を運ぶことができ、学生のお休みの期間は通路やデッキにまで人があふれる大変な混みようになることもあったのですが、何とか時間までに駅に行き、すし詰め状態でも列車に乗ってしまいさえすれば、静岡には午前2時前後には着くので何とか翌日の朝から動くことができるようになっていたのでした。

そのうち、こうした大混雑が問題視されたのか、自由席基本でグリーン車が連結されただけの大垣夜行がなくなり、その代わり全席指定の「ムーンライトながら」に列車が変わりました。当初は毎日運行していたので、18きっぷのシーズンでなければ指定席の入手は難しくなかったのですが、毎日運行でない18きっぷシーズンのみの臨時列車になってから状況は変わりました。ネットオークションで指定券が定価より高額で売れることが現実の事になるにつけ、以前は予定していた列車利用が中止になった場合には緑の窓口に指定券を返していたのが、そのままぎりぎりまでネットで売買されるようなことになってしまい、現在までそうした状況は続いています。ネットで席が全部さばければそれはそれで必要とする人の所に渡るので全てが悪いことだとは思えませんが、もしネットでも売れずにみどりの窓口にも返さなかった場合には、多くの列車に乗りたい人がいるのに座席は空で空気を運ぶことになってしまいます。

こんな状態なので、当然忘年会当日のムーンライトながらの指定席は、JRの「サイバーステーション」という空席照会のサイトで調べたところ(指定券の購入はできません)、全て売り切れていました。もちろん、急な予定があった場合はムーンライトながらの利用というのは使えない方法だということはわかっていたので、早々に新しいプランを想定する必要がありました。

そんな時、普通の人が考えるのは新横浜からの最終の静岡行きの新幹線に乗って帰るというものでしょう。改めて時刻表を調べたら、こだまの最終が午後10時30分新横浜発になっていました。これはこれで忘年会の方でもゆっくりと話もできそうですし、静岡着も23時22分と在来線の終電よりも早く着くので何とか翌日に影響を残さない事もできるでしょう。

このスケジュールは検索アプリで調べたのですが、他にも数パターンの内容が出てきて、一つは「ムーンライトながら」を横浜から静岡まで利用するプランだったので論外でしたが、もう一つのプランがなかなか面白く、今回は新幹線を使わずにもう一つのプランで帰ることに決めました。

そのプランとは、夜行バスを利用するプランで、関東から静岡までの夜行バスはそのほとんどが東京駅八重洲口かバスタ新宿発のものであり、神奈川県から乗るには東名江田バス停まで自力で行かなければならない東名ハイウェイバスが多いですが、唯一の例外が、横浜駅東口のYCATからバスに乗れる、今回予約を取った「ドリーム静岡浜松1号」でした。

忘年会の日の「ドリーム静岡浜松1号」については、「高速バスネット」というサイトで空席照会だけでなくクレジットカードを利用しての乗車券購入まで一気にできます。私がサイトを見た時にはたまたま残り座席2で、しかも東京発で多くの人が乗っている中で乗り込むには迷惑を掛けることが少ない通路側の席は1席だけだったので、これは買うしかないと速攻でネット購入してしまいました。ちなみに、静岡駅着は午前4時半ととんでもないですが(^^;)、何とか翌日の朝には帰宅できるので、その後の事はあまり考えないことにします。

このように、全ての手配が自宅にあるパソコンやスマホ上から完了する乗り物というのは急に予定が入っても交通手段をどこへも行かないで確保することができますので本当に有り難いです。最初に紹介した「ムーンライトながら」は新幹線のようにネットから予約ができませんし、その点だけでも鉄道より高速バスを選ぶ理由になってしまいます。

最近は、スマホアプリでもLCCを含めた最安の飛行機のチケットをネットから購入することが可能になるので、指定席の入手に手間取る夜行列車よりも、飛行機か高速バスを選んだ方が実際のところ楽になっている現実があります。電車の自由席なら予約不要なので手軽ではありますが、現代の夜行列車の敷居の高さというものをしみじみと感じているところです。


電車の車内アナウンスにもう一工夫を

先日、ほぼ一ヶ月ぶりに関東地区に新幹線でない在来線経由の電車で出掛けてきました。行きはずっと座って行けたのですが、帰りは横浜から東海道線に夜の8時過ぎに乗ったので、かなりの混雑でした。当然、そうしたことは当り前のことなので、トラブル回避のためにリュックを背負うのではなく前に抱えるようにして持ち、さらに手はつり革や他の人に見えるように上げていました(痴漢冤罪にならないため(^^;))。

そうしたら、混雑する中で明らかに一杯引っ掛けてきたようなおじさんが、私の持っていたつり革の上からつり革を掴んできたのには正直びっくりしました。まあ、それだけ人が密集していて自分の体を支える所がなかったのでしょうが、よりによってなぜ自分の持っているところを持つのか? という疑問を感じる中、一駅でその人は降りていきました。

さて、そうして一杯飲んで電車に乗った場合、東海道線を静岡に向かうときに気になるのがトイレの存在です。さすがに満員の中ではなかなか動くこともできないのですが、車内は徐々に空いていく中で多少の余裕が出る中、欲しかった情報が車内のトイレの情報および、列車の停車時間の情報でした。

今回私が乗ったのは高崎発17時54分の普通列車1935Eで、横浜発20時31分の15両編成の沼津行きです。ちなみに、15両のうち、後ろ5両は熱海で切り離し作業されるので通しで沼津まで行くためには1号車から10号車までに乗る必要があり、その事は途中の車内アナウンスで何回も流れていました。

ちなみに、沼津以降の運行は2分間の待ち合わせで沼津駅の向かい側のホームに静岡行きの列車が待機しているので、沼津まで乗り通してもトイレタイムはありません。東海道線の静岡県内を走る電車にはしばしばトイレが付いていない車両が運行しており、青春18きっぷでの移動をする方には大変な状況になることが言われていますが、高崎からの長距離列車ならトイレは付いているだろうと思ったものの、残念ながら車内アナウンスでは車内トイレの設置状況についてのアナウンスはありませんでした。

ちなみに私はその時、グリーン車の隣の5号車に乗っていたのですが、恐らくグリーン車のトイレを使うためかも知れませんが、明らかにグリーン車を使う気配がない人があえてグリーン車の方へ移動していくところに遭遇しました(グリーン車はデッキに立っていてもグリーン料金を請求されるので、基本的にはその状況で料金を請求されたら支払わなければなりませんのでご注意を)。これも、普通座席のある車両のどこにトイレが有るのかということをアナウンスすれば、起こらない事ではないかと思います。さらに、グリーン車に入ったら料金が発生するということもアナウンスすべきでしょう。ちなみに、この電車では最後尾の10号車にトイレが設置されていました。

そうは言っても人によっては車内のトイレを使うのに抵抗がある方もいるかも知れません。そんな時に必要な情報というのは、駅の停車時間のアナウンスだろうと思います。紹介したように、この列車は熱海駅で一部車両の切り離しを行ないますので、その作業中は電車は動きません。そこで問題になるのは、いったい普通列車1935Eは熱海駅で何分停車するのか? ということだろうと思うのですが、残念ながら事前にそうした情報のアナウンスはなく、熱海に停まってしばらくした時に発車時間のアナウンスがあったのみなので、詳しい時刻表でも持っていないと事前に停車時間を把握することはできません。ちなみに、改めて調べてみたところ、熱海着が21時49分で、熱海発が21時58分と9分あるので、駅構内のトイレの混み具合によっては十分トイレに行ってから列車の発車に間に合う時間です。

こうした情報をアナウンスしてくれるだけでも、お酒を飲んでいたり、加齢によってトイレが近い人にとっては十分に有難いと思うのですが、せめて列車が長時間停車する前の段階でアナウンスがあれば、ちょっとホームに出て休憩をしたり、飲み物や食べ物を購入しに行ったりすることで、鉄道会社にも恩恵があるのに、なぜその一手間を惜しむのか、ちょっと疑問ですね。

スマホのアプリでも時刻表の内容がそこまで詳しく書いてあるわけではないですし、そこまで事前に調べて電車を利用する人がいるわけでもないでしょう。でも車内でのアナウンスは貴重な情報源として聞く人は多いと思うので、特に利用者が多い路線ではもう少し考えていただけると幸いです。


多少料金がかかっても「ホームライナー号」に乗りたい理由

週末に青春18きっぷの消費を目的に東京に行ってきました。例によって新橋→有楽町→東京→上野と、あまり広範囲を回ってはいないのですが、買い物と食事を様々な全国のアンテナショップ店舗を巡ってしているうちに、その日の暑さもあったのかひどくくたびれてきたため(^^;)、上野を15時20分に発車する上野東京ラインの東海道線に乗って(疲れたので座席はグリーン車)静岡へ帰ることにしました。

今回回ったのも東京駅周辺なので、帰りの電車は東京で乗った方がいいのではないかと思われるかも知れませんが、座席指定ができない東海道本線の普通列車ではグリーン車でも早い者勝ちで、せっかく事前にグリーン券を買っておいても、席が満席になってしまっている可能性があります。時間の関係でたまたま同じグリーン車に乗ろうとする人の列の最後尾に付いてしまった場合、席が見付からなかったり、複数人で来ている場合は席が離れてしまう可能性があります。

今回は、そうしたリスクをできるだけ避けるため、東京ではなくわざわざ山手線に乗って上野駅まで行きました。そうすることで少なくとも東京駅で待っている他の人々を出し抜くことができます。また、高崎や宇都宮などかなり長い距離を走ってきている列車の場合、少なからぬ人々が上野駅で降りる可能性もあります。東京から上野まではちょっと時間がかかりますが、それでも帰りの行程を確実に座っていくためには、東京出発で西に向かう場合は最低でも上野駅まで戻って乗り込むという技は、ここだけの話ですが今回は有効でした(^^;)。

ちなみに、15時20分発の列車は、終点が熱海ではなく沼津です。静岡方面を進みたい場合には、やはり一度乗って座ったら、できるだけ長い時間乗っていたいので、いわゆるSuicaグリーン券の購入ではなく、JR東海の駅である沼津までグリーン券を買うためにみどりの窓口での購入が必要になります。今回はそのようにして帰ることは時間は別にして常に考えてしましたので、出発前に普通列車のグリーン券は購入済みです。

そうして、17時45分に沼津に着いたのですが、この時間に沼津に着いた場合、さらに西に行くために待っている東海道線にそのまま乗って行くというパターンもありますが、せっかくここまでグリーン席に座ってゆったりしてきたのだから、上野~静岡、さらに西に行きたい人は浜松までの長い区間をゆったり移動する方法があるのです。それが、到着時間から45分沼津駅で待って、18時31分発の「ホームライナー浜松3号」を利用する方法です。

ちなみに、静岡までだと19時10分着ですが、浜松まででは到着が20時10分となり、沼津でほとんど待ち合わせがなく次の東海道本線に飛び乗ったとしてもそれほど到着時間は変わりません。さらに車両は東海道本線のグリーン車にはない足置きの付いたリクライニング付きの座席で、車内で食事をしたり、自分の時間をも持てるかもしれない環境の車両になっています。

私自身はそのまま来ている電車に乗って対面シートを我慢して進もうかとも思ったのですが、同じ列車に乗ってきた人々が次々とホームライナーの乗車整理券(320円)をホームライナーが出発するホーム上にある券売機で購入しているのが見えたので、そのまま列に並んで乗車整理券を購入してしまいました。

ただ、このホームライナーのいいところは、整理券を購入するとその場でホームライナーの座席を指定することができ、きっぷにはきちんと「何号車何番の何席」というところまで印刷されています。ですから、この時点では乗り継ぎまで30分とちょっとくらいの時間になっていましたが、列車の席取りで行列を作らなくても良く、ぎりぎりまで駅の外に出てお茶をしたり食事や買い物をすることができます。

私は全国チェーンのコーヒーショップで一服してから駅に戻りましたが、特に関東から関西まで一日で帰りたいと思う18キッパーにとっては追加料金はかかるものの、運賃は乗れば乗るほど安くなるので、できればグリーン車およびホームライナーを積極的に利用することをおすすめしたいところです。

ちなみに、浜松からは30分だけ在来線での移動を我慢できれば、豊橋からは関西へとつながる新快速に乗ることができます。最終の新快速は米原に23時10分に到着しますので、京都や大阪方面というのはきついものの、米原より前の駅が最寄り駅であれば、18きっぷ一回分ということでは、かなりお得感の強い移動手段なのではないかと思います。

今回紹介したホームライナーの乗車整理券は距離とは関係なく、さらに買わないで乗っても同額で車内で整理券を席が空いていれば購入できます。その点は首都圏のグリーン券のように、事前購入と車内購入での価格が違う(車内購入の価格の方が高い)こともないので、かなり便利な点はあります。具体的には時間ぎりぎりで乗車整理券を買う余裕がなくてもとにかく乗り込んで、空いている座席に座りながら乗務員の通るのを待って整理券を購入すれば、他の普通列車とは違う旅の雰囲気を味わうこともできるというものです。

今夏の18きっぷのシーズンもそろそろ終わりますが(9月10日まで)、私自身は時間が許すようなら極力ホームライナーを利用するつもりで、予定を組みたいと思っています。ただし、スマホの経路検索アプリでは乗り継ぎを優先した案内を行なうので、今回紹介したようなホームライナー優先というような調べ方をするためには、きちんとダイヤの様子がわかる時刻表アプリか紙の時刻表が必要です。紙の時刻表はどの駅のみどりの窓口にも置いてありますので、待ち合わせの時間を利用して調べてみるのもいいのではないでしょうか。


通常乗車券を使った新幹線によるショートカットの例

少し前になりますが、静岡から横浜の中華街に行く場合には金券ショップで回数券を購入するよりも素直に桜木町や石川町までの乗車券を購入した方が新横浜から桜木町・石川町までの乗車券を別買いしなくても済むということを書いたことがあります。今回また中華街方面に出掛けることになったのですが、お金を節約するために全線在来線で行きたいところですが、今回はどうしてもいつも出掛けている時間に出掛けられなくなってしまいました。ちなみに、普段使っている静岡から石川町までのタイムテーブルは以下の通りです(時刻表は2019年の7月1日のものを利用しています)。

一本目 静岡発9時24分発(東海道本線・熱海行)10時47分熱海着
二本目 熱海発10時53分発(東海道本線・高崎行)12時11分横浜着
三本目 横浜発12時14分発(根岸線・磯子行)12時21分石川町着

今回はこの静岡発9時24分発の普通列車に間に合わないそうもないのです。ただ全ての行程を在来線で行こうとするとまだ静岡発9時52分の普通列車に乗れば何とか石川町には12時32分に着くことができます。しかし、できればそこまで時間を切り詰めて行きたくないというのが正直なところです。というのもこの乗り継ぎはぎりぎりの列車を乗り継いでいくため、昼食を途中で買うこともできないのです。

そこで、同じ10時前に出発するスケジュールでも、少しワープすることによって乗れなかった熱海行きの列車に追い付くことができ、さらに三島駅でも時間的な余裕を生み出すプランを考えました。それが以下のプランです。

一本目 静岡発9時53分発(東海道新幹線こだま)10時18分三島着
二本目 三島発10時33分発(東海道本線・熱海行)10時47分熱海着
三本目以降は上記プランの二本目からと同じ

ちなみに、新幹線の自由席特急料金(静岡~三島間)は980円です。昔は静岡と東京をつなぐ急行や特急があり、よく利用したことがあったのですが、今の状況の中では一部新幹線を使って時間短縮を図ることがベストです。熱海や小田原、新横浜までの特急券を買ってもいいですが、本来の予定をカバーするのが目的であり、さらに在来線と違って新幹線の中ならセパレートになっていて食事もできます。さらに、平日の熱海~横浜間の普通列車のグリーン券が980円(事前料金・Suicaグリーン券の場合)なので、この部分を我慢して普通席に座るようにすればその料金で新幹線に乗り、時間的な遅れも取り戻すことができるというわけです。

ちなみに、過去に安く新幹線こだまを利用して旅ができる旅行商品に「ぷらっとこだま」がありますが、静岡から新横浜までの料金はドリンククーポンは付くものの、東京までの値段とは100円しか違わない4600円で、しかも新横浜から中華街までは別料金で買い足しになります(新横浜から石川町まではICカード利用で216円になります)。一部路線を新幹線でショートカットするプランだと、ぷらっとこだまより片道千円以上安く利用できるので、今回もあえて回数券や特別な乗車プランは使わずにその日の天候や路線情報などを入手して一番安く楽に行ける方法を選択したいと思います。