カテゴリー別アーカイブ: 電車・バス

東京駅八重洲口バスのりばの使い勝手

先日の東京へ出掛けた際の帰りは、あえてJRの夜行バスを選びました。過去に毎日東京から大垣への普通列車が走っていた頃には電車を使っていたのですが、夜行電車自体が夜行バスに変わっていったという事もあるので、東京から静岡という割と近い距離であっても安くてとにかく翌朝までには着く夜行バスは今後も使うことがあるだろうと思います。

今回利用したのは東京から静岡を経由して浜松まで行く便で、二便あるうちの早い方で午後11時発になります。途中足利サービスエリアで30分の休憩があります。今回は飲み会であまり食べなかったためか深夜に猛烈にお腹が空いたので(^^;)、サービスエリアの中で24時間営業していて、さらに職員が本格的な修行を本場四国でしてきたと評判の「足柄麺宿」で冷たいぶっかけうどんを休憩中にいただきました。この辺は電車の時代には考えられなかったことです。

足柄サービスエリアを午前1時45分に出ると、静岡駅への到着は翌朝4時半になり、熟睡こそできませんでしたが、電気も消えた車内で体を休めることは何とかできました。ただ座席が4列ということで、余分なものは車内に持ち込まず、大人しく用意されたブランケットをかぶってじっとしているのがいいような気がします。

ただ、今回夜行バスを使ってみて、バスに乗る前の環境が新宿の「バスタ新宿」と比べるとかなり悪くなっていると感じたことも事実です。というのも、私がバスに乗った日は春先ではありましたがお昼過ぎからずっと雨が降っておりまして、東京駅の八重洲口には日本全国へ向かうバスがやってくるわけですから当然のごとく人がたまっていきます。

もちろん、券売所の近くに待合スペースもありますが、お昼なら東京駅地下のスペースでいくらでも時間をつぶせると思いますが、深夜帯となるとほとんどのお店は閉まってしまいますので、多くの人が通路部分に座ってバスを待っている光景も多く見受けられました。

私自身もとにかくゆっくりと座るところがお店を含めてないので、八重洲口の外から二階部分のテラスに上がってきたのですが、ここでとても残念な光景を目にすることになりました。

というのも、テラスにはところどころベンチが設置されているのですが、ベンチが設置されている位置に問題があるのではないかと思うほど、降っている雨の影響をもろに受けて、写真のようにとても座っていられないほどベンチには雨がかかり続けていたのでした。

テラスのスペースはかなり広いので、中央部分に座ってバスを待つことができる場所があれば、かなりの人が駅構内の通行のじゃまになるような場所に座ってバスを待つことにはならないように思います。今後2020年の東京オリンピック開催にあたって状況も変わってくるのかも知れませんが、現状で深夜便のバスに乗る予定があり、東京駅とバスタ新宿発のバスのどちらかを選ぶという感じになった場合は、バスタ新宿から出る夜行バスを利用する方が待ち時間を楽に過ごせるのではないかと思います。

今回は東京で飲み会だったので、さすがに自分の車で乗り付けるわけには行きませんでしたが(^^;)、十分お酒が抜けるほど車内で休んでも問題ないような場所があれば、かえって車で行って東京近郊に駐車して早朝に帰るというパターンの方がいいと思われる方もいるかも知れませんね。ただし、中途半端な酔い醒ましをして出発してしまった場合、もし検問でアルコールが残っていると判断された場合には大変なことになりますので、遠くでの飲み会の場合は公共交通機関を使っての移動の方が安全です。やむを得ず車中泊をしてすぐ動く場合では、市販のアルコールチェッカーを利用するなどして十分酒が抜けたことを確認してから出発するようにしましょう。


時間に余裕がある移動なら「最安運賃」+「現地グレードアップ」を狙おう

来月、所用で東京まで行くことになりました。午後に集合し親睦会のあと懇親会という感じの日程でお酒も入ります。お酒さえ入らなければ東京でも車で行くことを考えましたが、今回は公共交通機関を使うことにしました。

最近はなかなか東京へ行くことも少ないので、目的の親睦会の前に個人的な用事を済ませようとも思っているのですが、問題になるのはどの交通機関を使って行くかです。ちなみに、集まる日はすでに青春18切符の利用はできない期間です。

私の自宅からの最寄り駅はJR静岡駅で、目的地は銀座ですが、その前に新宿近辺に立ち寄ることを考えているので、行きはどんな交通手段でもいいのですが帰りが問題になります。というのも、恐らく飲み会はすんなり終わることは考えられないため(^^;)、ギリギリまで東京に留まる場合、どんな交通機関があるかということを考えなければならないからです。

普通に考えれば、新幹線の静岡行き最終22時10分発で、静岡着23時22分で決まりなのですが、首都圏に在住の方と比べるとちょっと早いお別れとなり、さらに翌日は休日の予定なので、あえて深夜に帰るよりもネットカフェで泊まって翌日の始発でゆっくり帰った方がいいかとか、色々な選択肢が出てきます。

そんな選択肢の中で、たまたまネットで早期割りのある夜行高速バスの空席を見付けたので、今回は東京駅23時発で静岡駅まで約5時間かけてゆっくり休みを取りながら運転される高速バスを利用することにしました。ちなみに、料金は新幹線より2千円とちょっとぐらい安く、何かの拍子に遅れたとしてもバスの中で寝られる時間が増えると考えれば、遅れすらもメリットになります。そこで、あえて新幹線より夜行バスということに落ち着きました。ただし高速バスは座席数が限られているため、より安く購入するためには早めの決断と購入が大切になります。

逆に行きについては集まりの集合時間自体が午後なので、それほど早く出なくてもいいわけで、さらに時間に余裕を持って出掛けることで、新幹線一択ではない安い交通費で東京までたどり着ける手段が出てきます。先述の高速バスでもいいかも知れませんが、バスは昼間の運行については渋滞による遅れが心配です。さらに、鉄道を乗り継いでも高速バスより安く東京までたどり着ける方法が存在します。それが、静岡からJR小田原駅まで行き、そこで小田急電鉄に乗り換えるという方法です。

直接駅の券売機で切符を購入してもいいのですが、金券ショップに行くと静岡から新宿までをリーズナブルに利用したい人向けに、小田急の区間については安く乗れる「株主優待乗車証」を静岡から小田原の回数券とセットで売っているので、それを購入すれば2千円と少々で小田急の新宿駅まで行けることになり、今回の私の目的にも合います。ただし、これだと小田急区間は急行と普通列車にしか乗れないので、890円の特急券を買い見し、ロマンスカーに乗って新宿までゆったりするか、ロマンスカーに乗らないで現地での昼食代の足しにするかということになります(^^;)。

個人的には静岡から小田原間もできればゆったり行きたいので、静岡駅から乗車整理券320円を払ってホームライナーに乗るために早起きし(静岡発は午前7時頃)、ホームライナーの終点沼津から小田原までは普通列車のグリーン券を利用すれば(事前に購入するかSuicaからグリーン券を購入することで、土日休日の利用なら格安のホリデー料金が適用になります)、全ての列車でゆったり座って行けることになります。

ちなみに沼津から小田までのJR営業キロは42.3kmなので、土日休日のグリーン券は事前購入の場合50km以下の場合の570円で利用できます。ここまで紹介したものを全て合わせても4千円ちょっとで、新幹線で一気に行くよりも、列車を3本乗り継ぎそれぞれの列車でくつろぎながらかなり贅沢な気分になっても新幹線より千円以上安く東京まで行けるというわけです。

ちなみに、紹介した列車のグレードアップは列車に乗る前ならいつでも行なえるので、とりあえず金券ショップで最安運賃の「JR普通」+「小田急」のセット券を事前に購入しておきさえすれば、とりあえず小田原までは普通席で頑張ってそこから新宿までは特急で行くということもできるので、その日の気分であくまで最安にこだわるか、当日は駅弁を食べつつ車内販売を利用し朝からビールでも飲みながら(^^;)ゆったり移動するのかは当日次第ということで今は考えています。

皆さんも時間のある移動ができる時は、いつものパターンで行くのもいいですが、違ったルートや交通機関を使うことを考えると、同じ区間の利用でも今まで感じなかった様々な発見ができるかもしれませんので、色々あるネットの情報を参考にしながら調べてみてください。


バスタ新宿へ行ってきました

先日のエントリーで書いた通り東京への日帰りの用事があって、行きは新幹線で行ったものの、帰りは夕食を飲みながら食べてということになったため遅くなるだろうことを予想した上で帰りの交通手段は夜遅くまで便のあるバスに決めたことから今回のレポートにつながったわけです。

バスは新しくできた新宿の専用ターミナル「バスタ新宿」から出ていて、かなり乗り降りも楽になったというのでどんな感じなのだろうと思い行ってみました。考えれば2016年のお正月に成田空港の第三ターミナルを見に行って以来のターミナル見学となります。

新宿駅新南改札

まずは用事と飲み会が終了後、JRで新宿駅まで行き、そこから直接バスタ新宿に入ることができる新南改札口を目指したのですが、そこまでの行き方としてはバスのりばの看板を見付けたら、とにかく途中の出口への通路については一切使わずに、ひたすら線路の端を目指すように歩いていけばバスターミナル方面の改札(新南改札)にたどり着きます。写真は中央線を降りてたどり着いたバスターミナルへの出口です。

バスタへのエスカレーター

そうして改札を出ると広場に出るのですが、そこからエスカレーターで券売所や待合室がある四階まで上るようになっています。改札を抜けてエスカレーターに乗るところには屋根もちゃんとあるので少々の雨なら濡れずに移動できるというのは嬉しいです。待合室は平日といえども夏休み期間中なせいかかなり混んでいて、座れるスペースには全て人で埋まっていて、中には床に直接座っている人も多くいました。

待合室とチケット販売所

待合室の中にはインフォメーションがあり、自由にiPadが使えるようになっています。また係員も常駐し、直接運行情報を聞くこともできます。乗り場は複数ありますが、その前にも係員がおり、電光掲示板で各々の乗り場からどこ行きのバスが出る予定なのかも近い時間であればわかります。さらに場内のアナウンスで飛行機のようにどこ行きのバスが到着しということと、出発する直前に再度乗り遅れがないかというチェックのアナウンスも入るようになっています。もし自分の乗るバスがどこから出るのかわからない場合は、早めにインフォメーションで聞いておくのがいいでしょう。私が居合わせた際には、一人の若い女の子が乗り遅れてしまい、涙目でインフォメーションの係員にどうすればいいか話していましたが、わからなければ一人であたふたせずに人に先に聞くというのが、初めて訪れる場所に関しては鉄則です。

待合室にはトイレも完備されていますが、食事や喫茶スペースというのはありません。フロア内には飲料の自動販売機があるのと、セブン銀行のATM、そしてコインロッカーがあるだけです。セブン銀行で使える、引出手数料無料の銀行口座を持っている人は便利です。ただ、周辺にはコンビニも見当たらないので、急いでバスタに行き現地で飲み物や食べ物を手に入れようと思う方は、ターミナルに到着する前、コンビニやキオスクなどで早めにコンビニなどで物資を補給していくことを強くおすすめしておきます。

ちなみに私はかなり早く着いてしまい、待合室で延々と立ちながらバスを待つのはしんどかったので、いったんターミナルから出て一階まで降り、そこから近い場所にあったマクドナルドでパソコンを開きながら時間潰しをしていました。

バスタに到着したバス

バスの乗り場はこのようになっていて、私の乗るバスは定刻に出発することができました。以前の新宿のようにどこでバスを待てばいいのかもよくわからない状況でなく、待合室までたどり着けば何とかなるのでバスの旅の概念も変わるのではないでしょうか。きちんと最近の高速バスは3列シートで個人別の空間も保たれているようなものもあるので、十分に長距離移動の手段として考えられるようになれば、旅の交通手段としてバスを選ぶという事も十分ありなのかなと感じた今回のバス利用でした。


久し振りの長距離バス 大垣夜行 ムーンライトながらとの違い

急な用事で東京まで日帰りすることになりました。平日で翌日が仕事の場合でも東京に行く場合は、行きは新幹線にするにしても帰りをどうするかが問題になります。

以前は毎日運行している夜行列車の通称「大垣夜行」(のちに全席指定の「ムーンライトながら」に変更になって現在は廃止されています)があり、ムーンライトながらのように指定券がないと乗れないということもなかったので、東京を出るのが午後11時を過ぎても何とか私の最寄り駅である静岡駅には午前2時過ぎには着いて、何とか翌日の仕事や学校にも影響を及ぼさないようにできたのですが、今はそうはいきません。

まあ、全席指定のムーンライトながらになった時点で特に夏休みなどの青春18きっぷシーズンには連日に渡って指定券が取れない状況がありましたので、今の方がまだましという状況ではあります。というのも、きちんとした指定券という風に発券されることから、人気が集中しそうな日の切符を用もないのに入手してオークションで売るような人がいて問題になったことがありました。

お金さえ出せば希望する日の指定券を入手することができるメリットはあるものの、本来は交通費を節約する目的で乗る列車の指定券がプレミア価格になってしまうというのは本末転倒です。もしかしたらムーンライトながら廃止の理由の中にはこの事もあったのではないかと思ったりもします。

たまたま今回は急な話ではなく一週間以上の間が東京行きが決まった時からありましたので、日帰りをするために夜行バスを使うことにしました。チケットの予約は現在ネットの専用サイトでできるようになっており、さすがにこのネット予約のチケットをオークションで放出するというのも難しいのではないかと思います。なお運賃は新幹線と比べると半額以下で利用できるようになっています(早割およびネット利用割引を併用した場合)。

大垣夜行と比べると少し時間は早めになりますが、地元に到着するのが30分くらい早くなるので多少翌日が楽になりますし、出発は新装なった新宿のバスターミナルになります。このターミナルからの乗車は初めてなので、今後の旅行のバリエーションを広げるためにも一度使ってみたいと思っていた場所だったので楽しみです。

恐らくこの文章をアップする際にはすでにバスに乗っているかも知れませんが、どんな所かを含めて時間が許せば見てきたいと思っていますが、それも先方での用事からの飲み会もある予定なので(^^;)、その状況にもかかっていたりまします。どちらにしても詳しい内容については改めてこのブログで紹介できればと思っています。