カテゴリー別アーカイブ: 自転車・原付

やはり自転車運転は恐いので

私の住んでいる静岡市の街というのは急な坂というものが市街地移動する場合にはそうはないので、通勤通学には自転車が多いという傾向があります。かくいう私も学生の頃には自転車で15キロくらいの道のりを通学してしましたし、現在もいわゆるママチャリとスポーツタイプの自転車を持って状況によって利用を分けています。

昨日は雨から一転ものすごい勢いで晴れて風もほとんどなかったのでまさに自転車日和というような天気なので、日が暮れる前にちょっと自転車で出掛けてきたのですが、久し振りに自転車に乗っていて恐い思いをしました。

大きな交差点を渡って細い路地に入ったところ、一方通行で正面に普通車のトラックが停まっていたのですが、その近くにどう見てもそのトラックを運転していそうな男性がいたのですが、もしかしたらこのトラックは赤信号で停まっているところで、信号が青に変わるとともに運転席に戻るのかなと思いながら運転していたのですが、まさかこちらが直進してくるのは見てから動くと思っていたのですが、こちらを全く見ずに道路を渡ってトラックに乗り込もうとしたので、思わず急ブレーキをかけたものの危うくその男性とぶつかってしまうところでした。

こうした状況については、当然相手の言い分もあるので、こちらに全く過失がなく終わるということは考えられず、こちらに怪我がなく相手に怪我をさせてしまったとしたら、賠償請求の責任が生じるとともに、医者へ付き添ったりなど時間まで取られてしまうことになります。

実際、車での事故を経験していると自転車で人に怪我をさせてしまった後にどうすればいいかということはだいたいわかりますが、今まで自転車の保険を付けて自転車に乗っている人というのは少なく、学生などで専用の保険を付けていても、ごく簡単なもので自動車保険のように保険会社に連絡して任せるというわけにいかないケースが少なかったりします。

私の場合は、今入っている自動車保険の追加補償として示談交渉付きの個人賠償責任保険というものに入っているので、自転車で事故を起こした時だけでなく、個人で何か粗相をしてしまって損害賠償の請求を受けるような事態に遭遇した場合(例えば旅先のショーウィンドウで売り物を壊してしまったなど)にも対象になります。その場合も電話をして対応してもらえるのでその点は安心しているのですが、今回は本当にすれすれのところで衝突を回避したに過ぎないので、自転車でも目の前で動く人には十分に注意するとともにその後の動向を予測しながら安全運転を心掛けたいと思っています。

最近のニュースではセブン-イレブンのマルチコピー端末から自転車に乗っての怪我と示談交渉付きの個人賠償責任保険がセットになった自転車向けプランの保険(1年契約)が個人だと約4千円、家族では七千円強で加入できるようになっているようです。他にもそうした保険はありますが、特に保険会社による「示談交渉サービス」が付いているかかどうかで値段が違ってきますので、もし自動車保険に入っていない場合にはそうした自転車向けの保険を検討し、できれば入っておいた方が自分だけでなく家族のためにも安心だと思います。

ただし、実際に事故を起こしてしまったら保険により十分な補償ができると言っても、その場から逃げずに相手に怪我をさせてしまったら安全な場所に移動し、保険会社から相手や医療機関への連絡を頼むなど、後から対応が悪いと言われないようにきちんとした対応をこなすことも大事です。


自転車で楽しむ三保の松原周辺(2)

三保の松原へはサイクリングロードから幹線道路に出て、さらにその道路を渡って行きます。三保の松原に行く前に、その手前の御穂神社にお参りした後で向かうことにしました。

環境保護のため観光バスが近くの駐車場に置けなくなったため、バスを降りて三保の松原へ向かうバスツアーの観光客を横目で見ながら三保の松原入口までたどり着きました。

自転車の駐輪スペースは入口のすぐ前にあり、ここに自転車を停めます。そうして人でごったがえす中、松原まで付きました。

これが新しく「羽衣の松」と認定された松です。恐らく知らないと素通りしてしまうような場所にありまして、かなりの人が出ているのにこの松には人は集まっていないという有様です(^^;)。わからない場合は地元の人や観光案内でしっかり確認してから行くのがいいでしょう。残念ながら富士山は雲に隠れて見ることはできませんでしたが、季節的には春から夏は良くなく、冬の季節の方がおすすめです。

ここまで、全くのノープランで走ってきたのですが、ふと静岡市の観光協会が行なっている自転車優遇の措置が行なわれていることを思い出しました。三保周辺と清水方面を結ぶ交通機関として、今も運行されているのがいわゆる連絡線である水上バスです。水上バスには安く自転車も乗せられるという話を聞いていたので、観光案内所へ行き詳しいことを聞きました。

三保の松原から三保海水浴場方面に水上バスの桟橋があり、そこから自転車を載せられる水上バスが来ます。実は主に午前中に走っている「三保羽衣ライン ちゃり三保号Ⅱ」に乗れれば200円で人も自転車も三保から江尻(清水駅方面)、日の出(エスパルスドリームプラザ方面)まで行けたのですが、時間の関係で水上バス通常料金の400円かかることがわかりました。詳しい内容については以下のリンク先をご覧ください。

http://www.dream-ferry.co.jp/waterbus/enjoy/index.html

とりあえず私は清水港線跡の自転車道に戻り、旧三保駅の広場にやってきました。津波避難用の施設が完備されていますが、駅の施設があるところは草が生い茂り、まるで時が止まったようです。ここでは駅のホームが残っています。

さらに、正面にはディーゼル機関車が展示されていますが傷みが激しいのが気になりました。貨物船としてこの先の工場まで線路が引かれてあったようでした。ここからは自転車道はありませんが、観光案内所でもらったマップを参考にしてさらに三保の先端を目指すことにしました。(つづく)