カテゴリー別アーカイブ: 車中泊実践編

目的地を港にすることで得られる普段味わえない出来事

これから、このカテゴリーでは今まで自分が出掛けた先で車中泊というシチュエーションに合いそうな感じの場所であったり、実際に車中泊の旅をしていて気付いた事などを紹介していく予定です。まず最初は、旅人の行きかう所へ行って、その旅気分だけでも味わってしまおうという目論見の元で出掛けたくなるターミナルの一つ、港についてです。

ターミナルといえは駅や空港などが思い浮かびますが、鉄道の一大ターミナルになるとまずは駐車場代も高いですし、行きかう人も旅をするというよりビジネスの出張という人がほとんどなら興ざめしてしまいます(^^;)。以前なら夜中に大きな駅へ行きつつ、長距離を走る寝台列車とそこにある旅人の様子などを感じるのも良かったのですが、今では寝台列車自体が廃止となるケースが多く、駅も夜中には閉鎖される事が多くなり、風情も何もあったものではありません。

空港についても、私の住んでいる静岡県には地方空港としては後発の富士山静岡空港があるのですが、最近は中国からの観光客をいかに誘致するかという事に運営会社がやっきになっているようで、車は無料で置ける駐車場があって出掛けるにはいいのですが、空港や飛行機を見に行くために出掛けるという事までは最近はしていません。

そんな中、先日たまたまテレビのニュースで、大型客船の「クリスタル・セレニティ」が静岡県の清水港に入っていて、その日の午後9時に出港し、その際に花火を上げてお見送りするということだったので、夕食を食べ終えグダグダテレビを見ながら一日が終わってしまうのも何だと思って出掛けて来ました。

清水港のターミナルは普段は清水から西伊豆の土肥まで定期便のフェリーが運行しているのですが、出港の一時間前くらいに着いたところ、手前にあるビルよりも高い客船が停泊しているのが見えました。

連水港1

すでにお見送りのイベントは始まっていて、地元の人の踊りや吹奏楽の演奏、シャボン玉を使ったパフォーマンスもあり、ちょっとした出店も出ていたりしてなかなかの盛況でした。改めてその客船の大きさのものすごさに圧倒されているうちにも出港の時間が迫ります。

清水港2

船が岸壁を離れたとともに小じんまりとした中にも花火が上がり、その音に気付いたからでしょうか客室で休んでいたと思われる乗船客が私たちの方まで出てきて手を振ってくれています。吹奏楽の演奏が続く中、こちらもその音に合わせるようにして手を振り、港を離れゆく大型客船を見送ったのですが、別に自分が旅に出ているわけではないのに、何かもの悲しい気分になったりしてしまうのですね。

私自身、仕事の関係もあって週末に少し泊り掛けで出掛けることはできても、少なくとも一週間以上か、それ以上の時間を船の上で過ごすような旅に出ることすら今まで想像できていませんでした。しかし、こうして大型客船が目の前にあり、誰かもわからない人を見送る行為の中で、こんな旅もいずれはしてみたいなという想いもこみ上げてきました。

今回紹介したのは単なる港での見送りだけなのですが、清水港のフェリー乗り場からすぐには商業施設や映画館が併設している「エスパルスドリームプラザ」があり、さらに生きのいい魚を食べさせてくれる市場と食堂「河岸の市」もあります。さらに今回車を停めた県営の駐車場「清水マリンパーキング」は、0時から24時までの駐車料金の上限が300円なので、日をまたいで駐車し続けると割高になりますが、車中泊の場所は別に決めた中で夜中まで十分に清水港を満喫できるようになっています。

海のない所にお住まいの方が、こうした大型客船の発着する港へ行けば、さらなる未知の体験ができるかも知れません。お近くの港についてはホームページでイベント情報や駐車場情報などを仕入れて出掛ければ、かなり楽しめるでしょう。目的地にする港のイベントや大型客船の就航情報についても、興味がありましたらそれぞれの港のホームページを調べてみて下さい。


流星群を見よう!!

11月ももうすぐ終わりですが、下旬ごろとあるネットショップで1000グラムの羽毛が入ったダンロップのダウンシュラフが1万円弱で在庫処分されていると言う情報を聞きました。購入しようかどうしようかちょっと迷った結果、今あるものを重ねて利用すれば車の中なら大丈夫だろうと言うことで購入までには至りませんでしたが、在庫もなくなり手に入らないことがわかったら後悔の念が出てきてしまいました(^^;)。とりあえず同じショップの楽天モールで注文可能だったので注文をかけましたが、まず手に入る望みが薄いのが悲しいですね(;_;)。

件のシュラフには安いなりの理由があるのですが、マイナス20度まで対応するダウンシュラフということは、極寒の野外でもシュラフカバーを付ければある程度の時間耐えることは可能でしょう。となると、今回紹介する流星群の観測には実におあつらえむきではないかと思います。

車中泊の旅と流星観測というのは、実に合理的なやり方だと思います。流星は夜しか飛びませんし、観測が深夜に及ぶこともしばしばです。ある程度の観測をした後、すぐハンドルを握って帰宅するよりも、その場に留まり十分な休息を取り、日が出てから動き出す方が安全です。

これからの季節ですと、12月上旬から中旬ごろにかけて、ふたご座あたりから流れ星が飛ぶ「ふたご座流星群」が全国で見られます。年によって出現数は変わるものの、街灯など街の明かりの影響のない場所まで移動すれば、1分間に1個以上見られることが期待できます。出現数が多いものの中で他に有名なのは8月の「ペルセウス座流星群」がありますが、夏よりも冬のほうが天候が安定し、空気が澄んでいるので多くの流星を確認しやすくなります。

流星は放射状に四方八方に飛びますので、確実に多くの流星を見るのには、地面に寝ながら見るのが一番です。立ったままだと首を痛めてしまう危険性がありますので、長時間観測される場合には十分な準備をして観測したいものです。

観測といっても、空が開けた場所まで車で行き、適当な場所に寝る場所を確保するだけです。ただ、これからの時期、晴れて観測に好条件な気候になればなるほど冷え込んできますのでちゃんとした準備が不可欠です。地面にそのまま寝ると、冷気をそのまま受けてしまいますので、マット類を必ずひき、用意できるなら冬用のシュラフに入ります。長時間観測をする場合は夜露がシュラフに付かないようにシュラフカバーを用意した方が無難です。

ここまで書けばおわかりと思いますが、今回逃した冬用シュラフがあれば、ある程度着込んで中に入れば、冬の野外の観測でもそれなりに快適に過ごせたのですね(^^;)。車中泊の旅をしながら流星群の観測をしたいという方もおられるかも知れませんが、冬用のシュラフが用意できない場合、汚れてもいいような毛布を重ね着をした上に巻きながらカイロと併用することで寒さに対応するなど、もう一工夫が必要になってくるかも知れません。しかし、そうして苦労して見る星空や流星の姿は素晴らしいと思いますので、流星が一番よく飛ぶと予想される極大日(新聞やニュースなどで確認してみてください)に時間が取れる方は出掛けてみられてはいかがでしょうか。ただし、地域によっては目的地の周辺道路が凍結する可能性もありますので、車の足回りの準備もお忘れなく。


コンビニの利用の仕方について考える

車中泊の際の食生活はどうしても偏りがちになってしまいます。普段はそれほどでなくても、観光地へ行って名物があると食べたくなってしまうというのは仕方のないことなのかも知れません。肉や魚、炭水化物が中心の食事になると、どうしても野菜が不足してしまうのですが、個人的には繊維質のあるものをどうしても欲してしまいます。

サプリメントも日常的に使っていないので、そうしたものを便利に使っている方にとっては深く考えなくてもいいのかも知れませんが、できれば野菜を多く摂る事で、旅行中の体調管理につなげたいと思っています。

さしあたって保存のきく野菜成分ということで、各社から出ている野菜ジュースをある程度ストックしていますが、加工されたものだけに塩分が心配であったりもするので、野菜そのものを摂るための工夫が必要になってきます。最近ではスーパーでも、洗わずにそのまま食べられる野菜が袋入りで売られていますので、そうしたものをクーラーボックスに補給するのが一番よさそうですが、高速道路に乗ったままの移動ではそうした方法もなかなか取れません。サービスエリアの食堂を利用し、野菜が主体のメニューが食べられない場合、頼りになるのがコンビニにおいてあるサラダです。

写真のものは近所にたまたまあったローソンのものですが、コンビニ各社では105円という価格設定でサラダを置いてあるところが増えてきました。量的にはかなり少ないので、十分とは言えないまでも、それほどの金銭的負担がなく気軽に野菜が摂れるようになったのはいい傾向だと思います。ちなみに、旅先ではパッケージは店頭で処分できるよう食べる前にタッパーなどに移すことでゴミの増量を抑えることができます。

車での旅におけるコンビニの使い方というのは、冷蔵庫代わりに使える反面、全てをコンビニでまかなおうとすると結構高くついてしまう感じがします。全てをコンビニに頼らず、いざという時の利用のほか、今回紹介したサラダや、同じように小分けされて安価に販売している薬品類など、スーパーでは買えないものを見付けて買うのが面白いですね。先日紹介した無印良品のミニラーメンも系列のコンビニで売っていますし、タッチパネル式の情報端末を利用し、入場券や乗車券などの入手、クーポンの受取りなど、観光地をめぐるような場合はいろいろと役に立つでしょう。普段コンビニで買い物をする習慣がない方でも、旅先でのコンビニ攻略について傾向と対策を練っておけば、いざという時の頼りになるでしょう。