キングジム ポータブックXMC10 その1 約2万円なら買う価値があるか?

昔から使っているメールアドレスで多くのショップ系のメールマガジンを登録していて、そのために日々膨大なメールの処理をしなければならないのですが、その中に何と発売当初9万円弱、ちょっと前までは6万円以上していたキングジムのポータブックXMC10が税抜価格ながら19,800円で販売されているのを知り、更にネットで調べると同様の価格で複数の店舗で叩き売りされているのを知りました。

今後もう少し下がるかも知れませんが、現状のポメラDM200がその倍以上の値段で売られていて、前機種のDM100でも最安価格が2万円弱ということを考えると、小さくて持ち運びできるWindows10の乗ったポータブックはお買い得のように思えますが、本当にそうなのでしょうか。

私が発売当初すぐポータブックを購入しなかったのは、6万以上かけてWindows10の入ったノートパソコンであるポータブックを買うなら、2万から3万円で10インチ程度の使いやすいノートパソコンを買った方がいいと思ったからです。実際私はモバイル用途のノートパソコンを探す中でacerのCloudbookと呼ばれる10インチクラスのミニノートを2万円前後で購入しています。こういうノートパソコンはモバイル用途で使うのに問題はないのですが、一つ残念なのが電源が専用のACアダプタなので、アダプタが断線したような場合には高いお金を出してACアダプタを再び定価で買わないと製品自体の寿命がそこで終わってしまうという点です。

ポータブックの大きな特徴は、タブレットの中でもiPad miniと同じサイズのおよそ8インチ大の大きさながら、バタフライ型のキーボードを採用し、左右に大きく展開することでタッチタイプには十分な大きさのキーボードが使えるだけでなく、電源端子の形状がよくあるタイプのものではなく、一般的な5V2Aの電源用microUSBサイズで、ごく一般的に100円ショップでも売っているmicroUSBケーブルに汎用のACアダプターやモバイルバッテリーでも充電が可能という点です。ただしストレージが32GBしかないのはCloudbookと同じで、アプリケーションを多く入れて使えず、メインパソコンとして使うには無理のある端末だと言えます。

それでも、本体にUSB2.0、HDMI出力、VGA出力用のミニD-Sub15ピンの各端子を備えていて、本体のみで充電しながらUSB機器が使えるというのはWindowsタブレットにはできない事です。またHDMIケーブル一本用意していれば旅先のホテルのテレビに接続してテレビ画面を見ながら操作することも可能になります。当然キーボードのギミックは動く分壊れやすいわけですが、これは使う人の使用頻度にもよります。私自身はこれだけ小さいモバイルマシンが活躍するのは旅行で荷物を増やしたくない時に限定されると思うので、使う時だけキーボードを壊さないように気を付けて使うようにすれば長く便利に使えそうな気がします。
私の場合は、とにかく自由にカスタマイズできる日本語入力を使いたいという希望があるので、日本語入力について自由にセットできないDM200よりも、Windows10でOfficeが使え、自分の好きな日本語入力方法が使える(私の場合はWindows用のGoogle日本語入力が使えるのが大きかったのですが)ポータブックは買いだと思いすぐに注文を出してしまいました。2万円前後で購入できるものの材庫がなくなる前に注文できたのは本当にラッキーでした。

私のようにブログを書いたり、文字入力を中心にした作業を外でも行ないたいができるだけ大きなカバンと一緒に持ち歩きたくないという方には適したパソコンですが、そうした特殊性に魅力を感じない方が購入しても、価格分の利用もできないクセのあるハードだと思いますので、やみくもに購入することは個人的にはおすすめしません。

現在かなりの頻度で使っているCloudBookもポータブックと同じ32GBのフラッシュメモリとSDカードを常用しながら何とかやりくりしているので、同じように設定をこなせば、何とか私の用途ならこのポータブックも使いこなせるのではないかと思いました。基本的には本体にはほとんどデータを置かず、クラウド上にほぼすべてのデータを置いて使うというやり方です。また、文章入力に使うだけならネットに接続しなくても十分です。重いワープロソフトでなく軽いテキストエディタを使ってのポメラのような使い方をする分においては、私にとってDM200より日本語入力のやりやすい、バランスの取れたテキスト入力マシンとして旅先で活躍してくれそうなハードにもなるかも知れません。

今後は、そうした私にとって理想的なモバイルツールとしてポータブックを仕上げるために、事前に用意するものや実際に使い出すまでの準備、さらに実際に旅先に持って行く場合に一緒に持って行くべきものなど、実際に使うことを前提としたレビューを書いていきたいと思っています。とりあえず自分で一応満足できるくらいにセッティングしていつ旅に出ても持って行って使いこなせるようになるまではレビューを続けたいと思っています。

※キングジムの出したモバイルパソコン「ポータブックXMC10」について書かせていただいた記事を以下にまとめさせていただきました。興味がある方はどうぞリンク先の記事もご参照下さい。

その1 約2万円なら買う価値があるか?
その2 購入前に用意したいもの
その3 回復ディスク作成とドライババックアップ
その4 本体Cドライブ容量減への対策
その5 OneDrive DropBoxをSDドライブに設定
その6 導入すべき最低限のソフト
その7 ポインティングデバイスについて
その8 旅行時に一緒に持って行きたいもの
その9 まとめと改めての評価


スポンサーリンク

コメントを残す