利用者側からの食中毒を避けるアプローチ

ここのところ私の住んでいるところは夜でも気温が下がらず、「食中毒警報」が出されているような状態です。テレビではお惣菜のポテトサラダや焼肉店での食中毒がニュースになっていますが全く他人事ではありません。今週末に夏休みの最後のお出掛けを考えている方もいるかも知れませんので、ここでレジャーなどで外出される際、出先で食中毒に自分の対策の甘さからなってしまわないように、心掛けたいことを簡単にまとめてみたいと思います。

まずは、食中毒のO-157菌というのは下痢を起こした人から出てきたものが移ってしまうということで、公衆トイレで菌をもらわないような注意が必要です。というのも、個室トイレのドアや便器、さらにトイレ内の洗面所などに、もしかしたら菌を持っている人が触ったことで菌が付いている場合があるので、もしその菌が付いているところに触ってしまった場合でも、手から落とすための「手洗い」が大切になってきます。

この時期は特に、トイレを済ませて出る前に手を洗う場合、水だけでざっと洗うのではなくシャボネットのような液体の石けんを十分に付け、手の表裏および爪の間や指の間、さらに手首まで、しっかり洗って菌を洗い流す入念な手洗いを家族間で実行しましょう。詳しい手洗いのやり方については、以下のようなサイトが参考になります。厚生労働省が世間に出している印刷可能なPDFファイルになりますので、印刷してその内容を家族で十分に共有しておくだけでも食中毒対策に関する意識は高まるでしょう。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000090171.pdf

次に、今回ニュースになっている手作り惣菜やお弁当についてですが、車で旅行する中でありがちになるのが、すぐ食べるからと買ったおかずやお弁当をポリ袋に入れたまま車内の温度が上がる所に置くことで、菌が増殖してしまう可能性が出てくることです。車でそうしたものを運ぶ際には、購入した所でもらえる氷や保冷剤を入れたクーラーボックスに入れて運び、できるだけ早く食べることを心がけることです。さらに食事の前には念入りに手洗いをすることを忘れないで下さい。

また、食品を車の中で常温にしたまま放置する事の危険性が指摘されているのがペットボトルです。人の口の中には常に菌がいるので、一度口を付けたペットボトルを温度が上がる車内のドリンクホルダーに入れたままにしておくと菌が繁殖しますので、できれば時間を置かずに全て飲むか余ったら捨てるなどの処理が必要な場合も出てくるでしょう。あまりに長時間、中味の入ったペットボトルを放置した場合、ペットボトルが破裂するというケースもあると、雑誌の女性セブンで報じられていたという話もあるほどです。コンビニなどで飲み物を購入して、いったん開封したものを飲み忘れてしまった場合は、もったいないですが安全のために廃棄することも必要です。

さらに食事の中でも焼肉店で食事をするとか、野外でバーベキューをする場合、肉の表面に付いていたり、中にいる菌をさわったり差したりした箸をそのまま使って肉を食べてしまうことで食中毒になってしまうケースがあります。

生食で食べられる肉というのも確かにあります。私の住む静岡県のレストランで牛肉100%のハンバーグを食べさせてくれることで有名な「炭焼きレストランさわやか」がありますが、ここのお肉は工場から出荷してすぐに調理すれば菌が繁殖しないようにきちんと管理されているために、中がレアの状態でも食中毒を起こさないようになっています。県外から食べに来る人も多く、なぜ首都圏に進出しないのかという疑問を持つ方も多いと思いますが、一番の理由は自社工場からハンバーグ用の肉を運ぶ際に、食中毒が出る恐れのない距離が静岡県の店舗のみということなのです。それくらいシビアな問題であることをこの例からも理解していただけるのではないかと思います。

スーパーや普通の焼肉店で用意されている肉というのは、基本的によく焼くことで問題なく食べられるものの、生の状態では表面や中に食中毒を引き起こす菌が付いているということをまずは理解した上で調理することが必要になります。ですから、肉を焼くために生の肉を取って鉄板にのせるための取り箸と実際に焼けた肉を食べる時の自分のお箸とは明確に分けることが必要になるのです。

一番わかりやすいのは、肉を取って焼くのには箸は使わずにトングにし、箸は焼けた肉を食べる時だけにするということです。キャンプ用に焼肉用のセットを車に積んで持って行く荷物の中には、ぜひお肉を扱うためのトングを一つ用意して持って行くことが大切になります。100円ショップでも売っているものですので、バーベキューの道具の中にトングがなかった場合には目的地へ行く途中に買い求めてもいいかも知れませんね。

とにかくこの時期、外へ出た時には公共のスペースで過ごすことも増えると思いますので、思わぬところに食中毒を引き起こす菌が付いていることを考えるべきだと思います。トイレから出る時や食事の前には必ず手洗いをし、自分で焼く肉はしっかり焼くことはもちろん、直接口に入れる箸やスプーンでは生の肉を触らない。これらのことを守るだけでも食中毒になる危険性を減らすことができるので、旅先ではぜひ実践してみてください。


スポンサーリンク

コメントを残す