電話営業の言葉にすぐに乗らないために

最近は光インターネットの勧誘電話もかかってくることはなくなったのですが、昨日久し振りにその手の勧誘電話がかかってきました。ただ、インターネット関連の勧誘ではありません。その電話はこういった話から始まりました。

「白熱灯の生産終了についてお話したいことがあるのですが……」

政府の方針として、家庭内の照明をLEDに変えさせたい思惑があり、白熱灯の生産が終わるという話は聞いていたのですが、要は今白熱灯や蛍光灯を使っている家庭や事業所に向けてLEDタイプの照明に変えてくれという勧誘の電話でした。

確かに私自身も電池で使えるライト類についてはLEDを主に使っていますが、白熱灯はともかく蛍光灯はまだまだ使えるはずで、性急にLED照明にしなくてもいいのではないかと思います。というか、もし家庭内の照明をLEDに変えたいと思っていても、縁もゆかりもない電話だけ掛けてきた業者から高値で買うよりも、まだ我慢して今使っている蛍光灯そのまま使うという選択もありでしょう。

また、どうしても早くLED照明を使いたい場合は、照明器具を安く売っているところを自分で探して(家電量販店で相談するのが良くわからない人にとっては安心です)お店かネット通販で買う方が納得の上で購入できます。

しかし、何の知識もなく、政府の方針で白熱灯が無くなると言われて、ついその話に乗って一気に高価なLED照明一式を付けさせられる人たちは今後かなり多く出てくるのではないと危惧するところもあります。このあたりは光インターネット勧誘と同じで、私がこれを書いている2016年でもまだメタル回線(昔からの電話回線のこと)を使っているのに、かなり前からメタル回線を使ったインターネットのADSLはもうすぐ使えなくなりますと言うセールストークで勧誘していた電話とかぶるものがあります。

せめてここを読んでいる方だけでも、同様の電話を受けた際には相手のペースにはまらずに、電話勧誘をきっぱり断わることができるよう、家庭の照明について調べたり考えてみるのもいいのではないでしょうか。

また、諸悪の根源のように言われる白熱灯についても、実は役立つこともあるのだということも確かです。エネルギー効率が悪いということは逆に言うと、光だけでなく熱も発生させるものであるのですが、この熱が明かりだけでなくじわっと暖かくなる程度ですが手を暖めるくらいには使えます。以前のエントリーで紹介しましたが、雪国の信号にLED信号を導入したところ、別に積もった雪を溶かす装置が必要になるディメリットが指摘されています。白熱灯の信号は別にヒーターを付けなくても、積もった雪を溶かすだけの熱を発生させていて冬でもその分のメンテナンスをしなくても良かったというのは、効率が良く熱を出さないLEDが出て改めてわかったことでした。

このように、新しいものが全て良くて古いものは全てダメであるかのように言うことは、セールストークの中ではあるものの、その価値感をそのまま私たちの生活の中で共有すべきかということになるとまた違ってくることもあります。何事も即決せず、自分なりに調べてみることが、今後新しい材料を使って勧誘電話を掛けてくる相手にどう対応するかのカギになるでしょう。


カテゴリー: ノンジャンルコラム | 投稿日: | 投稿者:

てら について

主に普通の車(現在はホンダフィット)で、車中泊をしながら気ままな旅をするのが好きで、車中泊のブログを開設しました。車で出掛ける中で、モバイルのインターネット通信や防災用としても使える様々なグッズがたまってきたので、そうしたノウハウを公開しながら、自分への備忘録がわりにブログを書いています。

スポンサーリンク

2 thoughts on “電話営業の言葉にすぐに乗らないために

  1. けいたいまにあ

    雪のLED信号機の件で、以前にどこかの掲示板で話題になっていたのですが、
    LEDの基盤自体は発熱しているので現在の信号機の形状がよくないという話もみかけました
    つい最近、近所の信号機が平べったいLEDに代わっていたのを見かけたのですが、
    このエントリーをみて、検索してみるとやはり雪対策みたいでした
    led 信号機 雪 で検索したらでました
    http://denzo.sakura.ne.jp/archives/2014/1217_001012.htm
    中途半端に以前のものを利用しようとしてけちって弊害がおこるという話ですね
    もともとは、電球の電気代よりも交換費用を削減したいという話からでたみたいですが・・・・
    あと、LED信号機の問題で、ドライブレコーダーで撮影した時にLEDの周期とビデオの周期の
    タイミングで信号の色がうつないというのもありましたね
    何事も仕様を作成してちゃんと検討することが必要ですね

  2. てら

    LED信号機の雪の問題が出たのは昨年あたりのことだったので、今年あたりは対策されてはいると思うのですが、全てLEDが優れているという事でもないというのは新鮮な発見でした。
    一時期、スマホが発熱して長時間使えないという問題のあったスマホを使っていたことがありますが(^^;)、冬の寒い日にはカイロ代わりになりました。スマホでそんな使い方をするのはいやですが、モバイルバッテリーあたりで、安全面の問題がクリアされるという前提で、いざという時にカイロとしても使えるようなものが出てくれば冬の旅のお伴の一つになるかも知れませんね。

コメントを残す