「プレミアムフライデー」2017年2月から実施されると?

月末の金曜日、可能ならば午後3時で仕事を終わらせることで金曜の夕方から休む社会を作ろうと、政府主導で「プレミアムフライデー」構想が実施される運びになったとのニュースがありました。恐らく2017年2月24日に第一回のプレミアムフライデーの実施がなされ、午後3時で業務が終了する企業が出てくるだろうと思います。

果たしてこんな風に早く仕事を終わられることができるのかという疑問が湧くとは思いますが、昔は土曜日でも半日は働いていたところが一日休みになったように、月一回だけの限定なら大手企業を中心に普通にやっていくことも不可能ではないように思います。政府や経団連ではこうした仕事から離れる時間を増やすことで消費の増加をという目論見もあるようですが、お金を使わずに過ごす時間というのも工夫仕第で作ることができますし、プレミアムフライデーが実施されたら、その時間をどのように有効に使うかということは利用する側でも考えておくことが必要だと思います。

このプレミアムフライデー実施により伸びが期待されるのが旅行業界だという報道が一部あります。普通なら金曜日の深夜から土曜日の朝にかけて出発していたのが、うまくいけば月に一回金曜日の夕方に出発できる環境が整ったということにより、より遠くへ行くもよし、飛行機を使えばその日の夕食を旅行先で食べるような日程を組めるようになることで、行動計画も立てやすくなりました。これは、車中泊の旅についても同様の事が言えるでしょう。

今までは家族旅行でも仕事をやっているお父さんお母さんが帰ってきて仕度をしてということになると出発時間がどうしても遅くなりがちでしたが、もしプレミアムフライデーに早く帰って来られるなら、子供の帰ってくるのを待ってすぐ出発することもできるようになるでしょう。全ての日程で車中泊をするのではなしに、金曜日にどこかで夕食を取りつつできるだけ遠くまで行き金曜日に車中泊し、土曜日は早朝から遊べる施設に行くような日程にし、一日遊んだところで土曜日は家族で楽しめる宿に宿泊して日曜日にはゆっくりと帰るというような形なら、一人お父さんが運転するような事でも無理をせずに全ての行程を終えられるのではないでしょうか。

一人で体力に自信のある人が出掛けられるなら、かなり遠くまで出掛けられると思うのですが、スタートが早くなる分、高速道路を利用する場合には金曜日の23時59分までに高速道路を出てしまうとETCの休日割引が使えなくなってしまうので注意が必要です。逆に言うと、夕方から深夜まで高速道路に乗り続けるような遠方へ行くか、途中のサービスエリアなどで仮眠を取るような日程でないと、せっかくのプレミアムフライデーのメリットを金銭的に受けられない事にもなるでしょう。

逆に言うと、多くの人をプレミアムフライデーで旅に行ってもらい、多くのお金を落とさせたいと考えている方がいるのなら、高速道路のサービスエリア駐車場の中で自家用車が仮眠を取ることを認める方向で施設を整備していただいた方が、金曜から土曜にかけて車で遠方へ出掛けようと思う人が増えるのでサービスエリアの売リ上増にも繋がるし、高速を降りた場所にある観光地にも人が多く訪れて活性化する可能性も出てくると思います。

また、こうした事に全く関係ないような自営業者についても、このような試みは有難いところもあると思われます。というのも、周りが誰も休んでいないのに自分だけ遊びに行くことに躊躇する人も少なくないと思うので、普通に社会の中でプレミアムフライデーが実施されるようになれば、その日には早く店を閉めてもいいかなと思って休みにして出掛ける人も出てくるのではないかと思います。ともあれ、ニュースになるだけのかけ声で大々的に行なうことが予定されているのですから、より多くの企業がこの動きに賛同し、本当に月末の金曜夕方から遊びに行ける環境が整うことを期待したいと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す