無制限より使える? 高速クーポン20GB以上のプラン

私が今でもだましだましメインで使っているモバイル通信のプランはワイヤレスゲートの「3Mbps使い放題プラン」ですが、データ通信専用で1,680円(税抜価格 以下同様)という安さだけが取り柄のプランだと言えます。

もっと使えるプランがあればすぐに乗り換えようとは思っているものの、最近になって無制限プラン以外のアプローチとして相当使いでのある高速クーポンを増やしたプランを安く提供するようなプランが出てきました。それがU-mobileの「U-mobile MAX 25GB」です。

こちらの料金はデータ通信専用で月額2,380円とワイヤレスゲートと比べると少し高いですが、無制限プランでよくある大量のデータのやり取りをしていると規制がかかるのでなく、あくまで高速クーポンを使い切るまでは規制がないようにも読めます。ちなみにこのプランで使う回線は無制限プランのプラチナムで利用されるIIJmio回線ではありません。

今回出てきた「U-mobile MAX 25GB」で、月間25GBまではほぼフルスピードが出るならかなり魅力的なプランと言えるかも知れませんが、こればかりは10月からのサービス開始以降の人柱待ちというところがあるのかも知れません。

ノートパソコンを使いながら長期旅行をし、外出先からWindowsの更新を頻繁に行なうような用途には適しているのではないかと思います。今の無制限と言われるLTE通信のプランではそもそもダウンロードのスピードが抑えられていたり、3日間のデータ通信料によって制限がかかるケースもあると聞きます。そうした状態の中で更新用ファイルを途中までダウンロードして止まってしまったら、満足にOSの更新ができなくなってしまうでしょう。自宅に帰って更新ができる環境ではない場合には、このU-mobileのプランは注目に値するのは間違いなさそうです。

私の場合はとりあえず更新が必要になったら自宅で更新をすればいいですし、モバイルルーターやスマホでのテザリングはBluetooth経由を利用しているので、3Mbps以上のスピードが出ていても、Bluetooth通信の上限が最大3Mbpsで頭打ちなのでテザリングの方法を変えないと折角の高速通信を利用できなくなってしまいます。Wi-Fiテザリングで長時間使っていると電池の消耗が気になりますし、本音としては最大1Mbpsでもいいので、いわゆる中速で安定してYouTubeが見られるプランが出てくればいいのにと思います。

ただ、月に25GBまで使わないような使い方をしているなら、たとえBluetooth経由で高速のインターネットを使えなくても使ってみる価値はあるかも知れません。有線回線の代替として使えるかどうかという点については微妙ではありますが、毎日使う場合、平均で一日に約800MBまで高速で使えるというのは普通の使い方であればまず高速クーポンを使い切ることはないでしょう。

今回紹介した「U-mobile MAX 25GB」が出てきたもう一つの背景には、携帯大手3社がまたしても横並びで出してきた、個人用の大容量データプランの存在があると思います。ソフトバンクの「ギガモンスター」、auの「スーパーデジラ」、ドコモの「ウルトラパック」の料金はデータ分だけになりますが(これに通話定額のプランを付ける事が必要)、20GB 6,000円 30GB 8,000円でサービスを開始すると発表した事への対抗プランのような気もします。

U-mobileの方はデータ通信プランだけの契約もできますので、通話は携帯大手のガラケー用定額(2,200円)とU-mobileのデータプランを契約しても、携帯大手のデータ部分の料金より安く通話は24時間データもほぼ満足できるだけ使えて5千円を切る価格で維持できます。まだU-mobileのサービスが始まっていないのでデータ通信の品質が大手と比べて劣る可能性はありますが、この大手と比べるととんでもなく安く使えるプランに興味がある方は、少し移行するのを待ってネット上の口コミなどでU-mobileの評判と実行速度を調べてからでも決して遅くはないでしょう。


スポンサーリンク

コメントを残す