フィットのプラグ交換

先日紹介したアクセルをふかすとガクンガクンとなることのある不具合に不安を感じ、みてもらうことにした私の車の修理ですが、案の上というか修理屋さんのところでは再現しなかったそうです。とりあえず走後距離が10万キロを超えた頃だったということで、何の不具合が出ていなくてもプラグ交換をする事は今後も乗るならやっておいてもいいとのこと。こちらもそれで直るならと思ってプラグ交換をお願いすることにしました。

プラグは普通の車では4本ですが、私のGD1フィットには8本もあることがわかりました(^^;)。とりあえず、中に入っているものと同じプラグを8本換えてみるということになり、交換した車が昨日戻ってきました。

BKR6E-11

取り外したプラグは交換したプラグの箱に入れて持ってきてくれたのですが、型番からノット検索すると高いプラグでないノーマルのプラグであることにまずはほっとしました。支払いの請求はまだなので下手をするとコイルも交換して7万から8万くらいの出費も覚悟してはいましたが、とりあえずとは言えそこまでの出費は発生しなさそうです。

今後この状態で乗ってみて、同じような事が起きるならその時はコイルを見てくれることになったので、願わくば、このままこのトラブルが収まるように願いたいものです。ただ、こうした不具合を除けばエンジンも調子がいいですし燃費も十分満足が行くものです。次回の車検まで問題が出なければ、そのまま車検を通してもう2年は十分乗れると思うのですが、キャンピングカーでもバンでもない車で車中泊できる車としてはフィットはすこぶる具合が良く、さらに車中泊していても実にその場に溶け込んで目立たないので、できることならもうしばらく乗っていたいと思うのですが、今後何事もないように祈ります。


スポンサーリンク

コメントを残す