キャンピングカーショーの展示車 その3 ポップアップルーフかルーフテントか

現地で様々なキャンピングカーを見ていて目立ったのが、天井が開いて上が就寝スペースになる「ポップアップルーフ」を持った改造車が多くあったということです。これは、普通の駐車場で使う場合にはかなり目立つので人によっては好みが分かれるかも知れませんが、屋根の上にテントを張るような形になり、さらに布の部分がメッシュになっているものが多く、夏の暑さを凌ぐために駐車位置を工夫すれば風がテントを抜けていくようにできるわけで、車の中で寝るよりも快適です。

さらに、セカンドバッテリーを搭載し、電源を外部から取ることのできる車なら電源を自由に使えるオートキャンプ場に入れば、移動中に消費したバッテリーの充電だけでなく車内に入れた電化製品をバッテリーの残量を気にしないで利用することができます。まさに動くホテルとしての機能も持ち合わせるというわけです。

こうしたポップアップルーフは専用のキャンピングカーでも付けられているものがありますが、これまで紹介してきた軽ワゴンタイプやハイエースの改造車にも付けられていることが多く、ぱっと見は普通の車でもポップアップルーフを上げるだけで全く違う車に変身するという、ギミック好きの方からしても興味ある内容だろうと思います。

そんな中、ちょっと変わったものとして、ワゴンRをベースに作られたスズキのハスラーにポップアップルーフだけでなく、ルーフ部分に太陽電池を仕込んだキャンピング仕様車を見付けました。さらにオプションとして窓枠に仕込む換気ファンも展示車には付いていて、ちょっと暑いと思えるようなくらいの日なら車内で寝る場合でも何とか過ごせるような快適性が見込まれます。ハスラーは先日紹介したNbox+のように室内に就寝スペースを作ると運転席まで使ってしまうのですぐに車を動かすことができないという問題がありますが、これなら一人で使う場合はあえて車内をフラットにはしないことで、駐車場内をゆっくり移動するくらいならできそうです。

ただ、便利なポップアップルーフにも問題はあります。これは開閉式のサンルーフのある車に乗った方ならおわかりでしょうが、車内からポップアップルーフでできた空間に移動できるような車の場合、車体がひずんだり経年によるパッキンの劣化により雨漏りの可能性を拭い去ることができないというところは考えなければならないでしょう。そして、こうした車はどちらにしても高い買い物ですから、買い替えの時期にこの便利な機能を持つ車に買い替えるかどうするか、便利な機能なだけに考えてしまうところもあるでしょう。そんな不安を解消し、車を乗り換えても引き続いて使えるものということで展示されていたのがルーフテントを装着した車でした。

スペーシアとルーフテント

会場内にあったのは日産エクストレイルとスズキスペーシアの上に乗ったルーフテントですが、入る時に外に掛けたハシゴを使うのは大変かも知れませんが、こちらの方も場所を選ばずに寝たい時にテントをセットして中でぐっすり寝ることができる居住性を持っています。

X-TRAIL ルーフテント

その中でエクストレイルに載せていたルーフテントは手動だけでなく電動で動くデモンストレーションを行なっていましたが、これなら設営する手間も省けていい感じです。リモコンの他にスマホをリモコン代わりに使えるものも今では出てきているそうです。そうなるとリモコンを無くす心配もないということで、興味を引かれる方も多いでしょう。

ルーフテント最大のメリットとしては、新たにキャンピング仕様車を購入しなくてもルーフテントだけ購入すれば車中泊やオートキャンプができるようになり、車内については別に車中泊がしにくくても関係がないということですね。ルーフテントを載せることで重くなり走りや燃費にも影響はあると思いますが、トレーラーを引くより簡単に居住空間を自分の車に増やせるというのは、車を買い替えてもルーフテントを付け替えることで前の車と同じように車中泊の旅に出掛けられるということがメリットでしょう。

こうしてみるとどちらのタイプにするか迷ってしまう方もいるかも知れませんが、車内と一体化していて行き来ができるポップアッフルーフ、一度車外へ出ないと出入りができないルーフテント、さらに自分で車を選べるルーフテント、最初から乗る車が決まってしまうポップアップルーフということもあります。どちらがいいかというのは一概には言えませんが、どちらも大雨や台風など思わぬ天候の急変には撤収しないといけません。そんな事も考えながら自分はどちらのパターンに合うか考えるといいでしょう。

※2016年に行なわれた「キャンピングカーショー」について書かせていただいた記事を以下にまとめさせていただきました。興味がある方はどうぞリンク先の記事もご参照下さい。

その1 外観を変えない軽ワゴンタイプ
その2 王道のハイエース
その3 ポップアップルーフかルーフテントか
その4 大型キャンピングカーとトレーラー


スポンサーリンク

コメントを残す