amazon primeday 購入までの顛末

インターネット上だけの店舗のセールをテレビコマーシャルで告知するようになる中で、楽天スーパーセールのコマーシャルは無料の会員登録だけで利用できる分、お目あての品物が買える可能性は少なくなるものの広く一般の方について告知して利用してもらうという目的は達しているような感じを受けますが、今回紹介する「amazon primeday」というのは、インターネットをやらない方だけでなく、インターネットを使っている人にとってもこれは何だと思ってしまうものだったかも知れません。

このamazonのセールは誰でも参加することはできず、amazonのプライム会員になる必要があり、プライム会員になるには30日間の無料お試し期間はあるものの、年会費3,800円がかかる、ある意味コストコ会員用のセールに近い気もします。

私自身は以前からamazonのプライム会員だったので、1日だけのセールで何かを買おうと事前にいろいろ調べてある程度の内容を把握し、時間をずらして開催されるセールの動向を見ていたのですが、やはり人気が高そうなものはあっという間に売り切れになってしまっているのをただただ見ていました。

ただ、気になったことは、セールでディスカウントされているものであっても、通常時との価格差がそれほどないものがあるのにも関わらず、そんなものでも一瞬でカートに全部品物が入り購入もキャンセル待ちもできない状況になっているものも見受けられました。これは、とりあえず買うかどうか迷ってもとりあえずカートに入れ、タイムリミットまで購入するか悩んで放流するような人が少なからずいるのではないかと私には思われました。その推理は、少し時間を置いてから同じ品物の状況を見ると、いつの間にか在庫が復活していてカートに入れられる状態になっているものがあったことからもわかり、物によっては売り切れかと思っても諦めずに状況を見ていると買えるものも少なくないのではと思われました。

今回私がピックアップしたのは、男性用の腕時計で安価ではありますが品質も良い日本製の商品を出しているオリエント時計の製品でした。ポイントはベルト調整をしなくていい革バンドであるということと、普段使っていなくても使いたい時に動かすことのできる自動巻きであることが決め手となりました。

ただ、案の上といいますかタイムセール開始時間になったとたん売切れ状態になってしまっていて、キャンセル待ちもできない(キャンセル待ちしている人数も多いということか?)状態になってしまいました。ある意味それほど欲しくなければこの状態を見て諦める方がほとんどだと思いますが、しばらくページをそのままにして待っていたら、キャンセル待ちに登録できるようになったのでとにかくキャンセル待ちのまま、画面を常に意識しながら見ていました。

というのも、すでにカートに入れて購入ボタンを押せば終了という形にして迷っている人が購入をキャンセルすると購入用のボタンが現われ、そのボタンを最初に押すことができれば自分のカートに商品を入れられるのです。購入ボタンが出ただけで喜んでいると、その間に他の人にボタンを押されてしまいますので、そうなると購入することはできません。
幸か不幸かそうして出た購入ボタンを押したら私のカートの中に腕時計が入ったので、後はそのまま購入手続きまでやってしまい、何とか狙っていた商品をゲットすることができました。

もちろん、今回の私の場合は単にタイミングが合った運だけかも知れませんが、あきらめないで欲しいものについてはセール時間が終了するまで粘ることで購入できる可能性は残ります。当然事前の価格調査は必要ですが、単に安いからといって狙うというのではなく、普段なかなか値引きされていない商品を安く購入できる場としてこうしたセールを利用し、諦めずにトライしてみるのは無駄ではないと今回の経験をして改めて思いました。


カテゴリー: コラム, ノンジャンルコラム | 投稿日: | 投稿者:

てら について

主に普通の車(現在はホンダフィット)で、車中泊をしながら気ままな旅をするのが好きで、車中泊のブログを開設しました。車で出掛ける中で、モバイルのインターネット通信や防災用としても使える様々なグッズがたまってきたので、そうしたノウハウを公開しながら、自分への備忘録がわりにブログを書いています。

スポンサーリンク

コメントを残す