NTTドコモの新プラン「ahamo」はY!mobile潰し?

事前予想ではそれほど期待していなかったNTTドコモの新プランの概要が発表されました。ドコモ本体から出る新プランの「ahamo(アハモ)」は2021年3月から開始の事務手数料などが無料のプランで、街のドコモショップでの申込はできず、ネットでの申込専用プランにすることで、サブブランドを立ち上げずにUQモバイルやY!mobileのプランに対抗することができるという事なのでしょう。

事前にリークされたと思われる月間20GBで月額2,980円というプラン料金はそのままでしたが、今回の発表でさらにその細かな内容が明らかになりました。今回のプランはあくまでドコモのプランなので、残念ながら高速と低速のユーザーによる切り替えはなさそうです。月初から20GBを月のうちに使い切ってしまった場合には最高速度は従来の128kpsではなく最大1Mbpsになるそうです。プレスリリースでは翌月に余った高速通信の繰越ができるかどうかについては記載がありませんでした。この辺はY!mobileのデータ通信の仕組みと同じではないかと思われます。

さらに、公式発表で明らかになったのは月額2,980円の中に5分間までの音声通話料金が含まれているということです。さらにオプション料金1,000円/月を追加すると、通話が一部の番号をのぞいてかけ放題になります(税抜3,980円でデータ20GB・音声かけ放題)。これは、データも音声もそこそこ利用する人には、エリアの広いドコモのサービスでこの料金なので、普通に外で使うには十分なポテンシャルを持ったプランになっています。

今回のドコモの新プラン「ahamo」の発表で、一番影響を受けるのはソフトバンクのサブブランドであるY!mobileのプランではないかと思われます。一番の売れ筋は「ahamo」と同じように高速通信を使い切った後でも最大1Mbpsのスピードが出る「スマホベーシックプランM」ですが、かけ放題こそ10分まで定額なものの、データ通信は基本月10GB(キャンペーンで月13GBまで)で月額3,680円(税抜)と700円高くなってしまいます。

UQモバイルも同じようにかけ放題10分間を付けると同じ料金になりますが、こちらの方は最初からかけ放題はセットされず、ユーザーの方で高速と低速の切り替えができ、余った容量を繰越可能なので、通話をほとんどしない場合にはかえって有利になることもあるでしょう。

また、同様に料金面からターゲットにしたと思われる楽天モバイルとの比較については、エリアの事を除外すればスペック的には通話無制限と楽天エリアのデータ通信無制限(データを使い過ぎた場合の規制は有)の楽天モバイルの方が有利なのは変わりません。個人的にはオプション無しで使え、「ahamo」では別料金になっているSMS送信が「楽天Link」アプリを使えば追加料金を気にしないで使えるということを考えると、楽天モバイルにとって必要なのは、いかにして自前の楽天回線エリアを広げられるかどうかに、生き残っていく道がかかっているということになるかと思います。

恐らくこれでは、楽天は「ahamo」に対抗して値下げするということはないでしょうが、今後の注目点というのは、ドコモ以外の2社のサブブランドが今のプランに修正をするかどうかになってくるのではないかと思います。

このままだと、少なくともY!mobileでスマホベーシックプランMを契約している人は、一回の通話時間が5分でほぼ収まるという人なら、エリアが広くてしかも安い「ahamo」に乗り替える方が良くなってしまいます。さすがにこの状況では、Y!mobileはすぐにプラン内容及び月額の変更を出さざるを得ないのではないかと思われるのですが。

UQモバイルについても、今回のドコモの発表はかなり気になっていると思います。というか、もしUQモバイルが今の「スマホプランR」の料金(税抜2,980円)を変えず、データ通信料を20GBに増やし、さらに料金の中に通話の10分定額をオプションにしないでセットした場合、ここまで紹介した「ahamo」のプラン内容を上回るポテンシャルを持つことにはなります。UQやY!mobileは店頭での契約も可能なので、2021年3月の「ahamo」の利用開始までにはまだ時間がありますので、今からすぐ乗り換えると宣言しないで(^^;)、au・ソフトバンクのサブブランドの動きを見てから結論を出しても遅くないと思います。

ちなみに、現在私の通話専用(データ通信なし)のドコモケータイ契約は5分定額で月額1,200円(税抜・2年更新あり)ですが、これをこのまま残した場合、データ通信専用のFUJI Wi-FiのSIMプラン(デポコミコース・ソフトバンクエリア)20GBが月額1,600円(税抜)なので、合計しても月2,800円で、月の利用パケットが20GBで収まるなら、回線を2つに分けるという選択もあり、決してドコモ「ahamo」というプランが画期的なものではないということは理解した上で、今回の乗り換え計画を実行に移そうと思います。


カテゴリー: 通信サービス全般ニュース | 投稿日: | 投稿者:

てら について

主に普通の車(現在はホンダフィット)で、車中泊をしながら気ままな旅をするのが好きで、車中泊のブログを開設しました。車で出掛ける中で、モバイルのインターネット通信や防災用としても使える様々なグッズがたまってきたので、そうしたノウハウを公開しながら、自分への備忘録がわりにブログを書いています。

スポンサーリンク

3 thoughts on “NTTドコモの新プラン「ahamo」はY!mobile潰し?

  1. ケータイオタク

    まさかここまでとは思いませんでした。従来のプランは家族中心で単身の若い人にはメリットは少なかった。
    驚いたのは海外でのデータ通信が追加料金無しで可能だと言う事です。それも82か国。楽天の66か国よりも多い。
    海外では時差を考えると通話は使いにくいです。メールやLLineで用が足りる。非常用にLalaCalllのようなIP電話を登録しておけば対応出来るとも考えられる。

  2. ケータイオタク

    間違えて途中で送信してしまいました。すいません。続きがあります。
    ワイモバイルと楽天モバイルを潰しに来たと感じます。楽天モバイルにはデータ通信無制限がありますが、ギガホに対抗出来るかどうか。
    5Gギガホで無制限と言うキャンペーンでユーザーの動向調査のサンプルを収集している事でしょう。無制限は一部のユーザーの為に過剰負担を引き起こしかねないのでしないと思いますが、4Gギガホも100Gまでとして料金は現状維持となるのでは。
    ギガホライトは3G2,980円5G3,980円くらいに落ち着くのでは思います。ギガホ、ギガホライトには家族割と光割があるのでユーザーにとっては満足できる条件だと思います。
    海外での利用に関しては新プランと同様になるのでは。通常時でもイメージに比べて実際のコストはさほど発生しないと思います。
    12月中に発表されると言うギガホ、ギガホライトの動向次第で通信環境も考えないと。
    楽天モバイルを追い込み、楽天を窮地に追いやり楽天自体を傘下に置くまでNTTはやるかもしれませんね。

  3. てら 投稿作成者

    ケータイオタクさん コメントありがとうございました。

    今後のドコモの従来プランの改革がどういう感じになるかにもよりますが、下手をするとドコモ一強で推移するような未来も見えてしまった今回の発表でした。そして本文では新型コロナウィルス騒動のこともあってくわしく触れませんでしたが、今回のプランは「海外用レンタルWi-Fiサービス」をも駆逐するだけのインパクトがありますね。

    個人的にはドコモの「ギガホ」が5Gが普通に使えるようになった頃には光インターネットに代えても自宅で使えるような品質とデータ量をそれなりに安く提供してくれないかなという期待を持っています。しかし、今回のドコモの発表に対しての他の大手キャリアの対応が薄いですね(^^;)。

コメントを残す