UQ Wi-Fiプレミアムサービスについての覚書

ポストADSLの通信手段を考える中で、個人的には工事不要の無線インターネットを考えているのですが、その中でも第一候補なのがUQモバイルのWimax2+です。これは以外にも紹介した通り、3日間で利用データが10GBを超えなければ規制はかかりませんが、もし規制がかかったとしても1Mbpsという何とかYouTubeなどの動画が見られるくらいのスピードが確保されています。また、規制される時間が午後6時から翌日の午前2時頃までということなので、この規制パターンをうまく使って規制される時間に使わないような生活習慣にしてしまうという手があります。

データ量を多く使うのが主に動画を見る時だということで、動画を見るのは早朝にしてしまうという究極の手があります(^^;)。それには夜型の生活を朝型に変える必要がありますが、これだと学校や仕事に行く前に動画を見る時間は限られるので、ダラダラ延々と動画にハマってしまうこともなくなるのではないか? という感じもします。さらにそうした生活環境を車中泊の旅でもキープすれば、Wimax2+の利用できる所で車中泊をすることができれば、早朝に使いまくったとしても夕方に使うのは動画以外の用途に限定することで、ほぼ快適にネットが使えるようになるのではないかという気がします。

今回は色々調べる中で特に旅行中や外出中にもかなり使えるWi-FiサービスをUQモバイルがオプションで行なっていることがわかりました。それがWimax2+に加入していれば無料で使える「UQ Wi-Fiプレミアムサービス」という公衆無線LANサービスです。

こうしたモバイル通信契約者用のWi-Fiサービスは様々なところで行なわれていますが、「UQ Wi-Fiプレミアムサービス」の場合、落ち着いてパソコンやタブレットでWi-Fi接続できる「Wi2 300」を使うことができるだけではありません。通常のサービスでは月額料金の他に追加料金が必要なオプションのスポット(Wi2premium・Wi2premium_club)も無料で使えるようになるのです。
公衆無線LANではその安全性が問題になる事も少なくないですが、セキュリティのしっかりしたWi2premium_clubのアクセスポイントを無料で使えるのは大きいですね。最近ファミリーレストランで無料のWi-Fiスポットを利用することがあるのですが、安全性に不安があるだけでなく、利用規則によっては一回30分とか60分で強制切断されてしまうことがあるなど、外でWi-Fiを使う際には自宅で使うのとは違うストレスが溜まったりします。

実際に自分がよく使うところでWi2premium_clubのアクセスポイントがあるようなら、もはやモバイルルーターは家に置いたまま出掛けて外出先ではLTEおよびWi2premium_clubのアクセスポイントを使い分けることで、かなり外出先でのネット環境の快適度が上がるのではないかと思います。一部のカフェなどではパソコンを店内で使うためのコンセントが設置してある所も多くなってきているので、車からの充電だけでは心もとないという場合でも旅先でネットも充電も利用できる場所は貴重です。車を長い時間運転する中でやはり休憩は必要ですし、そうした場合の英気を養う場所としてもWi2 300の使えるスポットを把握しながら移動するようになれば、設置しているお店にも集客のメリットが有るわけですし、このサービスがADSL終了後にも続いていて欲しいと思いますね。

一つ気を付けたいのは、現在Wimax2+のサービスを行なっている会社は色々ありますが、今回紹介した「UQ Wi-Fiプレミアムサービス」は本家の「UQモバイル」で契約しないと無料では使えないか、Wi-Fiサービスそのものが使えない場合もあるということです。少しでも毎月の利用料金を安くするためには回線を借りて安く提供する会社で契約をした方がいいのではないかと思う方もいるとは思うのですが、やはりこの公衆無線LANサービスを使うメリットは旅をする人には大きいと思うので、次の回線を決めるための判断の一つとして活用していただければ幸いです。

UQ WiMAX


カテゴリー: モバイル関連コラム | 投稿日: | 投稿者:

てら について

主に普通の車(現在はホンダフィット)で、車中泊をしながら気ままな旅をするのが好きで、車中泊のブログを開設しました。車で出掛ける中で、モバイルのインターネット通信や防災用としても使える様々なグッズがたまってきたので、そうしたノウハウを公開しながら、自分への備忘録がわりにブログを書いています。

スポンサーリンク

2 thoughts on “UQ Wi-Fiプレミアムサービスについての覚書

  1. スズキ ヒロヒコ

    突然失礼します、いつも拝見させて頂いておりま。SoftBank回線を使ったレンタルSIMカードサービスは如何でしょうか?自分は固定回線無しで月間100G+αで2980円+税、最大20MbpsほどでYouTube動画 1080pも見れます。iPhone・iPadとPixel・SoftBank版AndroidをSIMフリー化端末ではテザリング不可、SBプラチナ回線Band8 900MHzに対応端末なら、田舎でも使えます。固定回線にWimax2+の中古ルータL01を購入して運用してます。レンタルSIM業者多数ありますが、私は「Mona Wi-Fi」を契約してます。「元気なおじい」「るるか」「里ちゅーん」さんで検証動画もあります。長文乱筆、大変失礼しました。

  2. てら 投稿作成者

    スズキ ヒロヒコ さん コメントありがとうございました。

    Wimax2+の場合、エリアの関係で使えるところと使えないところがありますので、当然ご紹介いただいたLTEでのデータ通信端末を使ってモバイルルーターによる固定運用というのも、今使いたい人にとってはWimax2+も魅力的な選択肢の一つになってくるだろうと思います。私の場合は、現在使っているADSL回線の代替ということで考えているので、今すぐ契約するつもりはなく、さらに2020年以降に5Gによるデータ通信のプランが出てきたら、そうしたものとの比較になるのではないでしょうか。

    今回書かせていただいた内容は、現在どうしても無制限には使えないモバイル回線を補完する意味での公衆無線LANサービスとモバイル通信サービスとの組み合わせでしたが、今後の通信サービスの進化によってWi-Fiで補完しなくても十分なモバイル・固定にも使えるような現在のADSL回線のスピードである10Mbps程度で使えるサービスが出てくれればそのSIMだけで運用ということもできるのですが。というわけで、ポストADSLサービスのデータ通信サービスについてはさらなるチェックをしていきたいと思います。有用な情報ありがとうございました。

コメントを残す