スズキ 新型スイフトは車中泊には向かなそう?

現在、古い1300ccのホンダフィットに乗って車中泊の旅に出掛けています。その前は軽自動車専門だったこともあり、軽自動車特有の車重に対してエンジンが660ccと制限されていることからいくら1300ccと言えどもかなり余裕を持って運転できる普通車のポテンシャルに慣れてしまうと、長距離移動の際にはもはや軽自動車に戻れないかもと思うくらいなので、他社のこのクラスの新型車がどんなものかをチェックしたい気になります。

そんな中で2017年から出てくるスズキの新型スイフトは、左右4枚ドアなのに後ろのドアノブをうまく見えないように付けていて、3ドア車の雰囲気を持つコンパクトカーということで、ちょっと気になりました。果たしてこの車は車中泊ができるような車なのでしょうか。

まず最初にお断わりしておきますが、長距離バスのようなリクライニングしかしないシートで夜を明かるような車中泊と比較すると、車のシートをリクライニングした方が個室にもなり何でも持って行くものを使えるため、はるかにリラックスして寝られると思います。しかしここで求めたいのはあくまでフラットな状態で寝られるシートアレンジになるかということが問題なので、結構シビアに見てみます。

スズキのホームページを見てみると、シート全体をアレンジしてあるような写真はなく、不安になるのですが、その不安の予感は当たっていて、後方シートのさらに後ろの荷物スペースは広いものの、後ろの座席を倒しても、荷物スペースと後ろシートが一体化してフラットにならずに段差が出来てしまうようになっています。

こうなると、あえてこのスペースをフラット化して使うには、段差以上に高さのあるコットを設置するかという風に考えてもみたのですが、倒した座席の背の部分が斜めになってしまうのでさらにフラットな面を作るのに骨が折れそうです。

コンパクトできびきび走り、さらに同社のソリオのように車重が1トンを超えないので燃費も良い上に税金も安く、ドライブ中心に利用するにはかなりいい車だと思いますが、車中泊ということで考えるなら、軽自動車のハスラーの方が良さそうですね(^^;)。

今後の事を考えると、スイフト以上ソリオ未満のハスラーをコンパクトカー化したようなモデルを出してもらえれば、私自身の用途にはぴったりはまるのですが、現状でその要求を満たす車ということになると、やはり同じフィットになってしまうという事なのでしょうか(^^;)。しかし、まだしばらく今の車には車検を通しながら乗って行く予定なので、買い替えの時期が来るまでには自分の要求を十分に満たす車種が出てくれることを祈ります(^^)。


カテゴリー: 車中泊に適した車種 | 投稿日: | 投稿者:

てら について

主に普通の車(現在はホンダフィット)で、車中泊をしながら気ままな旅をするのが好きで、車中泊のブログを開設しました。車で出掛ける中で、モバイルのインターネット通信や防災用としても使える様々なグッズがたまってきたので、そうしたノウハウを公開しながら、自分への備忘録がわりにブログを書いています。

スポンサーリンク

5 thoughts on “スズキ 新型スイフトは車中泊には向かなそう?

  1. 匿名希望

    × 専問
    ○ 専門

    恥ずかしいので直したほうが良いと思います

  2. てら 投稿作成者

    匿名希望さん ご指摘いただきありがとうございました。

    この件については正に漢字テストに間違った小学生のレベルで言い訳もできません。活字になる前にチェックのある出版物とも違い、文責はすべて書いた本人にあるわけですから、今回のご指摘がなければずっと間違いを垂れ流すところでした。

    今後はもう少しアップ前のチェックをしっかりして、情けない漢字のミスはしないように心がけたいと思います。それでは、今後ともどうぞよろしくお願いします。

  3. スイフトオーナー

    新型スイフト乗りです。
    スイフトで車中泊は可能です。
    ただし、1人だけですし、少し工夫が必要です。
    後席のヘッドレストを外して倒し、隙間を物で埋めれば荷室に斜めに約180センチのフラットな寝床を作れます。

  4. てら 投稿作成者

    スイフトオーナー さん コメント欄からのご報告ありがとうございました。

    すき間を埋めるというのは、普通車で車中泊を強行する場合には避けては通れないところなので、それで180センチ分のフラットスペースができるなら上等だと思います。走りもいいスイフトですから、これからの季節、遠出が楽しみですね。

コメントを残す