楽天モバイルの「かけ放題」は買いか?

MVNOの中で、データ通信以外に最近注目されているのが音声通話に関するオプションではないかと個人的には思っています。今回紹介する楽天モバイルが、通常の電話番号の前に特定の番号を入力することにより独自回線で通話できるプレフィックス電話サービス「楽天でんわ」での30秒あたり10円(以降の表記は全て税抜価格となります)という通話サービスを提供していたのですが、MVNOの中でも初めて「5分間以内定額」というものを付けて、それを月額850円のオプション契約で提供を開始しました。このプランは定額で通話も使いたいという人のニーズに合い、ほどなくしてMVNOの様々な業者が楽天でんわに追随するかのように、5分定額のプランを用意するようになりました。

その後、他社がこの通話定額プランに注目し、同じ5分定額のプランだけでなく1分という短さながら安いプランを出したFREETELや、5分定額と同じオプション料金で10分定額を利用できるOCN モバイル ONEやIIJmioのような所も出てくる中、通話定額サービスでは一番早くから提供している楽天モバイルは今後どうするのかと興味を持って状況を見ていたところ、今回楽天モバイルが出してきたプランがMVNO初の国内通話が何分でも何回でも「楽天でんわアプリ」を使ってかけ放題となる通話オプションだったのです。

肝心の価格は5分定額の850円と比べるとちょっと高いと一般の人なら思うかも知れない2,380円ということですが、改めて注意したいことは、この2,380円というオプション料金だけでは加入することはできないということです。従来のデータ通信付き音声通話プランが基本のプランになりますので、基本料金に2,380円を加えた額がかけ放題を楽天モバイルで利用する際にかかる金額になります。

従来の場合、できるだけ安く通話を無制限で使いつつ、データ通信も使いたいという場合に、通話専用にしたキャリア契約のガラケーと、MVNOから用意したデータ通信専用のスマホかタブレットの2台持ちという方法があることが知られています。今回発表があった楽天モバイルの新プランと、従来のガラケースマホの2台持ちとを比べるとどうなのでしょうか。この場で考えただけでもそれぞれにいい点悪い点があるような気がするので、ここではその違う点を整理しておきましょう。

「楽天モバイル+かけ放題オプション」

・解約金がかかる縛りは契約後1年間までとキャリアと比べれば早く束縛が解ける
・毎月の料金は高速クーポン0~30GB/月で選べるが、最安の低速固定でも3,630円かかる
・MVNOの格安SIMなのでドコモ回線が使える端末ならどれに入れても料金そのまま使える
・MVNOなのでキャリアメールの利用はできない
・通話とデータをとことん利用してもスマホ一台にまとめられる
・プレフィックス電話なのでセットできない端末や掛けられない番号がある

「キャリアガラケーとデータ専用スマホ・タブレットの二台持ち」

・通話SIMをガラケー・ガラホに入れて使うだけなら月額2,200円と安い
・逆にスマホやタブレット、SIMフリーやロック解除した電話機にガラケー用SIMを入れると、それだけでその月の利用料は月2,700円と500円余分にかかってしまう
・データ通信はいつでも解約可能だが、キャリアの音声通定のSIMは2年間は解約時に余分に解約料金がかかる
・キャリアの携末はガラホだと安く買える場合がある
・プレフィックス通話ではないので、専用アプリが必要なくガラケーでも手続きなしで使える
・キャリアメールをガラケー側で維持できる
・二台持つことで、通話とデータの機能ごとに使い分けられるので特に待ち受け通話は安心
・多くのMVNOとが発表する自分にあったプランを安いのから高いのまで自由に選べるので、かなり利用実体に近いプランが組める

スマホ一台のみで使うならとりあえずは楽天モバイルの3.1GBプランにかけ放題オプションを付けると3,980円で使えますので、この内容で我慢できない時には高速クーポンを増やすように考えるのがいいでしょう。ガラケーとスマホの二台持ちを許容できるのなら、ガラケーの掛け放題2,200円に3GB前後のデータ専用プランはどのMVNOでも千円弱で出ていますのでデータ定額SIMを900円と仮定すると合計3,100円となり、できることは同じでも900円安くなるので、その差額でスマホを買えば、長く契約すればするほど二台持ちの方がさらに安く使えるということになります。データ通信は低速固定や1GB未満のプランでいいのなら、3千円以下でも2台持ちができます。

ただ、通話オプションも楽天でんわで最初に出したということもあり、後発の業者がどう出てくるかで、ここまで紹介した二台持ちのメリットよりも良いものが出てくる可能性もあります。

私自身は通話専用のキャリアをドコモにしたため、ガラホを格安で入手できましたし、安くても使えるデータ通信プランのSIMをスマホに入れてそれらを組み合わせて使っていたため、今回の発表にショックは感じませんが、二台持ちがうっというしいと考える方は、安く楽天モバイル経由でスマホ本体が買える時を狙って移るというのもいいでしょう。と同時に今回の楽天モバイルの発表が呼び水となって、通話の無制限定額にも新たな展開が起こることにも期待しています。




スポンサーリンク

コメントを残す