「OCNでんわキャリアフリー」その3 MVNO最安の通話プランと合わせる

キャリアメールを捨てられ、さらに通話時間が10分以内で間に合うなら、一気に大手キャリアからMVNOへMNPして毎月の利用料金を安く上げるため、MVNOの中でも毎月の料金が極めて安いプランと組み合わせることも可能になります。

さらにMVNOの音声通話プランというのは、基本的に契約から12ヶ月の解約金発生期間がありますが、そこを過ぎれば2年ごとの更新月もなく、いつでも好きな時に好きな事業者と契約ができるのもメリットです。そして通話だけでなく、これから紹介するように一応データ通信も利用できて基本料金が安いというのもポイントです。

そういった激安プランに、5分ないし10分までの定額通話オプションがあれば問題ないのですが、無料通話が付いた電話サービスを持たなかったり、5分に限定されているMVNOもありますので、ここでは安い基本料金で、さらに定額通話プランに10分までのものがないところを主に紹介します。

まず、思い立ってすぐに契約ばできませんが、MVNOの音声通話付きSIMカードとして一番安いと思われるnuroモバイルの「0SIM」について改めて紹介します。このSIMは、毎月のデータ通信が5GBまでの利用パケットによって料金が決まってきます。当初はデータ通信専用のSIMが雑誌の付録として配られたことで、月500MBまでのデータ通信に抑えられれば、名前の通り毎月の料金が「0円」で使えることで大きな反響を呼んだのですが、スマホに入れて使っていると、以下のようにデータ通信料が発生します。

・500MB未満 無料
・500MB超2GBまで 100MBごとに100円の課金(表示金額は税抜き価格 以下も同じ)
・2GBから5GBまで 1,600円
・5GB超 低速制限or別売クーボン購入可

スマホではバックグラウンドで通信している場合もありますので、データ通信専用SIMならモバイルルーターに入れて使うことで毎月500MB未満をキープすることも可能ですが、スマホでは安く維持するつもりでもつい毎月のデータ量が500MBを越えてしまう可能性があるので、これから紹介する「データ+音声プラン」を使う場合には注意が必要です。

ちなみに、「0SIM」の「データ+音声プラン」で毎月のデータ通信が500MB未満で収まるなら月額はまさかの700円です。実は5分までの通話定額でよければ、「nuroモバイルでんわ5分かけ放題」というサービスが月額800円であります。それで十分ならば月額1,500円で通話もできる回線が維持できますが、「OCNでんわキャリアフリー」の10分定額を付けても1,700円なので通話の状況に応じてどちらに入るのがいいのか判断しましょう。

また、なるべく安く毎月の通信料を抑えるためにこの組み合わせを選ぶ場合は、いかにデータ通信をしない端末を使うかが大切になります。スマホでは色んなアプリを入れる中でバックグラウンド通信でそれなりにデータ通信を使ってしまう恐れがありますので十分注意しましょう。仕様がスマホとは違って自由にアプリをインストールできないAndroid OSの入った折りたたみ式のガラケーの形をしたガラホの中にSIMカードを入れて使うようにすれば、まず普通に使っていてもデータ量が500MBをこえることはないでしょう。

念のため、0SIMのホームページから毎日のデータ量を確認することも忘れないようにしましょう。ガラホを新品で購入する場合にはSIMフリーではシャープのガラホSH-N01がありますし、最初から一切データ通信を使うつもりがないなら、ドコモのガラケーを中古で入手したものに「0SIM」のSIMカードを入れて使うという方法もあります。

しかし、せっかくデータ通信もできるMVNOなら、低速であってもデータ容量を気にしないで使いたいと思っている方もいるでしょう。そういうSIMからドコモのSIMが入るスマホを中古で入手しても、SIMフリーのスマホを購入してもそのまま何も心配もなく使えるようになります。

となると、とりあえずの候補は、データ通信は一般的には低速と言われる、最大200kbpsで高速は使えないものの、データ通信自体は無制限で使える「神プラン」を持つ「ロケットモバイル」の「通話プラン」月額948円はいかがでしょうか。考えようによっては、ソフトバンクのホワイトプランに入るより、12ヶ月後には自由に動けますし、データ通信も遅いながらできます。月額2千円、さらに「0SIM」と比べても約250円高いだけなので、メールやLINEなどのSNSくらいなら、写真や動画を見るには厳しいかも知れませんが、コミュニケーションに関することならまず不自由はしないと思います。キャリアメールこそMVNOでは使えませんが、通話もデータもそこそこできて、月約二千円というプランを作ることができるのも、新たに10分定額の電話サービスに入れるようになったおかげです。

・OCNでんわキャリアフリー
http://www.ntt.com/personal/services/phone/mobile/003544.html

nuro mobile

ロケットモバイル

※「OCNでんわキャリアフリー」についての一連の記事について、以下にまとめておりますので、興味がある方がおられましたら、以下のリンクからもご覧下さい。

・その0 画期的な10分以内定額電話サービス
・その1 プリペイド携帯との合わせ技でキャリアメール
・その2 同キャリア通話無料ブランとの組み合わせ
・その3 MVNO最安の通話プランと合わせる
・その4 通話定額の弱いMVNOの補完として使う


スポンサーリンク

コメントを残す