「OCNでんわキャリアフリー」その1 プリベイド携帯との合わせ技でキャリアメール

通話料が高く、待ち受け専用の携帯電話ということで思い付くのが、基本料金はないものの使いたい時にプリペイドカードやクレジットカードからチャージして使うことができる「プリペイド携帯電話」の存在ではないでしょうか。

現在、大手キャリアではauとソフトバンクがサービスを行なっていますが、新品で端末が購入できるのはソフトバンクだけなので、ここではソフトバンクモバイルのプリペイド携帯サービスの「シンプルスタイル」という名称で販売しているサービスで、利用金額のチャージをプリペイドカードで行なう場合で考えてみることにします。

このサービスはソフトバンクのプリペイドカードに書かれた番号を電話機に入力し、利用額をチャージできます。最低3,000円チャージすることで(カードには3,000円と5,000円のカードがあります)60日間通話やインターネットができるようになります。カードをどんどんチャージして有効期間を増やすことも可能なので、3,000円のカードを6枚チャージすれば、残高を残したまま利用期間を最大の360日に伸ばせます。このようにして、必要に応じて更新のし忘れを防ぐことができます。

さらに、ソフトバンクのプリペイドが面白いのは、チャージした金額の範囲内で月額286円を決済することで、その月に使うメール(キャリアメールとSMS)が使えるようになるのです。SMSを送信する場合はチャージした金額から1通につき5.14円が消費されますが、キャリアメールは送信も受信も定額料金だけで使い放題になるのです。

毎月連続して使うと仮定すると、一ヶ月約1,500円でキャリアメール使い放題になるのですが、これだと待ち受け用の電話としては使えても、こちらから発信したい場合に困ってしまうのですね。そこで、この「OCNでんわキャリアフリー」を月額1,000円で付ければ、通話する月だけ2,500円くらいにはなりますが、メールだけ主に使うつもりならその月は「OCNでんわキャリアフリー」の契約を中断すればいいので、使わない時にはお金がかからないということになります。

また全く別のやり方として、メールも使わず電話番号だけを残し、普段は待ち受けのみで、イベントや家族と連絡をする状況になるなどいざという月だけ10分以内の定額電話を使いたいなら、さらに安く使うことができます。ソフトバンクのプリペイド携帯は、利用開始のため3,000円のプリペイドカードを登録し、60日の利用有効期間が終了した翌日から360日間は発信やメールは全くできないものの、かかってきた電話は受けられる電話番号有効期間に突入します。その際、110番と119番への発信とSMSの受信はできますので、この状態で待ち受け専用にしておけば、約1年間は全く基本料も掛からずに維持できるのです。

この電話で通話したいと思った場合には改めて月初めに3,000円のカードでチャージして発信可能な状態にしたところで「OCNでんわキャリアフリー」を2ヶ月間登録すれば(2ヶ月経過前に契約を止めないと発信できないのに月1,000円かかってしまうので注意)、登録している間のみ2ヶ月約5,000円で発信も10分間だけなら定額で使える携帯電話が完成します。一つ注意したいことは、プリペイドの残高を使ってプレフィックス番号を使わなくてもある程度の時間は通話ができますが、残高を全て使い切った時点で「OCNでんわキャリアフリー」からの発信ができなくなる可能性がありますので、プリペイドの残高は勿体無いと思っても、使い切るなら月末に有効期間が切れる前にし、月の途中で使い切らないように残高の把握をお忘れなく。

さらに細かいですが、通常3,000円するソフトバンクのプリペイドカードを安く購入することで、更に通信費を抑えることもできます。ソフトバンクショップでなく金券ショップで在庫があるようなら数%の値引きではありますが安く購入できるので、複数のカードを一括登録するような場合は便利ですし、ネットオークションやフリマでカードに記載されているまだ使われていない番号を売り買いすることで、さらに安くプリペイドカードの使用権を購入することができるかも知れませんが、個人取引の場合は教えてもらった番号を入力してもチャージされないなどのトラブルもあるかも知れませんので、その点には注意して取引きを行なって下さい。

プリペイド携帯と「OCNでんわキャリアフリー」の組み合わせは、ここまで説明したように常に使うならそんなに安くはないですが、キャリアメールと通話定額10分を両方使い倒したい場合にはこれから新たに使いたい場合の唯一のプランではないかと思います。また発信する時期が一年のうちで決まっているなら、その時期だけ使えば一年トータルの通信料はかなり安くなると思います。もしかしたら使うかどうかわからないながらも、現在使っている電話番号以外の電話番号をキープしておきたいと思っていて、状況に応じて電話を掛ける頻度が上がるかも知れないという場合にはまさに最適ですね(^^;)。

・OCNでんわキャリアフリー
http://www.ntt.com/personal/services/phone/mobile/003544.html

・ソフトバンク シンプルスタイル
https://www.softbank.jp/mobile/price_plan/prepaid/

※「OCNでんわキャリアフリー」についての一連の記事について、以下にまとめておりますので、興味がある方がおられましたら、以下のリンクからもご覧下さい。

・その0 画期的な10分以内定額電話サービス
・その1 プリペイド携帯との合わせ技でキャリアメール
・その2 同キャリア通話無料ブランとの組み合わせ
・その3 MVNO最安の通話プランと合わせる
・その4 通話定額の弱いMVNOの補完として使う


スポンサーリンク

コメントを残す