nuromobileの「時間プラン」に注目しよう

高速クーポンを思いっ切り使いたいという方にはさまざまなおすすめのプランが今までもありましたが、今度新しくnuromobileから全く新しいコンセプトの「時間プラン」というものが出てきました。詳しく見ていくと、このプランに合う人合わない人はいるかと思いますが、まずはここで説明する内容からご自身の利用パターンに合うかどうかを判断してみて下さい。

このプランは一日ごとに使える高速クーポンは容量ではなく「時間」で区切ることが最大の特徴です。高速で使える時計は細かいところも合計して「5時間」となっています。料金については以下の通りです。

・データ専用SIM 2,500円/月(税抜価格 以下の価格も同様)、
・SMSオプション付データSIM 2,650円/月、
・音声通話SIM 3,200円

なお、音声通話SIMを使う場合、専用アプリを使った電話サービス「nuroモバイルでんわ」を使った発信であれば5分までの通話を定額で使える通話オプションを800円/月で提供することも発表されています(5分超過後の電話料金は30秒10円)。最大でも4,000円/月で通話もデータも利用可能です。この辺は月間25GBまで高速クーポンの使える最安のプランと同じくらいの料金になりますが、独特なのが高速と低速を切り替えるパターンです。ちなみに、切り替えはユーザー側ではできません。ではどういう風に切り替えるのかが気にかかりますが、nuromobileのホームページに高速と低速の切り替えについて以下のような説明があります。

(引用ここから)

・弊社のシステムで一定時間内に高速通信に切り替えるべき通信量を検知次第、5分高速時間をユーザへ自動付与します。

・5分高速時間の終了時、動画閲覧中などにより、引き続き高速通信を維持すべき通信量を検知した場合にのみ、さらに5分高速時間をユーザへ自動付与し、不必要な高速通信時間の消費を抑制します。

(引用ここまで)

動画を閲覧する際には高速に切り替わりますが、文字中心のメールやLINEのやり取りにかかる通信は高速を必要とする通信とは判断されることはないようです。ただ、もっと細かいところで、LINEを使った音声電話はどうなのかとか、音楽ストリーミングのサービスやradikoはどうなのかとか、気になる点はありますが、使っていくうちに答は出てくるでしょう。ただこういうプランの場合はストリーミングをだらだらと楽しむよりも、動画や音楽を録画・録音してオフラインの状態で利用できるように制限時間のうちに一気にダウンロードして貯めていくというのも面白い使い方ではないでしょうか。

逆に言うと、生中継のネットの動画番組を延々と見続けるような利用には向かないということにはなりますが、出先でも後から楽しめるようにまとまった映画などをダウンロードして置けるという点では必ずしも電波の良い場所だけに行くわれでない車での旅においては、意外とはまるプランかも知れません。

また、時間制限があるということから、中高生のお子さんのスマホの中に入れるSIMとしてこのプランをピックアップしてみるのもいいかも知れません。好き勝手に使わせていても自動的に制限がかかり、翌日には復帰するという特徴を生かして、自分でスマホをどう使うかを考えながら使わせるのも面白いのではないでしょうか。


スポンサーリンク

コメントを残す