あなたに合うMVNO選び その3 中速でデータ容量を気にせず使いたい場合

一般的にMVNOを使う場合のイメージは、高速クーポンを使い切ったら低速に規制されてしまうという風に思っている方も多いと思います。ただ、プランによっては200kbps以下という低速よりも速い最低速度でサービスを行なっているところもあるのです。高速ではないので動画を快適に見るには高速クーポンを消費する必要はありますが、ネットをストレスなく見たり、ラジオや音楽ストリーミングのサービスを普通に使い続けるくらいでいいというなら、高速ではない「中速」という選択肢も出てきます。

まずそうしたプランで思い付くのは、最高速を3Mbpsにセーブした使い放題のプランを提供する2つのMVNOです。

・ぷららモバイルLTE 使い放題 2,760円/月(税抜価格 以下も同じ)
このプランが出た当時はこれでモバイル環境でも動画が問題なく見られるのではないかと思われた最大3Mbpsまでの速度限定での無制限プランでしたが、残念ながら「最大」という言葉が示す通り、利用者が集中する時間を中心にスピードがかなり落ちるということで失望する方も多く出ました。私自身もサービス開始時に申込んですぐに使ってみましたが、この内容ではもう少し料金を下げてもらわないとと思って解約してしまいました。

それでも、地方で混雑する時間帯以外では1Mbps弱くらいは出ていましたので、そういった時間に使えれば動画を見る用途でも使えなくはありません。

ぷららモバイルLTE
(サービス終了のためリンク表示はしていません)

・ワイヤレスゲート FONプレミアムプラン 月1,556円
ぷららモバイルに加入していた人の不満をつぶすような形で出てきたのが、ヨドバシカメラの店頭で購入することのできる「ワイヤレスゲート」です。こちらもFONプレミアムプランでは最大速度が3Mbpsというふれこみでデータ通信が利用できます。

私自身が現在このプランを使っている関係上、簡単な紹介をしますが、最初こそ3Mbpsに迫るくらいスピードが出ていたものの、ある程度遅くなってきたところで落ち着いてきた印象です。ただ問題は、データのダウンロードに規制がかかっているらしく、1Mbpsでもスピードが出ていればすぐにダウンロードが終わるはずがなかなか終わりません。

明らかにダウンロードの速度が遅くなっていまして、はっきり言って実用には耐えません。その分、サービスをしているWi-Fiスポットに移動してダウンロードや動画閲覧をしてくれと言われているようです。ちなみに、ストリーミングの動画なら場所にもよりますが1Mbpsくらい出ている場所や時間なら何とか見ることはできます。

個人的にはマクドナルドやスターバックスで使えるWi-Fiスポットを使えるという点と、使い放題としては月額が安いということで使ってはいますが、今後の展開によっては続けるかどうかはわかりません。どちらにしても、高速というより中速の使い放題と思って使えば腹も立ちません(^^;)。

後、プラン名にもなっているFONというWi-Fiネットワークが2020年の東京オリンピックを迎える中で、どのように成長していくかという点にも注目すべきでしょう。海外では自宅のWi-Fiの帯域を一部開放するような形で相互扶助的なサービスとして利用者を増やしているFONですが、まちぐるみで海外からやってくる旅行者達のためにFONのルーターを配って簡単にWi-Fiエリアを増やすような事が全国で行なわれれば、国内でFONのアクセスポイントを自由に使えるこのプランの利便性は上がりますので、今後このプランが気になる方にはFONの日本での普及にも期待しましょう。

ワイヤレスゲート
http://www.wirelessgate.co.jp/service/sim.html

・UQ mobile データ無制限プラン 1,980円/月
こちらのプランからはさらに遅いスピードになります。UQ mobileとはauの系列の会社で、回線もドコモでなくauの回線となりますので、利用できるスマホやモバイルルーターが違ってきます。それでも国産のベストセラーのモバイルルーターNEC Aterm MR04LNではそのまま利用可能ですので、MR04LNのスロットに空きがある場合はハードを追加しなくても利用可能です。回線の関係で使えるスマホの機種はドコモの回線で使えるものとは違ってきますので、利用しようと思っている場合は確認をお願いします。

データ無制限というプランにしては遅めの最大500kbpsということですが、多くの人が使っていない分、ネット上の口込みではそれほど遅くなることは少なく、下りのスピードも700kbpsくらいが出ることもあるという書き込みも見付けることができます。ただし、こうした情報は確実に裏が取れたわけではないので、あくまでも自己責任でお試しいただきたいと思います。さらに、UQ mobile自体ではデータ規制がされなくても、元回線を含むAUの回線を使っている場合は3日間のデータ使用量が3GBを超えると規制が入る可能性があるとされています。この点についても私がそこまで利用しているわけではないため(mineoのau回線の契約で利用しています)不確定です。

また、auのMVNOを使う場合はドコモと違って3Gエリアでは使用できず、LTEサービスのエリアのみでの利用になります。今後、auでは3Gを廃止しLTEのみにするという方向はあるようなので、長い目で見れば問題はないとは思いますが、ドコモとのエリアの違いはあるので、山の中で使いたいと思う場合は注意が必要になります。

・Wonderlink F-使い放題700プラン 1,580円/月
このWonderlinkというところは、Panasonicが展開するサービスです。回線はドコモですが、Fプランというのは最低速度が最大700kbpsとなっています。高速クーポンは1GBあるのですが、高速ではすぐに使い切ってしまうと思いますので、実質的には最大700kbpsでの中速の定額ということになります。

このプランの規制についてはホームページの方には直近1日(24時間)の通信量が1GBを超過した場合にネットワークの状況を見て規制がされるとの記載があります。また、このプランについてはSMSオプションも音声通話プランもなく、データ通信専用のSIMだけになりますのでこの点もご注意下さい。

セルスタンバイ問題が発生するスマホでの利用は電池の急な消耗を招く恐れがありますのでおすすめしかねます。そうした問題のない端末か、タブレット端末・モバイルルーターに入れて使うのがおすすめです。

Wonderlink
https://ec-club.panasonic.jp/wonderlink/top.html

今回紹介したものの中には自分で使っていないプランも混ざっているので、実際にどの程度のスピードが出るかは地域や時刻によって変わってくると思いますが、大体月額2千円前後くらいの予算でも十分に使えるプランもあるということです。月額千円で3GBくらいのプランに限界を感じたら、今回紹介したプランを検討してみるのもいいかも知れません。


スポンサーリンク

コメントを残す