「eSIM」プラットフォームの可能性

元々は携帯電話に入れることで通信全般が行なわれる「SIMカード」の概念が大きく変わる可能性が出てきました。カードの入れ替えなしでも多くの対応製品が使えるようになるかも知れない「eSIM」プラットフォームに対応した製品が今後出てくることにより、モバイルの状況もさらに変わる可能性があります。

今回そうした仕組みを初めて採用したのがAppleの出す腕時計型端末の「Apple Watch3」で、この端末はさすがに小さすぎてnanoSIMであっても挿入するスロットはありません(作れなかった?)。しかし、本体にLTE通信のできるユニットを内蔵していて、通信は可能になっています。

そこで考えられたのが、物理的にSIMカードを端末に入れなくても、電話番号や契約者に関する情報を汎用のユニットに書き込んで、書き込まれた内容を基にして通信サービスを行なえるようにしたのが「SIM」の前に「e」の付いた「eSIM」というわけです。この仕組みではリモート操作で端末にアクセスすることにより、事業者間の入れ替えも可能になるので、物理的なSIMカードの交換作業が必要なくなります。実際には、事業者との契約情報についてはダウンロードして入れ替えが可能になるようです。

ただ、今のApple Watch3では回線自体は大手キャリアのものを使っていてもMVNOでこの機能をApple Watch3では利用できず、同じ経営母体であるソフトバンクモバイルとY!mobileとの間でも互換性はない状況のようです。MVNOの格安SIMを使っている方が「eSIM」を使えるようになるには、様々なハードルがあるようなのですが、将来的にこうした概念が形になり、SIMカードなしでも通信ができる製品が出てきたということで、様々な新製品の可能性が考えられてくるでしょう。

利用する側でも端末のみで複数の業者との使い分けや海外旅行の際に本体を通してのデータ切替のみで海外利用に特化した通信サービスに切り替え可能になれば、いちいち本体からSIMを取り出して交換する手間が省けます。SIMの交換作業というのは案外デリケートなもので、入れ替える直前にSIMカードを落として見付からなくなってしまうような事もなくなりますし、入れようとしたSIMカードが入らないので強引に入れようとしてスマホ本体を壊してしまうようなリスクを回避することができるようになるでしょう。

さらにeSIM化が進むと、今まで頻繁に事業者の切り替えで生じていたSIMカードの大きさ変更のためのコストや、新規契約の際のSIMカード発行手数料も生じなくなり、ユーザーにとってはコスト面の有利さが生じます。さらに、スマホだけでなくタブレット端末やノートパソコンにLTEユニットを組み込む事についても、SIMスロットを付ける必要がなくなるので、低コストで本体のみで通信可能な端末が作ることができるようになるので、全世界で端末を売りたいメーカーにとってもメリットが出てくるのではないかと思います。

eSIMが今後当り前になるかは対応している機器がどれくらい出てくるのかがカギですが、まだ現役で3Gガラケーも使われている現在、全てのSIMカードがeSIMに置き換わるということはないでしょう。また、「0SIM」のように、SIMさえ持っていれば、対応するSIMスロットのある端末ではどれでも同じく安くデータ通信が使えるようなメリットは残りますので、今後は新規の製品が多く採用しているnanoSIM用のスロットがある端末を中心に、スマホやタブレットの中古を購入する場合に考えて行った方がいいだろうと思います。

今のところ、eSIM化の流れの中で困ってしまう事があるとすれば、私の加入しているNTTdocomoの場合、ドコモの出している端末を使う場合に、自社の出しているSIMカード以外で本体のアップデートを行なうことができない事に関しての不安です。現在はSIMの差し替えを行なうことで、アップデートする時だけSIMをドコモのものに入れ替え、それ以外は安いMVNOのSIMを入れて使うこともできています。そうした物理的な差し替えの可能な場合、本人の契約でなくても友人の使っているSIMを借りてアップデートだけをやらせてもらえますが、eSIMに置き換わってしまった場合、他人の契約したeSIMのデータを入れ替えて使えるのか使えないのか現時点ではわかりませんし、その前に面倒くさいからと作業自体を友人から断わられてしまう可能性の方が大きく、今までのようにMVNO利用者が大手キャリアの中古白ロム端末を使うハードルが上がるかも知れません。

もっとも、eSIMの方が普通になったら大手キャリアが3社で内容が同じの端末を売る必要もなくなるわけで、大手キャリアの契約形態にも端末は外部からSIMフリーの端末を購入するコースなるものが出てくるかも知れませんし、SIMロックで完全に制約の外れた端末になるように現在のような状況が変更がされる可能性もあります。

まだまだわからない事が多いeSIMではありますが、まずは対応する機器が出てきたらいやおうなしに対応しなければならないというのは、今まで「標準SIM」→「microSIM」→「nanoSIM」という風に出てきた大きさのSIMスロットを持つ端末が出てきた際のように、MVNOでも大手キャリアのようなサービスと同様の事ができるかどうかというのが鍵になるでしょう。すぐに対応する必要はないかとは思いますが、今後の事も考えつつSIMカードを必要としない「eSIM」というものがあるということを知り、今後の状況の変化に備えるのがいいのではないかと思います。


スポンサーリンク

「eSIM」プラットフォームの可能性」への4件のフィードバック

  1. ケイタイオタク

    こんばんは。
    製品のアップデート面倒ですね。ちょうどビルト番号を確認していたらSH-01Jでアップデートが必要でした。そこでMVNOのSIMを入れてWi-Fi接続したところ無事アップデートは出来ました。あともう一台にはFOMA契約のSIMを入れてこちらもWi-Fi接続で可能でした。

  2. てら 投稿作成者

    ケイタイオタク さん コメントありがとうございました。

    私の持っているドコモの白ロムの中では、中古ショップで購入したタブレット端末が今だにアップデートできていません。もちろんドコモの契約はあるのですが、その契約にケータイ専用のカケホーダイが付いているので、白ロムタブレットに入れた時点でその月の通話定額の金額がスマホ用の月額になってしまうので、今のところメインで使ってもいないのでアップデートは我慢し、どうしても必要になったら内蔵の電池交換と一緒にお願いしようかなと思っています。

    しかし、こうした心配をしなければならないのも、SIMロックだけでなくキャリアが販売する端末に何らかの制約があるからこそです。もしこれが中古車の世界で起こったら、メーカーのディーラー経由で購入した車でなければメーカーがリコールを受付けてくれないという極端な話にもなるわけで、改めて携帯電話業界の中古端末に関する制限を撤廃して欲しいと思う点です。それがeSIMの導入というきっかけで変わってくれればいいなと思いますね。

  3. ケイタイオタク

    てらさん
    その場合ドコモショップに持ち込めば修理扱いですが、無償でソフトウェアのバージョンアップをしてもらえると思います。F-11Dが修理は受付可能だったのですが、ソフトウェアのバージョンアップは終了していたのでドコモに問い合わせたところショップに持ち込んでくださいと言う事でした。
    ネットで可能ならMVNOのSIMでもWi-Fi接続で可能でしたが、

  4. てら 投稿作成者

    ケイタイオタク さん コメントありがとうございました。

    今のところ、致命的な問題は出ていなくて、メインで使っているものではないため、バージョンアップの利用のできる期間ぎりぎりになったらどうするか考えることにします。最近ではショップで話をするにも予約をしていかないと、下手をすると一日まるまるショップで待たなければならない程の混雑ぶりも一部の店舗ではあるので、手元でアップデートできればいいのですが手持ちの端末はWi-Fiによるアップデートは無理でした。

    こうした事態を避けるためには、最初からSIMフリーの端末を使うようにするのも現状での一つの方法かなとも思います。

コメントを残す