台風通過中に逃げるための装備について

2017年8月に日本列島を縦断するように近づいてきた台風5号はかなりゆっくり動いているので、進路の情報も変わったりしますし、急に自宅や避難先から移動しなければならなくなることも考えられます。ここでは直近の対策ということだけでなく、いざという時に避難するスタイルについて考えていこうと思います。

もし、安全に車が使えるなら車を使っての避難というのもありだと思いますが、道路が冠水したり土砂崩れで道路が寸断されているような場合には車も使えないことも考えられます。その場合は歩いて移動することも考えておかなければいけないと思うのですが、無風で雨の降っていない時なら普段着で必要なものを手に持って逃げられるのではないかと思いますが、雨が強いだけでなく風が強い場合は普通の傘は役に立ちません。

傘を差したはいいものの一瞬で使い物にならなくなった傘は凶器に変わることもありますので、風雨が強い中外に出なければならない場合には傘以外の雨具を使う方がいいわけで、どういったものがいいのかということで、一つ提案したいのが上から羽織るポンチョだったり、上下に分かれたレインウェアだったりします。

http://syachu.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/icipaine-2976.html

私が今使っていて過去のブログで紹介した文章ですが、使い古しの自転車用合羽があればそれを流用してもいいでしょうし、雨の中で使う時に肌にベタベタ付かないような素材が使われているような登山用のものを新たに用意しておいてもいいでしょう。どちらにしても、雨具を着ないで雨が直撃することで体温が下がるような事にならないように、基本的にはレジャー用のものでも家族一人に一つ着るタイプの雨具を用意しておくことは大切だと思います。

また、避難するのが夜になる時には、頭に付けるヘッドライトを同時に用意することで足元を十分に確認しながら進むことができます。それほど高いものでもないのでヘッドライトを用意しておくということと、充電池はきっちり充電しておくことを心掛けましょう。電池はライトの中に入れておいてもいいですが、バッグの中に入れておくと何かの拍子にスイッチが押されることで電池の中の電力を使い切ってしまった状態でいざという時に使えないということもあるかも知れません。

充電池の中でもパナソニックのeneloopなら、長期間そのままにしておいても自然放電が少ないと言われています。個人的に試したことはありませんが、5年放置でも自然放電は30%(残量は70%ということ)というメーカーの発表があるほどなので、一年に一回充電したeneloopをヘッドライトとともに保管し直すようにすれば、いざという時に困るということはないでしょう。また、多くの日常的に使っている電化能品を単三や単四のeneloopを入れて使うものにしておいて、多めに買っておいた電池をまとめておいていざという時にはその電池のストックを持って逃げるようにすることでもいいでしょう。

次に、そうした荷物を持ち出す場合どんなバッグで持ち出すかということになると思います。日々使っているバッグでも十分だとは思いますが、暴風雨の中では安全に持って移動することは大変になると思います。そこでおすすめしたいのが、小さいものであっても登山用として雨対策がされたバックパックを利用することです。

http://syachu.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/icipaine-2976.html

これも過去のブログで書いたことですが、デイユースに使う小さなバックパックを私は非常用として持っています。こうしたバックパックの特徴は、別に購入しなくても標準でバッグを風雨から守るレインカバーが標準で付いていることです。

レインカバーがあれば雨具の上からバッグを背負ってもいいですし、二重に雨対策をしたいなら、大きめのポンチョだったらレインカバーを付けた状態でバックパックを背負ってからポンチョをかぶるようにしてもいいかも知れません。まだ雨が降っていない時でも逃げる時にあえてレインカバーを付けておくことで、どうしても水に濡らしては困るものが入っている場合でも比較的安心して持ち運ぶことができるようになるでしょう。自分でカバーを工夫するよりも、急な天候の変更および、平地よりも激しい暴風雨にさらされることのある登山でも荷物を水に濡らさずに守ることを考えて作られている登山用のものを選ばれるのがおすすめです。

歩くのも大変な暴風雨の中で、あえて屋外に出て逃げるというのは普通に考えるだけで危険ですし災害避難のためのセオリーではありませんが、災害が私たちの常識では考えられないような事象を引き起こすことも考える中で、答えを複数持っておくことは重要だと考えます。ですから、あえて屋外に行くという決断をしたら雨や風の大小に関わらず、その中を歩いて移動する場合はレインウェア・ポンチョにレインカバーの付いた登山用のバックパックをセットで使い、夜にはさらにヘッドライトを併用することを考えておくことが、いざという時の決断をするためにも大切になってくるのではないでしょうか。


スポンサーリンク

コメントを残す