405新型高速製氷器が夏の車中泊を変える?

まず最初にお断りしておきますが、今回紹介する製氷器について私自身はテレビ番組の紹介で見てあわててインターネットで検索しそのスペックを確認しただけなので、「こうあれば嬉しい」という願望で書いている部分もあることをまずは白状しておきます。ここで喜び勇んで紹介するものが、実際には使いものにならない可能性もあります。というわけで、この内容を読まれた方が商品を購入したとしても、特に車の中で使えなかった場合にはただ謝るしかありません。私自身が普通車で車中泊派のため、キャンピングカーかキャンピングカーもどきをDIYし、車の中に様々な装備をセットするような事はしない方なので、もし今後サブバッテリーを積んだキャンピング仕様の車を手に入れた場合には実践しようと思ってはいますが、あくまで冷静にお読みいただければ幸いです(^^;)。

この製氷器の特徴は個人的に思うに2つあります。一つは、小さいサイズの氷なら最短で6分台から大きいサイズの氷まで12分台で氷ができてしまうということです。ただ、氷の形は四角ではなく指サックのような形になっています。これは冷える金属パイプにかぶせるようにして凍る方式になっていて、パイプに当たる表面積を増やすことで早く氷が作れるようにしているためで、自宅で利用する場合、急なお客さんが来て氷がないことに気付いてからでも十分に間に合う早さです。

そして、車中泊がらみでこの製氷器が使えるのではないかと思った最大のポイントが、この製氷器の消費電力のカタログ値でした。電源は100Vで110Wとありますが、この110Wというのがポイントです。すでにサブバッテリーを搭載していて車内でポットや小型炊飯器を使っている方ならこのくらいの電力消費量なら余裕で使えるというのが一点、もう一つのポイントが、普通の車のシガーソケットで使える電力の上限がだいたい120Wであるという事実です。

もちろん、本機とはインバーターを通してACコンセントでの利用になりますので、もしかしたらインバーターを通すことで使用限度のワット数が下がり、ぎりぎり使えないかも知れませんが、何とかヒューズが飛ばないぎりぎりで使えるのではないかと期待できる一品ではないかと思って色めき立ったのです。当然この製氷器を利用する場合はエアコンもオーディオも切っておいた方がいいでしょうが、どんな車でもシガーソケットからインバーターをつないで走行中に氷が作れるようなら、夏には走行中に氷を作っておき、できたものから保冷性の高いクーラーボックスか、氷専用のアイスボックス(サーモスからアイスコンテナーが販売されています)で保存しつつ、夜には氷枕やスポーツ用の氷のうに入れて使えば、寝苦しい夜も何とか過ごせるのではと思うのですが。

また、私自身あまり使ったことはありませんが、本体に氷を入れて使う冷風扇を車内で連続して使うこともできそうなので、普通ではとても暑くて寝られないような夏の車中泊をやり過ごすための一つの手段として、この製氷器が使えるといいなと思うわけです。

もちろん、最初に書いた通りこの製品のレポートをしてからこの文章を書いているわけではないので、確実に車内で使えるとは言い切れず、製品そのものの耐久性についても確かめていないで書いているのですが、大体2万円くらいする価格を高いと思うか安いと思うかはやはり実際に使ってみないとわからない事ではあるのです。

私自身真夏の車中泊はできるだけ避けたいとは思っていますが、クーラーを夜にずっとかけ続けたらすぐにバッテリーが上がってしまうので、今まで真夏の車中泊では標高を上げるしかありませんでした。あまりスマートではないかも知れませんが、あえて標高を上げなくても車の中で氷を製造できれば普通の夏の車中泊の時だけでなく、災害時の寝苦しい夜にも利用価値が出るのではないでしょうか。

ただ、こうした製氷器は業務用のものを避難所で真夏に使えるようにして、暑さに我慢できない人がスーパーに設置してあるもののようにビニール袋に入れて持っていくような対応をすることも想定しておかないと、災害時に車中泊することで、エコノミークラス症候群だけを心配していて、熱中症を見逃すようになってしまうかも知れないので全国の自治体の方はこういう細かい点にも考慮していただけると幸いです。


スポンサーリンク

コメントを残す