ETC普及率が93%とはいっても

国土交通省は7月2日、全国の高速道路について、料金所の現金向けブースを廃止し、ETC専用にする方向で検討すると明らかにしたという事がニュースになっています。正直このニュースを聞いて驚きました。ETCの普及率が93%あるということがこうした判断をすることになった根拠だというようにニュースでは書かれていたのですが、新型コロナウィルスの感染が心配だからといって、有人の料金所を全て止めるというのは、流石に無理があるような気がするのです。

全てを新型コロナウィルス対応のためという理由付けは論外ですが、そうでなくても93%を100%にするのは大変だと思われます。例えば携帯電話の人口カバー率について、ドコモの発表によるとLTE(4G)エリアで2014年に99%まで整備されていますが、それでも100%ではありません。山の中でどうしても携帯電話のアンテナマークが立たない場所は存在します。テレビすら難視聴地域があるのですから、地上の基地局だけでは日本国内のあらゆる場所からの通信をサポートすることは難しいのでしょう。それでもあえて100%を実現するためには、楽天モバイルが目標とするような衛星基地局を組み合わせないと難しいわけで、最後のピースを埋めるためには膨大な労力を必要とすることは間違いありません。

ETCの普及率についても、サービス開始時にはほぼ無料で車載器を提供するような政策が取られましたが、私がそうして設置した車載器はトラブルを起こし、現在は別に購入したものを有料で付けることで利用するようになりました。現在は完全に有料になり、ETCを利用したい場合には車の所有者が機器代を負担しています。そうしたお金を出せない人はわずかな割合であってもいるということが確かなわけですから、政府はそういう人には高速道路を通行するなと宣言することに等しい話でしょう。

さらに、すでに車載器が設置されている中古車に買い換えたり、レンタカーやシェアカーなどETC車載器が付いた車を利用するとして(実質的に車載器の費用負担はなし)、現状でETCを使うためにはクレジットカードの契約および、ETCカードの発行が必要になります。クレジットカードの種類によっては、ETCカードを発行するにも費用がかかります。

キャッシュレス取引を行なうにあたって、クレジットカードの利用というのは当り前ですが、自らが望んでクレジットカードを持たない場合はETCを利用できないという事も素直に理解できると思うものの、自己破産を余儀なくされたなど、何らかの理由があってクレジットカードを持てない人がどうしても高速道路を利用したいと思った場合(生命の危険などの理由で時間を短縮して目的地に向かいたいと思う場合もあるでしょう)、何とかしてETC車載器とETCカードを手に入れなければ高速移動できなくなるというのは相当の反発を招くのではないでしょうか。

昨日の国土交通大臣の会見では、クレジットカードを持たない人への対応も考えるという話が出はしたそうです。しかし、例えば利用できるETCカードを持つために申込みから時間がかかるようだったり、保証金がかかるなどの手間がかかるような方法しかできなかったり、マイレージサービスが利用できないなど、クレジットカード利用者との格差を付けるような事については十分考慮の上で考えていただきたいと思います。コンビニでも購入できるプリペイドカードや、デビットカード、電子マネーでの利用は技術的に難しいのか、そういう事についても考えていただきたいですね。今後、もし高速道路に乗りたい(緊急避難的な利用も含む)のに乗れないような人を作る結果になるような事が起きてしまうなら、改めて日本人にとって高速道路とは乗れる人乗れない人がいる格差の象徴にもなりかねないでしょう。関係者の方々にはどうか賢明な判断をお願いしたいと思います。


カテゴリー: 旅行・交通関連ニュース | 投稿日: | 投稿者:

てら について

主に普通の車(現在はホンダフィット)で、車中泊をしながら気ままな旅をするのが好きで、車中泊のブログを開設しました。車で出掛ける中で、モバイルのインターネット通信や防災用としても使える様々なグッズがたまってきたので、そうしたノウハウを公開しながら、自分への備忘録がわりにブログを書いています。

スポンサーリンク

2 thoughts on “ETC普及率が93%とはいっても

  1. ケータイオタク

    新型コロナ対応と言うのは口実ですね。ただ現実的な方向性としては合理的だと思います。人件費より大きいのは現金管理のコストの問題ではないでしょうか。各Gate毎に硬貨の準備と言うのは多額の費用が掛かる。
    レジでも硬貨対応のレジ機は非対応のモノに比べて3倍程度はします。
    セルフのガソリンスタンドも給油機の精算機では紙幣は受け入れてもお釣りは出ないと思います。セルフと言っても管理者が必要でそこでお釣り券を出して受け取ると思います。
    でもその方式はICで使えないと思います。車が集中して事故が起きかねない。
    少子高齢化人口減少社会において通行量が減少して収入が減少しても現金管理のコストは削減が難しい。
    特に硬貨は管理コストがかかるのに収益には貢献しない。
    高速料金は多額になりやすいので事前チャージも難しいのでは。残高不足となればまた渋滞を招きかねない。
    緊急避難的な場合には保守管理者の判断で通過を許可するなどの対応を考えれば良いのでは。
    今後の経営的な事を考えれば当然の方向だと思います。

  2. てら 投稿作成者

    ケータイオタク さん コメントありがとうございます。

    今回の高速道路ETC化というのは、ケータイオタクさんが書かれたように将来的には必要なところもありますが、今回の騒動の中でなし崩しに決めてしまうと、実際の運用の中で現場の声を聞かないで方法が決まってしまう恐れがあり、後から様々なトラブルが起こる可能性があるので、個人的には世の中が落ち着いてからじっくりと検討すべき事だと思います。

    個人的には車載器の不具合でバーが開かなくなるトラブルにあったことがあります。全ての料金所に後方待機する従業員を配置するというのは難しいところもあるでしょうから、インターホンを使ってのやり取りをその場ではすることになると思いますが、今回のような災害時においてはその通信系統が使えなくなる可能性もあるので、災害対応がきちんとできるのかどうかということも合わせて考えて欲しいです。

コメントを残す