マスクの販売方法に疑問

この文章を書いている時点でまだ新型コロナウイルスに感染した人が出ていない静岡県でも外に出ると多くの人がマスクを付けて外出しているのに行き当たります。現状ではなかなかマスクを買うことが難しいなかで、よくみんなマスクを持っているなと思いますが、それもこれだけマスクが入手困難になっている中で、本格的な花粉症の季節になったらどうなってしまうのか不安を感じている方も少なくないでしょう。

基本的にはドラッグストアで買われていた方が多かったのではないかと思いますが、現状ではマスクの在庫なし、入荷予定も未定というお店がほとんどです。それでも人々はお店が開店する前に行列ができ、今日は入荷されないとわかると行列はなくなっていきます。

しかし、マスクを買うためにドラッグストアの前(野外である場合が多い)に朝早くから並ぶということは、それは政府が自粛を求める「不特定多数の人間と接触する可能性のある外出」ということになりはしないでしょうか。

さらに、何もなければ暖かい部屋の中でゆっくりしていられたかもしれない人が、寒さの中で進むのかどうかわからない行列に並び、必ずしも買えるかどうかわからない不安を感じながら待つということ自体、風邪でもインフルエンザでも、ウェルカム状態になってしまっている感じがしてなりません。新型コロナウイルスを封じ込めるためにはいろんな方法があるとは思いますが、マスクをいつでもどこでも定価で買えるようにすることも、すぐに実行してほしい対策の一つだと思います。

しかし、不足気味の状況では医療機関向けに供給が優先されるということは、仕方のないところがあります。だからといって今の状況が長く続くとイベントはなくなってもマスク買いの行列で新型コロナウイルスにかかる人が続出なんて、悪い冗談のような現象を起こしてはいけないでしょう。

マスクに限らず需要が供給を超えるような場合の定価での商品の売り方を、もっと真剣に小売店に考えて欲しいのです。過去にゲーム機やおもちゃの場合は入荷予定が決まったら整理券を配って抽選販売にしていました。マスクについても同じことをやれば、開店前から行列を作らなくてもよくなります。政府の言う通り、今後少しづつでも流通してくるのなら、先着順で限定販売をするようにすれば、マスクが欲しい人はお店へ行って整理券を受け取り、入荷した時に整理券と交換で購入するような仕組みを作ればいいのです(手続き及び入荷の連絡がメールで完結すれば、購入時だけお店に行けば良くなります)。

なぜ、病気にならないためのマスクを買うのに病気にかかる可能性のある早朝に屋外での行列を作らせるようなことになるのか、もっとドラッグストア関係者の方にはマスクの売り方について考えていただきたいと思います。ドラッグストアでマスクの奪い合いなんてことにならないためにも、ちゃんとした販売方法についてのルールを考えた上での販売をお願いしたいですね。


カテゴリー: 防災関連ニュース | 投稿日: | 投稿者:

てら について

主に普通の車(現在はホンダフィット)で、車中泊をしながら気ままな旅をするのが好きで、車中泊のブログを開設しました。車で出掛ける中で、モバイルのインターネット通信や防災用としても使える様々なグッズがたまってきたので、そうしたノウハウを公開しながら、自分への備忘録がわりにブログを書いています。

スポンサーリンク

2 thoughts on “マスクの販売方法に疑問

  1. ケータイオタク

    マスクよりむしろアルコール消毒液が入手出来ない方が問題では。マスクは感染拡大には効果的だが、防止には効果的では無い事を考えるべきだと思います。むしろマスクを着用していない人々が気になって仕方がない。なぜしないのだという横並び意識の強さが出ていると思います。マスクをしていない人が咳をしているからと言って電車を止めるなんてパニック症候群に過ぎない。
    先日までイオンの店頭にアルコール消毒液が置いてあったのですが、在庫がなくなったのかおいてありません。食品に手を触れる事が多い、スーパーなどでは今後入店する際にアルコール消毒液で手を消毒する習慣を考えた方が良いのでは。
    マスクも購入に処方箋が必要とした方が良いかもしれませんね。花粉症であっても診察を受け配給券のようなものを交付してもらい、必要数を購入出来るようにする。
    数が限られている事を考えればマスクは感染を拡大する事を抑える為に咳症状があるような人に優先的には支給するなどの方法も必要ではないですか。

  2. てら 投稿作成者

    マスクの問題は、付けることによって落ち着くものの、在庫がなくなることで不安に襲われるようなケースは珍しいものではなく、決して予防には必要でないと専門家が言っても付けないと不安だという人がいるので、一部のネットや薬局ではプレミア価格で売るような事がまかり通っています。その事はすでに公正取引委員会が動いているようですが、同時にマスクについての誤解についてもアナウンスすることで集団のパニックを抑えることも必要になってくるでしょう。

    先日の電車内でマスクをしていない人がひどい飛沫をばらまいた事で非常停止ボタンを押した話は、同じような事件が今後も残念ながら起こってくることは十分に考えられます。電車の中での暴力行為というのは今では普通にあるので、自分が急に咳が出た時にトラブルに巻き込まれないためには感染症予防ではなく人間関係のトラブル回避のためにマスクを付ける必要というのが今後出てくる場合もあるかも知れません。

    消毒用アルコールの品薄も深刻ですね。現在は丁寧に手洗いをし、手ではない場所の除菌には塩素系漂白剤を水に薄めて使うなど、代替品も使いながらメーカーが品物を流通させてくれることを願いたいものです。しかし、香港でトイレットペーパーがなくなったように、ウィルス以上に恐いのは人間の不安に乗じて誤った情報を流したり、騒動に乗じて一儲けを企むような輩です。ネットでの発信というのは、そうした卑劣な人の行状をあぶり出す役割もあるかと思いますので、あまりにひどい事例を目撃したらここでも紹介していきたいと思います。

コメントを残す