GW中の東京往復旅 その1 忘れ物に注意!

当初、2017年のGWの予定は全く立てていなかったのですが、必要に迫られて東京在住の友人2人と会って用事をこなすことになりました。特に一人の友人とは、ダンボール15箱にもなる荷物(ほとんどが本)を預かっていて、機会を見て手渡しに行こうと思っていたところ、このGWは自宅にいるということなので、私の車であるホンダフィットに入っていたほとんどの車中泊用の荷物を出してダンボールを詰め込み、何とか車に全ての荷物を載せることができたので、当日はとにかく早く出た方がいいと、午前6時前に自宅を出発しました。

予定としては高速でとりあえず東京付近まで行き、早ければ時間調整をしますし、遅ければそのまま進むように計画は立てていたのですが、出発した際は十分に時間があったので、最寄りのインターである静岡インターチェンジから乗らず、少し一般道を東へ進んで清水インターから東名高速に乗るつもりで出掛けました。
そして、車が旧静岡市から旧清水市へかしかかろうとした時にあることに気付いたのです。今回は車にかなりの荷物が載っているので余分な自分の荷物は持っていかないようにまとめておき、それでも帰りに体力的に力尽きた時のために最低限の車中泊のためのグッズは別に用意しておいたのですが、しっかり確認して落ち度はないと思って出発したのに、大事なものをひとつ忘れていました。

今回友人に会うに伴って、ちょっと前から手土産の算段をしており、その手土産一式をこともあろうに忘れてきてしまったのでした(^^;)。特別にということで用意した荷物と分けていたことがあだとなったようです。

幸い、高速道路に乗る前に気が付いたのは本当に怪我の功名でした。もし出発してすぐに忘れ物に気が付いた場合は相当へこんでいたことが想像されましたが、かなりのタイムロスがあるとは言え、来た道を戻るだけですので、何とか気分を直して自宅に戻り、無事に忘れた手土産を車に積み直して再出発となりました。
先日のブログで、他人のスマホの置き忘れについて書いたばかりだったので本当に恥ずかしい事になってしまいました。持っていく荷物は絶対に離して置かないという基本中の基本を守れなかったために、改めてここで自分のしょうもなさを宣伝するような事になってしまったわけですから。

ただ、こうした忘れ物をしても、すぐに切り替えて戻るなりする決断力というものも大切であることを自分でやってみて、大切だとわかりました。同じ忘れ物でもそのまま戻らずに行っていいものか、そうではなく必ず取りに戻らなければならないものかという判断も大切です。今回は友人に会うために買って来た手土産だったので、さすがに持っていかないで無かったことにはできませんでした。

今回のエントリーは、実は旅から帰ってきてからではなく、行程の途中でノートパソコンを広げて書いています。現在地は海老名サービスエリアですが、自宅へのおみやげとして名物のメロンパンを買って、これから東京方面に行きたいと思います(^^)。


スポンサーリンク

コメントを残す