奈良県生駒市の特産品「レインボーラムネ」派生商品の数々

先日車で出掛けた際、国道一号線掛川の道の駅の中にある販売スペースで、ラムネ菓子を見付けました。京都の伊藤軒というお菓子屋さんで作られた「たまラムネ」という商品です。ちなみに、伊藤軒さんにはホームページがありますが、ネットショッピングの取扱商品には「たまラムネ」を見付けることができなかったので、あえてリンクは貼っていません。

たまラムネ

この形状を見てはっと気付いたのが、地元の人でも手に入らないながらも、製造元の奈良県生駒市にある「イコマ製菓本舗」さんのご厚意で、ふるさと納税の返礼品としてリストアップされるほど人気のあるピーチ味の「レインボーラムネ」でした。大きさは違うかも知れませんが、写真のラムネの形状は似ていて、これならすぐに買って帰れば、本家のレインボーラムネとは違うかも知れませんがそれらしきものが食べられるということで購入してきたというわけです。

こちらのラムネは色の違いで味も違っていて、歯ごたえも良くなかなか美味しいものでした。これをご覧の方の中で本家のレインボーラムネの味を知っている方がいたら本家を差し置いて模倣品を前面に出してもと思われることは十分承知していますが、どちらにしてもレインボーラムネ自体がおいそれと入手できるものではないので、代用品的にいつでも買えるものがあれば嬉しいと個人的には思います。

そう考えると、他にもレインボーラムネにインスパイアされたラムネがあるのではないかと思ってネット検索をかけたら同じものではないにしろ丸い形をしたラムネ菓子を見付けることができました。その中で、日本中で入手することが比較的簡単なものとしては、全国のセブン-イレブン限定で購入できるというカバヤ食品の「カラフルラムネ」です。

カラフルラムネ

現在は写真のようにシトラスミックス(右)とヨーグルト(左)の二種類あり、前述の「たまラムネ」と比べると、乾いてはいなくて口に入れるとしっとりしています。私の場合は噛むよりも口の中で溶かしていく方がより深くその味を楽しめるような気がします。

本家のレインボーラムネは機会があればいただきたいですが、旅先で同じようなラムネ菓子を見付けたら、改めて購入してその違いについても確かめてみたいと思えます。このようなラムネ菓子はドライブ中の気分転換にもなかなかいいものです。事前に用意できなくても、「カラフルラムネ」なら全国のセブン-イレブンで入手できますので、興味のある方は是非試してみられてはと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す