新しいAmazon Fire TV Stickについて

前から予約していた新しいAmazon Fire TV Stickがようやく発売になり、先日自宅へとやってきました。前のものと交換という形でテレビに付けてみましたが、今回はそのレビューという形で書かせていただきたいと思います。

新しく届いたものと従来のものの構成は本体+リモコン+ケーブル類+アダプターで同じですが、中味はともかく本体もリモコンも大きくなっています。写真は本体の大きさを比べてみたものですが、大きい方が新しいAmazon Fire TV Stickです。実は今回買い換えを実行したのは、古い方のセットをいつも旅行の時に持っていくバッグの中に入れておくようにして、旅先のホテルなどでセットして、さらに多くのホテルの客室内で使えるWi-Fiを活用して、映画やテレビドラマだけでなくDAZNによるJリーグ中継を見るために使おうと目論んでいたからです。

というのもJリーグのテレビ中継というのは地域密着になるため、訪れた土地をホームにするチームが優先的になるので、自分の地域のチームを常に見るためにはDAZNで見る必要が出てくるのですが、ノートパソコンやタブレットの画面で見るよりも、大きいテレビの画面を利用して見ることのできるAmazon Fire TV Stickはその便利さを実感していたのでした。Chromecastの場合はスマホやパソコンの画面をテレビに出力するようになるので、画像を見ている時にはスマホが使えなくなるのですが、リモコンがAmazon Fire TV Stickには付属しているので本当にビデオを見るかのようにWi-Fiの設定さえしてしまえばあとは安定して使えるのがいいですね。

さて、改めて新しいAmazon Fire Stickについて紹介してみると、まず目立った違いとしてリモコンに音声認識の機能が付いています。マイクボタンを押してその上のマイクにキーワードを吹き込むと、あまたの数のソフトの中で目的に沿うものを探してくれます。今まで見ていたものの続きを探すのが面倒な場合や子供の好きなものを見たい場合は積極的にこの機能を使うのもいいでしょう。

次にハード的な違いについてですが、CPUがデュアルコアからクアッドコアに性能アップし、Wi-FiおよびBluetoothの性能も上がっています。ストレージ8GBとメモリ1GBに変更はありませんが本体の処理速度が上がり、音声検索に対応したことが新旧の違いという風に考えていいのではないかと思います。

実際に使ってみて、リモコンを押すと反応も良く、扱っていての快適度は上がりました。ただ、AbemaTVやDAZNなど多くのユーザーが同時に見ているコンテンツの場合、画面が止まることもしばしばあるのでそうした不具合の完全な解消にはなってはいません。ただもしかしたら自宅のブロードバンド環境が貧弱なせいかも知れませんので、光回線を利用している方で中継が止まることが頻発した場合は、むしろ多くの人がネット接続をしているための不具合という可能性もあるので、現状ではそもそもハードを新しくしても解決しない問題なのかも知れません。

すでに持っている方が買い足した方がいいのかと言われると困るのですが、リモコンの反応にちょっとストレスを感じていたり、音声認識による検索を子供に使わせたいというような事があれば旧タイプと同じ4,980円で購入できますし、将来別のテレビでも使いたいような場合や、私のように旅先のホテルのテレビに繋いで使いたいと思っている方にはなかなか便利に使えるのではないかと思います。

なお蛇足になるかも知れませんが、今後のテレビ放送自体に関する状況に不安を感じている方は、あえてテレビではなくスピーカー付きのパソコン用モニターにこのAmazon Fire TV Stickを付けてネット放送やオンデマンドサービスを利用するのを主に使うというのもありでしょう。このセットならモニターにはアンテナはつながっていませんし、NHKの本放送を直接見られるわけではないので、今後NHKが放送受信料をどの範囲まて取るかという危惧はあるにしても、受信料は現状ではかかりません。ネットさえ繋がっていればAbemaTVアプリをダウンロードして使えるようにして最低限のニュースは見られますし、自然災害による生命の危険を感じた場合でも、YouTubeアプリからウェザーニュース社のSOLiVE24を流し続けた方がわかりやすいという声もあります。

そんな目的のためにも使おうと思えば使え、アマゾンのプライム会員に加入していればビデオや音楽もテレビ上で楽しめるようになるので、すでにアマゾンのプライム会員になっている方なら買いのハードであると思います。逆にアマゾンのサービスを使っていない人にとってはChromecastの方がいいとは思いますが、現状では両方持っていても、単体で使えるこちらの方を私はメインで使っている状態です。


スポンサーリンク

コメントを残す