静岡市用宗(もちむね)漁港直営の「どんぶりハウス」

最近はなかなか出掛けることもできなかったのですが、機会がないながらも昨日は久し振りに買い物に出掛けてきました。その帰りに寄ったのはしらすの水揚げで有名な用宗漁港にある野外食堂の「どんぶりハウス」に行って食事をしてきました。

営業時間は午前11時から午後2時までで、一つだけ特徴があります。しらす漁は天候の影響で中止になる場合もあるので、その場合には食堂や直売所で生のしらすを購入したり食べることができないということです。

料金は「生しらす丼」だけが600円(税込価格 ご飯大盛り100円増し 以下同じ)ですが、しらす漁がない日でも食べられる「釜揚げしらす丼」「まぐろ漬け丼」「ねぎとろ丼」の普通盛りは全て500円です。他にはしらすにマグロという二種類が載った丼が800円となっています。

注文してお金を払うと整理番号の付いた紙をくれるので、自分の番が来るまでに複数あるテント内に設置されている席を確保しておきます。お正油と割り箸、そして冷たいお茶はテントごとに設置されています。

今回、実は先に直売所で釜揚げしらすの150グラムを500円で購入していて、生しらすがない日だということがわかっていたので、あえて釜揚げしらすは外し、マグロの漬け丼とネギトロ丼をいただきました。一応味噌汁は付くものの、それほど具は多くありません。丼としての量も少ないので、個人的にはここではしらすだけを食堂とは別の場所にある直売所で購入し、白飯を調達して自前の丼にした方が思い切り食べられるような気がします。

ちなみにその日の夕食を釜揚げしらす丼にしたのですが、150グラムの半分の量で立派なしらす丼になりました。キャンピングカーなどで車内で炊飯ができれば言うことないですが、クーラーボックスに入れたまま運び、白飯を入手できるならかなり贅沢な丼をいただけますので、もし時間の都合で現地で食べられないような状況でもその場から買って帰るのはありだと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す