シーズンの桔梗信玄餅詰め放題には車中泊の覚悟で

今回は午後から甲府市で用事があったのですが、せっかくのドライブを機械的に往復というのももったいなかったので、朝の6時前から出発しました。なぜ早く出たかというと、まだかろうじて見頃の花が残っている笛吹市周辺の桃畑の花を見るのに、私の行った4月8日というのは「笛吹市桃の里マラソン大会」という行事になっていて畑周辺に車で近づくことは交通規制が行なわれてからでは無理になるからということでした。

山梨へは下道を通っても2時間くらいで、7時過ぎには着いていたのですが、2018年は暖かい日が続いたこともあって何もかも早くなっていて、平地の方の桃の花はもはや盛りを過ぎたものばかりでした。それでも、遠目で見てきれいに咲きほこっている場所を見付け、何とかきれいに写真に撮れる場所までやってこられました。

すでに三脚をセットした多くのカメラ持ちの方々がいらして、写真を撮りまくっていましたが私もその中に入れてもらい少し桃の花の写真を撮れました。どちらにしても今回は用事が先にあっての訪問だったので観光中心にはいかなかったですが、それでも過去のブログで書いたように、現地のマラソン大会をチェックしてから行ったので、交通規制が出る前に現場から出ることができて良かったですね。

そこまではとにかく早く現地に着こうとしていたので朝食も食べていなかったのですが、さすがに朝食場所はノープランだったのでグーグルマップで近いファーストフード店を探したところ、牛丼のすき屋さんが出てきたので、たまごかけごはんの朝食をいただきました。その後、どうしようかと思ってあちこち見ていると、桔梗信玄餅で有名な桔梗屋さんの工場本店(アウトレット店舗併設)が9時からということでした。時刻はだいたい8時過ぎだったので、そのまま行くことにしたのですが、現場はすごいことになっていました。

この工場アウトレット店の名物が、看板商品の「桔梗信玄餅」の詰め放題なのですが、およそ200円で賞味期限の近い商品が、本体をつぶして入れると相当入るようになっています。この詰め放題に参加するには、事前に整理券を配り、所定の枚数が出た時点で終了になるのですが、当日は午前7時半には170枚の整理券を配り終えていたようです。

別の看板によると工場店の門が開くのが午前6時半ということですが、ご丁寧にそれより前に来た人のために24時間開けてある駐車場の案内までしてあります。その駐車場にはキャンピングカーまで停まっていましたので、早い人は前日夜から来て車中泊をしながら人の出入りを察知し整理券ゲットに挑むという感じになるのでしょう。何もない週末だったら6時から6時半あたりに行けば大丈夫だと思いますが、ゴールデンウィークのような特別な時期には心して掛からないと詰め放題の整理券をゲットするのは難しいでしょう。

私がやってきたのは午前9時前でしたが行列ができていて、何の行列だと思ったら、アウトレット店舗に入るための行列だそうでこれは詰め放題とは違いました。私自身は人にお菓子を送る必要があったので人が並んでいない通常店舗の方に入り、色々見繕ってヤマトの宅急便で送ってもらうことにしました。通常の送料はかかりますが、工場でできたてのものを送ってもらえるので、わざわざやってきた意味はあると思います。

自分のためのお菓子は全く買いませんでしたが、今回の用事は午後から夕方までと結構拘束時間が長く、会場周辺にはコンビニくらいしかないので、工場内にあるコンビニの目玉商品と言える、社食のお弁当というものを買ってみることにしました。

チキンカツのお弁当が税込320円と結構安いので、当日のお昼用として購入しましたが、朝食といいこの昼食といい、相当ケチった食事になってしまいました。その分用事が終わった後の夕食は豪華にするつもりですが。

こんな感じで肝心の甲府市での用事の前に一ネタ紹介できるくらいのちょっとした旅ができました。家族で車中泊なら前日から桔梗屋さんの駐車場で整理券の配布を待ちながら整理券をゲットしたら周辺観光というような、今回の私の回り方とは逆のパターンの方が十分楽しめると思います。それにしても詰め放題と聞くと私たちはそれに取り憑かれたように集まっているということが改めてわかりました。今後、甲府周辺へお出掛けを考えている方は、詰め放題に参加するかしないかということをまずは考えた上で計画を立てることをおすすめします。


カテゴリー: 旅日記 | 投稿日: | 投稿者:

てら について

主に普通の車(現在はホンダフィット)で、車中泊をしながら気ままな旅をするのが好きで、車中泊のブログを開設しました。車で出掛ける中で、モバイルのインターネット通信や防災用としても使える様々なグッズがたまってきたので、そうしたノウハウを公開しながら、自分への備忘録がわりにブログを書いています。

スポンサーリンク

2 thoughts on “シーズンの桔梗信玄餅詰め放題には車中泊の覚悟で

  1. トミー

    ありがとうございます いまからまさに行ってきます車中泊の駐車場‼️すばらしいですね!ちなみにトイレとかもあるのですか?

  2. てら 投稿作成者

    トミーさん コメントありがとうございます。

    桔梗屋の工場の扉は朝の6時半くらいまでは鍵がかかっているので、その前に詰め放題の整理券を求めて並ぶ場合は、必然的に車を停める必要があるため、桔梗屋さんの方で24時間開いている駐車場を用意してくれているのです。恐らく整理券配布は工場入口のカギが開けば行なうと思いますので(私が行った週末は午前7時半で整理券の配布は170枚で終了していました)、朝起きたら工場前の様子を見ながら並ぶなりすればいいと思います。

    お尋ねのトイレの件ですが、私は工場内にあるトイレを利用したので、近くにあるコンビニのトイレを使わせてもらうかするようになるのではないかと思います。もし車中泊時のトイレが心配なら近くの道の駅や中央高速のサービスエリアで寝て、早朝から動くという方法もあります。甲府行きが楽しいものになることをお祈りしています。

コメントを残す