ネット関係の不具合はまず問い合わせるのが吉

このブログとは関係ありませんが、気が付いたら以前から使っているレンタルサーバーに挙げていたデータがウェブ上で全く表示されなくなっていました。表示されなくなってから早く気付けたのは幸いでしたが、実はこのブログからそのページの一部にリンクを貼っていて、そのリンクがエラーになったことをブログの設定画面上で気付いてわかったのです。古いデータが多うので、そのほとんどがどうでもいい記録ではあるのですが(^^;)、他の方がリンクを貼ってくれているベージも少なからずあるので、何とかしないとと思っていました。

ちなみに、不具合が起こっているサーバーについてその前後に緊急メンテナンスがあるという連絡メールが届いていていて、ページにアクセスしようとすると英語で「メンテナンス中」という表示が出ていたので、これはしばらく放っておけばメンテナンス終了後に直るだろうとたかをくくっていたのですが、いくら待っても状況は改善しませんでした。

そこで、サーバーのホームページから自分のウェブページの情報を見たところ、IPアドレスの変更がされていることが表示されていることを確認しました。私が契約しているサーバーでは、過去に無料で少ない容量のスペースを貸してくれたことがあり、その中に今回問題になっているのとは別のウェブページをアップしたものが残っており、そのページもIPアドレスが同じものに変わっていると表示されていたのですが、それらのページの分は問題なく表示されるものの、肝心のデータが詰まったベージの全てが全く表示されず、相変わらずメンテナンス中の表示が出るだけです。

こうなると、細かな設定まで調べないとその原因が自分にあるのか、まだメンテナンス中でサーバーの作業が遅れているのかということがわかりません。特に、同じサーバーでメンテナンスを終えたと思える他のページが正確に表示されるというのが解せませんでした。どちらにしろこのままにしておくとまずいことになる事は確かだったので、まずは自分とサーバーとどちらに原因があるのかをサーバーに連絡して調べてもらうことにしました。

連絡をしたのは連休に入ってからだったので、休み明けに返事が来ることも覚悟していたのですが、その日のうちに返事が来たのにはびっくりしました。結論から言うと、自動的にIPアドレスを変更してメンテナンスが終わるはずのところ、問題のサイトだけなぜか旧のIPアドレスが残ってしまっていたので、手動で新しいIPアドレスに直してくれたとのことでした。改めてその内容を確かめてページが元のように表示されていることを確認し、ようやく安堵したということになります。

今回の事は、もしページ自体が表示されていないことがすぐに分からなかったらそのまま放置されて、他人から指摘されるまで気付かなかったかも知れません。さらにページが表示されない事はわかっても、自分で解決方法を導き出すことができなかったら、ただいたずらに時間が流れる中でせっかく過去に作ったデータが消えたと多くの人に思われて終わってしまったかも知れません。

このブログを立ち上げる前にはプロバイダが無料で提供するスペースを借りて書いていたのですが、規約の問題で書きたいことが書けなかったり、プロバイダ自体の経営の状況によってプログサービス自体の提供が急になくなってしまうリスクもあります。今のブログは自分でレンタルサーバーを借りてその中でブログを運営しているので、そうした自分以外の原因でブログが書けなくなるとうことはなくなったのです。

ただ、ブログのシステムを一から自分で作り、サーバーを契約して運営する場合、ちょっとブログの明細を変更しただけで、ページ自体が表示されなくなるような危険が常に付きまといます。その際にいかに迅速に対応できるかという事がサイトの信頼を保つことにもなりますので、自分の方に原因が感じられなかったら、すぐに問い合わせをすることが重要であると改めて思いました。このブログにも自分の備忘録的な大切な情報はかなりぶっ込んであるので、気を付けたいと思います。ただ先日、コメントを付けようとしても全くコメントが付けられない不具合がしばらく起きており、その件については読者の方に直接ご連絡いただいたことで現在は改善しています。

このサイトも悪意ある第三者による乗っ取りなどの被害に遭わないようにと、プログラムはできるだけ新しいものに更新していますが、逆にそうすることで今まで使えていたものが使えなくなったり、見えるべきものが見えなくなったりすることもあるかも知れません。こちらでも確認は行なっていますが、もし何かお気付きの点がございましたら、こっそりでいいのでご連絡をいただければ幸いです。


スポンサーリンク

コメントを残す