いざという時のバックアップの大切さを思い知る

昨日は、果たして本日ブログ更新ができるかと正直思ってしまうほど切羽詰まっていました。というのも、人に頼まれてその方が使っているブログの内容を手直ししていたのですが、設定を変えてその結果を見ようとしたら今まで問題なくアクセスできていたページにアクセスできなくなってしまったのです。

その方のブログはこのブログと同じ「WordPress」というソフトを使って作っていたのですが、自分では全く意識することがなかった何かの作業で、致命的なミスがあったとしか考えられません。それまで設定してきた内容についてはきちんと変更を終えてサーバーにアップロードしたのに、なぜ表示されないのかわからずに生きた心地がしませんでした。

結果としてわかったのは、FTPを操作している中で、「.htaccess」という大変大事なファイルの更新日時が作業をしたその日になっており、何かの手違いでファイルの中味を更新したのか上書きしたことにより不具合が出てしまったようです。その事を発見した時には中味が変わっていないかきちんと確認はしたのですが、ちょっと見ただけではわからないところが違っていたのが、何が変わったのかもわからず、それが何なのかはすぐにはわかりませんでした。

そうなると、原因がわからない中で結果として元に戻さなければならないため、個人のブログでこちらの好意で設定変更を頼まれたとは言え、そのまま元に戻りませんでしたなんて終わりにしてしまっては、その方との間にも亀裂が入りかねません。しばらく不具合が出たままの画面を眺めながら一人で重苦しい時が流れたのですが、その時、ふとひらめいたのが、最初にブログを作る時に自分のブログと同じように設定していたブログ構築に関するファイルのバックアップをクラウドのDropBoxに自動的に送信してくれるWordPressのプラグインを有効化し、実際に週一ではありますがバックアップを取っていたことです。

早速、DropBoxの中でブログの内容をバックアップしてあるファイルをダウンロードし、中味を解凍してその中に自分が変えてしまう前の「.htaccess」ファイルを発見しました。そこで、祈るような気持ちで「.htaccess」ファイルを転送して改めてブログを呼び出してみたところ、無事に作業に入る前のようにブログと設定の画面に入ることができるようになりました。

その後、目的だった設定変更を終え、その知り合いの方にも有難がられるなど事無きを得たのですが、やはり、何を差し置いてもきちんとしたバックアップを取ってから作業するということが大事だということを今回ほど思い知ったことはありません。

もし、私のこのブログで同じことをしてしまったとしたら、今回は数時間の間ブログへのアクセスを遮断してしまったので、人によっては何らかの事情でブログを閉めてしまったと思う方も出てくる可能性もあります。今後ブログが大きくなればなるほど、システム上のトラブルで止まってしまう可能性というのは出てくる可能性があるということなので、少なくとも正常に動いていた過去にさかのぼる形で復帰することができるようなバックアップを複数の場所でしておくことが重要だと改めて感じました。

そこで、もう一つ無料で使えるバックアップできるプラグインを追加して、そちらでのバックアップ先はGoogle Driveの方にしました。これで自サイトのバックアップをDropboxとGoogle Driveの両方に持つことができたので、両方のクラウドが同時に駄目にならない限りは、なんとかこのブログも安泰というわけです。そういう風に考えれば今回のトラブルは結果オーライでしたが、それにしても大変でした。

最近はブログのデータに限らずテキストデータでも敢えて印刷せず、あくまでデジタルデータとして保管しているだけなので、クラウドに保存する場合でも、決して失いたくない複数のクラウドに分けて保存していますし、写真については私の場合はアマゾンのプライム会員になっていることから、無料で使える「Googleフォト」に保存するだけでなく、プライム会員になっていれば無制限に使えるアマゾンの「Primeフォト」にも同じものを同じように保存していたりします。もちろん、スマホやタブレット端末で撮った写真のアップロード先にも指定しているので、どちらかのサービスが中止になったりサーバーが壊れたような場合にも何とかなるようにしています。

また、写真以外のファイルについても複数のクラウドを使って大事なものは二重に保存するようにもしています。絶対に人にも見せたくないものがあればクラウドにも上げないと思いますが、物として存在するものを持つことで、いざという時には逃げる勢いが削がれるのではないかと思っているので、現状で手持ちのモバイル機器が全滅したとしても、自分が覚えているGoogleのIDとパスワードだけは忘れず、さらに手持ちの電話がなくなったとしても二段階認証に使っているSMSを受け取るための電話番号が使えるようになれば、何とか元の作業環境が回復できるような事を考えつつ、最大限必要な情報や書類を複数のクラウドに保存する事もこれから考えた方がいいだろうなということは思いました。

常日頃、何事もなくパソコンやスマホを使っていて、あまり感じないことではあるのですが、今回は自分のものではなく人のものを扱っている際中に問題を起こしかけたので(^^;)、身に染みました。皆さんも他人の不幸とばかり思わないで、ファイルのバックアップに関する意識をしっかりもって、何か問題が起こってもすぐに対応できるような用意をしておいて下さい。


スポンサーリンク

コメントを残す