持病のある家族がいる場合の災害準備

鳥取で起こった地震は、その後この文章を書いている段階では大きな余震や本震は今のところ起こってはいないようですが、そうした時だからこそ、今後の動向に気を付けていただきたいと思います。ここからは一般的な話になりますが、東日本大震災級の大きな地震が起こったとすると、社会生活の中で当り前にできていたことが急にできなくなる事がありますが、何とか我慢できる事がある一方で、我慢できなかったりあえて我慢してはいけないという事もあり得ます。

その一番大きな内容というのは、自分や家族の体に関することで、持病がある場合の薬の用意であったり、定期的に通院している場合の対応であると言えるでしょう。薬については、自分や家族が現在どんな薬を飲んでいて、用意してある量を飲み切ってしまった時にどうすればいいのかを考えておくべきでしょう。

公的な機関が大きな災害の後で対応できるまでというのは1日から2日後にならないとどうにもならない可能性があります。医療関係者と災害後に接触できたならすぐに自分や家族が服用している薬の一覧を提示し、可能ならば用意してもらえるようにリスト化しておくことが大事になります。「お薬手帳」を常に持ち歩くことがいいですが、最近ではスマホのアプリとして「お薬手帳アプリ」があります。薬自体の写真と名前をストックしておけるので、日常的に持っているスマホの中にこうした情報を入れておくことはやっておいた方がいいでしょう。

アプリを入れたりいちいちアプリに入力することがめんどくさい場合や、ガラケー使用の場合には、お薬手帳の記載内容や薬を出してもらった時にもらった薬についての紙類や、薬袋をそのままスマホのカメラで撮影して保存しておくだけでもかまいません。スマホやガラケーすら持っていないという場合には、薬局でもらった書類やお薬手帳の内容をコンビニなどでコピーしたものを持ち運んでいれば、いざという時に役立ちます。コピーと言えば、常に保険証を持ち歩かない場合には保険証のコピーも一緒にしておく方がいいでしょう。

ここまでは、比較的軽い持病がある方や高血圧の方のための対策でしたが、しばらく薬が飲めなくても何とかなる場合もあるのに対し、すぐにでも何とかしなければならない状況にある人もいます。その最たるものは人工透析を受けておられる方ではないでしょうか。

自分がそうだったり、家族に患者がいる場合は、本人が主治医と相談した内容を家族で共有していざという時にどうするかを考えておく必要があります。

断水や停電を伴う災害の場合、非常用の設備を使って透析が再開できるようになるまでに時間がかかりますので、基本的にはいつも透析を受けている所へ行くとしても、駄目な場合の第2候補第3候補の場所を打ち合わせし、いざという時には自分でその場所に向かう必要があります。

透析を受ける方が高齢の場合、自力で行くことは難しく、バスやタクシーも動いていないということになれば、家族が何とかするしかありません。家の車を使う場合、もしもの場合はかなり遠方まで出向くことになることから、日常的にガソリンは半分使ったらすぐに給油して満タンにしておくなど、いつでもすぐに遠くまで出掛けることができるように準備をしておくことは大切です。

実際に災害が起こった直後には直接罹災した方の対応に大きな病院は追われることになりますので、透析のためにすぐに対応してもらえるかどうかは極めて不透明です。そのためにも、大きな災害の起こる前にその対策を考え、それが一つではなく複数の可能性を探っておくことは、患者本人だけでなくその家族のストレスをも減らすことにつながります。普段は今の生活が急にできなくなることは想像し難いものだとは思いますが、今回紹介した人工透析に関わる様々なケースだけでなく、自分が持病持ちだったり家族にそういう人がいる場合には、いざという時の連絡を含め、極めて具体的な対策を家族の間で共有できるような準備をしておきましょう。


カテゴリー: 防災コラム, コラム | 投稿日: | 投稿者:

てら について

主に普通の車(現在はホンダフィット)で、車中泊をしながら気ままな旅をするのが好きで、車中泊のブログを開設しました。車で出掛ける中で、モバイルのインターネット通信や防災用としても使える様々なグッズがたまってきたので、そうしたノウハウを公開しながら、自分への備忘録がわりにブログを書いています。

スポンサーリンク

コメントを残す