通帳発行が有料になるのは時代の流れだが

みずほ銀行が、2021年1月から、70歳未満の顧客が新しく口座を開く際に通帳の発行を希望した場合、1冊あたり1100円(税込み)の手数料を取ることを発表しました。通帳発行についてのコストを抑え、スマホやパソコンでのネットバンキングに置き換えていきたいということですが、こうした傾向はこれまでも様々な報道がされる中である当然の流れだと私は考えています。今後は今までが全くの横並びのサービスだった銀行の個人向けのサービスが今回のみずほ銀行の行動を機に変わっていくのか注目されます。

個人的にはもっとスマホで使いやすいネットバンキングの仕組みができてほしいと思っています。というのも、毎月額が違う金額を色々なところに振り込む場合には(通販その他で)銀行へ行って振り込み用紙に記入したりATMに並んで振り込むよりも、ネットで振り込み先を登録しておき、金額だけ変えて一発で口座から送金できればそちらの方がいいです。なおその際、国内への振り込み手数料がネットバンキングからなら手数料が安いとか(できれば無料であるのが好ましいですが(^^;))、そのようなメリットを出した上で紙の通帳を有料化する銀行が現われれば、私はそちらの銀行をメインにすると思います。

当然、手数料無料(回数に制限はあるでしょうが)で利用するためには一定の預金額が必要であったり、口座からの給与振込や公共料金引き落としのような条件が必要とかいうことになるでしょうが、それならそれで、引き落とし先の銀行を変えることも出てくるでしょう。今回のみずほ銀行の動きを受けて、国内の銀行にさらなる競争が起きて、自分にとってベストな使い勝手を持つ銀行が出てきてくれることを逆に期待します。

というか、振り込みとはちょっと違うかも知れませんが、個人への送金であれば現在は電子マネー経由なら手数料はかかりません。もっとも現金として出金するには手数料がかかりますが、常に電子マネーを生活する中で使っているなら、あえて現金化しなくてもいいという状況もあり得ます。例えば、税金の支払がどの電子マネーでも普通にできるようになれば、今後、そうした形で振込先を銀行口座でなく電子マネーの方にという風にするような人々の行動の変化も考えられなくもありません。

そうなると、今の銀行も通帳発行だけでない個人客へのサービスを真剣に考えていかなければ、なかなか銀行も生き残っていくのが難しくなっていくのではないでしょうか。一部の方々にとっては紙の通帳を発行すること自体にコストがかかるというのはショッキングなニュースかも知れませんが、自宅およびモバイルでのネット環境を整備し、家でも外でもネットを自在に使いこなすことの必要性が、今後もより一層顕著になってくることは確かです。ネットバンクや電子マネーを使って、通帳レスでの決済をうまく使いこなせる人なら、銀行の競争に乗じて今よりも便利にお金のやり取りができる可能性もあります。そういったことも含めて、今後の他行の動向についても興味深く見ていければと思っています。


カテゴリー: 通信サービス全般ニュース | 投稿日: | 投稿者:

てら について

主に普通の車(現在はホンダフィット)で、車中泊をしながら気ままな旅をするのが好きで、車中泊のブログを開設しました。車で出掛ける中で、モバイルのインターネット通信や防災用としても使える様々なグッズがたまってきたので、そうしたノウハウを公開しながら、自分への備忘録がわりにブログを書いています。

スポンサーリンク

3 thoughts on “通帳発行が有料になるのは時代の流れだが

  1. ケータイオタク

    紙の通帳廃止の流れは今後一般的広まると思います。新規発行の次には繰り越しの場合の有料化ですね。
    紙の通帳廃止で削減されるのは通帳の印刷費や印紙税だけでは無いです。ATMのコスト削減につながる。さらにATMの共通化が可能となります。
    今後ATMの更新においては記帳機能及び硬貨取り扱い機能の削減されたATMに順次置き換えられていくと思います。
    コンビニに設置されているATMは記帳機能と硬貨と取り扱い機能を削減する事でコストは三分の一くらいになっていると聞いています。
    複数台設置されている支店などでは順次置き換えられますね。次第に1か所に1台くらいしか記帳機能及び硬貨取り扱い機能のあるATMは無くなるのでは。
    ATMの共通化が進めば金融機関のATMも相互利用が促進される事でしょう。
    紙の通帳の全面廃止には相当な抵抗があるとは思いますが、将来的にはあり得ますね。
    ただその場合には年1回から2回程度の入出金記録の送付。店頭における入出金記録のプリントアウトくらいは可能な機械の設置などは必要になると思います。
    キャッシュカードを挿入してある程度の期間の入出金記録をプリントアウトするくらいの機能の機械の設置維持費用は大きくはならないでしょう。
    年1回程度の記録の送付は幽霊口座の削減にも役立ちます。宛先人不明で戻ればそれを別途管理も容易になる事でしょう。

  2. てら 投稿作成者

    ケータイオタク さん コメントありがとうございました。

    今回のみずほ銀行では、ネットバンキングで過去10年間の取引明細を遡れるそうです。税金の申告などで過去の入出金を確認する場合、紙の通帳だと失くしたらアウトですが、逆にこれならネットバンキングにアクセスできればいいわけで、メリットは有るでしょう。

    あとは、PDFファイルで取引明細を定期的に添付メールで送ってもらえれば、登録したメールアドレスを使い続けていて、そのメールを消さなければそちらの方にも記録が残ります。プリントアウトは保管するためでなく、提出したり証拠とするために出すことができればなおいいですが、個人的にはコンビニのマルチコピー機とスマホアプリが連動して過去の取引明細をいつでも出せれば、わざわざ銀行に行く必要もなくなるのでそういった方法の方がいいのではないかと思います。

  3. ケータイオタク

    取引明細を添付メールで送るのはセキュリティの問題をどうカバーするかですね。事前にパスワードの設定が必要だと思います。
    1年に1度くらい郵送すると言うのも所在確認と言う事も兼ねて良いのではないでしょうか。
    数年間戻ってきた場合には休眠口座として管理する。犯罪防止の点からも利点はあると思います。

コメントを残す