ZEBRA 水性ジェルボールペン SARASA dry(サラサドライ)

12月の半ばを過ぎ、早い方はもう出してしまった方もいるかも知れない年賀状ですが、こちらはなかなか進まないというのが正直なところです。基本的にはパソコンで原稿を作ってプリンタで印刷するだけなので取り掛かれば早いと思うのですが、例年宛名書きは手書きでしているのでそれに手間がかかります。

手間がかかるだけならいいのですが、宛名書きをする筆記具によっては大事な年賀状を無駄にしてしまうケースがあります。急いで書くあまりにインクが乾かないうちに書いたばかりの所に手が触れてしまい、字が判別不能にはならないものの汚れてしまって相手に出すのは失礼になってしまいます。

そんなこともあって、ここ数年はボールペンを使って宛名書きをするのは極力控え、ステッドラーのピグメントライナー線引ペンを使っていたのですが、うっかりキャップを外したままにしておくと(ピグメントライナーは18時間キャップを外していても乾かないことが売りだそうですが、それ以上キャップを忘れてしまえばそれまでです)ペン先が乾いてしまって使えなくなるのが不満でした。

そこで、今回ZEBRAから新しく出てきたジェルインクを使った水性ボールペンのサラサに速乾性のインクを使ってサラサドライなる製品が出たと聞いて文具店へ行き試してみました。試し書きの紙に書くやいなや指の腹でこするような事を何度も繰り返しましたが全く紙が汚れることなく書けたのを確認して今回購入しました。税別で150円という安さも魅力ですね(替芯は100円)。

太さは宛名をはっきり書こうと思って一番太い0.7mmにしましたが、結構はっきりとした線が書けるので、これで今年は安心してさっと多量の宛名書きができそうです。それにしても日本の文房具の進化というものはびっくりするほどで、日常用だけでなくさっとメモを取り出して書きなぐるような外出中旅行中の筆記具としてもおすすめの一本ではないかと思えます。私の場合は太字を選びましたが、店頭で試し書きなどしてみて気に入った太さのものを一本使ってみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

コメントを残す