エリアフリーTV Plus SB-TV06-WRIP その9 単体使用でのBS放送視聴に注意

関東や東北で梅雨が明けたタイミングでこの文章を書いていますが、さあ本格的なレジャーシーズンの到来だと思った矢先、何ということか自宅のテレビが突然映らなくなってしまいました(;_;)。

電気屋さんの修理窓口に電話をしたところ、大変修理担当が忙しいとのことで、修理の受け付けをするだけでもかなり時間がかかってしまいました。ようやく半日くらいしてメーカーの修理担当者から電話はかかってきたものの、すぐに修理とはいかず、土曜日曜の間待たされることになってしまいました。

ただ、前回同じテレビが故障の憂き目にあったことで今回紹介しているSB-TV06-WRIPを購入するきっかけになったので、現在は自宅にある中で一番大きな画面を持つ10インチのAndroidタブレットをテレビにして修理に来てくれるまでのつなぎとして使っています。

安物のタブレットではありますがそれなりに綺麗な画像も映り、大型のモバイルバッテリーを繋げばどこにでも持ち運びができるのでバックアップ的なテレビとしては十分なのですが、一つの問題につきあたりました。地上波デジタルは見られるもののBS/CSが一切映らないのです。

これはSB-TV06-WRIPとつなげていたテレビの電源が入らなくなったことと関係があります。BSアンテナを使って放送を見るには、どこかでBSアンテナに電源を供給してあげる必要があるのですが、実はSB-TV06-WRIPには電源供給の仕組みがなく、今まではテレビの方でBSアンテナに電源供給をしていたのですが、そのテレビが壊れてしまったことでアンテナに電源供給ができなくなってしまったのです。

SB-TV06-WRIPの仕様を見ると、本体には電源供給を行なう機能がなく、本体のみでBS放送などを見たい場合は別に電源供給器の用意が必要になります。私の場合は電源供給のできるチューナーを持っていたためそのチューナーを電源供給のためだけにつなげることでSB-TV06-WRIP単体でもBSを見ることができるようになりましたが、今回の私の場合のように、テレビが壊れてしまった場合のバックアップに使おうと考えている場合、地上波デジタルだけなら特には必要ないですが、BSまで見たいと思われる場合は何らかのBSアンテナに電源を供給する仕組みを用意しておかないと私のように慌てることになります。

改めて、普段何の問題もなく使っているものでも、ひとつトラブルが起きてしまうと、今まで気にも留めていなかった事が解決できずにイライラすることになってしまうかも知れません。

今回の事でも、なぜちゃんとアンテナがつながっているのに受信信号が0なのかいくら考えても最初はわかりませんで、途方に暮れました(^^;)。テレビの故障でなくても、大型テレビを使わないようにとコンセントを抜いてしまっても同じようにSB-TV06-WRIPでBS放送が見られなくなる恐れがありますので、もしそんな状態でBS放送の予約録画をしていたとしても当然ながら録画されなくなり、にわかにはその原因がわからなくなるかも知れませんので、ここで改めて紹介させていただきました。


スポンサーリンク

コメントを残す