ナルゲン(nalgene)Kitchen広口0.5Lボトル

昨日のエントリーを書きながらネットでナルゲンの方の0.5Lボトルを注文し、翌日にはもう届いていました。これでラグビーワールドカップのスタジアムに自宅から水を持って行けるようになりました。

やはり新しいということははいいもので、さらに透明なボトルということで光っているように思えます。普通の水の入ったペットボトル(500ml)と並べてみましたが、大きさ的にはほとんど変わらないものの、厚手のプラ容器ということで相当頑丈であるという感じがします。

サイズは一般的な登山用のナルゲンボトル(0.5L)と同じで、キャップやアクセサリを共用できます。もっとも、ボトルカバーについては普通に100円ショップに置いてあるようなものの中から選んでもいいような気がします。

一般的にプラスチックボトルと言うと、海に流れ出したプラスチックのゴミが海洋生物にや地球環境に悪影響を与えると国際的に非難され、プラスチックストローを今まで出していたファーストフードやレストランでは、脱プラスチック化が進むなど、あまりいい話は聞かないと思いますが、それは日本に蔓延しているペットボトルが大量に消費され、そののゴミが無造作に捨てられる現状があるからだと思います。

今回購入したナルゲンのボトルは、BPAやBPSといった人にとって有害とされる物質を使っていないので安心して使い続けることができます。様々な匂いのきつそうな物を入れても洗えば臭わなくなるので、とんでもない破損をしない限りは長く使い続けることができます。これは、かなりすごいことなのです。

製品の寿命ということで言えば、登山用として売られている、キャップが本体に接続されているTritanシリーズのボトルには容量を計れる目盛りが付いているのですが、これが長く使っているうちにだんだんと消えてくるのです。このTritanシリーズのメリットとしては山での計量カップの代わりとして使えるというものがあり、そのメリットを生かして使っている人にとっては、目盛りが消えた頃が替え時なのかも知れませんが、今回購入したキッチンボトルの場合は、最初から目盛りも、製品名の記載もないのです。ですから、そういう事を気にせずに使い続けられそうです(^^)。

このボトルは旅先などで水筒として使う場合、先に書いたペットボトルのゴミ拡散を防ぐ働きもしてくれます。たいがいの自販機で売っているペットボトル(主に水や無糖のお茶類が前提です)の容量は500mlから650mlくらいだと思いますが、購入したところですぐこのボトルに移し、残ったらその場で飲んでしまえば、自販機の横にあるごみ箱に購入したペットボトルをすぐに捨てられます。結果として空いたペットボトルはすぐにリサイクルに回すことができるので、今の日本の社会の中で飲み物を消費しながらきちんと空き容器の処理もできる、環境対策としても良いボトルではないかと思っています。

さらに、パッキンがないので手入れがしやすく、広口で漏れにくいナルゲンボトルの特性を生かし、個人的には水に溶かして飲むスポーツドリンクやお茶類を活用し、ペットボトルから移したお水に粉末の飲料の素を入れてシェイクして飲むというのも十分にありそうです。

今や世の中は「マイボトル」というのはステンレス製の真空二層構造で、保温・保冷に威力を発揮するものが主流になりました。かくいう私も多くのそうしたマイボトルを持っていますが、あえて保冷・保温機能のないシンプルなプラスチックボトルを選び、そのボトルを使う頻度が多くなっている今の状況を考えると、ボトルについても他のグッズ同様に「シンプル・イズ・ベスト」ということが言えるのではないでしょうか。ある意味究極なシンプルさを持つこのボトルは、応用範囲も広くて料理にも使えるという点もあり、今後も長く使える道具として使っていくことになると思います。


カテゴリー: ボトルに関する話 | 投稿日: | 投稿者:

てら について

主に普通の車(現在はホンダフィット)で、車中泊をしながら気ままな旅をするのが好きで、車中泊のブログを開設しました。車で出掛ける中で、モバイルのインターネット通信や防災用としても使える様々なグッズがたまってきたので、そうしたノウハウを公開しながら、自分への備忘録がわりにブログを書いています。

スポンサーリンク

コメントを残す