日産e-POWERの車中泊仕様に期待

☆日本のエコカーというのは、ガソリンエンジンとモーターの両方が載ったタイプのハイブリッド車という形でスタートしましたが、このタイプではバッテリーが経年劣化を起こした場合にはほぼガソリンエンジンで走ることになり、電池の交換をしても燃費を維持したまま乗り続けたいと思う場合には電池交換のための多額の出費を覚悟しなければなりません。

電気を使わないエコカーとしてあるのが従来のガソリンエンジンを改良したものであり、軽油を使ってディーゼルターボという選択肢もあるのですが、今回はあえてそれらのどちらでもない電気自動車の可能性について考えてみたいと思います。

そもそもモーターだけで走る電気自動車というのは、市販の車としては日産のリーフがありますが、ガソリンを全く使わないかわりに専用の充電設備が必要だったり、家庭用のコンセントから充電できるタイプの車でも充電に時間がかかるという問題がありました。エコカーであっても乗りたい時にすぐ走れない車では支障がある場合があるので、それを解決するような電気自動車が日産から既に発売されています。それがコンセントから充電をしないタイプの日産のe-POWERという仕組みを搭載した電気自動車です。

同じ仕組みのものは先に三菱からも出ていましたが、今回新たに小型車のNOTEに搭載されたため、普通のグレードの場合標準価格で200万円前後からと買いやすくなりました。1200ccのガソリンエンジンを搭載しているのですが、このエンジンは車を動かすことには使いません。エンジンは全て発電にあてられ、発電した電気を内蔵の充電池に溜められるようになっており、充電池の残りが少なくなったらエンジンが動き充電池に充電されるような仕組みになっています。

この方式だとエンジン・インバーター・モーターの調子さえ問題なければ心配するのは充電池の劣化のみくらいで、変速機もないため今出ているNOTEのユーザーにおける評価が高く耐久性にも問題がないようなら、今後に続く日産のシリーズ展開に期待がかかるところです。

というのも車中泊に限らず、車を使ってキャンプなどのレジャーや災害時の避難生活にこの電気自動車の活用を考えた場合、例えば車内に家庭用コンセントを設置して電子レンジの一台でも設置できれば、食事を車内でいただくような場合でも車内調理が安全に簡単にできますので、旅行中に食べたいと思う食品を電子レンジで調理できるようなものにすれば、いつでも温かい食事がすぐに食べられますし、製氷機を使って氷を作り、高性能のクーラーボックスと組み合わせれば、全て車内で冷たいものも調達することができるようになるでしょう。

それはすなわち、ガソリン携行缶も用意したりして、とにかくガソリンさえ切らさなければ、車自体が発電機となって生活に必要な電気も車回りだけで調達できるということを意味します。車中泊用に電気自動車を用意するなら、NOTEよりひと回り大きな車体で、フルフラットになるシートアレンジで電子レンジ・製氷機・テレビあたりが置けるスペースのある車が発売されれば、車中泊および災害対策用の車としてはかなりニーズが有るのではないかと思います。高額で売られている車中泊に特化した車のように、何しろ自前でサブバッテリーとインバーターを用意する手間が省けますし、エンジンが発電に特化しているのでエンジンの出力が全て電気に変わるということで、ガソリン車を走らせながら充電するのとは段違いに充電効率が良くなることが期待されます。

個人的には他社が出しているハイブリッドタイプの車より、こうしたコンセントがなくエンジンからの発電のみで動く電気自動車の方が売れるようになれば面白い気がします。内蔵の充電池も数が出るようになって新品だけでなく再生品がそれなりの価格で出てくるようになれば電池交換の負担も軽減されるでしょうし。

また、今の軽自動車の規格が残るならエンジンの大きさはNOTEの半分になっても、エンジンが回る回数は増えるかも知れませんが、普通に使えるガソリンエンジンで発電だけをする軽のワンボックスが出たら一人での車中泊用には最強になる可能性があります。車内スペースの活用法ということでは今までの蓄積がありますし、私ならコットとポータブルトイレ、シンクを設置し電子レンジを加えてオール電化になった車中泊カーとして利用できれば本当にこの車だけでも生活できそうで恐かったりもします(^^;)。

最近出た車の中には車の屋根に太陽電池パネルが付いた車もありますが、さすがに車の屋根くらいの大きさでは十分に充電することはできませんので、発電は単純にエンジンからのみというシンプルさを持った電気自動車が今後広まっていくことを密かに期待しています。日産はもちろんですが、ロータリーエンジンのノウハウを持っているマツダがレジャー用にガソリンで発電専用ロータリーエンジンを回す小型の電気自動車を出してくれたら、競争になって価格も今より下がっていくのではないかと、そちらの方にも期待してしまいます。


スポンサーリンク

コメントを残す