サッカーJリーグ以外のDAZNの中継スタイル

今年のJリーグ開幕から中継がストップしたことがニュースになるなど、あまりいい話が聞かれないネット専用の動画配信サービスのDAZNを契約してサッカー中心に見ています。逆にサッカー以外のジャンルについてはほとんど見なかったのですが、先日から中国・無錫で開催されている卓球のアジア選手権がライブ配信しているのに気付き、この週末を中心に中継を見てみました。

さすがに現地へ行くスタッフもいないようで英語のアナウンスになるのは仕方ないにしても、ちょっとどうかと思ったのがライブ配信のスケジュールが明らかに地元である中国の選手が出場する試合に偏って放送されているということでした。

ロンドンやリオデジャネイロ五輪から日本代表の卓球の一流プレーヤーの魅力に目覚めた方は少なくないと思いますが、今回の大会では男子も女子も中国選手と互角に試合だけでなく、どのような勝ち上がりをしているのかを見たいと思っている人は多いと思うのに、単に中国のテレビ放送をそのまま流しているのではと疑われかねないお粗末なライブ中継をしているDAZNには、もう少し何とかしてくれてもいいのではないかと思うわけです。

個人戦やダブルスに出場した日本人選手は中国選手と試合をする前の段階ではほとんど中継してくれませんでしたし、注目度が低いのかどうかわかりませんが、女子の試合が終わったら、勝ち進んでいて中国選手と対決するはずの日本男子の試合を中継しないまま配信を終了してしまうし、せっかく大きな試合の配信があると楽しみにしていた分落胆も大きかった中継になってしまいました。

それでも私の場合はテレビ東京が見られないので世界卓球の生中継も見られない地域にいたこともあり、ドコモとのセットで加入しているのでJリーグ以外の中継はおまけだと考えればいいのかも知れません。しかし、もう少し日本で見ている視聴者が楽しめる努力をしてくれれば、もっと多くの加入者を獲得できるのではないかと思いました。今回は卓球に限っての話でしたが、今後もテレビでなかなか中継してくれないスポーツについて、単に現地のテレビをそのまま流すような形でなく、きちんと日本語による解説も加えて新たなファンの開拓をも目指すような番組作りを目指していただきたいと切に思います。

ちなみに、大会の方は女子シングルスで平野美宇選手が準々決勝から中国の世界トップランカーを次々に打ち破り、最後は無双の強さで優勝と、中国選手との試合となった準々決勝からの3試合をDAZNが中継してくれた事自体には本当に見せてくれてありがとうと言いたいです。オリンピックや世界選手権と比べて格が劣る大会と見られがちですが、こと卓球については世界の中でも中国選手の実力がずば抜けているため、参加人数の制限があるため出られない中国選手がこの大会にはたくさん出てくるので、日本選手はたとえ世界ランクが上だったとしてもはるかにランクの低い中国選手にコロコロ負けるような状況がこれまで続いていたので、まさかこんな風にシングルスの頂点まで駆け上がる姿をライブで見られたのは本当に感激しました。

それでも、ほとんどサッカーしか見ない人であったとしても、これから佳境に入っていくJリーグ(J2J3を含む)の優勝争いや、昇格・残留に関わる試合などはDAZNでしか見られないわけですし、一年間は様々な状況を見ながら、新たなスポーツについてもDAZNで見る機会があったらその内容なども改めて紹介させていただきたいと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す