季節の変化とともに100円ショップで売り出した「扇子」の中でもプラスチック製は今手に入れておきたい

昨日、割と大き目のセリア(100円ショップ)に行ったら、開閉可能で手動で風を送ることのできる扇子のバリエーションが増えていました。時代は扇子よりもミニ扇風機だと思っている人も少なくないかも知れませんが、100円ショップで売っているミニ扇風機には手動のものもあるものの、タフで壊れにくく、いつでも風を起こせるという意味では個人的には扇子の方が好みなので、ここに来てのラインナップが増えると選ぶ楽しみが増えます。

ただ、過去にもこのブログで書いたのですが、扇子の使い方は単に風を送るためだけではなく、巷で言われている「マスク会食」に代わる飛沫飛散防止用に使えるグッズとしても使えるのです。お箸を持つ手ではない方で扇子を持ち、口の部分を隠しながら(相手に飛沫が飛ばないように持って)食事をすることで、アクリル板がないような場所でも全てではありませんが、食べている際中でも飛沫を抑えることが期待されます。

今回購入したのは、主に夏にならないと出ないと思われていた、紙製でも布製でもない「プラスチック製」の扇子です。前に使っていたものはダイソーで購入したものですが、今回はセリアで購入しました。基本的には海辺やプールなど、濡れて壊れないようにプラスチック製にしていると思うのですが、飛沫飛散防止用に使う場合、最大のメリットがあります。紙製や布製の扇子を飛散防止のために使用する場合、もし自分なり他人の飛沫が扇子についてしまった場合、除菌するためにはいわゆる「ファブリーズ的なもの」を吹きかけるくらいしかできませんが、プラスチック製の場合は除菌シートや液体の除菌液を吹きかけてそれを拭き取ることで一応の除菌ができるのです。

ちなみに、色は複数あったもののそれでも目立たなそうなネイビーにしたのですが、柄がいわゆるニコちゃんマークなので、使う場所を選ぶかも知れませんが、会食時というのは恐らくきちんと対応することが必要なので、こんなものであっても飛沫拡散を防ぐためには有効だと思うので、あえて柄のある方を内側に向けて使ってもいいのではと思います。

おそらく、ワクチンを自分が打ったとして、現在のような引きこもりの生活ではなく、ある程度は外に出て会食に出る可能性が出てくるようになった時点でも、こうした用意はまだ必要ではないかと思います。直接100円ショップではプラスチック製の扇子を飛沫防止の目的で売り出してはいないと思いますが、さすがにマスクを掛けながら食事を口に運んだり飲み物を飲む時だけマスクを外すような事は大変なので、利き手でない方で口を覆うだけで済む扇子利用の食事は、今後もっと注目されてもいいのではないかと思います。

そういうわけで、今後会食時の画期的な飛沫防止グッズが開発されない限りは、今のうちに除菌シートなどで簡単に除菌できて何回でも使い回せる、プラスチック扇子の利用について継続していく予定です。恐らく夏のシーズンに向けてプラスチック製の扇子は複数の100円ショップで売られると思いますので、興味のある方は是非ゲットして、暑くなる季節での感染症予防に備えましょう。


カテゴリー: 防災グッズ | 投稿日: | 投稿者:

てら について

主に普通の車(現在はホンダフィット)で、車中泊をしながら気ままな旅をするのが好きで、車中泊のブログを開設しました。車で出掛ける中で、モバイルのインターネット通信や防災用としても使える様々なグッズがたまってきたので、そうしたノウハウを公開しながら、自分への備忘録がわりにブログを書いています。

スポンサーリンク

2 thoughts on “季節の変化とともに100円ショップで売り出した「扇子」の中でもプラスチック製は今手に入れておきたい

  1. ケータイオタク

    マスク会食はやってられないと言うのが正直なところです。アクリル板と換気が現実的だと思います。
    新コロナはただの風邪ではない。特定の要因を持った人には危険な風邪です。本来風邪自体甘く見てはいけない病気です。知識を持とうとしないで怖がるだけと言う人々が面倒を引き起こす。当初は肺炎の一種と言う事で喫煙経験者が肺機能が低下しているので危険。それを助長したのが肺気腫の病歴がある志村けんですね。
    しかし研究が進むにつれて血液の病気だと考えられるようになってきました。腎臓の悪い人も悪化しやすい。喫煙は煙がウイルスを運んで感染させやすい。当人もヘモグロビンで血管の状態を悪化させるなどの弊害をもたらしますね。
    アクリル板の無い店では扇子は効果があると思います。アクリル板の役割を果たしてくれますね。
    ファミリーレストランは若い層の利用が多いこともありますが、クラスターの発生例は無いと思います。テーブルが広くアクリル板で効果が期待出来ると言う事では。
    気の毒だったのはパチンコ屋ですね。これは嫌韓がコロナに乗じて攻撃の対象にした影響が大きいと考えています。パチンコ店でもクラスターの発生例は無いと思います。
    女性での死者で一番若いのは63歳だそうです。女優の岡江久美子さんですね。男性は28歳の三段目の力士糖尿病です。
    コロナほど日頃の不摂生が影響する疫病は無かったのでは?男性の悪化するケースが多いのはバブル世代で当時の生活が影響していると思います。後悔先に立たずとは名言だと感じます。
    ある大手の会社では感染者は喫煙者、酒飲み、肥満だと言う事です。重篤化・死亡要因は感染のしやすさにも影響しているのでは。
    未だ喫煙をやめない人は気を使う価値も無いと言っても過言ではない。煙草の販売を停止しない事には疑問を感じます。緊急事態宣言する前にする事があると言っても良いのでは。煙草の煙は受動喫煙で非喫煙者の健康を害するだけでなくコロナウイルスを振りまいているのと同じです。
    世界にはコロナより危険な疫病は多く存在します。中近東やインド、バングラデシュ、パキスタンなど衛生に問題のある国も旅行してきた身としてはもっと冷静に知識を得て対応する必要があると思っています。

  2. てら 投稿作成者

    ケータイオタクさん コメントありがとうございます。

    今の日本は、自分で気を付けることでそれなりに感染症の対策ができると思います。私自身、しばらく外食はしておらず、テイクアウトしたものを家で食べることを徹底していますが、今回紹介した扇子を使った会食というのは、ある程度ワクチン接種が進み、会食が感染症に気を付けながらできるようになった際の備えという感じもあります。もちろん、相手とアクリル板で隔てられていればそちらの方が安全ですし、その際には店内がきちんと換気されていなければなりません。

    今のところは大型コンピューターでシミュレーションを重ね、今回兵庫県で騒動となった「団扇会食」(県内の飲食店に県が団扇を配布する予定だったのが、様々なところからの反対意見で中止となった)を含めて科学的な裏付けが得られるかを判断してから実行しても遅くはないでしょう。こちら、静岡市でも今週末から来週にかけての患者数に伸びが出るのか(二週間前に大きなイベントが開催されたので)をまずは注視したいと思っています。

コメントを残す