スマホを使った電子マネーはどうなっていくのか

一昨日になりますが、BSジャパンの「ケータイ30年~世界は手のひらから変わっていく~」という日本の携帯電話の歴史から今後への展望について解説した2時間番組を見ました。その中で思ったことは2つあります。

一つは、日本の携帯電話市場においてユーザーよりも大手キャリアが通信料や手数料で稼ぐビジネスモデルを確立するに従って、それまで優位に進んでいたかに見えた海外のシステムに追い付かれ、現在は必ずしも日本が世界一と誇れるものは少なくなったということと、もう一つはあえてハードによって実現が難しいような技術を使わない決済手段が普及した中国のしたたかさです。

番組では「アリペイ/Alipay(支付宝)」という電子マネーについて紹介していましたが、番組を見ていて興味を持ったのはその決済の方法でした。スマホ内で自分の持っているアリペイを決済するのに、まずスマホでQRコードを表示する画面を出し、お店側はそのQRコードを読み取ることでスムーズに支払いを行なっていたのです。これならあえてNFC機能をスマホに要求することなく、どんな低スペックのスマホでも自由に電子マネーを使えることになります。お店側にとってもそれは同じです。いちいち専用の読み取り装置をパソコンやスマホ・タブレットに繋がないと決済できないのではなく、今やどんなスマホ・タブレットにも付いているカメラにQRコードを読み込ませればそのスマホやタブレットが決済用のマシンになるわけです。

今まで日本でも多くの電子マネーがありましたが、そこまで普及していないというのは、今でもベクトルが電子マネーを使うユーザーの方ではなく、どうにかしてシェア1番を取って儲けたいという運営会社主導の動きがあるのかと疑いたくなるような、なかなかどのお店でも便利に使える電子マネーが出て来ない状況にあるのではないでしょうか。さらにそうした電子マネーが出てきたとしても、それほど裕福でないユーザーや、個人で行なっているごくごく小規模な商店でも簡単に導入および利用ができるようにしなくては日本のどこでも使えるような電子マネーの実現には結び付かないような気がします。

現代の日本では日本全国ドコモのネットワークを借りて事業をしているMVNOのSIMを使えば、月約300円から500円くらいの低コストでも最大200kbpsで通信できるシステムを使え、SIMフリーの格安のスマホやタブレットは、場合によっては1万円を切る価格で販売されています(中古白ロムで決済だけの目的に使う事しが考えないハードなら更に安く入手可能でしょう)。その程度のコストなら決済専用の端末として導入しやすいでしょうし、それ以前にネット通信可能なスマホを持っていれば、あえてハードの導入をしなくても今の負担を増やすことなく現金以外に電子マネーの決済を行なうことは物理的に可能なのです。

問題は、そうしたシステムを実現されることで既得権益を失うからと抵抗する勢力をどう説得するかでしょう。先述の中国のアリペイのようにユーザー同士の送金に手数料をなくし、お互いにアリペイを持つ人同士なら自由にお金のやり取りができるようになれば、当然今まで多額の振込手数料で潤っている銀行が反対するでしょうね(^^;)。ただ、もし今まで銀行経由で振り込んでいたものが、全て電子マネーでできるようになれば、日本のお役所はかなり助かると思いますし、納税や各種料金支払いも銀行引き落としでなく電子マネーの送金による手続きで済むなら、今まで銀行に入っていた手数料分が多く市場に流れるわけで、それだけでも経済的には良い傾向につながるのではないかとも思えます。

また、いわゆるYouTuberのようにネットからの発信をする人の生活の糧についても、今までのように広告収入に頼るだけでなく、まさに大道芸人のように見て面白いと思った人が電子マネーを送金することにより直接支援することができるようになるでしょう。この仕組みが一般化すれば、一発芸に近い動画作りだけでなく、自分の持っている「芸」をネットで発信することによって直接収入が得られることにも繋がります。経済的な点だけでなく、いわゆる芸能のジャンルだけではなく、音楽などのエンターテイメントの発信源についても、スポンサーの顔色を伺わずとも好きなことができるような状況も来ますし、誰かを援助したいと思った場合にも迅速になおかつ直接支援できるようにもなっていくでしょう。

送金額が少なくても手数料がかからなければ中間マージンをカットして、ユーザーの想いが直接援助に振り向けられますし、多くの人が同時に動けば動くほど大きな力に変わっていくので、現在の社会制度の至らない所を電子マネーが一部解決してくれるような世界も、あながちそう遠くない時期に実現できるのではないかという風にも考えることができます。

ただ、今後の日本の携帯電話の未来について考えてみるにつけ、例えばドコモで「dポイントカード」、auの「au WALLET」、ソフトバンクモバイルの「ソフトバンクカード」はそれぞれが特色があるものの、キャリアの契約に紐づけされているというところに限界があるように思います。各社がそれぞれポイントカードを作るのではなく、携帯キャリアのポイントを共通のポイントや新たな電子マネーに移行可能にすることができれば、日本でも本当にお財布代わりに電子マネーをどこでも利用できる未来が来るかも知れません。

しかし、現状のような群雄割拠が続く時期が長びけば、それぞれのプレーヤーは体力をそがれて倒れるものも出てくるでしょう。その時に満を持して海外から巨大なプレーヤーが利益を根こそぎ持って行ってしまうような未来も一方では見えてくるわけですが、その時の日本は一体どうなっているのか、もしそうなった時のことを考えるのも気が重い未来になっていないことを祈るのみです。


スポンサーリンク

スマホを使った電子マネーはどうなっていくのか」への6件のフィードバック

  1. ケイタイオタク

    日本で電子マネーが普及しない原因にはいくつか考えられると思います。一つはクレジットカード嫌いの現金主義者が多いと言う事です。確かにクレジットカードで破綻している人は少なからず存在するのですが、それも学校できちんとお金の教育をしていない事が影響していますね。
    電子マネーでシステムにお金がかかっていると言うのは日本の特殊事情も絡んでいます。Edyも元々Felicaのソニーが始めたものであり、Felica自体セキュリティなど基準が高いですがSuicaがFelicaを採用していると言う事が電子マネーがFelicaと言うコストのかかるシステムを採用する流れになっているのではないですか。グローバルリズムの好きな人々はSuicaでFelicaを採用している事を批判していますが、新宿駅のような大人数の乗降客が短時間に改札を通過するような駅は他国には存在しません。日本では必要なスペックが海外ではオーバースペックとなってしまう。海外と同じ規格では反応速度が遅いので改札口で混乱が生じてしまう。以前他の所でそう書きこんだらそういう日本人の特性が悪い。海外と同じになれば良いと言うグローバル基準信奉者に反論された事がありました。
    日本ではIC交通カードで高スペックが要求されると言う特殊性を考えると海外のプレイヤーがそこまで力を入れると言う事は無いのではないでしょうか。

  2. てら 投稿作成者

    ケイタイオタクさん コメントありがとうございました。

    電子マネーを使う側からすると、基本的には便利になるならなんでもいいというところもあるのですが(^^;)、現金との交換が簡単に行なえ、どこでもチャージでき(物理的にクレジットカードを持てない人にはこれが大事だと思います)なおかつ簡単な操作で日本全国どこでも決済できるものがほしいですね。パソコンの使えない人に対しても、例えば電子ペーパーを使った液晶に残高を表示し、カード電卓のような形状で利用金額を入力するとバーコードやQRコードを表示して決済に使えるようなカード型端末を銀行口座に紐付けして、Suicaや交通系ICカードにも手数料を掛けずにチャージできるような物があれば、切符や定期利用は交通系のICカードに任せ、その他の決済は別の電子マネーを使うというふうにもできると思います。

    首都圏での利用についてはSuicaやPASMOを持たなければやっていけない分普及も進んでいると思いますが、田舎でバスは一日数回しか来ないようなところにまで専用の読み取り端末及びシステムを用意するのは大変だと思いますので、そういった分野をカバーし、電子マネーを取り扱う人も使う人にも簡単にできる決済方法について、今あるものの利用でも新たに作るものでもどうすればいいのか皆で考えていってほしいですね。あと、地方住まいの身としては、全国どこまでの切符を買うにも地元発行の交通系ICカードでできるようになってほしいです。現状で、東京に行ったときに役立つからということだけでSuicaとモバイルSuicaを持っているこちらとしては、何か無駄なような気がするのです。それと同時に、もし国鉄がそのまま分社化しなかったらSuicaに相当する電子マネーが日本中でスタンダードになったかもと考えてみるのですが、そう単純な話ではないかもしれませんね。

  3. ケイタイオタク

    交通系ICカードについては共通化が進んでいるようですね。ただ地方の中小交通機関では加盟金などのコストの負担が大きいので加入していないところもあるようです。JRに関しては全国のJRで共通化されていると思います。バスはSuicaほどのシステムは必要とされないのですが、日本の場合大都市ではバス単独会社と言うのは少なく鉄道とバスと同じ会社で運営しているので同じシステムを導入した方が設備投資が少なくて済むそうです。金融機関の少ない地方こそ電子マネーが普及する事によるメリットは大きいのではないでしょうか。その場合交通系電子マネーより流通系マネーのnanacoやwaonが適しているのでは。バスでも決済だけならシステムの負担は大きくないと思います。流通系でもチャージ出来るコンビニの多いnanacoなどは可能性が高いのでは。流通系の相互乗り入れが可能となれば普及するのではないでしょうか。そうなるとむしろEdyの立場が苦しくなるのでは。Edyは加盟店の手数料がクレジットカードと変わらないと言う事なので加盟店の負担が他の電子マネーに比べて大きい。地方こそおサイフケータイのメリットが大きいと思うですが、抵抗感が強いようですね。

  4. てら 投稿作成者

    ケイタイオタク さん コメントありがとうございました。

    ドコモが最初におサイフケータイのコマーシャルでPRしていたのは、コンビニのampmでEdyを使っているものでした。今でも高速道路のサービスエリアで使えたりショッピングセンターにチャージマシンがあったりするのですが、最近は流通系の電子マネーとの競争が激しく、私の身の回りでもスーパーごとにWAON、nanaco、unicoと三種類の電子マネーが入り乱れていて、はっきり言ってどれも選びきれないというのが正直なところではないかと思います。

    あと、個人的に思うのはおサイフケータイでこうした電子マネーを使っている人が、端末が故障したり機種変更をする際に困っていまう現状を変えてほしいということです。私が通話メインで使っているシャープのSH-01Jというガラホにはおサイフケータイの機能が付いていますが、GooglePlayが使えないので、プリインストールされている電子マネー以外の使用が公式にはできません。現在まともに使えるのはモバイルSuicaと楽天Edyくらいで、nanacoはもちろん、unicoは論外です(^^;)。少なくとも、同じ通信キャリアが出しているおサイフケータイ機能付き端末については、相互乗り換えができるようにしてくれないと、安心して将来にわたって使い続けられないというのが正直なところです。

    ですから、関係各所にお願いしたいのは、とにかく電子マネーを使い続ける人の身になってサービスを展開してほしいということですね。そうでなければ保守的な地方の人におサイフケータイの機能を使ってもらうことはかなり難しいのではないかと思います。

  5. てら 投稿作成者

    ああ さん コメントありがとうございました。

    私自身はそれなりにおサイフケータイを使っているので、現在はガラホと2台持ちにしているSIMフリーのスマホで「iD」まで使えるようにしているのですが、この点が他の安くて性能のいい海外製のスマホに替えられない理由になっています。私の場合はいいのですが、実際に機種変更を受けている所で、スマホからガラホに替えるようなケースで、そこまでおサイフケータイやLINEに関する一部機能が使えないということをしっかり説明されているのかというのもこれから問題になっていくのかも知れませんね。

コメントを残す