LINEモバイルを月500円で使い尽くすために

LINEモバイルの中でも一番安い月額500円(税抜価格 以下の表記も同様)という「LINEフリープラン」SMSオプションなしのプランを契約し、いつも持ち歩くスマホに入れて使うようになって数ヶ月が経過しました。最安の契約ではあるのですが高速クーポンは1GB/月あり、LINEアプリを利用したニュースや天気予報の閲覧についてはカウントフリー機能が有効なので、そうデータ通信は使っていません。

自宅に帰ればWi-Fiを使い、そこでも高速クーポンは使いませんので、特に意識していなくてもそこそこ高速クーポンは余っていました。LINEモバイルのホームページには細かくは書いていませんが、月をまたいだ状態でLINEアプリから「データ残量確認」を行なうと前月使い切れなかった分の高速クーポンが繰り越されているのを確認しました。

そのようにデータ通信を節約しながら、一ヶ月を前月に繰り越された高速クーポンの量を超えないように利用をセーブできれば、翌月に使える高速クーポンは月初めには2GBとなり、毎月始めに高速クーポンを2GB残した形で利用を開始できるということになります。

300円前後で月々の利用料が安いデータ通信SIMもありますが、その代わり高速クーポンはほとんど使えないというディメリットもあるので、このLINEモバイルは安くてそれなりに使えるという点でバランスが取れている印象です。

できるだけ高速クーポンを減らさないためには、できるだけ高速クーポンがノーカウントななるLINE経由でインターネットのサービスを使っていく工夫が必要になるでしょう。スマホでやることがLINEでコミュニケーションを取るのがほとんどという方なら、普通に高速クーポンを節約した使い方もできるのではないかと思います。

クーポン残量についてはいつでもアプリ上から確認できますので、特にこのSIMのみでスマホを使っているという方は、主にLINE上による情報収集や連絡を行なうことを主にして、いざという時のためにLINEモバイルの高速通信クーポンを貯めておけるような使い方をしておくと(といっても月間1GBは使えるわけですが)、相当プランを使いこなしていると言えるのではないでしょうか。

あと、このSIMを使うにあたって気を付けていることは、高速クーポンを残すためでもあるのですが、LINEの方でサービスのある各種ニュースや天気予報のような情報系のデータについてはLINEから定期的に送ってくれたり、折り返し情報を送ってくれるサービスを使って入手することを心掛けていることです。

そうすれば、ニュースや天気、その他の情報が気になってウェブにアクセスしなくても「LINEニュース」「LINEお天気」を友だちとして登録しておくだけで主要ニュースと地元の天気予報についてネットで調べることもなくなります。

さらに、公式アカウントで使えそうなものをどんどん登録し、専用アプリやウェブで調べる代わりに使う技も使えます。例えば公式アカウントの「NAVITIME」を友だちに追加することで路線検索がLINE上で行なえたり、先日紹介したヤマト運輸の「クロネコメンバーズ」もLINEと連携することでアプリやウェブアクセスをしなくてもLINEのトーク内で受け取り場所や受け取り時間の変更をLINEのみで完結させることができるようになります。

私自身はさらに、日本語を英語に翻訳してくれる「LINE英語翻訳」も友だちに追加しているのですが、今後便利な機能を見付けた場合、アプリではなくLINEの公式アプリの方で対応できるものが増えれば増えるほど、LINEモバイルの500円の中でできることが増えていくわけで、外出中や旅行中に使える公式アカウントやサービスをきめ細かく揃えていくことで、ますます高速クーポンを使う場面が減る可能性は高いと言えます。そういった工夫をすること自体が楽しくもあるので、今後も自分なりに便利な公式アカウントを探っていきたいと思っています。

LINEモバイル


スポンサーリンク

LINEモバイルを月500円で使い尽くすために」への1件のフィードバック

コメントを残す