フマキラー おすだけベープ クリスタ

 気温の上昇につれて気になってくるのが家や部屋の中にやってくる虫たちです。家の中でさえ何の対策もしていないとたとえ一匹だけでも一晩中気になって眠れない方には深刻な季節であるといえます。

 車中泊はアウトドアとは違うとは言いつつも、やぶ蚊が多いところに車を停めて寝ようと思ったら、やはり対策はしなければならないでしょう。虫対策にはさまざまな方法があり、私の場合は今まで外てのんびりする際の対策としては蚊取り線香と携帯ケースをセットで用意し、車内では専用の電池式カートリッジを用意しています。しかし、車の中で蚊取り線香を使うのは中に煙や匂いがしみ込むので避けたいですし、専用に用意しておいても実際に車中泊で使う事がほとんどなければお金のムダにもつながりかねません。

 ここ数年、電池も火も使わないワンプッシュタイプのものが出てきていて、実は昨年はそのタイプの薬剤を使っていました。一回押せば薬剤の効果は持続するので、一つ購入しておけば複数の部屋で使えて便利です。

20130520_144754_2

 今回紹介する「おすだけベープ クリスタ」は、同様なワンプッシュタイプの蚊取りですが、ポイントは写真のように液体の薬剤が目で見えるようになっていることです。薬剤を使った複数日使える蚊取りは、概算の日数はあるものの実際どこまで持つかという事を判定するのは難しかったのですが、これなら薬剤の量を目で見ればいいだけなので簡単です。日常的に家庭に使っているものをそのまま旅行に持って行くものとしては、ケースに入れて使うものよりもボトルをそのまま噴射して使う写真のタイプの方が持ち運びしやすいでしょう。車中泊の他にテントを使うような場合でもこれ一つで虫対策ができるわけですし、複数用意しておいて、出掛ける時に一つ持って行くというパターンでもいいでしょう。昨日、私のところでは梅雨に入りましたが、梅雨明けとともに虫対策が本格化してくると思いますので、今のうちに準備はしておいた方がいいかも知れませんね。

(ご注意)
 この記事に使われている写真について、購入時に誤解を与えかねない表現になっておりますので一部訂正させていただきます。紹介した「おすだけベープ クリスタ」には120日分のものと、写真の210日分の二種類のものがあり、ドラッグストアでは210日分のものの方が安く売られていることがあります。写真のパッケージに小さく記載があるのですが「不快害虫用」というのが210日分の製品パッケージに印刷されていて、効能のところを見ると、「ユスリカ チョウバエ」になっていてハエやカの成虫に対する効果をうたっていません。120日分のものはハエやカの成虫に効能があるので、今回紹介した効能を期待して購入する場合は、210日分のものを購入せず、120日分のものを選ぶようにしてください。


スポンサーリンク

2 thoughts on “フマキラー おすだけベープ クリスタ

  1. おもい こみお 投稿作成者

    おすだけベーぷを検索中に、きれいなホームページに
    入り込みました。
     今夏、この手の殺虫剤を使用するつもりでいます。
    メーカーによって、効果は違うのでしょうか。
     結果によっては、何十年来使用していた渦巻き蚊取り線香と
    お別れかもしれません。

  2. てら 投稿作成者

    コメントありがとうございました。ドラッグストアで売られている蚊取り器具もずいぶん様変わりして、現在は紹介した1回噴射タイプのものがメインで展示されていることが多いように思います。
    これは、日本の家屋の機密性が良くなり、ずっと薬剤を出していなくても効果が持続するというところもあると思います。節電のため風通しを良くしている場合は、やはり蚊取り線香や家庭用電源を使ったリキッド式のほうがいいと思いますが、蚊帳と併用する場合はワンプッシュタイプのものでもいいように思います。外で使う場合は車の中やテント内での利用でしたらワンプッシュの方が匂いと煙が篭らないのでおすすめですが、外で直接という場合は蚊取り線香一択になると思います。
    ワンプッシュ式の各社の違いについて、重要な見落としをしていましたので合わせてこのコメントで紹介させていただこうかと思います。この記事の写真に出ている「210日用」のおすだけベープクリスタですが、虫さされ対策では役に立ちません。写真のパッケージを良く見ると「不快害虫用」となっており、人に悪さはしない「ユスリカ チョウバエ」対策用のものです。同じお酢だけベープクリスタでも、120日用の方はカとハエの成虫に効く様になっています。一応他のメーカーも確認したところ、普通の蚊に効かないのは写真の製品だけだったので(^^;)、購入時には念のためパッケージの効能の部分を確認してください。

コメントを残す