「歩行者保護義務違反」対策には二重の注意を

今年になってようやくゴールド免許に復帰できました。その前の違反というのは実は車ではなく、原付に乗っていた時の事だったのですが、その内容というのが「歩行者保護義務違反」というものです。

原付や自動車に比べて自転車や歩行者というのは交通弱者になりますので、運行にあたってはその保護をするように求められています。私が警察に違反を指摘されたのは、横断歩道で道路を横断しようとしている歩行者がいるのにも関わらず、その歩行者を無視して通り抜けようとしたためで、表題にある「歩行者保護義務違反」となり2点減点の上反則金が課されます。

教習所や安全運転講習でその都度交通法規については渡された資料によって確認していたはずなのですが、ついつい車や原付に乗っていると公道を注意せず走ってしまうことで減点の憂き目に遭ってしまったわけですが、この5年はとにかく道路上の歩行者や自転車に気を付け、横断しようとしている人がいたらその前で停まってということを繰り返していました。

ただ、こういう違反でも切符を切られてしまう事を知らない場合というのは車やバイクに乗っている人だけではなく歩行者側にも認識が薄い場合があります。というか、普段車に乗らなければ交通安全のための講習を受けたりすることはないでしょうから、これは容易に推察できることです。

車の方から自分が道路を渡る前に止まってくれることが当り前でないと思っている人がどういう行動を取るかと言いますと、逆に歩行者の方から道を譲って車を先に行かせてくれようとする場合があります。ただ、こういうケースでそのまま歩行者より先に行ってしまうのはどうかという疑問点はあります。歩行者に悪意がなくても、道を渡った先にたまたま警察がいるような場合です。

この場合はすぐに道をゆずってくれた人にお願いして、自分が意図的に歩行者の通行を妨害したという事実はないということを説明してもらうしかないですが、意外と車の方を先に通そうとする人はいるので、その誘導に従って先に進む場合は、さらに周辺の様子をしっかりと確認して、安全に問題がないとわかった時点までは進まない方がいいでしょう。

というのも、車の事故の形的に少なくないのが、交差点などで道を譲られて進行しようとしたところ、譲ってくれた車やバイク・人以外のところから急にやってきた別の車などと事故を起こしてしまうことが少なくないからです。

よくひやっとするのは、右折するために交差点で待っていて、ようやく行けると思ったら別の方から新たに来た自転車などを引っ掛けてしまいそうになるようなケースと似ているような感じもあります。この場合も事故を起こしたのが横断歩道内ということになると、いくら自転車が急に出てきたとしても青信号で横断歩道上ということになると100%車が悪いと言われても仕方がありません。

逆に言うとそれだけ車を運転するということは大変で、何かの拍子で事故を起こした場合には大きな責任を負うということでもあります。紹介した「歩行者保護義務違反」については、私の住んでいる静岡県では事故も多いということなのでしょうが県警の方では重点的に歩行者の保護ということについては厳しく取締りをやっていますので、特に旅行で静岡県を通られる方というのは、普段以上に歩行者保護の観点から歩行者に優しい運転をするように心構けていただければと思います。

(2016年7月1日 追記)
2016年6月30日にTBS系列で放送された「ケンカ上等!大激論!好きか嫌いか言う時間SP」という番組の中で、この件に関する発言が漫才師の千原せいじさんからありました。

千原さん自身の経験という話で、千原さんが横断歩道を歩いて渡ろうとしたところ車に乗ったおじさんがムッとした表情で自分を先に行かせようとしたのが気に入らず、横断歩道を渡らずに引き返したのだそうです。

もちろん、その場にいたわけでもない私がどちらがいいか悪いか判断することはできないものの、もしかしたらムッとしながらも歩行者に道を譲る仕草を見せたおじさんは、過去に「歩行者保護義務違反」で切符を切られた経験があったのかも知れません。一連のやり取りの中で車の方が先に進んでしまったのを白バイや現場に居合わせた警察官に見られてしまうと、車を運転する者としては歩行者の通行を妨げ保護しなかったと言われても仕方ないので、早く千原さんに横断歩道を渡ってもらいたかったからイライラしていたのかも知れないのです。

今回こうしたことを紹介するというのは、あまりにも「歩行者保護義務違反」について、多くの人の認識が欠けているために、事故の危険性だけでなく何が何だか分からないまま違反切符を切られてしまう人が出てしまうのではないかという危惧があるからです。今回のテレビ番組で、テロップでも良かったので横断歩道を渡ろうとしている歩行者に道を譲らないでそのまま走行した場合、運転者が受ける罰則があるということをしっかりと伝えて欲しかったのですが、そういう方向に全くならなかったのは大変に残念です。

少なくともここを読まれている方は、いかに車の方が早く行けという感じで横断歩道であえて待っている人と遭遇した場合でも、横断歩道の手前では一時停止して歩行者の保護行為を行なうようにして下さい。


カテゴリー: 車中泊・車関連コラム, コラム | 投稿日: | 投稿者:

てら について

主に普通の車(現在はホンダフィット)で、車中泊をしながら気ままな旅をするのが好きで、車中泊のブログを開設しました。車で出掛ける中で、モバイルのインターネット通信や防災用としても使える様々なグッズがたまってきたので、そうしたノウハウを公開しながら、自分への備忘録がわりにブログを書いています。

スポンサーリンク

コメントを残す