今度こそ本当に提供して欲しい「Rakuten Link デスクトップ版」への期待

昨日書いた楽天モバイルの料金改定について個人的にショックを感じていないのは、今までに楽天が人を集めておいて、その数が飽和状態になったところで特典をダウングレードさせたり、面白そうなアドバルーンをぶち上げておきながら、その後全く音沙汰が無くなってしまうような経験を多くしてきたからです。

もし今後、データ通信無制限の楽天モバイルの特徴が無くなるようなら、多少の通信費の値上がりは我慢しても他社に移ることも考えなければならないかと思いますが、楽天には少なくともそうした事にならないように、しっかりとユーザーの方を向いてサービスを展開してもらいたいと思います。

さて、今回は改めてこのタイミングでぶち上げてきた、一つのサービスがあります。「Rakuten Link デスクトップ版」がそれで、この話はかなり前からあり、SIMの入っていないパソコンからでも電話やメッセージが利用できれば、固定電話のように使うことも可能になるなど、新たな楽天モバイルの使い方の幅が広がります。

イメージとしては、ノートパソコンに電話の受話機タイプのイヤホンマイクをつなぎ、車中泊する車の中や、ホテルでパソコンを開き、翌日の予定を電話で問い合わせるなど、楽天SIMの入ったスマホやルーターを持って行かなくてもできるようになればそれはそれで便利です。個人的にはSIMカードスロットの入ったウィンドウズタブレットをモバイル用に持っているので、これで他社SIMを入れていても電話がかけ放題で使えるようになるなら、あえて料金を払っても楽天モバイルを続けるだけのメリットになり得ます。

ただ、ソフト提供が2022年内としか今回も発表がないので、こうした期待をしながら2023年になってしまう可能性も無くはありません。逆に、楽天にマイナスイメージを生じさせる発表があった時にこうしてまた出てくるというのは、単にやる気がないのにユーザーの関心をつなぎとめるためだけに発表しているのではないのかという疑念も出てきてしまいます。

ともあれ、このブログではこうした動きについてはきちんと追っていくつもりですし、実際にデスクトップ版のRakuten Linkが提供されるとしたら、その動作環境はどうなのかということについて、きちんと検証していこうと思っています。私の場合、旅行やちょっとしたお出掛けでも小型のパソコン(2in1タブレット)を持っていくことが多いので、車の中でかつての「自動車電話」のように使える日を楽しみにしています。


カテゴリー: 通信サービス全般ニュース | 投稿日: | 投稿者:

てら について

主に普通の車(現在はホンダフィット)で、車中泊をしながら気ままな旅をするのが好きで、車中泊のブログを開設しました。車で出掛ける中で、モバイルのインターネット通信や防災用としても使える様々なグッズがたまってきたので、そうしたノウハウを公開しながら、自分への備忘録がわりにブログを書いています。

スポンサーリンク

コメントを残す